このエントリーをはてなブックマークに追加

山岳遭難の危険はどこに? 知っておきたい山岳気象遭難の事例

山の天気を知って安全に登山を楽しもう!
基礎知識 2019年10月25日

山で遭う悪天候は、街中での日常生活と違って、遭難リスクに直結しているものです。今回は、過去の気象遭難事例をもとに、どんなところにリスクが潜んでいるか確認し、事前の確認と予測で「寝耳に水」という事態を避ける方法を説明します。

 

私が登山を始めたのは大学生のころ。以来、夏も冬も山の素晴らしさを楽しんできた中で、これまでに危ないと感じたことも何度かあります。登山は魅力的なアクティビティですが、同時に、遭難とは切り離せないものでもあると感じています。

遭難件数は年々増えています。山の中では、街中と同じ感覚で過ごすことはできません。とくに、荒天は登山中に見舞われると命の危険にさらされます。どのような天気が遭難につながるでしょうか。過去の気象にまつわる遭難事例をいくつか紹介します。

 

悪天候は遭難リスクを押し上げる


警察庁の資料によると、平成30年には過去最多の2600件あまりの山岳遭難が発生しています。その中で要因が「悪天候」に分類されているのは全体の1.2%。実はそれほど多くを占めているわけではありません。

ただ、資料にも明記されていますが、天気が悪いという条件では、道に迷ったり、冷静さを失ったりして、滑落などの危険性を高めてしまいます。悪天候は、見えないところでほかの遭難リスクに直結しているのです。

今回ご紹介するのは、どの季節であっても起こりうる、遭難リスクの高い気象現象です。普段、街中で日常生活を送っている際にも目にするような天気ばかりですが、山の上で遭遇すると思うような行動ができなくなるため危険です。街の中は、普段感じている以上に安全な場所なのです。

 

低体温症は雨・風・低温の順で危険


年間を通してリスクのある天気の代表格が「雨や雪が降り、強風が吹く」ような、いわゆる「天気が悪い」状況です。山岳遭難を題材にした小説を読むと、しばしば「疲労凍死」という言葉が出てきますが、これは悪天に見舞われて体温を奪われ、低体温症に陥ることで亡くなってしまうことを指します。

風雨が引き起こしたと考えられる遭難の中でも2009年に北海道大雪山系で起きた遭難事故が有名です。低気圧通過時の強風や雨により、トムラウシ山などを登山中の10名が亡くなった事故でした。発生したのは7月16日のことで 、この日は甲府では37℃まで気温が上がるなど、東北以南では暑くなりましたが、北海道では低気圧や寒冷前線の通過に伴って冷たい空気が流入し、山上は危険な状態になっていました。

低体温症という言葉の印象から、とりわけ低温がリスクを増大させると考えがちですが、実際に危険度を高めるのは雨、風、低温の順番だとされています。たとえ真夏であっても、体を濡らすことはリスクを大きく上げてしまい、さらに強風が吹くことで体温はどんどん奪われていきます。そのため、近年の登山ウェアは、保温や防風といった考え方に加えて、なるべく体を濡らさないように汗さえも肌から素早く遠ざけることがトレンドになっているようです。

 

急激な天気の悪化は遭難リスクが高い

前述のように、低気圧や前線、台風による雨や風がリスクを増大させますが、天気の変化が急激だと危険性はさらに高まります。

平成28年の大型連休は、4月30日から5月1日にかけて天気が急速に悪化し、北アルプスで遭難が相次ぎました。当日は、まだ気象予報士ではなかった私も北アルプスの鹿島槍ヶ岳に向けて登山の最中でした。30日の昼頃までは青空が広がり、槍ヶ岳まで見通せるような素晴らしい展望が広がっていたことを覚えています。しかし、立山や剣岳の上空に不思議な雲(レンズ雲)が浮かんでいるのに気が付いた数時間後、あたりは急激にガスに包まれて雪が降りだしました。


 

実は、このとき、低気圧が本州の日本海側に近づきつつありました。この影響で北アルプスは天気が崩れ、翌5月1日には大荒れの天気になってしまったのです。幸い、早い段階で下山を決めたことで私は帰ることができましたが、もし登頂にこだわっていたら遭難していた可能性は十分にあったと思います。このときの体験は、天気のことを学ぼうと思うようになったきっかけのひとつとして心に刻んでいます。

このように、午前中は晴れていても午後になって急に雨や風が強まったり、夜間に天気が崩れてしまったりといったケースでは、天気が荒れてからだと下山が容易でなくなり、非常に危険な状態に陥ってしまいます。

 

落雷は登山者の大きな脅威

今年のゴールデンウィークは、平成28年とは違う形の気象遭難がありました。5月4日、丹沢山地では落雷が相次ぎ、死亡事故が発生しています。

当日、本州付近は高気圧に覆われて全国的に晴れました。しかし、関東(館野)の上空500hPaには平年より7度以上低い3月並みの寒気が流れ込んでおり、地上との温度差が大きくなっていました。この温度差が大気の状態を非常に不安定にしていたようです。正午ごろから山沿いを中心に積乱雲が発生し、関東は平野部でも雷雨になりました。

落雷や雷雨は、夏の夕立のイメージが強いですが、大気の状態が不安定になれば、年間を通して発生します。森林限界よりも樹林帯のほうが落雷のリスクが低くなりますが、完全にリスクがなくなるわけではありません。丹沢の事故は、木の下に避難した後に起こっています。山の上で遭遇すれば非常に危険ですし、精神的にも焦燥します。登山者にとってとても恐ろしいものだといえます。

 

天気の悪化は事前に予想されている場合がほとんど


どのようにして、悪天候を避けたらいいのでしょうか。山の上では急に天気が悪化したように感じますが、実は、事前に予報が出ている場合がほとんどです。予想を超える荒天ということはもちろん考えられますが、まったくの寝耳に水という事態は事前の確認で回避できるはずです。情報をしっかりと把握して、無理がないか検討してから登山に臨んで欲しいと思います。

スマートフォンから利用できる気象情報であれば、電波の届くところならどこでも最新の天気予報を確認することができます。天気予報は確実ではないことに気をつけなければいけませんが、リスク管理に役立てて欲しいと思います。

 

登山計画 遭難・事件 危機管理
教えてくれた人

宮田雄一朗

日本気象協会所属の気象予報士。普段はtenki.jpの日直予報士として天気ニュースの記事も執筆。
山の空気が好きで1年を通してよく登る。予報士の視点から、登山中にちょっと役立つ知識をお届けしたいと考えている。

日本気象協会

日本の気象コンサルティングサービスのパイオニアとして1950年に創立。以来、気象・環境・防災などに関わる調査解析や情報提供を行っている。
近年ではAIやIoT、気象ビッグデータの活用を通じ気象の調査解析、情報提供の精度を向上させ、気候変動への適応など持続可能な世界を実現する活動を支援している。
 ⇒tenki.jp

同じテーマの記事
実は登山に役立つ情報が満載! 天気図を読むポイントを解説
昔から登山を嗜んでいる人なら、ラジオの気象通報から天気図を興した経験があるのではないでしょうか? 最近では目にする機会も少なくなってきた天気図ですが、実は登山に使える、さまざまな情報が隠されているのです。
天気は何を確認すればいい? 入山直前/登山中の確認方法を涸沢山行で実践
山は秋のハイシーズンに突入してきました。せっかくの楽しい登山ですので、安全に過ごしたいですよね。今回は、天気についてのリスク管理方法の実際を涸沢への登山から確認する。
天気図の基本を解説! 山の天気を詳細にイメージしよう
いよいよ2019年の紅葉シーズンが目前に迫ってきました。秋は移動性高気圧が訪れるタイミングで晴れることが多く、さらに空気が澄んでいるので遠くまで見渡すことができます。まさに登山にぴったりの季節です。
いろいろな資料を見て山の天気を予想しよう! 鮮やかな紅葉の山を満喫するために――
9月に入り暑さも落ち着いてくると、山は一挙に紅葉の季節へと移り変わっていく。美しい紅葉は、素晴らしい晴天でこそ映えるもの。晴天の下で鮮やかな紅葉の山を満喫するためには、ヤマヤたるもの週間天気図から予想を立てられるようになりたいものだ。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇のち晴
(日本気象協会提供:2019年11月11日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」
スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...