このエントリーをはてなブックマークに追加

積雪を考慮した余裕のある登山計画を心掛けましょう 島崎三歩の「山岳通信」 第172号

島崎三歩の「山岳通信」
その他 2019年12月17日

長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2019年12月16日に配信された第172号では、県内の山では降雪が観測されて冬山登山となっている山が日毎に増えていることに言及、余裕を持った計画を立てることを促している。

 

12月16日に配信された『島崎三歩の「山岳通信」』第172号では、11月21日~12月6日に起きた3件の山岳遭難事例について説明。以下に抜粋・掲載する。

  • 11月21日、中央アルプス仙涯嶺で、43歳と42歳の男性人は下山時に登山道から外れて沢を下降中、行動不能となる山岳遭難が発生。遭難者2名は県警ヘリで救助された。

中央アルプス仙涯嶺での遭難現場の様子/長野県警察本部ホームページ山岳遭難発生状況(週報)11月26日付

  • 11月22日、八ヶ岳連峰天狗岳で、家族と2人で入山した60歳の女性が、下山中に足を滑らせて転倒、負傷する山岳遭難が発生。女性は諏訪広域消防本部により救助された。

  • 12月6日、川上村川端下地籍・廻目平付近で、仲間とロッククライミングのために入山した46歳の女性が、ロッククライミング中に転落して負傷する山岳遭難が発生。女性は佐久広域消防により救助された。

 

長野県警山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

11月21日発生した中央アルプス仙涯嶺における道迷い遭難は、当初の予定のコースを踏破するのに計画よりも時間がかかったため、途中から登山道ではない沢を下降したことにより、道に迷い行動不能となったものです。この遭難の直接の原因は下降に沢を選択したことにありますが、そのような選択をせざるを得なくなった背景には、余裕のない登山計画があります。

12月6日には廻目平でクライミング中の転落遭難が発生しました。同様の遭難はこれで10月から4件発生しています。いずれも下肢や体幹部の骨折を伴う重傷遭難です。屋外の岩場でクライミングを行うには、安全が管理された屋内のクライミングジムとは異なり、単純な「登る」以外の様々なスキルが要求されます。

県内は北アルプスなどの高山だけでなく、標高約1000メートル付近でも広範囲に渡り降雪が観測されました。今後、年末に向けて各山域でさらに積雪が増える可能性があります。積雪は冬山登山において行動時間に大きく影響します。計画段階から、積雪を考慮した余裕のある日程と積雪に対応できる装備品の携行を心がけましょう。

 

教えてくれた人

島崎三歩の「山岳通信」

信州の山岳遭難現場と全国の登山者をつなぐために発行。「登山用品店舗スタッフ」「登山情報サイトを利用する登山者」「長野県内の各地区山岳遭難防止対策協会」などに対して、長野県の山岳地域で発生した遭難事例を原則・1週間ごとに、「安全登山」のための情報提供をしている。

⇒バックナンバーはコチラ!

同じテーマの記事
冬山の稜線での行動はリスクが多く慎重な判断が必要 島崎三歩の「山岳通信」 第175号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第175号では、冬山の稜線で起きた2件の遭難事故について言及している。
まとまった積雪が観測された長野県、一層の慎重な判断を! 島崎三歩の「山岳通信」 第174号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第175号では、長野県内ではまとまった積雪が観測され、より慎重な判断が必要なコンディションとなったことを伝えている。
冬山登山では夏山以上にアクシデントに対応できるような準備を 島崎三歩の「山岳通信」 第173号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2019年12月19日に配信された第173号では、冬山での遭難救助の難しさについて言及し、夏山以上にアクシデントに対応できるような準備をしておくことを促している。
外岩でのクライミングはリスクを認識しておこう 島崎三歩の「山岳通信」 第171号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第171号では、ロッククライミング(ボルダリング)中の転落事故が続発したことについて言及している。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2020年1月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?