このエントリーをはてなブックマークに追加

春の息吹を求めてカタクリ群落地へ。栃木県・古賀志山

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2020年03月17日

3月下旬はカタクリの季節。岩場があり、クライマーにも人気の栃木県・古賀志山は、花の山という可憐な一面も。お花畑と岩場の難ルートを歩くコースです。

 

開花し始めた中尾根のカタクリの群落。1週間後には一面を埋め尽くす開花が見られるだろう(写真=奥谷 晶)

 

栃木県・古賀志山は低山ながら厳しい岩稜や断崖を持つ山で、岩場を登下降するバリエーションルートが多く人気の山ですが、実は植生豊かな花の山でもあります。

3月下旬からカタクリが開花する群生地も秘かに知られています。同じく栃木県にあり、カタクリの大規模群落で有名な三毳(みかも)山から少し遅れて満開となります。比較的訪れる人が少なく静かな花散策を楽しめます。今回はバリエーションルートを含む難ルート紹介します。

 

モデルコース:森林公園駐車場~中尾根~クマ尾根~西尾根~古賀志山~東稜~森林公園駐車場

コースタイム:
【日帰り】約6時間 ※北登山道下山の場合は約5時間

 

カタクリのお花畑がある難ルートへ

2017年4月4日、晴れ。三毳山のカタクリが満開だという情報を得て、古賀志山の群落もそろそろかと、かなり期待して古賀志山に向かいます。森林公園駐車場から赤川ダム沿いに北登山道の入り口を左手に見て、そのまま道沿いに直進し、東屋の手前から左手の斜面の踏み跡から中尾根に向かいます。しばらく登ると尾根に出る手前の斜面に通称「お花畑」と呼ばれるカタクリの群生地があります。

 

花弁を反り返らせて春の妖精が踊るようなカタクリの立ち姿(写真=奥谷 晶)

 

週末まで気温が低い数日が続いたせいか、やはり開花は遅れているようです。二分から三分咲き程度でしょうか。それでも、春の妖精が踊る様に花弁を大きく広げたカタクリの花はみずみずしく、陽光を求めて勢いよく咲き出していました。

 

標高582mの古賀志山山頂。樹林にさえぎられて眺望はあまりないが、昼時には休憩スペースが賑わっている(写真=奥谷 晶)

 

この日は、中尾根からは、バリエーションルートの探索の目的で、クマ尾根を下降し、西尾根を登り返して御嶽山と古賀志山頂上を経て東稜見晴から東稜のクサリ場を下降して下山しました。クマ尾根は踏み跡も薄く、クサリやロープがない岩の急斜面を下降しなければならないところが数ヶ所出てきます。東稜も垂直に近い岩場で連続してクサリ場の下降が続きます。

 

東稜の岩場。斜度は強いが、ここはクサリが整備されている(写真=奥谷 晶)

 

岩場に慣れていない方は、富士見峠から古賀志山山頂をピストンして北登山道を経て森林公園に戻る正規の登山ルートがおすすめです。

古賀志山のバリエーションルートは派生したトレースが多数あり、ルートファインディング能力、岩場を登下降する技術、そして慎重な行動が要求されます。よく読図講習会が開かれる所でもあります。岩場に不慣れな登山初心者、初級者だけでバリエーションルートには入らないように注意してください。

なお、今年は暖冬のためカタクリの開花も早まる見込みです。

登山計画 日本の山 自然観察 記録・ルポ
教えてくれた人

奥谷晶

30代から40代にかけてアルパイン中心の社会人山岳会で本格的登山を学び、山と渓谷社などの山岳ガイドブックの装丁や地図製作にたずさわるとともに、しばらく遠ざかっていた本格的登山を60代から再開。週刊ヤマケイ創刊初期より5年にわたって表紙写真、登山地情報を投稿している。2019年山岳写真協会公募展入選。

同じテーマの記事
断崖に秘かに咲くウチョウランを求めて起伏の激しい岩稜を登行する 秩父・二子山
低山ながら、切り立った断崖、絶壁に富んだ山容を誇る二子山。下部には最難ともいわれるフリークライミングのエリアを持つことでも知られています。梅雨の短い晴れ間に、ウチョウランが咲くという岩稜へ撮影山行に向かいました。
梅雨の晴れ間を狙って、ちょうど残雪の消えた谷川岳へ。ロープウェイを使って夏山を満喫する
雪解けも進み、標高の高い山も本格的な登山シーズンへと突入する。日本随一の豪雪地帯として知られる越後山脈の盟主・谷川岳も残雪が消え、その下から高山植物が咲き出す。晴れ間を狙って、都心から日帰りで行くには丁度よい。
アジサイの名所を巡る鎌倉ハイキング。大仏コースで今年の状況をチェック
アジサイの名所は各地にあります。神社仏閣や名園、公園緑地などに多く、低山に接して、手軽で短いハイキングを楽しめるところも多数。梅雨の晴れ間にサクッと楽しめるコースが豊富なのもうれしいところです。定番の鎌倉・大仏コースを歩いてきたので、ご報告を。
梅雨時期は視点を変えて海岸線のウォーキングはいかが? 三浦半島・荒崎海岸で鎖場・岩礁歩きを満喫
天候が不安定な梅雨時期の登山は気が進まない人も多いだろう。こんなときは、視点を変えて海辺を歩いてみてはどうだろうか? 海を見ながら岩稜登山(気分)を楽しめる三浦半島・荒崎海岸を紹介する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月6日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!