このエントリーをはてなブックマークに追加
世界の山旅・絶景への誘い
圧倒的な景観、独特の文化など、世界の山旅の醍醐味は無限大。海外登山を知り尽くした山センパイが、さまざまな体験話と美しい写真を交えながら、魅力的な海外の山を紹介。
エベレストを見に行こう! ヒマラヤの山々を眺めながら歩くエベレスト街道に流れる時間
世界最高峰の山エベレストに登るのは簡単ではないが、その頂を眺めることは難しくはない。展望台のシャンボチェへは日本から帰路も含めて10日ほど。そこには素晴らしい絶景と、何か懐かしさを憶えるネパール独特の時間が待っている。
“休日の島”と呼ばれるオーストリア・タスマニア島。最深部を貫くオーバーランド・トラックを縦断
オーストリアの南に浮かぶタスマニア島は、「タスマニア原生地域」として世界遺産に指定される。広大な大自然が手付かずのまま残された島の最深部を貫くオーバーランド・トラック、その魅力をダイジェストで紹介する。
ヨーロッパのロング・トレイルで人気ナンバーワン! 「ツール・ド・モンブラン」トレッキング
登山愛好者なら「ツール・ド・モンブラン」という言葉を、一度は聞いたことはあるのではないだろうか? ヨーロッパ・アルプスの象徴とも言えるモンブランの周囲を、ぐるっと1周するトレッキングコースの魅力をダイジェストで紹介。
麓の街や村からの日帰りでも、ピレネー山脈ハイキングは存分に楽しめる!
スペインとフランスの国境にそびえるピレネー山脈は、規模こそアルプスほどではないものの、その景観や魅力はアルプス以上という評判だ。そんなピレネー山脈でも、今回は街からの手軽にアクセスできる場所を紹介する。
ヨーロッパでいち早く夏山シーズンを迎えるピレネー山脈、「ブレッシュ・ド・ローランの峠越え」へ
ヨーロッパの山と聞けばアルプスが有名だが、スペインとフランスの国境にそびえるピレネー山脈の魅力は、優るとも劣らない。中でも人気が高いのは「ブレッシュ・ド・ローランの峠越え」だ!
ラリーグラス咲き誇る、春のネパール・トレッキング。桃源郷のような世界が広がるアンナプルナ山群
エベレストをはじめ、美しい山岳景観が魅力のネパール。今回紹介するのは、日本の春の時期にオススメなアンナプルナ山群を紹介。ラリーグラスが咲き誇り、桃源郷のような世界が広がる
トレッキングでヨーロッパ各国の最高峰に登ろう! スウェーデン、ノルウェー、ポーランド、ギリシャ編
ヨーロッパにある意外な国の意外な最高峰を目指す「ヨーロッパ10サミッター」、今回はスウェーデン、ノルウェー、ポーランド、そしてギリシャの最高峰を紹介。
トレッキングでヨーロッパ各国の最高峰に登ろう! ポルトガル、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリア編
ヨーロッパにある意外な国の意外な最高峰を目指す「ヨーロッパ10サミッター」、今回はポルトガル、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリアの最高峰を紹介。
ヨーロッパ10サミッターを目指せ! 意外と手軽に登れるヨーロッパ“各国”最高峰への誘い Vol.1
意外な国の意外な最高峰はどこにあり、どんな山なのだろうか? 今回はヨーロッパの各国で、無理なく登れる最高峰を紹介。スペイン、イギリス、アルバニアの最高峰の名前、知っていますか?
寒い日本を離れて、もっと寒い極北の大地カナダ・ユーコン準州で自然の神秘、オーロラに出会おう!
一生に一度は見ておきたい絶景に、皆さんは何を挙げますか? 上位に挙がるものの1つが「オーロラ」。自然の神秘・オーロラは、いつ・どこに行けば良いのか? 山好きの人にオススメなのが、カナダ・ユーコン準州です。
ネパール・ヒマラヤ~実践編 遠征隊が歩いた「エベレスト街道」を歩こう!
世界最高峰の山と言えば「エベレスト」。エベレスト登頂の起点となるベースキャンプまで続くキャラバンルートは、「エベレスト街道」と名付けられ、世界のトレッカーの憧れの1つとなっている。
手付かずの大自然が残る『地球の箱庭』/ニュージーランド随一の場所、ルートバーン・トラック
冬に向かい一般的な登山はオフシーズンに向かう日本だが、南半球・ニュージランドでは季節は逆。今まさに春から夏に向かっている。トレッキングを楽しむにはうってつけの時期の到来しようとしている。今回はそのニュージーランドで随一の人気を誇るルートバーン・トラックを紹介する。
世界の屋根ネパール・ヒマラヤの麓でトレッキングを楽しもう~入門編
8000m峰が8座もある、ネパール・ヒマラヤ。そんなネパールでのトレッキングと聞けば、高度な登山技術と十分な体力が必要なのでは? そう考える人が多い中で、「登山初心者でも楽しめる」ヒマラヤ・トレッキングの実際について説明する。
話題のロング・トレイルを知りたいなら、聖地「ジョン・ミューア・トレイル」に行くべし!
最近、日本でも少しずつ認知され、人気が高まっている「ロングトレイル」。この"聖地"とも言えるのが、アメリカの「ジョン・ミューア・トレイル」。このトレイルを通して、ロングトレイルの魅力を紹介します。

今からでも間に合う!夏休みに行く海外ハイキングはスイス・アルプスがオススメな理由
皆さんは今年の夏休みのご旅行はもう決まりましたか? 行きたい場所や、やりたいことがたくさんあると思いますが、「まだどんな休暇を過ごすか決まっていない・・・」という皆さんに、今日は今からでも間に合う「夏休みに行く海外ハイキング」のおすすめの場所としてスイス・アルプスを紹介しましょう。
初めての海外登山ならキナバルへ行こう! 世界の山旅・絶景への誘い
海外の登山地域を1つずつ紹介していく「世界の山旅・絶景への誘い」。日本と異なる景観や植生、海外独特の異文化にも触れる山旅の醍醐味を、いろいろ伝えていく。
第1回のテーマは「初めて海外登山でオススメな山」。世界の山旅を手がけて約半世紀のアルパインツアーは、マレーシア・ボルネオ島にそびえる、世界遺産の山「キナバル山」を挙げる。
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年9月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...