登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
奥穂高岳~西穂高岳 憧れの縦走路 (北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

そらちゃん さん

この登山記録の行程

【1日目】
上高地バスターミナル(12:30)・・・河童橋(12:35)・・・岳沢小屋(15:00)

【2日目】
岳沢小屋(05:00)・・・岳沢パノラマ[休憩 10分](07:10)・・・紀美子平[休憩 10分](08:10)・・・最低コル(08:50)・・・奥穂高岳[休憩 10分](10:20)・・・ジャンダルム[休憩 20分](11:50)・・・奥穂高岳(14:00)・・・穂高岳山荘(14:40)

【3日目】
穂高岳山荘(06:00)・・・奥穂高岳[休憩 10分](06:35)・・・ジャンダルム[休憩 10分](07:50)・・・天狗のコル[休憩 10分](08:40)・・・西穂高岳[休憩 30分](11:30)・・・西穂独標[休憩 10分](13:30)・・・西穂山荘(14:25)

【4日目】
西穂山荘(06:00)・・・上高地・焼岳分岐(06:10)・・・西穂登山口・・・田代橋・・・上高地バスターミナル(09:00)

総距離 約17.6km 累積標高差 上り:約2,604m
下り:約2,604m
コースタイム 標準:22時間5分
自己:21時間35分
コースタイム倍率 0.98
<1日目>
沢渡に昼前に到着しバスに乗ろうと思っていたら、オバサン4人組がタクシーに乗ろうとしており、おにいさんもどう?と聞かれたので、渡りに船で便乗しました。
日曜日なので、上高地は混雑してます。河童橋を渡り、岳沢登山口より本格的な登りです。
天気が良く、紅葉も綺麗で快適に岳沢小屋に到着しました。ほとんど満杯なので予約をしておいて良かったです。綺麗な小屋ですがあまり使い勝手はよくありません。
<2日目>
まだ薄暗く、ヘッドランプの灯りを頼りに重太郎新道を登ります。天気は上々です。翌日に通るであろう奥穂から西穂への岩稜帯が迫ってきます。
紀美子平に到着しましたが、今日中に一度ジャンダルムに登る計画なので、今回は前穂には登りません。
吊尾根に入り、最低コルを通過し、奥穂高岳に登頂。そこに荷物をデポし、ジャンダルムへ向かいます。
最初で最大の難関、ナイフリッジの馬の背を下ります。高度感バツグンで一歩踏み違えば谷底へ真っ逆さまです。
ジャンダルムは信州側を巻いて行くのが一般的ですが、飛騨側を直登しました。取り付き部が垂直でハーケンが2本打ち込んでありますが、腕力のない方や恐怖心のある方はやめたほうが無難です。でも、そこを越えてしまうと拍子抜けするほど楽に頂上に立てます。
ついに念願のジャンダルムの頂上に! そこには天使が舞い降りていました。
最初は独り占めしていましたが、西穂からの縦走組が次々と登頂してきました。
当然みな穂高岳山荘まで行くので、一緒に向かいました。
山荘では、その方たちと楽しく語らい、明日に備えて7時に床に就きました。
<3日目>
4時に起床。外は強風です。ガスも出ていますが雨の心配はないようです。
5時に出発し、小屋から最初の急登に差し掛かり、飛騨側に身体を出した途端に強風に煽られ、まずいと思い一旦小屋に引き返しました。15~20m近い強風が吹き荒れているようです。6時まで待ち、風が若干弱まったようなので出発しました。
ジャンダルムまでは昨日と同じなので、スムーズに行けますが、相変わらず強風です。今日は信州側を巻いてジャンダルムに登頂です。ガスに覆われて視界はなし。先に進みます。
コブの頭の直下には整地されている場所がありビバーク用だとわかります。
いくつかのピークを越え、天狗のコルへの急な岩稜下りをこなします。そして、斧を叩き込んだような形の天狗のコルへ到着。ここまでは気力も体力も充実しています。少しクライマーズ・ハイ状態かもしれなかったですね。
ここからの登りがまた凄いです。いきなり垂直のクサリです。なるべくクサリに頼らずに行きますが、頼らずにいられない箇所もあります。
天狗の頭に出て、いくつもいくつもピークを越え、三点確保を繰り返し、間ノ岳、赤岩岳と通過し、ついに西穂高岳山頂に到着です。念願が叶いました。なんて充実した山行だったのでしょう。
ガスもとうに晴れ、歩んできた行程を振り返ります。槍ヶ岳まで望めます。
のんびりと頂上を満喫したかったのですが、先に来ていたジイサンがやたらとよくしゃべり、うんざりしてきたので、先に進みます。
しかし、気を抜いてはいけません。西穂から西穂独標までは難関ルートのひとつです。
そして、無事に西穂山荘に到着しました。
最後にひとつ。今回の山行で初めて体験したことがあります。それは指先の痛みです。ずっと岩を掴んでいたせいでしょう。帰ってしばらくして指先の皮が剥けてきました。ちょうど靴擦れをしたような感じです。ちゃんと手袋をはめていたんですけどね・・・

登山中の画像
登山画像
上高地での一コマ
登山画像
岳沢の紅葉
登山画像
吊尾根から槍ヶ岳
登山画像
西穂高岳と焼岳(左奥)
登山画像
天狗のコルから頭への岸壁
登山画像
来たルートを振り返る(左後方に槍ヶ岳)
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

そらちゃんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

そらちゃん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年1月18日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?