登山記録詳細

雪山登山
参考になった 4
蝶ヶ岳から残雪の槍穂高連峰を望む (5B) 蝶ヶ岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

すてぱん さん
  • 日程

    2017年5月2日(火)~2017年5月3日(水)

  • 利用した登山口

    上高地バスターミナル  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:(行き)東京より上高地BTまで「さわやか信州号」5:20着
    (帰り)上高地BTから新宿まで「さわやか信州号」

  • 天候

    1日目:快晴、2日目:晴れ

この登山記録の行程

【1日目】歩行7時間20分
上高地バスターミナル(05:40)・・・河童橋(05:45)・・・明神(06:28)・・・徳沢[休憩 21分](07:11)・・・横尾[休憩 20分](08:23)・・・槍見台(09:08)・・・横尾分岐[休憩 10分](11:52)・・・蝶ヶ岳三角点[休憩 20分](12:20)・・・横尾分岐(12:54)・・・蝶ヶ岳(13:09)

【2日目】歩行3時間42分
蝶ヶ岳(06:40)・・・妖精ノ池・・・長塀山(07:37)・・・2000mの平・・・徳沢[休憩 20分](09:19)・・・明神(10:22)

総距離 約22.5km 累積標高差 上り:約1,776m
下り:約1,749m
コースタイム 標準:11時間45分
自己:9時間40分
コースタイム倍率 0.82
GWの谷間、高気圧がはり出すタイミングを狙って蝶ヶ岳に登ってきた。日程をずらしたことでこの時期にしては人も少なく、槍穂高連峰の雪景色を満喫した。

当初は4月29日に出発する予定だったのだが、天気図を睨んでもどうにも自信が持てず、順延。狙いは当たって快晴・微風という登山日和を引き当てることができた。連休の谷間になったことで、登山道も山小屋も空いていて静かで快適な登山を楽しめた。下山日の5月3日は大勢の方が登ってきていたから、1日でもずらすことができれば効能は大きい。帰りのバスも、下りの渋滞を尻目にスイスイ。逆に言えば、祝日をたくさん作ってみんなで一斉に休むよりも、きちんと有給休暇取得すればいいと、海外駐在が長かった出戻り登山者は強く思うのだ。

上高地バスターミナルから横尾までは除雪がされていて、所々わずかに雪が残っている程度。横尾から先は雪道となっている。今回は横尾から蝶ヶ岳に直登するため、ここでスパッツと12本爪アイゼンを装着した。雪面にはトレースがあり、木々にも所々マーク、あるいはテープがあるので、まずコースを外すことはないだろう。しばらく本格的な登山をしていなかったせいもあろうが、樹林帯の3時間あまりの急登はきつく、逆ハの字歩行を心がけないとふくらはぎがパンパンになる。標高2500mくらいで傾斜もようやく緩み、稜線に飛び出すと残雪をまとった槍穂高連峰がどーんと広がる。雪が少なかった昨年と比較して、今年は多め。

少々悩ましかったのは、装備の選択とアイゼン着脱のタイミングだ。今回は好天が期待できたので、手袋は通常の防風性のあるものと念のためにウールのものを持参した。結果的には防風性のある薄手で十分だった。ピッケルも悩んだが、残雪期に登るのは初めての山域だし雪面の状況もわからないので、これも念のため持参したのだが、結局出番なし。しかし、状況が悪くなった時に装備不足では進退極まってしまうので、必要なコストだと考える。

アイゼンは12本爪とチェーンスパイクを用意した。横尾からの登りはすぐに雪の急登なので出だしからアイゼンを装着。稜線に出ると風で雪が飛ばされていてほぼ夏道なので、アイゼンを外した。下りの長塀尾根も出だしから急斜面で雪もたっぷりついているので、こちらも迷わず最初から装着。問題は、標高がかなり下がったところで雪が所々なくなり始めた箇所だ。木の根をアイゼンで踏みつけるのは避けたいし、かといってしばらく下るとまた雪が現れる。標高が下がってきているので、一度溶けた雪が再び凍っていたりして、むしろアイゼンが欲しくなる場面でもある。今回は、途中でチェーンスパイクに換装したが、程なくして完全に夏道になった。

ルート定数50.1

さて下山した翌朝のことをひとくさり。あれだけ森の香気を吸い、急登に喘ぎ、絶景に感嘆の声を漏らし、冷たい雪に触れ、清流に疲れた顔を洗ったのに・・・。こうしていつもの自分の部屋で目をさますと、もうなんだか手のひらに落ちた淡雪のように、頼りない印象しか残っていない。
吉野弘の「雪の日に」と題された詩があるのだが、こんな感じのものだった。
誰もが信じる雪の白さ、信じられている雪はせつない。けれどどこに純白の雪などあろう。だから、雪は降り続けるのだという。
ならば、私も登り続けるしかないのだろうか。

登山中の画像
  • 早朝の焼岳
  • 西穂高岳に続く稜線
  • 霜が降りたふきのとうも寒そう
  • 徳沢で見た霧氷
  • 横尾までは除雪されているが、ここから先は雪道。ここでスパッツとアイゼンを装着
  • 半端ない急登。雪はしまっていてアイゼンもよく効くが、逆ハの字歩行を心がけないとふくらはぎがパンパン
  • 瑠璃色の鳥
  • 横尾からは樹林帯の急登だが、槍ヶ岳が見えてテンションが上がる。
  • 左から奥穂高、涸沢岳、北穂高岳
  • 稜線上は風で雪が飛ばされ、夏道。アイゼンも邪魔になる。
  • 横尾分岐で荷物をデポして蝶槍を目指す
  • 蝶槍から槍ヶ岳ー裏銀座の山々
  • 常念岳
  • 穂高の峰々
  • 槍ヶ岳
  • 蝶ヶ岳ヒュッテから穂高連峰
  • 大キレットに沈む夕日
  • 二日目のご来光
  • 燃え始める槍穂高連峰
  • 前穂高、奥穂高岳
  • 奥穂高、涸沢岳、北穂高岳、手前に昨秋登った屏風の耳
  • 大喰岳、槍ヶ岳、北鎌尾根
  • もう少し焼けてくれることを期待していたのだけど、贅沢な望みだろう
  • 朝焼けの槍穂高連峰
  • 乗鞍岳、焼岳方向
  • 遠く富士山や南アルプスの姿も
  • 長屏尾根に向かい、下山
  • 下山後はいつものように嘉門次小屋の囲炉裏端でイワナの塩焼きをいただく
  • 梓川からの眺め
  • 初日の天気図
  • 二日目の天気図
この山行で使った山道具
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すてぱんさんの登山記録についてコメントする
  • 西東京猛虎会 さん
    すてぱんさん、こんにちは。

    燕岳から見た槍穂高も素晴らしいですが、やはり目の前どーん!は堪らないですね。
    それと、大キレットに沈む夕日が綺麗です。

    昨年、燕岳から常念岳まで歩きましたが、ずっと天候に恵まれず結果「一の沢」に
    下山してしまいましたが、蝶に行っておけば良かったと、少々後悔です。

    すてぱんさんレコの写真と、私が撮影した写真を見比べると「北アルプス南部」の
    位置関係が改めてはっきりします。でも、どちらも捨てがたい・・・・・
    だから山は嵌るのだと、実感しています。

  • すてぱん さん
    西東京猛虎会 さん
    私としては、常念岳から蝶ヶ岳のあたりは難しいです。だって、こんな美女に囲まれたら目移りしてしまって、後で写真を見てもいったい何を撮りたかったのか、焦点が定まっていなくてさっぱりなんですもの・・・(笑)

    あと、少々後ろめたいんです。蝶ヶ岳それ自体もいい山なんですけど、なんだかお目当の女の子にアプローチするために、彼女のお友達と仲良くするふりをしているような・・・

    わかっていただけますかね?(苦笑)

  • カメノコウタロウ さん
    すてばんさん、お久しぶりです。
    残雪の穂高連峰素晴らしいですね。とても憧れますが、私の体力では無理そうなので、もう少し離れたところから楽しむのがせいぜいかもしれないと考えています。いずれにしても、低山の雪山歩きから楽しんでいきたいと考えていて、すてばんさんの戦場ヶ原の記録に刺激されて一度はやってみたいと考えていたスノーシューでの山歩きを計画したのですが計画倒れになってしまいました。来年はもう少し低山の雪山歩きを楽しみたいと考えています。
    次回の素晴らしい記録を楽しみにしています。

  • すてぱん さん
    カメノコウタロウ さん、コメントありがとうございます。
    残雪期の山も森林限界を超えるようなところだと、雪山用の登山靴、アイゼンやピッケルなど装備も格段に増えますよね。夏山に比べると、技術的にも身につけなkレバいけないことが多いように思い、なかなか踏み出せずにいましたが、思い切って装備を揃え、ガイド付き山行から始めてようやく自分でもある程度のところなら行ける自信がついてきました。

    戦場ヶ原のスノーシューハイクは、天候と、吹きさらしに対する防寒さえしっかりしておけば、肩肘張らずに楽しめる良いフィールドだと思いました。道具も現地で借りられます。

    今後も素敵な記録を楽しみにしております。

関連する現地最新情報

  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    冬山雪山となりました。再度、雪山装備の確認を。夏山の状況ではありません。営業は10/24泊迄
    20年10月21日(水)
    涸沢ヒュッテ ~涸沢
    涸沢ヒュッテ
    10/18涸沢の積雪は20cm。まだ残る箇所ありチェーンアイゼンあると安心。営業は10/24泊まで
    20年10月21日(水)
  • 穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    10/17~18に積雪し、今も残るところがあります。アイゼン+判断+技術必要。営業10/24泊まで
    20年10月21日(水)
    双六小屋~双六岳
    双六小屋
    双六岳周辺や弓折岳周辺、鏡平で紅葉の見頃を迎えています。双六小屋は11日(日)の宿泊まで営業
    20年10月07日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

すてぱん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。