このエントリーをはてなブックマークに追加

霧ヶ峰でニッコウキスゲを愛で、下諏訪温泉ぎん月で信州の夏の味覚を味わいつくす

ひとり温泉登山
その他 2020年06月28日

ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第6回はニッコウキスゲ咲く霧ヶ峰と下諏訪温泉へ。

写真・文=月山もも

長野県の霧ヶ峰は、中央線の茅野駅・上諏訪駅からバスが運行していて交通の便が良いことから、首都圏からも日帰りで気軽に足を運べる山です。

バス停のある「車山肩」からまずは最高峰の「車山」に登り、それから「蝶々深山」「八島湿原」などを時間の許す限り歩いて、なだらかに広がる稜線や咲き乱れる高山植物を眺めて楽しみます。

車山の山頂は広く、気象レーダー観測所が設置されています。観測所の屋根に設置された丸いドームは遠くからもよく見え、丸いドームがだんだん大きくなってくると「霧ヶ峰に今年も来れてよかった!」という気持ちが盛り上がってきます。

登山道もよく整備されていて歩きやすく、どの季節に来ても楽しい山ですが、やはり一番はニッコウキスゲが黄色い絨毯のように咲き乱れる7月ではないでしょうか。

この日も周回コースを歩いて車山肩に戻ってくると、バスを待つ間ニッコウキスゲのお花畑を眺めて過ごしました。お花畑まではバス停からそれほど歩かずにたどり着くことができるため、登山をしない人にとっても楽しみの多い、懐の広い山だなといつも思います。

下山後はバスを上諏訪駅で降り、電車で隣の下諏訪駅へ。甲州街道と中山道が分岐する宿場町として古くから栄えた下諏訪は、そこかしこに歴史の面影が残る街です。本日宿泊する下諏訪温泉「ぎん月」さんは下諏訪駅から徒歩10分ほどのところにある、かつては料理割烹だったという、料理が自慢の温泉宿。

案内していただいたお部屋は最上階にあり、縁側が広くて日当たりがよく、部屋の中に外の涼しい風が入ってきました。お風呂からあがったら縁側でビールを飲もう!と心に決めて浴室へ向かうことにします。

ぎん月には内湯と露天風呂があり、いずれも1階にあるものの脱衣所は別々なため、1度服を着てから移動することになります。露天風呂には洗い場がないので、まずは内湯へ。

石造りの清潔な浴室で、シャンプーやコンディショナーなどのアメニティもしっかり揃っていました。体を洗ってから浴槽に身を沈め、きりっと熱めの下諏訪温泉のお湯で体を温めます。

そのあとは中庭にある露天風呂へ向かうことに。浴槽は小さめですが、幸いにも独り占めして入ることができました。すだれ越しに見える木々の緑が湯面に映るのも美しく、爽やかな風を感じながらかけ流しのお湯をのんびりと楽しみ、山を歩いた疲れもすっかりほぐれたようです。

露天風呂は、夕食後の20時から23時までの時間帯は、空いていれば別料金ですが貸切で利用することができます。

部屋に戻った後は、縁側のテーブルで缶ビールを。風呂上がりに、外の風を感じながら縁側で飲むビール、最高すぎました。

諏訪大社下社秋宮がすぐ近くにあるので、窓を開けていると太鼓の音が聞こえてきます。ビールを飲んだら諏訪大社に散歩に行くのもいいな、なんて考えていたのですが、畳でごろごろしているうちに夕食の時間が近づいてきました。

夕食はお部屋に用意していただきます。ドリンクメニューから諏訪の地酒「高天」の純米吟醸を注文して、色とりどりの前菜をつまみに……まずは一杯……ああ、染みる!

続いて供されたお椀は「帆立の真丈、高原レタス巻き」お刺身は「さより、鯛、すずき」と、夏らしい食材を使った、見た目にも爽やかな料理が並びました。

メインの肉料理「信州牛の石焼き」では、ししとうなど火の通りにくい野菜にあらかじめ油通ししてあり、食べやすくなっていた工夫に驚きます。

焼き物の「和風味噌グラタン」は「アスパラ、丸茄子、帆立、海老、よもぎ麩、信州サーモン」が入った豪華なグラタンです。味噌とチーズが合わさって濃厚な味わいになり、日本酒にもよく合いました。

最後のデザートも自家製で、小豆と高原牛乳の二層の寒天寄せです。

食後はあっという間に眠りに落ちてしまいました。

翌朝の朝食は、1階の食事処で。栄養バランスがよく考えられた、品数豊富な朝食です。サラダの上にのっているのはトマトの寒天で、生のトマトより味も濃く、自家製のドレッシングによく合って印象に残りました。寒天も長野県の特産品なんですね。

昨年料理長が替わられたとのことで、現在は食事の雰囲気がこのときと少し変わったかも、とのことでしたが、新しいぎん月さんの料理を味わいに、また近々伺いたいなと思っています。

(取材日=2018年6月上旬)

*掲載情報は、取材時の内容です。

信州しもすわ温泉 ぎん月

料金:1泊2食付き/1室1名18000円~、1室2名15000円~
住所:〒990-2301 長野県諏訪郡下諏訪町立町3306
電話:0266-27-5011
HP:http://www.gingetsu.com/

 

記録・ルポ
教えてくれた人

月山もも

山と温泉を愛する女一人旅ブロガー。山麓の温泉宿を一人で巡るうちに「歩いてしか行けない温泉宿」に憧れを抱き、2011年から登山を始める。ゆるハイクから雪山登山まで、テントも一人で担ぐ単独登山女子。 ブログ「山と温泉のきろく」https://www.yamaonsen.com/に、温泉と登山のすばらしさについて綴っている。山と温泉に魅せられる人を増やすことが、人生のよろこび。

同じテーマの記事
笛吹川のほとりの鄙びた温泉宿・一之橋館に泊まり、晩秋の乾徳山で巨岩、奇岩とたわむれる
ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第11回は岩場が人気の乾徳山を目指して、山麓の宿で笛吹川のせせらぎを聞きながらゆっくり前泊。
三峯神社から紅葉の雲取山に登った後は、秩父七湯新木鉱泉の掘りごたつで地酒を堪能
ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第10回は紅葉の雲取山へ登り、秩父の歴史ある温泉宿へ。
栃尾又温泉自在館でぬる湯に浸かり、越後駒ヶ岳で紅葉登山を楽しむ
ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第9回は紅葉の越後駒ヶ岳登山前に、栃尾又温泉でぬる湯にじっくり浸りました。
夏の終わりの至仏山に登り、群馬県上牧温泉大峰館で温泉・地酒・地ビールを楽しむ
ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第8回は至仏山の下山後にくつろぎたい上牧温泉。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇のち晴
(日本気象協会提供:2020年12月1日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】
新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は「パヤック」の、フードがないタイプのシュラフ。果たしてその実力は?
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!