このエントリーをはてなブックマークに追加

稜線に吹く風に秋の気配を感じる九州・九重連山。牧ノ戸から久住山を往復

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2020年09月15日

九重連山の盟主・久住山を牧ノ戸登山口から往復。下界はまだまだ暑い日が続きますが、山の上では秋の訪れを感じられます。

暦の上では秋ですが、今年もなかなか涼しくなる気配がありません。汗だくになる低山歩きはしばらく休みにして、標高が高く涼しい山に行ってみることにしました。

思いつくのは、九州の屋根と呼ばれる九重山です。九重山とは、久住山を中心に10数個の山が連なる火山群の総称で、九州で最も人気がある山域です。

久住山から見る星生山と硫黄山。硫黄山一帯からは噴気が上がり植物はなく荒涼とした景色が広がる

九重連山の登山口で最も標高が高い牧ノ戸峠の登山口を選び、展望の稜線歩きを楽しみたいと思います。

気温は標高100m上がるごとに0.6℃下がるので、1787mの久住山と街中との温度差はおよそ10℃も違うことになります。そろそろ秋の花も咲いているかもしれません。

モデルコース:牧ノ戸登山口~沓掛山~久住山(往復)

コースタイム:牧ノ戸登山口(30分)・・・沓掛山(50分)・・・扇ヶ鼻分岐(30分)・・・久住山避難小屋(20分)・・・久住山(15分)・・・久住山避難小屋(30分)・・・扇ヶ鼻分岐(40分)・・・沓掛山(15分)・・・牧ノ戸登山口 (約3時間50分)

※2020年9月4日現在、九重連山の登山道には2020年7月の豪雨の影響があります。登山前に現地最新情報をご確認ください。

⇒久住山周辺のコースタイム付き地図を見る

牧ノ戸レストハウスのソフトクリームの看板がとても気になりますが、下山後の楽しみにして、急な坂で息が上がるコンクリートの道を登ります。

牧ノ戸峠レストハウス。下山後のソフトクリームを楽しみに登山開始

あずま屋がある展望台に着いて一休み。三俣山や黒岩山が近くに見えます。

木の階段を登った沓掛山の肩からは、南の展望が広がり穂が開き始めたススキの向こうに釈迦涅槃像に例えられる阿蘇五岳の雄大な姿が見えて感動します。ここまで登ると風が涼やかで秋の始まりを感じます。

沓掛山から見る阿蘇山。中岳の噴煙も見えている

沓掛山は岩が積み重なったピークです。段差のある下りを慎重に下って平坦な道まで降りると、夏に咲いていたノリウツギの白い花が残っていました。アジサイの仲間なので花がよく似ています。足元に咲くママコナやワレモコウなどの花を楽しみながら、快適な稜線を久住山の方向へ一筋に伸びた道を歩いていきます。

扇ヶ鼻分岐から西千里浜付近にはワレモコウがたくさん咲いていました

腰掛けるのに丁度いい岩が何個も並んだ扇ヶ鼻分岐で休憩。ここは牧ノ戸、扇ヶ鼻、久住山への三差路に当たるので行き交う登山者でにぎやかです。

沓掛山から歩いてきた道を振り返ると、たくさんの登山者が登ってくる姿が見えます。

頑張ってここまで来たんだと思える場所ですが、行程の中間点を少し過ぎたばかりエネルギーを補給したらまた歩き始めます。

岩がゴロゴロとした久住山への登り。後ろは星生崎の岩峰と久住山避難小屋

すぐに星生山と肥前ヶ城に囲まれた西千里浜になります。岩混じりで硬い感触だった道が、砂の上を歩いているような柔らかな感触に変わる不思議な場所です。両脇には鮮やかなピンクのシモツケやイヨフウロが風に揺れていました。

イヨフウロ(左)登山道脇のいたるところで見られるアキノキリンソウ(右)

西千里浜を半分ほどすぎると、ススキの向こうに久住山が姿を表しました。左には久住山を守る衛兵のように巨石が積み重なった星生崎が印象的です。

星生崎の基部からガレ場を下ると久住山避難小屋です。久住山のピラミダルな姿が更に大きく迫ってきます。

星生崎の基部付近まで来ると、端正な形の久住山を見る

久住分れから岩ゴロゴロの急斜面を登りきって、久住山山頂に着きました。展望抜群で、九重の山々を従えてそびえる盟主の風格です。南には広い高原の奥に祖母山や阿蘇山が並び、北に由布岳、西に雲仙岳の大展望と涼しい風を堪能することができました。

人気の久住山はたくさんの登山者で賑わっている

下山は往路を牧ノ戸峠まで戻り、爽やかな酸味のブルーベリーソフトを食べた後、ゆっくり温泉で疲れを取り帰路につきました。

 

記録・ルポ ガイド 日本の山
教えてくれた人

池田浩伸

佐賀県佐賀市在住。8年間NPOで登山ガイドや登山教室講師を務めた後、2019年くじゅうネイチャーガイドクラブに所属し、阿蘇くじゅう国立公園をメインに登山ガイドや自然保護活動を行なう。著書に『九州百名山地図帳』『分県ガイド 佐賀県の山』(山と溪谷社・共著)がある。

同じテーマの記事
尾瀬・燧ヶ岳、9月下旬~10月初旬、登山道中に点在する湿原や見下ろす尾瀬ヶ原は草紅葉に染まる
東北地方の最高峰で、尾瀬のシンボル的な山でもある燧ヶ岳。9月下旬から10月初旬、登山道中に点在する湿原は草紅葉で色づき、見下ろす尾瀬ヶ原は秋錦の絨毯のように輝く。尾瀬の秋を堪能できる燧ヶ岳を縦走する山旅を紹介する。
秘湯とともに、秘境の雰囲気を味わう鬼怒沼山。奥鬼怒・女夫淵から、尾瀬・大清水へと縦走する
高層湿原では日本一の高所にあるとも言われる鬼怒沼。麓に擁する秘湯・奥鬼怒四湯も相まって、秘境感を味うことが味わえる鬼怒沼山を紹介する。
威風堂々の槍ヶ岳を仰ぎ見る天空の縦走路を行く 北アルプス・表銀座
槍ヶ岳をめざす人気の縦走路、表銀座を歩きます。槍ヶ岳には複数のルートがありますが、そのなかでも大展望の稜線歩きが楽しめる憧れのコースです。
夏空に広がる展望と趣ある秘湯を楽しむ山旅。那須岳を縦走して、温泉を堪能する2日間
夏に“いい山”は、何もアルプスの山々ばかりではない。栃木県と福島県の県境にそびえる那須連山は、夏らしい爽快な展望が味わえるうえに、登山中や下山後の温泉が楽しめる、夏に行くにも相応しい山と言える場所だ。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年9月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
秋田白神 紅葉の森の魅力
秋田白神 紅葉の森の魅力 世界遺産にも認定された白神山地。藤里駒ヶ岳、二ッ岳、小岳など秋田白神の自然の魅力を紹介します。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
NEW 背面機構が特徴! マムートのバックパック
背面機構が特徴! マムートのバックパック 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。久しぶりの山行テストは、独自の背面機構を持つマムートのバックパック!
ステップアップの登山へ。槍ヶ岳/双六岳
ステップアップの登山へ。槍ヶ岳/双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい双六岳と槍ヶ岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...