このエントリーをはてなブックマークに追加

【アイヌと神々の物語】ヘビの女神に見初められた、あるアイヌの若者の末路

アイヌと神々の物語、アイヌと神々の謡
その他 2020年10月30日

アイヌ語研究の第一人者、故・萱野茂氏が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の38の話を収録した名著『アイヌと神々の物語』。発刊後、増刷が相次ぎ同ジャンルとしては異例の話題書となっています。北海道の白老町に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」もオープンし、アイヌについて関心が高まる今、本書からおすすめの話をご紹介していきます。第5回は、ヘビの女神に見初められた若者の話です。

 

 

ヘビの血

私には母がいて父がいて、本当に物持ちの家で、何が欲しいとも、何が食べたいとも思わないで暮らしていた一人の若者です。

父がしばしば私に聞かせてくれる話では、

「私たちが暮らしているこのコタン(村)からずうっと下流に、お前の叔父がいて、そこには男二人と女一人の子どもがいる。そのうちの娘をお前の嫁にもらうことに前々から話をしてあるので、いつの日かその娘の顔を見に行くがいい」

と私に聞かせてくれていました。私は行ってみたいと思ってはいたのですが、暇がないような気がして、しばらくの間行かないでいました。

ある夏のこと、父があまりうるさくいうので、行ってみようと思い、出かけました。家を出てしばらく歩いていくと、どこからか知らないが、何者かの大いびきが聞こえるのです。立ち止まっては辺りを見回し、いびきの主(ぬし)を探してみてもわかりません。それも私が歩くと聞こえて、立ち止まると聞こえないという具合です。

足音をさせないように、だんだんといびきのする方へ近づくと、それは地上ではなく、高い立ち木の上から聞こえてきたのです。その木の上へ目をはわせると、なんと、そこには大蛇(だいじゃ)がいたのです。太い立ち木が三本の対(つい)になり、枝が広がっている上に、太く長い体をぐるぐると巻いて、いびきをかいています。

それを見た私は、本当に驚きましたが、大蛇がこのまま私を見逃すわけはないと思い、さっと走りました。すると、大蛇は木の枝の上から滑(すべ)るように下りて、私を追いかけはじめました。私の走る速さは、普通の人の二倍ぐらい速いはずでしたが、二人の間、いや違った、私と大蛇の間の距離はみるみる詰まり、もはやこれまでと思った時です。

前の方に、太い立ち木が風で折れてできた空洞(くうどう)になっている所へ、スズメほどの大きさのハチの大群がいるのが見えました。それを見た私は、私より先へ言葉を走らせ、

「ハチの神様、私を助けてくださあい。アイヌは酒やイナウ(木を削って作った御幣〔ごへい〕)でお礼をするものですから、助かったら、それらを持ってお礼をし、いつまでも神として祭ります。わたしを追いかけている化け物大蛇を殺してえ」

と叫びました。

高い声で叫びながら、ハチが群がっている半分に折れた木の下を、私はさっと走りぬけました。私が走りぬけたそのあと、急に静かになったような気がしたので、後ろを見ると、あの大蛇の体を赤いござで包んだかのように、真っ赤にハチの群れがとまっています。

スズメほどの大きさのハチの大群に襲われた大蛇はのたうちまわり、苦しんでいましたが、間もなく死んでしまいました。それを見た私は大急ぎで家へ帰り、父にその話をしました。

父は、「ハチの神様が助けてくれなかったら、たった一人の息子がどうなったものか」と言いながら、私の無事を泣いて喜んでくれました。そのあと、たくさんのお酒を醸(かも)し、美しいイナウを削って、ハチの神様へお礼として贈りました。

ハチの神様への感謝のお祈りやら祭りを終えたあと、父がいうことには、「これからあと、三年の間は狩りのために山へ入ったりしないように」ということでした。父にいわれたとおり、私は三年間山へ行かずにいました。そして、ようやくのこと、三年が過ぎました。

ある日のこと、私はコタンを流れる川の上流へ向かって少し行き、それから川が二股に分かれたので、かなり大きい沢の方をずんずん登っていきました。すると、その沢の上流に広い沼が見えました。こんなところに沼があったかな、と思いながら近づくと、驚ろいたことに、三年前のあの大蛇が沼の縁(ふち)をぐるっと巻くような形で、長々と寝そべっているのです。

それを見た私は、どうせ殺されるなら少しでも斬ってやろうと思い、腰のタシロ(山刀)をさっと抜いて、えいっとばかりに斬りかかりました。すると思いのほかうまく斬ることができて、大蛇を二つから三つに斬り分けました。

死んだ大蛇から流れた血が沢へ流れこみ、沢はまるで血の沢といえるほど真っ赤になって流れています。その血の沢を見ていた私が、こともあろうに、その血の沢の水を飲みたくなったのです。

こんなもの、飲んではいけない、飲んではいけないと、いくらがまんしても、とうとうがまんしきれず、私は腹ばいになって水面に顔を押し当て、ゴクン、ゴクンと飲んでしまいました。腹いっぱいに飲み終わって、初めてわれに返って、ああ、これでとうとう大蛇に負けた、そう思ったとたん、悔(くや)し涙が私の顔の表を滝のように流れ落ちました。

私は草の上へごろりと横になって泣いているうちに、いつの間にやら眠ってしまい、夢なのか、幻なのか、一人の美しい女が私のそばへ来ていうのは、次のような言葉でした。

「アイヌの若者よ。わたしはヘビの女神だが、神の国でわたしに似合いの男を探したが見当たらず、アイヌの国へ目をやったら、お前がいた。三年前に、お前が婚約者の所へ出かけるのを見たわたしは、お前を殺して命をもらおうと思ったが、ハチの神にじゃまされて逆に殺されてしまった。

今日、お前が山へ来るのを見たわたしは、ここで待ち、普通のやり方では命を取れないと思ったので、わざと殺され、わたしの血を飲ませたのだ。これでお前は近いうちに死に、神の国でわたしと夫婦になることが決まった」と、一人の女が言ったのを、見たか聞いたかしたような気がして、目を覚ましました。

私は大急ぎで家へ帰り、家の中へは入らずに家の外から父を呼び、山であったことを事細かに聞かせました。父は、一人息子を化け物ヘビに取られてなるものかと、山へ私を連れていって、立ち木の神へお願いするやら、川へ連れていって、川の神へお願いするやら、ありとあらゆる神の名を呼びならべ、私を守るようにお願いをしてくれました。

しかし、化け物ヘビの呪術が上であったらしく、私の体はすっかり腫れあがり、目も口もわからなくなるほどになってしまいました。

うわさを聞いた私の許嫁(いいなずけ)も、二人の兄と来てくれましたが、手の施しようのない私を見て、泣きながら帰ってしまいました。

日一日と腫れあがった私の体は、今度は肉が溶け落ちてきました。そのような私を、父や母は神々に救いを求めるやら、いろいろと手当てをしてくれましたが、私はもう死ぬばかりです。

そのようなわけで、生まれ育ちは何不自由のない若者であった私が、化け物ヘビに魅入られ、このような死に方をしようとしています。

だから、今いるアイヌよ、どんな恵まれた家庭に生まれても、悪魔に魅入られることもあるものだから注意しなさい、と一人の若者が語りながら世を去りました。

語り手 平取町荷負本村 黒川きよ
(昭和36年10月29日採録)

解説

大蛇の話はしばしばありますが、めったにアイヌが負けることはないものです。しかし、この話ではアイヌの若者がヘビの女神?に魅入られ、とうとう死んでしまいます。

昭和三十六年当時は、テープレコーダーは大変珍しい道具でした。したがってマイクを向けられると、語り手のおばあちゃんたちは緊張してしまって、いうことを忘れたりして大事な部分の、「だから、こうしてはいけません」とかを忘れてしまいます。そこで、語り手が明らかにいい忘れていると思われる部分は、私が翻訳者の責任で補足しました。

それと、おばあちゃんたちはテープそのものが大変高価なものと思って、なるべく長くしゃべらないことが、録音者の私を助けることと思ってくれたふしもあります。

いうまでもありませんが、補足のしすぎなどのないように注意しました。またウウェペケレ(昔話)には常套句というものがあり、それらを大事にしました。

しかし、だんだんとマイクに慣れたおばあちゃんたちは、いい忘れのないように注意してくれるばかりでなく、マイクをもっと近づけろなどと、気を遣ってくれるようになったものです。

この話の語り手の黒川きよフチ(おばあさん)は、あいきょうのいい方で、少し、ほんの少しお酒を飲むと、「下手でもあいきょうだ」と、率先して歌い踊る方でした。そのためあだ名を「へたばあさん」とつけられ、コタン(村)の人気者でもありました。

子どものころに大ヘビの話を聞くと、本当にいるような気がして恐ろしかったものです。アイヌ語で語られたテープを聞くと、子どものころの恐ろしさが迫ってきます。アイヌ語で聞いてほしい、とつくづく思いました。

 

(本記事は『アイヌと神々の物語~炉端で聞いたウウェペケレ~』からの抜粋です)

 

『アイヌと神々の物語~炉端で聞いたウウェペケレ~』

アイヌ語研究の第一人者である著者が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の38の物語を読みやすく情感豊かな文章で収録。主人公が受ける苦難や試練、幸福なエンディングなど、ドラマチックな物語を選りすぐった名著、初の文庫化。​


著者:萱野 茂
発売日:2020年3月16日
価格:本体価格1100円(税別)
仕様:文庫544ページ
ISBNコード:978-4635048781
詳細URL:http://www.yamakei.co.jp/products/2820490450.html

amazonで購入 楽天で購入


『アイヌと神々の謡 カムイユカラと子守歌』

著者が聞き集めた13のカムイユカラと子守歌を日本語とアイヌ語の併記でわかりやすく紹介。好評発売中のヤマケイ文庫『アイヌと神々の物語』の続編であり、完結編!
池澤夏樹氏、推薦!


著者:萱野 茂
発売日:2020年8月14日
価格:本体価格1100円(税別)
仕様:文庫488ページ
ISBNコード:978-4635048903
詳細URL:http://www.yamakei.co.jp/products/2820048900​.html

amazonで購入 楽天で購入


【著者略歴】
萱野 茂(かやの しげる)
​​1926年、北海道沙流郡平取町二風谷に生まれる。小学校卒業と同時に造林・測量・炭焼き・木彫りなどの出稼ぎをして家計を助ける。
アイヌ語研究の第一人者でアイヌ語を母語とし、祖母の語る昔話・カムイユカラを子守唄替りに聞いて成長。
昭和35年からアイヌ語の伝承保存のため町内在住の古老を中心にアイヌの昔話・カムイユカラ・子守唄等の録音収集を始め、金田一京助のユカラ研究の助手も務めた。
昭和50年、『ウウェペケレ集大成』で菊池寛賞受賞。また昭和28年からアイヌ民具の収集・保存・復元・研究に取り組み、昭和47年「二風谷アイヌ文化資料館」を開設。2006年に死去。

書籍・書評 歴史・文化
同じテーマの記事
【アイヌと神々の謡】クマはなぜ、みずからアイヌに撃たれに行ったのか?
アイヌ語研究の第一人者、故・萱野茂氏が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の13の謡(うた)を収録した『アイヌと神々の謡』。ヤマケイ文庫『アイヌと神々の物語』の対となる名著です。北海道の白老町に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」もオープンし、アイヌについて関心が高まる今、本書からおすすめの話をご紹介していきます。第13回はクマ神と飯炊きタヌキの謡です。
【アイヌと神々の謡】故郷の村が恋しくてひきこもる妻に、夫が贈ったものとは?
アイヌ語研究の第一人者、故・萱野茂氏が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の13の謡(うた)を収録した『アイヌと神々の謡』。ヤマケイ文庫『アイヌと神々の物語』の対となる名著です。北海道の白老町に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」もオープンし、アイヌについて関心が高まる今、本書からおすすめの話をご紹介していきます。第12回は村を恋しがる妻に夫が贈ったあるモノの謡です。
【アイヌと神々の謡】スズメが開いた宴で、調子にのったカラスの悲劇
アイヌ語研究の第一人者、故・萱野茂氏が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の13の謡(うた)を収録した『アイヌと神々の謡』。ヤマケイ文庫『アイヌと神々の物語』の対となる名著です。北海道の白老町に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」もオープンし、アイヌについて関心が高まる今、本書からおすすめの話をご紹介していきます。第11回は鳥たちの楽しい宴の席で起きたできごとの謡です。
結婚相手を探すホタルが、最後の最後に選んだのは誰だったのか?
アイヌ語研究の第一人者、故・萱野茂氏が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の13の謡(うた)を収録した『アイヌと神々の謡』。ヤマケイ文庫『アイヌと神々の物語』の対となる名著です。北海道の白老町に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」もオープンし、アイヌについて関心が高まる今、本書からおすすめの話をご紹介していきます。第10回は婿探しに飛び回るホタルの謡です。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年1月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...