このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚相手を探すホタルが、最後の最後に選んだのは誰だったのか?

アイヌと神々の物語、アイヌと神々の謡
その他 2020年12月04日

アイヌ語研究の第一人者、故・萱野茂氏が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の13の謡(うた)を収録した『アイヌと神々の謡』。ヤマケイ文庫『アイヌと神々の物語』の対となる名著です。北海道の白老町に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」もオープンし、アイヌについて関心が高まる今、本書からおすすめの話をご紹介していきます。第10回は婿探しに飛び回るホタルの謡です。 

 

 

※アイヌ語本文の次の行に、日本語訳を置いています(ただしアイヌ語本文と訳文とはその位置が必ずしも一致していません。訳すにあたって、日本語の言葉の流れをよくするため、3行から5行くらい先取り、あるいは後の行へ移した場合があります)。

ホタルの婿選び

トゥカナカナ チ・ムッカネ
 大きな体のわたくしは
トゥカナカナ アトゥイ・クルカ
 海の表の隅々(すみずみ)まで
トゥカナカナ エ・マッカクル
 強い光で照らしながら
トゥカナカナ アトゥイ・トモトゥイェ
 海の上を横切って
トゥカナカナ チ・ヤイ・コト
 自分に似合う婿(むこ)さんが
トゥカナカナ チ・フナラ・クス
 いないものかと探しに行った
トゥカナカナ パイェ・アシ・アワ
 しばらくの間飛んでいくと
トゥカナカナ ピリカ・オッカイポ
 いい若者が目に入った
トゥカナカナ チ・ヌカ・コロカ
 だんだんと近づくと
トゥカナカナ ウトンナ・シコ
 そのお方は斜視(しゃし)であった
トゥカナカナ チ・エ・コパン・カ
 それが嫌(いや)でわたくしは
トゥカナカナ オロワノ・スイ
 しばらくの間飛んでいき
トゥカナカナ チ・ムッカネ
 大きい体で飛んでいった
トゥカナカナ アトゥイ・ソ・クルカ
 海の表の隅々まで
トゥカナカナ エ・マッカクル
 強い光で照らしながら
トゥカナカナ パイェ・ア・アイネ
 しばらくの間飛んでいくと
トゥカナカナ シネ・オッカイポ
 一人の若者に出会ったので
トゥカナカナ チ・ヌカ・コロカ
 よくよく見るとそのお方は
トゥカナカナ コンカネ・シコ
 目の色が黄金色
トゥカナカナ チ・エ・コパンカ
 それが嫌でわたくしは
トゥカナカナ オロワウン・スイ
 そのあとふたたび飛んでいくと
トゥカナカナ パイェ・アイネ
 その次にまたわたくしは
トゥカナカナ ピリカ・オッカイポ
 いい若者に出会ったので
トゥカナカナ チ・ヌカ・コロカ
 よくよく見るとそのお方は
トゥカナカナ シネ・レッ・トゥ・コロ
 顎(あご)の所に一本のひげ
トゥカナカナ チ・エ・コパンカ
 それが嫌でわたくしは
トゥカナカナ オロワノ・スイ
 そのあとふたたび飛んでいき
トゥカナカナ チ・ムウッカネ
 大きい体のわたくしは
トゥカナカナ アトゥイ・クルカ
 強い光で海の表の
トゥカナカナ エ・マッカクル
 隅々まで照らしながら
トゥカナカナ パイェ・アイネ
 海の向こうへ飛んでいき
トゥカナカナ ピリカ・オッカイポ
 しばらく行くといい若者に出会ったので
トゥカナカナ チ・ヌカ・ルウェ
 よくよく見るとそのお方の
トゥカナカナ エネ・オカ・ヒ
 器量といえば
トゥカナカナ シキヒ・カ・ポロ
 体も大きく目も大きい
トゥカナカナ エトゥフ・カ・タンネ
 鼻だけ少し長いけれど
トゥカナカナ キワ・ネコロカ
 わたくしのようないい女に
トゥカナカナ チ・ヤイ・コト
 似合いの男と思ったので
トゥカナカナ シ・ネルウェ
 その若者をわたくしは
トゥカナカナ ネー・セコロ
 お婿さんに選んだので
トゥカナカナ ニンニンケッポ
 わたくしの夫はカジキマグロ
トゥカナカナ ハウェアン・シコロ
 強い魚がわたくしの婿だと
トゥカナカナ ネハウェウン
 一匹のホタルがいったそうだ

語り手 平取町去場 鍋沢ねぷき
(昭和44年2月19日採録)

解説

アイヌのカムイユカ(神謡)の自由さ、奔放さがよく出ている作品です。ホタルが自分の婿さんを探しに海の上を飛び、海の隅々まで照らします。そして斜視の男(ヒラメ)、黄金色の目の男(サメ)、顎ひげの男(タラ)、そして最後に力持ちで器量のいいカジキマグロに出会い、彼を夫に選びます。

カジキマグロ以外は魚の名を出していませんが、マグロを強く印象づけるためでしょうか。小さいホタルと大きなカジキマグロ、この組み合わせは、まさにカムイユカならではの世界です。このカムイユカは、山にいるアイヌたちが魚の特徴を覚えるのにとてもいい作品です。

子どもの遊びの一つに、ホタルを貝がらに入れて糸をつけ、土に埋め、「エホクキロロ サンケサンケ、エホクキロロ サンケサンケ(お前の夫の力を出せ出せ、お前の夫の力を出せ出せ)」と言いながら、貝がらを引っぱる遊びがあるそうです。ホタルは小さい虫ですが、夫はカジキマグロ、その強い夫の力を出しなさいといっているのです。

この作品が土台になった遊びなのでしょう。この遊びについては、語り手の鍋沢ねぷきフチ(おばあさん)から聞いたものです。私自身は、そのような遊びをしたことがありません。海に近いアイヌの子どもの遊びであったのでしょう。

この作品のサケヘ(※トゥカナカナ)も、意味はありません。サケヘは、次の言葉が出てくるまでの間(ま)であり、聞き手はそこで考える余裕があるので、話の内容を覚えやすかったような気がします。

 

※本記事は『アイヌと神々の謡~カムイユカラと子守歌~』(山と溪谷社)からの抜粋です

『アイヌと神々の謡~カムイユカラと子守歌~』

著者が聞き集めた13のカムイユカラと子守歌を日本語とアイヌ語の併記でわかりやすく紹介。好評発売中のヤマケイ文庫『アイヌと神々の物語』の続編であり、完結編!
池澤夏樹氏、推薦!


著者:萱野 茂
発売日:2020年8月14日
価格:本体価格1100円(税別)
仕様:文庫488ページ
ISBNコード:978-4635048903
詳細URL:http://www.yamakei.co.jp/products/2820048900​.html

amazonで購入 楽天で購入


『アイヌと神々の物語~炉端で聞いたウウェペケレ~』

アイヌ語研究の第一人者である著者が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の38の物語を読みやすく情感豊かな文章で収録。主人公が受ける苦難や試練、幸福なエンディングなど、ドラマチックな物語を選りすぐった名著、初の文庫化。​


著者:萱野 茂
発売日:2020年3月16日
価格:本体価格1100円(税別)
仕様:文庫544ページ
ISBNコード:978-4635048781
詳細URL:http://www.yamakei.co.jp/products/2820490450.html

amazonで購入 楽天で購入


【著者略歴】
萱野 茂(かやの しげる)
​​1926年、北海道沙流郡平取町二風谷に生まれる。小学校卒業と同時に造林・測量・炭焼き・木彫りなどの出稼ぎをして家計を助ける。
アイヌ語研究の第一人者でアイヌ語を母語とし、祖母の語る昔話・カムイユカラを子守唄替りに聞いて成長。
昭和35年からアイヌ語の伝承保存のため町内在住の古老を中心にアイヌの昔話・カムイユカラ・子守唄等の録音収集を始め、金田一京助のユカラ研究の助手も務めた。
昭和50年、『ウウェペケレ集大成』で菊池寛賞受賞。また昭和28年からアイヌ民具の収集・保存・復元・研究に取り組み、昭和47年「二風谷アイヌ文化資料館」を開設。2006年に死去。

書籍・書評 歴史・文化
同じテーマの記事
【アイヌと神々の謡】クマはなぜ、みずからアイヌに撃たれに行ったのか?
アイヌ語研究の第一人者、故・萱野茂氏が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の13の謡(うた)を収録した『アイヌと神々の謡』。ヤマケイ文庫『アイヌと神々の物語』の対となる名著です。北海道の白老町に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」もオープンし、アイヌについて関心が高まる今、本書からおすすめの話をご紹介していきます。第13回はクマ神と飯炊きタヌキの謡です。
【アイヌと神々の謡】故郷の村が恋しくてひきこもる妻に、夫が贈ったものとは?
アイヌ語研究の第一人者、故・萱野茂氏が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の13の謡(うた)を収録した『アイヌと神々の謡』。ヤマケイ文庫『アイヌと神々の物語』の対となる名著です。北海道の白老町に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」もオープンし、アイヌについて関心が高まる今、本書からおすすめの話をご紹介していきます。第12回は村を恋しがる妻に夫が贈ったあるモノの謡です。
【アイヌと神々の謡】スズメが開いた宴で、調子にのったカラスの悲劇
アイヌ語研究の第一人者、故・萱野茂氏が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の13の謡(うた)を収録した『アイヌと神々の謡』。ヤマケイ文庫『アイヌと神々の物語』の対となる名著です。北海道の白老町に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」もオープンし、アイヌについて関心が高まる今、本書からおすすめの話をご紹介していきます。第11回は鳥たちの楽しい宴の席で起きたできごとの謡です。
「ゴールデンカムイ」アイヌ語監修者が語る、アイヌの謡(うた)の圧倒的な魅力
アイヌ語研究の第一人者、故・萱野茂氏が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の13の謡(うた)を収録した『アイヌと神々の謡』。ヤマケイ文庫『アイヌと神々の物語』の対となる名著です。北海道の白老町に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」もオープンし、アイヌについて関心が高まる今、本書からおすすめの話をご紹介していきます。第9回は、「ゴールデンカムイ」アイヌ語監修者・千葉大学文学部教授の中川裕氏の序文を特別公開します。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年3月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...