このエントリーをはてなブックマークに追加

【アイヌと神々の謡】スズメが開いた宴で、調子にのったカラスの悲劇

アイヌと神々の物語、アイヌと神々の謡
その他 2020年12月11日

アイヌ語研究の第一人者、故・萱野茂氏が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の13の謡(うた)を収録した『アイヌと神々の謡』。ヤマケイ文庫『アイヌと神々の物語』の対となる名著です。北海道の白老町に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」もオープンし、アイヌについて関心が高まる今、本書からおすすめの話をご紹介していきます。第11回は鳥たちの楽しい宴の席で起きたできごとの謡です。 

 

 

※アイヌ語本文の次の行に、日本語訳を置いています(ただしアイヌ語本文と訳文とはその位置が必ずしも一致していません。訳すにあたって、日本語の言葉の流れをよくするため、3行から5行くらい先取り、あるいは後の行へ移した場合があります)。

※最後に謡に関連したアニメーションを紹介しています(動画出典:公益財団法人アイヌ民族文化財団)。

 

カケスとカラス

ハンチキキ シネ・アマム・プ
 一つのヒエの穂
ハンチキキ チ・プ・イカレ
 倉から降ろし
ハンチキキ チ・キソキソ
 その穂を皆で白にした
ハンチキキ サケ・ネ・チ・カラ
 酒を醸(かも)しに
ハンチキキ イワン・シントコ
 六つの行器(ほかい)
ハンチキキ ロロ・チョ・ライェ
 上座へ据え
ハンチキキ イワン・シントコ
 六つの行器
ハンチキキ ウトゥル・チョ・ライェ
 下座へ据え
ハンチキキ トゥ・コ・レレコ
 二日か三日
ハンチキキ シラン・テッ・コロ
 過ぎたある時
ハンチキキ トノト・カムイ
 酒の神が誕生し
ハンチキキ カムイ・フラ
 神の芳香
ハンチキキ チセ・オンナイ
 家懐(ふところ)に
ハンチキキ エ・トゥシナッキ
 渦(うず)を巻いた
ハンチキキ ウ・キ・ルウェ・ネ
 それをかいだ
ハンチキキ タポロタ
 わたしは
ハンチキキ カムイ・オピッタ
 神々全部を
ハンチキキ アシケ・ア・ウッ
 招待して
ハンチキキ イク・マラ
 飲みの宴(えん)を
ハンチキキ イペ・マラ
 食いの宴を
ハンチキキ ア・ウコマシテッカ
 繰り広げた
ハンチキキ タポロタ
 そのうちに
ハンチキキ エヤミ・オッカヨ
 カケス男が
ハンチキキ タ
 立ち上がり
ハンチキキ ソイワ・サ
 舞(まい)を舞いつつ
ハンチキキ オ・シ・ライェ
 外へ出て
ハンチキキ シラナイネ
 しばらくして
ハンチキキ シネ・ニセウ・ヌ
 ドングリ一つ
ハンチキキ エ・クパ・カネ
 口にくわえて
ハンチキキ アフ ・キワ
 入ってきた
ハンチキキ サンシントコ・オ
 酒桶(さかおけ)の中へ
ハンチキキ エカッタナ
 トポンと入れた
ハンチキキ タンペクス
 それを見た
ハンチキキ カムイ・オピッタ
 神々全部が
ハンチキキ エ・ウ・ミナレ
 笑い転げた
ハンチキキ タ・シリキヒ
 その様子を
ハンチキキ パシクル・オッカイ
 横目で見ていた
ハンチキキ ヌカ・キ・ワ
 カラスの男
ハンチキキ タ
 舞を舞いつつ
ハンチキキ ソイワ・サ
 家の外へ
ハンチキキ オ・シ・ライパ
 出ていった
ハンチキキ シラナイネ
 しばらくして
ハンチキキ ウェッ・シリ
 入ってきた
ハンチキキ エネ・オカ・イ
 その様子は
ハンチキキ ポロ・シ・タッタッ
 大きな糞(くそ)の塊
ハンチキキ エクパ・カネ
 口にくわえ
ハンチキキ サンシントコ・オ
 酒桶の中へ
ハンチキキ エカッタナ
 トポンと入れた
ハンチキキ タポロワ
 それを見た
ハンチキキ ウェン・サカヨ
 神々は
ハンチキキ ア・ウコ・プンパ
 大いに怒って
ハンチキキ ア・ヌヌケ・サケ
 大事な酒
ハンチキキ ウソロロケ
 その懐(ふところ)へ
ハンチキキ フンナ・ネ・クル
 どこの者が
ハンチキキ シ・オマレ・パン
 糞を入れる
ハンチキキ セコラン・サカヨ
 そういいながら
ハンチキキ アン・ルウェ・ネ
 カラスの男へ
ハンチキキ キ・ロッ・アイネ
 群がり襲った
ハンチキキ パシク・オッカヨ
 カラスの男
ハンチキキ アウコプップク
 今はもう
ハンチキキ ア・ライケ・ノイネ
 殺されそうに
ソッソキヤッ タンペ・クス
 なってしまった
ソッソキヤッ エソッソキ・オッカヨ
 シギの男 私は
ソッソキヤッ アコアスラニ・クス
 仲裁(ちゅうさい)頼みに
ソッソキヤッ トアニウンワ
 あちらへ行き
ソッソキヤッ タアニウンワ
 こちらへ走り
ソッソキヤッ アパ・アナヤッカ
 したけれど
ソッソキヤッ カムイ・ウタ
 神々が
ソッソキヤッ エネ・イターキ
 異口同音に
ソッソキヤッ サケ・エチ・コロワ
 いう言葉は
ソッソキヤッ イタカ・ヤクン
 最初から
ソッソキヤッ アパ・アン・ワ
 招待するなら
ソッソキヤッ ア・タンネ・タミ
 走っていき
ソッソキヤッ ア・トゥリトゥリ
 長い刀や
ソッソキヤッ アタッネ・タミ
 短い刀を
ソッソキヤッ ア・トゥリトゥリ
 私ら伸ばすと
ソッソキヤッ キ・ワ・ネヤ
 どんなけんかも
ソッソキヤッ サカヨ・ラッチ
 すぐ静まるで
ソッソキヤッ キ・ワ・ネコロカ
 あろうけれど
ソッソキヤッ サケ・アニ・タ
 酒がある時
ソッソキヤッ イ・ヨイラ・ヒネ
 われらを忘れ
ソッソキヤッ サカヨ・アニタ
 けんかがあって
ソッソキヤッ イイェシカル・ンヒ
 思い出される
ソッソキヤッ ア・ルシカ・クス
 腹が立つから
ソッソキヤッ ソモ・アパ・アンナ
 行かないよ
ソッソキヤッ カムイ・オピッタ
 神々全部が
ソッソキヤッ エネ・ハウォカ
 そういった
ソッソキヤッ タイェクス
 そういわれて
ソッソキヤッ イワカナクス
 帰ってくると
ソッソキヤッ パシクル・オッカヨ
 カラスの男は
ソッソキヤッ ア・ラ・コ・タタ
 羽根の先まで
ソッソキヤッ ア・ラ・コ・フ
 斬りきざまれて
ソッソキヤッ トゥライウェンライ
 死んでいた
キ・ワ・イサ・クス
 だから
タネ・オカ・ウタ
 今いる人よ
サケ・コロ・パ・チキ
 酒をもったら
カムイ・ウタ
 神々を
ソモ・オイラ・ノ
 忘れないで
アシケ・アアニ
 招待を
ネシコロ
 するものですよと
アマメチカッポ
 スズメの神が
ハウェアン・シコロ
 いいましたと

 

語り手 平取町二風谷 貝沢とぅるしの
(昭和41年1月18日採録)

 

 

解説

このカムイユカラ(神謡)の主役はアマメチカッポ(スズメ)です。たった一穂(いっすい)のヒエを精白にして、六つの酒桶を家の中の上座と下座へ据えます。大勢の神を招待して飲みますが、カケスはドングリを酒桶へ入れて笑いを呼び、カラスは糞の塊を入れ、殺されてしまいます。

サケヘが、前半はハンチキキといって、後半はソッソキヤッになります。
貝沢とぅるしのフチ(おばあさん)の語りには、いい忘れがかなりありましたので私が補足しましたが、補足できるわけは、この話は子どもの時に祖母てかってから何回となく聞かされていて、よく記憶していたからです。

この話の教えは、酒があって人を招待する時には、招待もれのないように、ということです。けんかが始まってから、仲裁が必要であわてて思い出されても行きませんよ、と神々は怒っているわけです。
「私たちなら長い刀や短い刀を伸ばすと、けんかなどはすぐやむのに」といっている神は、くちばしの長いツルとか、その他大形の鳥でしょう。

したがって、この酒宴に集まっているのは形の小さいスズメなどで、大きくてもカケスにカラスというところです。仲裁を頼みに走った鳥はチピヤッ(シギ)です。そこでサケへの後半はソッソキヤッと、前半とは違う鳥の羽音(はおと)というか鳴き声になっています。

酒を醸す時は、ヒエとかアワあるいはトウモロコシを精白にして、それで粥(かゆ)を煮て人肌ぐらいに冷ましてから麹を混ぜます。二日か三日で甘味がついて、四日から一週間すると、アルコール分が増してきます。長く置いた方がきつくなりますが、だいたい二週間ぐらいで発酵が止まるので、それ以上長く置かないことになっています。

 

※本記事は『アイヌと神々の謡~カムイユカラと子守歌~』(山と溪谷社)からの抜粋です

『アイヌと神々の謡~カムイユカラと子守歌~』

著者が聞き集めた13のカムイユカラと子守歌を日本語とアイヌ語の併記でわかりやすく紹介。好評発売中のヤマケイ文庫『アイヌと神々の物語』の続編であり、完結編!
池澤夏樹氏、推薦!


著者:萱野 茂
発売日:2020年8月14日
価格:本体価格1100円(税別)
仕様:文庫488ページ
ISBNコード:978-4635048903
詳細URL:http://www.yamakei.co.jp/products/2820048900​.html

amazonで購入 楽天で購入


『アイヌと神々の物語~炉端で聞いたウウェペケレ~』

アイヌ語研究の第一人者である著者が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の38の物語を読みやすく情感豊かな文章で収録。主人公が受ける苦難や試練、幸福なエンディングなど、ドラマチックな物語を選りすぐった名著、初の文庫化。​


著者:萱野 茂
発売日:2020年3月16日
価格:本体価格1100円(税別)
仕様:文庫544ページ
ISBNコード:978-4635048781
詳細URL:http://www.yamakei.co.jp/products/2820490450.html

amazonで購入 楽天で購入


【著者略歴】
萱野 茂(かやの しげる)
​​1926年、北海道沙流郡平取町二風谷に生まれる。小学校卒業と同時に造林・測量・炭焼き・木彫りなどの出稼ぎをして家計を助ける。
アイヌ語研究の第一人者でアイヌ語を母語とし、祖母の語る昔話・カムイユカラを子守唄替りに聞いて成長。
昭和35年からアイヌ語の伝承保存のため町内在住の古老を中心にアイヌの昔話・カムイユカラ・子守唄等の録音収集を始め、金田一京助のユカラ研究の助手も務めた。
昭和50年、『ウウェペケレ集大成』で菊池寛賞受賞。また昭和28年からアイヌ民具の収集・保存・復元・研究に取り組み、昭和47年「二風谷アイヌ文化資料館」を開設。2006年に死去。

書籍・書評 歴史・文化
同じテーマの記事
【アイヌと神々の謡】クマはなぜ、みずからアイヌに撃たれに行ったのか?
アイヌ語研究の第一人者、故・萱野茂氏が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の13の謡(うた)を収録した『アイヌと神々の謡』。ヤマケイ文庫『アイヌと神々の物語』の対となる名著です。北海道の白老町に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」もオープンし、アイヌについて関心が高まる今、本書からおすすめの話をご紹介していきます。第13回はクマ神と飯炊きタヌキの謡です。
【アイヌと神々の謡】故郷の村が恋しくてひきこもる妻に、夫が贈ったものとは?
アイヌ語研究の第一人者、故・萱野茂氏が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の13の謡(うた)を収録した『アイヌと神々の謡』。ヤマケイ文庫『アイヌと神々の物語』の対となる名著です。北海道の白老町に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」もオープンし、アイヌについて関心が高まる今、本書からおすすめの話をご紹介していきます。第12回は村を恋しがる妻に夫が贈ったあるモノの謡です。
結婚相手を探すホタルが、最後の最後に選んだのは誰だったのか?
アイヌ語研究の第一人者、故・萱野茂氏が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の13の謡(うた)を収録した『アイヌと神々の謡』。ヤマケイ文庫『アイヌと神々の物語』の対となる名著です。北海道の白老町に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」もオープンし、アイヌについて関心が高まる今、本書からおすすめの話をご紹介していきます。第10回は婿探しに飛び回るホタルの謡です。
「ゴールデンカムイ」アイヌ語監修者が語る、アイヌの謡(うた)の圧倒的な魅力
アイヌ語研究の第一人者、故・萱野茂氏が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の13の謡(うた)を収録した『アイヌと神々の謡』。ヤマケイ文庫『アイヌと神々の物語』の対となる名著です。北海道の白老町に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」もオープンし、アイヌについて関心が高まる今、本書からおすすめの話をご紹介していきます。第9回は、「ゴールデンカムイ」アイヌ語監修者・千葉大学文学部教授の中川裕氏の序文を特別公開します。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2021年3月2日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート
雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート みなさんは雪山に行きますか? 雪崩に遭遇したことはありますか? 雪山登山経験者の方、アンケートにご協力をお願いします。
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。