このエントリーをはてなブックマークに追加

【アイヌと神々の物語】恐ろしい大蛇から村を救った、ある植物の神とは?

アイヌと神々の物語、アイヌと神々の謡
その他 2020年11月20日

アイヌ語研究の第一人者、故・萱野茂氏が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の38の話を収録した名著『アイヌと神々の物語』。発刊後、増刷が相次ぎ同ジャンルとしては異例の話題書となっています。北海道の白老町に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」もオープンし、アイヌについて関心が高まる今、本書からおすすめの話をご紹介していきます。第8回は、近くの村まで父親のお使い…のはずが大蛇退治をすることになった若者の話です。

 

 

身代わりの美女

私には父がいて母がいて、何不自由のない暮らしをしていた一人の若者でした。
ある日のこと父が、「私は若い時に、石狩川の中ほどにいる仲よしの物持ちに私の宝物を貸したが、お前にそれを取りにいってきてほしいものだ。あの宝が息子であるお前の手もとに戻ると、お前は国中で並ぶ者がない物持ちになることができるであろう」と私に言いました。

このように父が一人息子の私に何回も何回もいうので、私はある日そこへ行くことに決めました。
すると父は、「石狩川の中ほどへ行くのには、このように行くと近いものだ」と丁寧に道順を教えてくれましたが、途中で一晩だけどこかに泊まらなければならないということです。

私は父に教えられたとおりに、自分たちが暮らしているコタン(村)に流れている川を、上流の方へ向かってどんどんと歩いていきました。いつも狩りに来る場所も通りすぎ、川が沢になり、沢を登りつめて別の川が見える峰の上まで来ました。私は山の上から方角を確かめて、やや広い小さな沢まで下っていき、そこで泊まることにしました。そこには父が教えてくれたとおり、昔、父が泊まったらしい木の皮で屋根をふいた小屋がありました。私はずり落ちかかった木の皮を重ねなおし、一晩ぐらいは泊まれるようにしました。

夕食が終わるころにはすっかり日が暮れてしまい、さて寝ようかなと思っていると、外で人間らしい足音が聞こえました。そして、入口の方から人間の声で、「エヘン、エヘン」とせきばらいの声がしたので、私は、「誰だか知らないけど、どうぞお入りください」と返事をしました。すると一人の女が、それも美しい娘が入ってきたのです。

その娘の顔を見て私は驚きました。コタンでも大勢の娘がいて、美人もたくさんいると思ってはいたのですが、見たことも聞いたこともないような美しさです。私はその美しい顔を見て、この娘はきっと神様に違いないと思いました。小さい囲炉裏の向かい側へ娘は遠慮がちに座り、しばらくしてから娘は次のような話をしました。

「私は、先ほどあなたが登ってきた小さい沢の両側に天国から降ろされて暮らしている、ケレノイェ(触るとねじる)とケレトゥルセ(触ると落とす)という、トリカブト姫の姉妹の一人です。私はその妹の方ですが、日ごろ私たち姉妹は、狩りの時に役立っているということで、あなたの父からイナウ(木を削って作った御幣〔ごへい〕)やお酒を贈ってもらい感謝しています。見たところあなたは本当に精神のいい若者ですが、これからあなたが行こうとしている所に大変心配なことがあるのです。

というのは、あなたが行こうとしているコタンの川向こうにすんでいる大蛇、大蛇といっても、ちょっとやそっとのものではなく、アイヌが造るどんな大きい丸木舟の材料よりも太い大蛇が、一年に一回コタンへ来るのです。ただ来るだけならいいのですが、川の向こうからこちらへ大蛇の体は届いてしまい、大口を開けて人間を一人、口の中へ入れてもらうまで動かないのです。

それも、初めはいい娘とか、いい若者とか、美しい若妻がねらわれ、今ではコタンが全滅しそうになっています。このままでいたなら、あのコタンの人たちは一人残らず大蛇の餌食(えじき)になってしまうことでしょう。

それと、あなたが明日行くことになっている家にも、若者が二人、娘が二人いますが、コタンの人たちの間で相談してその娘のうちの妹の方を、大蛇の口に投げこむことが決まっているのです。それを神の力で見た私は、あなたの父の友人であった家の不幸を、見知らぬふりはできないと思い、ここへ来たのです。

大蛇の口へ投げこまれようとしている娘の器量は、神である私もかなわないぐらいの美しさです。明日は、あなたと一緒にコタンへ行きます。そこで、私を大蛇の口の中へ投げこんでください。そうしたならばどうなるのか、あとはじっと見ていてください」と、触ると落ちる、猛毒の神である妹のトリカブト姫が、私に聞かせてくれました。

私は丁寧にトリカブト姫に、何回も何回もオンカミ(礼拝)をしました。そしてその夜はトリカブト姫も小屋に泊まりました。次の朝早く、まだ行ったことのないコタンを目ざして私はトリカブト姫と二人で歩きました。しばらく行くと、大勢のコタン、広いコタンがありました。コタンの中を下っていくと、その中ほどに村おさの家と思われる、島ほどもある大きい家がありました。

その家の前へ行き、「エヘン、エヘン」とせきばらいをすると、家の中から一人の美しい女が出てきて、私たちに、「どうぞお入りください」と言いました。
私とトリカブト姫の二人が中へ入ってみると、二人の若者と、二人の娘がおり、その家の主である父の友人の村おさもおりましたので、丁寧に礼拝をしました。そのあとで私は、父にいわれたとおりに、「以前父があなたに貸してある宝物を受け取りに来たのです」と言いました。

すると、その家の主である村おさは、「まったくあなたのいわれたとおりで、宝物はすぐにお返ししますが、実をいうと、私たちはコタンの中で大きな悩みをもっているのです。というのは、私の小さい方の娘を、明日になったら一年に一回来る大蛇の口の中へ投げこまなければならないのです。それを思うと、悲しくて悲しくて、どうにもならず、泣いてばかりいます」と語りました。

また、「コタンの中でも評判の美男や美女、それに若い人妻などが選ばれ、このままゆくと、コタンには人が一人もいなくなるでしょう」と村おさは涙ながらに言いました。
大蛇は川を横切って頭だけをこちら側に置き、大きく口を開けていて、口の中へ娘を投げこむと、バクリと口を閉めて川向こうへ戻ってしまうということです。

話を聞いたその夜、私は神であるトリカブト姫が、下の娘の身代わりになってくれることを一言もいわず、村おさの家へ泊めてもらいました。
次の朝、まだ夜が明けきらないうちから家の人々は起き出して、あの美しい妹娘に死装束(しにしょうぞく)を着せ、外へ連れていきました。娘は死ぬほど泣き叫び、別の若者たちが手を取り、後から押すやら引っぱるやらして川の方へ下っていくうち、夜が白々と明けてきました。

コタンの人が河原近くへ行くと、うわさの大蛇が川を渡ってきて、頭は川のこちら側にあり、しっぽは川の向こう側にあって、丸太のような体で流れを止められた川は、大蛇の体の上にあふれ、まるで滝のように流れ落ちています。そして話に聞いたように、大きな口を開けて娘が投げこまれるのを待っていました。

その口へ、今、まさに娘が投げ入れられそうになりました。そこへ走りよった私は、高い声で、「待ってくれ。娘の身代わりに、私の妹を差し上げます」と言いながら、トリカブト姫を、さっとばかりに大蛇の口の中へ投げ入れました。

大蛇は、バクリと音をたてながら口を閉じ、すうっと体を引きちぢめて、川の中ほどまで戻ったかと思うと、その頭が流れの中へ吸いこまれるようにして流れはじめました。流れながら大蛇の身が溶けて骨がばらばらになり、白くなった骨だけが大洪水の時に流れる流木のように、ごろん、ごろんと重なり合いながら流れていきました。

それを見たコタンの人たちは、抱き合って喜びました。そこへ、大蛇の口の中へ投げこまれたと思ったトリカブト姫が笑顔で戻ってきたのを見て、コタンの人たちは二度びっくりです。村おさの娘も、うれし涙で顔をぐしゃぐしゃにして家へ戻ってきました。

死んだと思った娘の顔を見た村おさも、涙を流して喜び、何度も何度も私にお礼をいいながら、父が貸してあった宝物を何倍にもして返してくれました。そこへコタンの人たちも、コタンの危難を救ってくれたお礼にと、たくさんの宝物を持って集まってきましたが、私は一つも受け取りませんでした。

そうして、もう一晩泊まった翌日に私たちが帰ろうとすると、昨日助けたあの娘が、母親に何やら低い声で耳打ちしました。娘に代わって母親がいうことには、「あなたのおかげで助かった娘なので、いたらない者ではありますが、連れて帰り、せめて水くみ女にでも、薪取り女にでも、おそばへ置いてください」と泣いて私に頼むのです。

それを聞いた私は、「さっそく一緒に連れて帰ってもいいけれど、今日は神の女も一緒なので、のちほど迎えに来ます」と約束をして神の女のトリカブト姫と二人で帰りました。
最初にトリカブト姫と会ったあの仮小屋まで戻り、二人でそこに泊まると、トリカブト姫のいうのには、
「アイヌであるあなたの精神がいいので、助けたのでした。今になってみると、あなたと結婚したくなりましたので、結婚することにしましょう。

しかし私は神ですので、アイヌのコタンに死ぬまでいることはできませんが、二人の間に子どもが生まれ、孫が生まれてから、あなたに神の国へ来てもらい、本当の結婚をしましょう。
それと、助けたあの村おさの娘も精神のいい人ですので、妻にしなさい。そうすれば私たち二人の妻は仲よく暮らし、あなたは国中で比べる者もないほどの物持ちになるでしょう」と言ってくれました。

そしてトリカブト姫は、「後で、家とともにあなたの所へ行きます」と言いながら、あの晩に来た時と同じ足音をさせて、闇の中へ消えていきました。
次の朝、私は早く起きて自分の家へ帰ってきましたが、父へは受け取ってきた宝物を渡しただけで、神の女のトリカブト姫に出会ったことや、向こうのコタンでの出来事を一言も話しませんでした。

何日か過ぎてから、あの助けた娘と二人の兄やコタンの若者たちが、まるで薪でも縛るようにたくさんの宝物を縛り、それを背負ってやって来ました。それを見た父は事情を聞き、喜んだり、事の次第を報告しない私をしかりながら、「よかったよかった。精神さえよければ、そのように思いもしない所で、神が助けてくれるものだ」と泣いて喜んでくれました。

そうして数日が過ぎたある朝のこと、家の外の祭壇の向こう側で囲炉裏の火のはぜる音が聞こえました。窓の簾(すだれ)を巻き上げてみると、神の女のトリカブト姫が家とともに来ていたので、私はさっそく外へ出て、その家へ入ると、右座の方に姫が座っています。私が入ったのを見ると、姫が後ずさりしましたので、私はその前を通って横座へ座り、姫に向かい丁寧に礼拝しました。

そこへ父と母は、持っている着物の中でいちばん上等なものを着て、二人そろって静かに入ってきて、神の女である私の妻を、アイヌ風の礼拝で丁寧に迎えてくれました。父や母に、私は改めてトリカブト姫を詳しく紹介したのです。

その後、人間である妻の方は父たちと暮らさせ、私は神の女のトリカブト姫の家にいました。妻たちが仕事をする様子を見ると、二人は本当に仲よく、いつも笑い声をたてながら働いています。神の女との間には男の子一人と、女の子一人が生まれ、人間の女との間にも同じように子どもが生まれました。

やがて二人の妻の息子たちも成長し、妻を迎えて、孫も生まれたある日のこと、神である私の妻は、自分の女の子に手を引かせて神の国へ帰ってしまいました。
その後、私も年を取り、まだまだ死ぬ年でもないのに病気になったのは、トリカブト姫であった私の妻が、私を呼びに来たのでしょう。私が死んでも、普通のアイヌが死後に行く裏側の世界へ行くのではなしに、トリカブト姫のもとへ行くことになっているのです。

したがって、私を供養するには、トリカブト姫へ供物を贈ります、といってほしい。
そうすると、子どもであるお前たちが作ったものを受け取ることができるでありましょう、と一人の男が語りながら世を去りました。

語り手 平取町荷負本村 黒川てしめ
(昭和44年4月15日採録)

解 説

父が古い時代に貸してあった宝物を返してもらいにいくという、何らかの形で行き来する理由になるように、宝物を貸したり借りたりしたという話はしばしば昔話に出てきます。この場合の宝物というのは、本州から渡ってきた、作りだけ美しく見せたイコロ(宝刀)です。
一本あれば結納に持っていき、お嫁さんをもらえる宝刀を、薪(まき)を背負うように束にして持ってきてくれたという話は、それほどたくさんお礼を持ってきたということです。

一枚の葉で人間も死ぬ猛毒をもつトリカブト姫にかかっては、丸木舟を造る材料のような太い大蛇も、簡単に死んでしまいます。
たいていの話の中で、助けられた娘は助けてくれた若者の妻になりますが、これは一夫多妻とかの風習ではなしに、命の恩人に対する最高のお礼になったのでしょう。それと、このように合法的な形で美人を妻に迎えられることは、一種のあこがれであり、願望であったと思います。

神との結婚は、神は中年を過ぎると一足先に神の国へ帰り、後から人間である夫や妻に、死という方法で神の国へ来てもらいます。それは、神の国で新たな命が復活した時、相手がよぼよぼではいけません。それで、まだまだ元気のあるうちに神の国で、「ソンノウコロ シノウコロ(本当の結婚、真実の結婚をしよう)」ということになっているのです。

アイヌが死んだ場合に「ポナモシ」といって、この国土とまったく同じ国土が、現在の国が表側とすれば、裏側にあると信じています。普通は、死後その国の裏側の国へ行きますが、神と結婚したらそこへは行かずに、神の国へ行くものと考えているのです。

(本記事は『アイヌと神々の物語~炉端で聞いたウウェペケレ~』からの抜粋です)

 

『アイヌと神々の物語~炉端で聞いたウウェペケレ~』

アイヌ語研究の第一人者である著者が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の38の物語を読みやすく情感豊かな文章で収録。主人公が受ける苦難や試練、幸福なエンディングなど、ドラマチックな物語を選りすぐった名著、初の文庫化。​


著者:萱野 茂
発売日:2020年3月16日
価格:本体価格1100円(税別)
仕様:文庫544ページ
ISBNコード:978-4635048781
詳細URL:http://www.yamakei.co.jp/products/2820490450.html

amazonで購入 楽天で購入


『アイヌと神々の謡 カムイユカラと子守歌』

著者が聞き集めた13のカムイユカラと子守歌を日本語とアイヌ語の併記でわかりやすく紹介。好評発売中のヤマケイ文庫『アイヌと神々の物語』の続編であり、完結編!
池澤夏樹氏、推薦!


著者:萱野 茂
発売日:2020年8月14日
価格:本体価格1100円(税別)
仕様:文庫488ページ
ISBNコード:978-4635048903
詳細URL:http://www.yamakei.co.jp/products/2820048900​.html

amazonで購入 楽天で購入


【著者略歴】
萱野 茂(かやの しげる)
​​1926年、北海道沙流郡平取町二風谷に生まれる。小学校卒業と同時に造林・測量・炭焼き・木彫りなどの出稼ぎをして家計を助ける。
アイヌ語研究の第一人者でアイヌ語を母語とし、祖母の語る昔話・カムイユカラを子守唄替りに聞いて成長。
昭和35年からアイヌ語の伝承保存のため町内在住の古老を中心にアイヌの昔話・カムイユカラ・子守唄等の録音収集を始め、金田一京助のユカラ研究の助手も務めた。
昭和50年、『ウウェペケレ集大成』で菊池寛賞受賞。また昭和28年からアイヌ民具の収集・保存・復元・研究に取り組み、昭和47年「二風谷アイヌ文化資料館」を開設。2006年に死去。

歴史・文化 書籍・書評
同じテーマの記事
【アイヌと神々の物語】パナンペとペナンぺが、神からもらった二羽の小鳥の正体とは?
アイヌ語研究の第一人者、故・萱野茂氏が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の38の話を収録した名著『アイヌと神々の物語』。発刊後、増刷が相次ぎ同ジャンルとしては異例の話題書となっています。北海道の白老町に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」もオープンし、アイヌについて関心が高まる今、本書からおすすめの話をご紹介していきます。第7回は、神の国へ行った二人の若者の話です。
【アイヌと神々の物語】最初の人間パナンペと、クマの意外な関係
アイヌ語研究の第一人者、故・萱野茂氏が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の38の話を収録した名著『アイヌと神々の物語』。発刊後、増刷が相次ぎ同ジャンルとしては異例の話題書となっています。北海道の白老町に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」もオープンし、アイヌについて関心が高まる今、本書からおすすめの話をご紹介していきます。第6回は、人間誕生にまつわる人間とクマの話です。
【アイヌと神々の物語】ヘビの女神に見初められた、あるアイヌの若者の末路
アイヌ語研究の第一人者、故・萱野茂氏が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の38の話を収録した名著『アイヌと神々の物語』。発刊後、増刷が相次ぎ同ジャンルとしては異例の話題書となっています。北海道の白老町に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」もオープンし、アイヌについて関心が高まる今、本書からおすすめの話をご紹介していきます。第5回は、ヘビの女神に見初められた若者の話です。
【アイヌと神々の物語】ある日、結婚を控えた娘が鬼につかまった。意外な結末とは?
アイヌ語研究の第一人者、故・萱野茂氏が、祖母や村のフチから聞き集めたアイヌと神々の38の話を収録した名著『アイヌと神々の物語』。発刊後、増刷が相次ぎ同ジャンルとしては異例の話題書となっています。北海道の白老町に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」もオープンし、アイヌについて関心が高まる今、本書からおすすめの話をご紹介していきます。第4回は、鬼に捕らえられた勇敢な娘の話です。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年11月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド
秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド ウールの弱点を克服したアンダーウエア「メンズ ソリューション150メリノベースレイヤー クルー」の機能とは?
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...