このエントリーをはてなブックマークに追加

あまりの寒さにスマホの電池消耗が早い~!そんな冬季登山のあるあるを解消する便利な小物に注目

イマコレ by 『山と溪谷』編集部
道具・装備 2021年01月10日

雑誌『山と溪谷』の連載「イマコレ」がヤマケイオンラインでも楽しめるようになりました。
「イマコレ」は、『山と溪谷』編集部員が「今これが気になっている」というちょっとニッチなアイテムをピックアックし、注目のポイントにクローズアップします。YAMAYAでは1カ月ほど遅れての転載となりますので、最新号のアイテムが気になる方は、ぜひ雑誌でもチェックしてみてください。今回のテーマは「防寒スマートフォンケース」です。

雑誌『山と溪谷』の連載「イマコレ」がヤマケイオンラインでも楽しめるようになりました。

「イマコレ」は、『山と溪谷』編集部員が「今これが気になっている」というちょっとニッチなアイテムをピックアックし、注目のポイントにクローズアップします。YAMAYAでは1カ月ほど遅れての転載となりますので、最新号のアイテムが気になる方は、ぜひ雑誌でもチェックしてみてください。今回のテーマは「防寒スマートフォンケース」です。

写真=中村英史、文=白澤宗志(『山と溪谷』編集部)

写真=中村英史
文=白澤宗志(『山と溪谷』編集部)


防寒スマートフォンケース


暖かいところでは問題なく使えていたスマートフォンが寒いところでは電池の消耗が早くなってしまう、という経験はないだろうか。調べてみると、多くの機器で使用されているバッテリーはリチウムイオン電池と呼ばれ、低温や高温には特に弱いそうだ。地図アプリで現在地把握をしたり、天気予報をこまめに確認したりと、今やスマートフォンは登山の必需品。寒くなれば、われわれがジャケットを羽織るように、冷えをシャットアウトするケースを着せてあげてはいかがだろう。


BURTONの「アンチフリーズ フォンケース(1番目写真右)」は、6.1インチの機器がすっぽり入る大きさの中綿入り製品。イヤホンとカードを一緒に入れてみたが、すんなり収まり、ポケットの出し入れ時には気にならない薄さだった。厚みのある低反発なクッションは、寒さとともに衝撃からも守ってくれそうだ。開口部は止水仕様のジッパーで、浸水対策もバッチリ。

BURTON「アンチフリーズ フォンケース」

BURTON「アンチフリーズ フォンケース」

BURTON「アンチフリーズ フォンケース」

BURTON アンチフリーズ フォンケース
中綿入りフォンケース。内側にはスタッシュポケットがついているので、ちょっとした小物を一緒入れておくことができて便利。
価格=3200円(税別) サイズ=W95×H165×D20mm 重量=40g カラー=ライムエードなど3色
お問い合わせ先:バートン https://www.burton.com/jp
BURTON アンチフリーズ フォンケース
中綿入りフォンケース。内側にはスタッシュポケットがついているので、ちょっとした小物を一緒入れておくことができて便利。

価格
3200円(税別)
サイズ
W95×H165×D20mm
重量
40g
カラー
ライムエードなど3色
お問合せ
バートン
https://www.burton.com/jp

 

landerの「MOAB CASE(1番目写真左)」は、-17.78℃までの気温に効果を発揮するという断熱プレートを装備。マットな手触りやストラップは落下防止を助ける。万が一落としても、高さ3mの落下にも耐える構造なので安心。日常使いでも違和感のないシンプルな外観だが、極地での使用を想定した機能が凝縮されている。

lander MOAB CASE iPhoneX/XS

lander MOAB CASE iPhoneX/XS

lander MOAB CASE iPhoneX/XS

lander MOAB CASE iPhoneX/XS
気温によるバッテリー消耗を防ぎ、耐衝撃性に優れたスマホケース。裏側には断熱プレート「THERMOLINE」がはめ込んであり、寒さだけでなく、暑さにも効果を発揮する。
価格=4400円(税別) サイズ=W75×H142×D11mm 重量=51g  カラー=パープルなど3色
お問い合わせ先:モノコ https://monoco.jp/
lander MOAB CASE iPhoneX/XS
気温によるバッテリー消耗を防ぎ、耐衝撃性に優れたスマホケース。裏側には断熱プレート「THERMOLINE」がはめ込んであり、寒さだけでなく、暑さにも効果を発揮する。

価格
4400円(税別)
サイズ
W75×H142×D11mm
重量
51g
カラー
パープルなど3色
お問合せ
モノコ
https://monoco.jp/

山と溪谷2020年1月号より転載)

『山と溪谷』2021年2月号

山と溪谷2021年2月号 山と溪谷2021年2月号

特集「不安解消! 単独行者のお悩みアドバイス 75」
 ・第1部「山に行く前の悩み」
 ・第2部「登山中のお悩み」
第2特集「誰でもできる! ファーストエイド入門」
特別寄稿「ニュージーランド ミルフォードトラック 世界一美しい散歩道をゆく」市毛良枝


Amazonで見る

発売日:2021年1月15日  価格:本体価格1100円(税別)
ページ数:200 商品ID:2820901030
https://www.yamakei.co.jp/products/2820901030.html

『山と溪谷』2021年2月号

山と溪谷2021年2月号 山と溪谷2021年2月号

特集「不安解消! 単独行者のお悩みアドバイス 75」
・第1部「山に行く前の悩み」
・第2部「登山中の悩み」
第2特集「誰でもできる! ファーストエイド入門」
特別寄稿「ニュージーランド ミルフォードトラック 世界一美しい散歩道をゆく」市毛良枝


発売日:2021年1月15日
価格:本体価格1100円(税別)
ページ数:200
商品ID:2820901030

Amazonで見る

登山グッズ 雪山・冬山
教えてくれた人

山と溪谷編集部

一人で考え、一人で登る単独登山では、たくさんの"悩み"が生まれます。山選び、登山計画、装備、技術の学び方など登山前の悩みから、地図読み、ペースマネジメント、インシデントなど登山中の悩みまで、それぞれの登山シーンで単独行者が抱えがちな悩みに、山のプロからアドバイスをいただきました。単独行についてのあなたの悩みや不安を解消します。

◎特集「不安解消!単独行者のお悩みアドバイス 75」
◎第2特集「誰でもできる! ファーストエイド入門」

⇒ 『山と溪谷』最新号の詳細はこちら

最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。今日まで、登山から自然、アウトドア、スポーツ、旅などをテーマを広げ、メディアの可能...
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!