このエントリーをはてなブックマークに追加

登山装備選びのコツとは? バックパックと登山靴選びの基本の「キ」

道具・装備 2018年01月10日

登山用具店に行くと、ずらりと並んだ装備に、わくわくしますね。しかし、選択肢が多すぎて、わからなくなることも…。装備選びのコツとは? また、メンテナンスや、買い替えなど、装備に関する悩みは多いものです。バックパックと登山靴選びの基本的な考え方を紹介します。

文/編集部 写真/小山幸彦(STUH)

 

装備を選ぶには、まずはやりたい登山スタイルを明確にしておくことがポイントです。

ほとんど日帰り山行だけの人、小屋泊が多い人、テント泊縦走一筋という人ではバックパックも登山靴も変わります。

まだはじめたばかりで自分の好みがわからないなら、汎用性があるものを選ぶという手もあります。

 

■バックパック

まず選ぶポイントとなるのは、容量です。最初の一つとして買う際に迷ったら、30リットル前後が日帰り・小屋泊で兼用しても使いやすい容量です。

日帰りは20リットル前後で充分という人もいれば、山頂でご飯を作って食べたい、カメラが趣味・・・など、やりたいことが多い人ほど、荷物は増えていくのでバックパックも大きくなります。

テント泊は装備の軽量化、コンパクト化が進んでいるので、40リットル前後という人もいますが、必要装備の見極めが難しい初心者なら、50リットル以上がいいでしょう。

最初の一つなら30リットル前後がおすすめ(ドイター/フューチュラプロ36)

 

また、バックパックは体に合うことが大切です。体に合わないと、初めの内は気にならなくても、長時間歩くうちに疲労しやすくなります。フィッティングはどこを見るのか、ストラップを調整する方法はご存知でしょうか?

 

■登山靴

登山靴は、パッと見るとどれも同じように見えますが、剛性、重さ、ソールの硬さなどが異なり、登山スタイルや用途によって向き不向きがあります。例えば、ソールの硬いものは、岩場では狭い足場でもつま先でしっかり体重が乗せられ活躍しますが、ゆるやかな登山道ではかえって歩きにくいものです。

最初の1足として、汎用性で選ぶなら、トレッキングタイプが日帰り低山からアルプスの小屋泊でも使えます。

日帰りがメインなら、軽量なハイキングタイプがいいでしょう。また、縦走やテント泊をするなら、重い荷物を背負って長い距離を歩くことになるので、しっかりした靴が必要になります。

日帰り低山~小屋泊で使えるトレッキングタイプ(スポルティバ/トランゴTRK GTX)

 

登山靴もバックパック同様に、足にフィットすることが重要です。ためし履きをして確認するポイントはどこでしょう?

 

■メンテナンス

ほかにも、装備に関する疑問や悩みはつきないものです。例えば、メンテナンス。

山から帰ってきて、登山靴はどうしていますか? そのまま玄関にポイ? 水でじゃぶじゃぶ洗う?

下山後は、豚毛など、適度にやわらかいブラシで汚れを落とします。泥汚れは素材の劣化を早めるので、そのまま放置はNGですが、実は水洗いもNG。内側に水が浸入して、やはり素材の劣化を早めてしまいます。ドロドロでもさっと表面を洗い流す程度にしましょう。

保管方法も重要です。買ったときの箱に入れて、靴箱に収納するのはNG。では、適切な方法はというと・・・?

フィッティングや保管方法の疑問の答えは、ワンダーフォーゲル2月号特集「特集 Q&Aでわかる山登り 新基本200」の装備編をご覧ください。

バックパック、登山靴のほか、ウェア、テント泊装備、小物など、装備の選び方やおすすめアイテム、メンテナンス方法を細かく解説しています。

 

教えてくれた人

ワンダーフォーゲル編集部

ワンダーフォーゲル2月号は、年々進化を遂げる山登りの装備やノウハウについて、Q&A形式で紹介する保存版特集。あらゆる疑問に山のプロが答えます。
装備編、準備編、行動編の3部構成で徹底的に詳細解説。山登りのビギナーには、山の基本がわかり、ベテランには、最新がわかる必読の内容です。
 ⇒詳細はコチラ!
 ⇒Facebook
 ⇒Twitter

同じテーマの記事
さむ~い雪山をあったか~くする。雪山を愛する人たちのとっておき雪山ごはんレシピ!
冬型がばっちり決まり、日本海側ではどっさり雪が降っておりますが、みなさま、雪山を満喫されていますか。まだ体が雪山の寒さに慣れておらず、凍える思いをするテント生活。唯一の楽しみと言っていいのが、雪山ごはんです。
気になるアイツが、今シーズン人気沸騰の予感。スプリットボードがクールでアツい!
各地からの雪の便りを聞くかぎり、スノーシーズンの滑りだしは上々。雪山大好きのみなさん、もう初歩き、初滑りは済ませましたか? ここ数年、バックカントリーでの注目アイテムは「スプリットボード」。どんな道具なのか気になっていたあなたに、かいつまんでご説明いたしましょう。
ソーシャルネットワークを活用した経験学習の環境実現に向けて
日本大学工学部嶌田研究室で進めている、ソーシャルネットワークを活用しての自立した登山者の育成を支援するしくみづくり。そのための調査項目の意味を詳しく説明する。
年末年始は山小屋で過ごそう! 白い雪に覆われた山小屋の中は結構アツいぞ!
11月も半ばとなり、年の瀬も迫ってきましたが、年末年始の過ごし方はお決まりでしょうか。まだ決まっていないなら、山小屋なんてどうでしょう。常夏ハワイの白い砂浜も熱いでしょうが、白い雪に覆われた山小屋も中はけっこう熱いのです。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2018年1月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
冬のすべてを楽しめるマルチなアウター
冬のすべてを楽しめるマルチなアウター 雪山ハイキングから本格的な雪稜登攀、山スキーなど、冬のアクティビティでマルチに活躍するウィンタージャケット「ウィンターコ...
NEW 2018年の干支、犬に関連する山に登ろう!
2018年の干支、犬に関連する山に登ろう! 年が開けるごとに話題となる年号に関する山。今年は干支んお「犬」に注目。犬に関連する山に登る登山計画を今から考えておこう!
NEW 脂肪をエネルギーに! 転換効率を高めるサプリメント
脂肪をエネルギーに! 転換効率を高めるサプリメント 日本新薬のサプリメント「WINZONE」は、身体の脂肪を効率よくエネルギーに転換。冬の山でも活用しよう!
NEW 大型クッカーの使い勝手は? 連載「山MONO語り」
大型クッカーの使い勝手は? 連載「山MONO語り」 今月はプリムスの「ライテックポットセット1.3L」を初冬の山で。調理時の焦げ付かなさ、拭き取りやすさまで徹底チェック!
NEW 安心と安全で導く登山ツアーのパイオニア
安心と安全で導く登山ツアーのパイオニア 世界の山旅を企画して50年。山岳旅行業界を牽引する「アルパインツアー」のポリシーと特色について紹介
NEW エプソンの高精度なGPSアウトドアウオッチ
エプソンの高精度なGPSアウトドアウオッチ GPS機能と独自のアルゴリズムで高精度に計測する、注目のリストウオッチ「MZ-500シリーズ」を徹底解析
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
雪山入門に適した奥多摩の山々
雪山入門に適した奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、雪山デビューに最適。東京に雪が降った日は奥多摩を目指せ!
ダイヤモンド富士&シモバシラ
ダイヤモンド富士&シモバシラ 都民の憩いの場の高尾山は、冬でも活気に溢れています! 12月はダイヤモンド富士とシモバシラが人気です!