このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマヤの超難題!? 家族に笑顔で見送られて、山に行く方法は? 

山の疑問・難問、登山ガイドが答えます!
その他 2018年07月06日
家族に笑顔で見送られて山に行きたい

質問:友人に誘われて、はじめて山に登った頃は2ヶ月に一度程度の登山で満足していましたが、現在は「山に夢中」です。週末は、ほぼ毎週山に出かけています。最初は日帰りが中心だったのですが、最近は土日とも山に行くことが増えています。

妻も最初は「健康的で良い趣味ね」と理解してくれていましたが、週末のほとんどを山に行くようになってからは、あきれ果てて週末が近くなると露骨に不快な様子です。ちなみに妻はインドア派で、一度、一緒に山に行って虫に刺されたり筋肉痛になったりしてから、「山は絶対に行かない」と宣言しています。

家族に笑顔で見送られて山に行く方法はないのでしょうか?

 

ヤマヤの超難題!?  果たして対策はあるのか…?

結論から言って「家族に笑顔で見送られて山に行く」なんて方法は、なかなか難しいです。

登山も月に一回程度、日帰りで近郊の山に登っている間は良い趣味・・・と言ってもらえるものですが、登山というのは奥が深く、最初は満足できていた日帰り・近郊の山からステップアップするものです。

「こんな楽しみ方もあるのか!」と山小屋泊からテント泊、単純な登頂から縦走、だんだんとバリエーションルートにも興味が出てきて、クライミングにも手を染めだし、「俺は冬山だけは絶対にやらない!」なんて言っていたはずが、アイゼンやピッケルなども使うようになるものです。

気がつけば、時間も、お金も、気持ちも山へ。。。

 

しかも、たまに行くだけでは本格的な登山をする体力や技術が身につかないので、時間がある限り山に行かないと不安になり、気が付いた時には家族の目が本気で怒っている・・・、という例は山にはまってしまったヤマヤが一度は経験する運命です。

・・・で対策は?

最も良いのは「家族も山に連れて行く」「家族も山好きにしてしまう」こと、です。

 

そうはいっても・・・

真夏の低山に山に連れて行って暑い思いをさせたり、いきなり行動時間の長い山に連れて行ってバテさせたりしてはいけません。爽やかな好天の日に無理のない山に一緒に登って「たまには汗を流すのも悪くないな」と山の良さを知ってもらいましょう。こんな登山を月に一度程度は行くのが最も理解を得られる道です。

ただし本格的な雪山やバリエーションルート、海外遠征となると、生命の危険もあるうえにお金もかかります。それでも「家族に笑顔で見送られて・・・」は、どう考えても難しいものです。

山の良さを体験して山を好きになってもらうことも、理解への道

 

普段から、家族との時間を意識的に作り、早起きして家事もガンバリ、仕事も一生懸命やって、社会の中に一定の居場所を得る等と相当の努力が必要です。

2016年5月に、僕の主宰する「風の谷」でヒマラヤの5000m峰に登山した後、『山と溪谷』で「登頂者座談会」をやったのですが、「一番、難しかったこと」が、高所の苦しさでも、アタックの日の長時間行動でもなく「家族の理解」だったことを思い出しました。

登山にハマってしまった人! 毎週のように山に行くためには、登山以外の部分もガンバルしかありません!

 

教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」

同じテーマの記事
緊急提言! この酷暑の山から身を守るために、知っとくべきこと、ふだんの生活からできること
最近の夏の暑さは厳しい。標高の高い山に行けば少しは涼めると思いきや、やっぱり暑いのは変わらない。この暑さの中で山を登り切るために、知っておくべき知識と、生活習慣について緊急提言!
信頼できる「山仲間」を作るには? 山岳会への入会は?
本格的な登山をするには、どうしても信頼できる「山仲間」が必要になってきます。では、信頼できる「山仲間」は、どう作ったら良いでしょうか。現在の山岳会の状況をふまえて、山岳ガイドの山田哲也さんにアドバイスをもらいました。
山小屋に泊まりたい! 泊まる前に知っておくべきこと・やるべきこと。山岳ガイドに教わる“登山 はじめの一歩”(4)
山小屋には5人くらい入れば一杯になってしまう避難小屋から、1000人が宿泊できるホテルのような山荘まで。山小屋と言っても、規模、設備、ルール―などはさまざま。これから山小屋泊まりの登山をされる方へ向けて、ズバリ山小屋って、どんな所かを解説。
はじめに揃えるべき登山の必需品。山岳ガイドに教わる“登山 はじめの一歩”(3)
登山用品店に行くと、さまざまな種類の山道具。また、ひとつのアイテムをとってみても、多くのラインナップがあります。さて、これから登山をはじめる時、どの山道具から揃えたら良いでしょうか? 今回は、登山をはじめる時に絶対に必要となる道具について聞きました。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2018年9月20日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 秋山PICK UP ITEM! ファイントラック 
秋山PICK UP ITEM! ファイントラック  寒暖差が激しい秋、低体温症のリスクを軽減するfinetrackのスキンメッシュ。『秋山JOY』連動企画でその秘密を紹介
NEW 優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定!
優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定! 沢山の方に参加いただいた「飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト」。525点の写真の中から入賞作品を発表!
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。身体のケア、リカバリーはどうしてるの? そのノウハウを訊きました
NEW 分厚いミッドソールのトレッキングシューズ
分厚いミッドソールのトレッキングシューズ 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は「ホカ オネオネ」のミッドカットモデルをインプレ。ミッドソールの推進力に注目!
NEW 山形県寒河江市で実現するライフスタイル
山形県寒河江市で実現するライフスタイル シリーズ「山の麓に住む」は、山形県寒河江市を紹介。適度に田舎で暮らしやすい、その魅力に迫る。移住説明会も開催!
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山 迫力ある岩峰、神秘的な色の五色沼、高山植物の宝庫――。日光白根山はさまざまなルートから登れ、レベルに応じて楽しめる。
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...