このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマヤの超難題!? 家族に笑顔で見送られて、山に行く方法は? 

山の疑問・難問、山岳ガイドが答えます!
その他 2018年07月06日
家族に笑顔で見送られて山に行きたい

質問:友人に誘われて、はじめて山に登った頃は2ヶ月に一度程度の登山で満足していましたが、現在は「山に夢中」です。週末は、ほぼ毎週山に出かけています。最初は日帰りが中心だったのですが、最近は土日とも山に行くことが増えています。

妻も最初は「健康的で良い趣味ね」と理解してくれていましたが、週末のほとんどを山に行くようになってからは、あきれ果てて週末が近くなると露骨に不快な様子です。ちなみに妻はインドア派で、一度、一緒に山に行って虫に刺されたり筋肉痛になったりしてから、「山は絶対に行かない」と宣言しています。

家族に笑顔で見送られて山に行く方法はないのでしょうか?

 

ヤマヤの超難題!?  果たして対策はあるのか…?

結論から言って「家族に笑顔で見送られて山に行く」なんて方法は、なかなか難しいです。

登山も月に一回程度、日帰りで近郊の山に登っている間は良い趣味・・・と言ってもらえるものですが、登山というのは奥が深く、最初は満足できていた日帰り・近郊の山からステップアップするものです。

「こんな楽しみ方もあるのか!」と山小屋泊からテント泊、単純な登頂から縦走、だんだんとバリエーションルートにも興味が出てきて、クライミングにも手を染めだし、「俺は冬山だけは絶対にやらない!」なんて言っていたはずが、アイゼンやピッケルなども使うようになるものです。

気がつけば、時間も、お金も、気持ちも山へ。。。

 

しかも、たまに行くだけでは本格的な登山をする体力や技術が身につかないので、時間がある限り山に行かないと不安になり、気が付いた時には家族の目が本気で怒っている・・・、という例は山にはまってしまったヤマヤが一度は経験する運命です。

・・・で対策は?

最も良いのは「家族も山に連れて行く」「家族も山好きにしてしまう」こと、です。

 

そうはいっても・・・

真夏の低山に山に連れて行って暑い思いをさせたり、いきなり行動時間の長い山に連れて行ってバテさせたりしてはいけません。爽やかな好天の日に無理のない山に一緒に登って「たまには汗を流すのも悪くないな」と山の良さを知ってもらいましょう。こんな登山を月に一度程度は行くのが最も理解を得られる道です。

ただし本格的な雪山やバリエーションルート、海外遠征となると、生命の危険もあるうえにお金もかかります。それでも「家族に笑顔で見送られて・・・」は、どう考えても難しいものです。

山の良さを体験して山を好きになってもらうことも、理解への道

 

普段から、家族との時間を意識的に作り、早起きして家事もガンバリ、仕事も一生懸命やって、社会の中に一定の居場所を得る等と相当の努力が必要です。

2016年5月に、僕の主宰する「風の谷」でヒマラヤの5000m峰に登山した後、『山と溪谷』で「登頂者座談会」をやったのですが、「一番、難しかったこと」が、高所の苦しさでも、アタックの日の長時間行動でもなく「家族の理解」だったことを思い出しました。

登山にハマってしまった人! 毎週のように山に行くためには、登山以外の部分もガンバルしかありません!

 

教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」

同じテーマの記事
日没が早い秋に多い“下山遅れ”。下山できなくなった時は無理をせず、ビバークする選択も
日没が早い秋に多い“下山遅れ”。ヘッドランプを持っていたとしても、ライトの灯りでは周囲の状況を正確に把握するのは難しく、同時に、“下山不能”の可能性も高まります。では、本当に下山する道がわからなくなってしまった場合はどうすれば良いのか、山岳ガイドの山田さんに聞きました。
登山中でも自分の現在位置、方向を教えてくれる便利なGPS地図アプリ。その付き合い方を考えよう
昨今、登山の世界で必需品になったかのように見えるGPS機器。自分のいる位置・方向を教えてくれる便利なツールを多くの人が使っていますが、これがあれば地形図は不要? 今回は、GPS機器との付き合い方を考える。
地図を見ればいろいろな景色が見えてくる。登山に大切な「地図」の話
安全登山のためだけでなく、登山の楽しみを広げるためにも身につけておきたいのが「地図読み」です。今回は山岳ガイド山田さんに、かつての登山者と地図の関係と地図読みのはじめ方について話を伺いました。
雨予報でも安心して、山に行けるよう――知っておきたい山の雨のこと
登山をするのであれば、必ず向かい合っていかなくてはいけないのが「雨」です。まだ、山での雨に慣れていない登山者へ向けて、雨予報でも安心して山に行けるように、山岳ガイドの山田さんにアドバイスをいただきました。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2018年11月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
NEW 着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」
着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」 マーモットから発売の「ウールラップ」。独自構造の中綿で行動中も快適ゾーンへ。ペイバックキャンペーンも実施中!
NEW 超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト
超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。今回は「ゼログラム」の軽量4シーズンテントを北海道・十勝岳の野営場でチェック!
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 『山と溪谷』単独行と遭難に関するアンケート
『山と溪谷』単独行と遭難に関するアンケート 『山と溪谷』2019年2月号の企画のために、読者アンケートを行います。単独行を実践する一般の登山者の意見を募集します。
NEW 登山とカメラに関するアンケート
登山とカメラに関するアンケート 山に行って写真を取るは、ごく普通の行為ですが、どんなカメラで、何を、何のために、どんな方法で撮っていますか?
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ―― 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。