このエントリーをはてなブックマークに追加

見た目は同じに見えても、「さえずりの違い」で新種発見! メボソムシクイの秘密

From 『図鑑.jp』 山で出会う「これ何?」を教えます
たしなみ 2018年09月06日

「メボソムシクイ」という鳥をご存じだろうか? そっくりな姿をした、同じメボソムシクイの仲間は多数いるものの、声を聞けばまったく違うというこの鳥。その違いを明らかにするための壮大な研究の話を、今回は紹介する。

 

こんにちは。NPO法人バードリサーチの高木憲太郎です。この記事では毎回、登山の際に出会える鳥を紹介していきます。皆さんに少しでも、鳥のことを知って、興味を持ってもらいたい。図鑑的な情報ではなく、彼らの生きざまを面白く伝えられたら嬉しいです。

今月ご紹介する鳥は、『メボソムシクイ』です。前回に紹介したルリビタキと同じく、本州の中部山岳では標高1500m以上の亜高山帯や高山帯の樹林で繁殖しており、この標高では生息密度の高い鳥です。 

★前回記事:「青い鳥」で知られるルリビタキ。若いオスの羽の色が地味な理由は?

この鳥は以前、ユーラシア大陸から日本全体にわたる広い地域で繁殖しているとされていた鳥でした。しかし、“その中にはどうもさえずりの違うグループがある”、とバードウォッチャーの間で噂になっていたのです。そして、「確かに別種として扱うに値する違いがメボソムシクイの中には含まれている」、ということを日本の研究者が明らかにした鳥なのです。

決め手となったのはDNAの塩基配列の違いだったかもしれませんが、きっかけは鳥の声を楽しんでいた一般のバードウォッチャーの気付きからでした。

★図鑑jpで、メボソムシクイについて詳しく調べる

メボソムシクイ(写真=板垣敬二)
メボソムシクイ
  • 全長: 約13cm(スズメくらい)
  • 外見: ウグイスに似て上面は淡い緑褐色で黄白色の眉斑がある。下面は白い。

※メボソムシクイの鳴き声は、バードリサーチの“さえずりナビ”の解説ページからどうぞ。

 

鳥の声を可視化するソナグラム

メボソムシクイの仲間には、「センダイムシクイ」や「エゾムシクイ」など、たくさんの近縁種がいて、どれもそっくりな姿をしています。鳥の識別に長けたバードウォッチャーでも、姿だけで識別するのは至難の業です。しかし、種ごとに特徴的なさえずりを持っているので、ひと声さえずってくれれば一耳瞭然。その声を確認してみましょう。

文字で音を表現するのはなかなか難しいものですが――

カタカナ書きでにすると、メボソムシクイは「ゼニトリ、ゼニトリ、ゼニトリ」と表現されることが多く、「銭取り」と覚える人もいます。センダイムシクイは「チヨチヨビー」、エゾムシクイは「ヒーツーチー、ヒーツーチー」。余談になりますが、センダイムシクイの鳴き声「チヨチヨビー」には「焼酎一杯ぐぃ-」という聞きなしもあります。

ヒバリやモズのように、どう表現したらいいか迷う声もある中で、これらの鳥のさえずりは比較的文字で表現できる方です。しかし、どう聞こえるかは人それぞれです。

そこで登場するのがソナグラムというものですです。音を絵で表現してしまうこの方法では、誰が見ても一緒です。下図のようなもので、縦軸に音の高さを表す周波数、横軸に時間、色の濃さで音の強さを表現しています。

メボソムシクイ、センダイムシクイ、エゾムシクイのさえずりのソナグラム。縦軸が音の高さを表す周波数、横軸は時間

 

見比べてみましょう。メボソムシクイのさえずり(★鳴き声はこちら)は全体的に音の高さが低く、4つの音がセットで、間を空けずに繰り返されています。
エゾムシクイのさえずり(★鳴き声はこちら)は他の2種よりも周波数が高く、また、ひとつひとつの音の上下方向の幅が狭くなっています。
センダイムシクイ(★鳴き声はこちら)のように音程は途中で変化せず一定です。金属的で細い印象の音の特徴が出ています。 

このようにソナグラムにすると、音の特徴を目で確認することができ、聞くだけよりも少し覚えやすくなると思います。最近の英語学習用ソフトの中には、ネイティブの発声と自分の発声をソナグラムで表示してもらえるものもありますが、きっと同じ理由だと思います。

 

ひとつの種の中に潜んでいた3種の鳥! 

姿を見ることが難しい森の小鳥の識別は、さえずりを頼りにしていますが、その声には個体差があるうえに、地方によって少し音質やレパートリーが異なるなど、方言のようなものもあります。

メボソムシクイにも、冒頭に記載したように少し違う声が含まれていました。しかし、方言というには違いが大きいようでした。

この問題に取り組んだのが、私の大学院時代の先輩、齋藤武馬さんです。齋藤さんは、北海道から九州まであちこちの山に登っては、メボソムシクイのさえずりを録音して回りました。また、メボソムシクイを捕まえて、体の大きさを計測し、DNA解析用にちょっと血を拝借してきました(鳥を捕まえるには、学術的な明確な目的と、環境大臣などの許可が必要です)。自分で出かけて行くことが難しい場所には、共同研究者が行きました。

下の写真は、八幡平の調査に私が同行させてもらったときのもので、14年も前になります。体の陰に隠れて少し見えにくいのですが、直径50cmぐらいのパラボラ型の集音マイクを持っています。遠くの声を少しでもクリアな音質で録音するために使用していました。

八幡平で集音マイクを持つ齋藤武馬氏

 

足しげく山に登り、研究室に帰ってからは実験試薬とDNAシークエンサーと戦い(塩基配列を正確に解読するには、コツと技術が必要なようでした)、年月をかけて、ついに齋藤さんは、一つの種だと考えられていたメボソムシクイは、コムシクイ、オオムシクイ、メボソムシクイの3種にわけられるという結論を導き出したのです。

共著者と共にこの結論を論文として国際誌に投稿し、受理されたのは2011年2月のことでした。熱帯雨林を歩けば、次々に新種が見つかる昆虫とは違い、鳥で新種を記載するのは、たいへん大きな発見でした。

 

■メボソムシクイ

⇒掲載ページへ

■オオムシクイ

⇒掲載ページへ

■コムシクイ

⇒掲載ページへ

齋藤さんの描き出した地図によると、北ヨーロッパのスカンジナビア半島から海を越えた北米大陸のアラスカ西部まで広く分布しているのがコムシクイ、カムチャツカやサハリン、知床半島にいるのがオオムシクイ、本州以南の日本にいるのがメボソムシクイだということでした。

これは春から夏にかけての繁殖期の分布で、どの種も冬には南下して、東南アジアなどで越冬すると言われています(正確な越冬地の範囲は、まだわかっていませんが、最近、オオムシクイとコムシクイが渡り時期にタイを通過しているという発見がありました。こうした情報の蓄積によって少しずつ彼らの越冬地も明らかになっていくと思います)。

コムシクイのさえずり(★鳴き声はこちら)は、「ジィジィジィジィジィジィ」と同じ音を繰り返す単純な声ですが、本州では日本海側の離島などで稀に聞かれるだけで、滅多に聞くことができません。
一方、オオムシクイのさえずり(★鳴き声はこちら)は「ジジロ、ジジロ」と3音節のリズムを持っています。

本州でも春先などの渡りの時期には、オオムシクイのさえずりが聞かれることがあります。耳で聞いただけだと違いが分かりづらいかもしれませんが、オオムシクイのさえずりが3音節なのに対して、メボソムシクイは4音節なので、ソナグラムで見比べれば、違いが良くわかります(いや、これじゃダメですね。きれいなソナグラムならもっとわかりやすいのですが・・・)。

オオムシクイのさえずりのソナグラム(左)と齋藤武馬氏のサンプル採集地点。青丸がコムシクイ、黄丸がオオムシクイ、赤丸がメボソムシクイ

 

鳥のさえずりは、とても重要なのです。なぜなら、彼らが主に声で相手が自分と同種かどうかを区別したり、異性の心を射止めたりするために、さえずりを使用しているからです。

このように、進化の過程において、さえずりの進化は鳥の生活において重要な役割を持っています。声が違えば種も違うのです。ひどく音痴な私は遠い未来、別種として論文に記載されるかも知れません。皆さんもぜひ、人とは違う声で歌い、新種を目指してみてください。

※文中からリンクした鳴き声は全てバードリサーチ 鳴き声図鑑のものです。

参考文献
Alström, P., Saitoh, T., Williams, D., Nishiumi, I., Shigeta, Y., Ueda, K., Irestedt,M., Björklund, M. & Olsson, U. 2011. The Arctic Warbler Phylloscopus borealis– three anciently separated cryptic species revealed. Ibis 153: 395-410.

 

自然観察 知識・雑学
教えてくれた人

高木 憲太郎

NPO法人バードリサーチ研究員。全国の会員と共に鳥の生息状況の調査(最近はホシガラス)を行なっているほか、人と軋轢のある鳥の問題解決に取り組む。
 ⇒NPO法人バードリサーチ

調査プロジェクト<「ホシガラスを探せ!!」
このプロジェクトでは、ホシガラスの目撃情報を集めています。
 ⇒ホシガラスを探せ!! Webサイト

図鑑読み放題サービス 『図鑑.jp』

主に中・上級者の愛好家向けの生物図鑑類を電子書籍化して、ジャンルごとに読み放題とするウェブサービス。「植物」「野鳥」「菌類」の3各ジャンルを提供中で、出版社のほか博物館やNPO法人を含む6社2機関の専門性の高い生物図鑑を提供中。
図鑑群を和名、学名、科名で横断検索できるほか、図鑑についての追補や種についてのコラム、ユーザが種について投稿したものを図鑑とともに検索できるなどの独自の機能を持ったジャンル特化型のプラットフォームです。

⇒図鑑読み放題サービス 図鑑.jp

同じテーマの記事
ライチョウの雛は母親の糞を食べる!? 雷鳥保護を前進させる大きな発見
丸みをおびた愛らしい体が人気の鳥、ライチョウ。高山帯にのみ生息、特別天然記念物、絶滅の危機に瀕している、などは登山愛好者にはよく知られるが、今回はその生態に迫る。
かわいい顔だが「肉食系」のモズ。「はやにえ」は早口で歌うために欠かせない行動だった!
都市部でもよく姿を見かける野鳥、モズ(百舌鳥)。「はやにえ」と呼ばれる、木の枝などに獲物を刺す行動で知られるが、この行動はなぜ行われているのだろうか? その研究の行方が注目されている。
「青い鳥」で知られるルリビタキ。若いオスの羽の色が地味なのには理由があった!
亜高山帯の山で見かける美しい青い羽の鳥、それが「ルリビタキ」だ。その美しい姿に反して、雄どおしが繰り広げる戦いは壮絶で激しい。今回は、ルリビタキの羽の色と“仁義なき戦い”について紹介する。
ハイマツ帯でよく見かけるホシガラス。ハイマツの球果を咥える理由はダイナミックな生態にあった!
ハイマツ帯などの高山を登山中に、よく見かける鳥の1つがホシガラス。ハイマツの中で見るので、一瞬「雷鳥?」と見間違うこともある鳥だが、その生息域は謎も多い。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年1月29日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開 5名のモニターが背負った感想をレポート! 1人目は東北から関東甲信越の山を精力的に登った「こう」さんです
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 「日本百名山」完登に関するアンケート
「日本百名山」完登に関するアンケート 『ワンダーフォーゲル』2020年4月号の企画のためのアンケート調査です。日本百名山を完登された方はぜひご協力ください
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――