このエントリーをはてなブックマークに追加

国内随一のブナの原生林の紅葉と、山頂湿原の草紅葉。浅草岳で赤と黄色と青空の共演を楽しむ

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2018年10月05日

アルプスなどの高山の紅葉が落ち着く10月初旬~中旬、樹木の色づきは標高を下げて、2000m以下の山肌を染めるようになる。「週刊ヤマケイ」の過去のレポートから、標高2000m以下の随一の紅葉の地として、浅草岳の紅葉登山を紹介する。

 

新潟県と福島県の県境、豪雪地帯で知られる只見周辺はブナの美しい山域として知られる。浅草岳から会津駒ヶ岳方面へと連なる山々は2006年に「奥会津森林生態系保護地域」に設定されていて、世界遺産の白神山地に勝るとも劣らないほどのブナの原生林が広がっている。

その山々の西端に位置するのが浅草岳だ。ブナの原生林が山肌には残り、稜線上には湿原が点在するため、秋になると鮮やかな草紅葉が楽しめる山としても知られている。

浅草岳山頂から北岳(左)と前岳(右)を展望(写真=小瀬村 茂)


浅草岳には東西南北、さまざまな場所から登ることができる。山容は新潟県側がなだらかな草原状に、福島県側は険しい絶壁という山容となっているため、登る場所によってまったく印象が変わる山でもある。

今回は新潟側から登る最短でなだらかなコースを使って周回し、紅葉を満喫したレポートをお届けしよう。

 

美しい展望と鮮やかな草紅葉とブナの紅葉を楽しめる浅草岳

2017年10月8日、この日の登山は、只見線大白川駅から破間川沿いに県道385号線を最奥まで進んだネズモチ平からです。ネズモチ平には100台ほどの駐車ができそうな大きな駐車場とトイレが備わっています。

田子倉湖側の六十里越から見ると急峻に見える浅草岳ですが、ここから見ると山頂は目と鼻の先のように間近に見えます。実際に沢沿いを直登するコースを選べば2時間ほどで登れます。

ネズモチ平から浅草岳へ登りはふたつのルートがありますが、今回は往路は浅草岳へ直登する最短コース、帰路は嘉平与ポッチを越えて尾根上を桜ソネ登山口へと下り、そして林道を歩いてネズモチ平まで戻る周回ルートをとりました。

ネズモチ平から浅草岳山頂を周回するコース


この日も、日の出に間に合うよう早朝に登頂したものの、山頂は濃いガスで視界はほとんどなく、すでに太陽は昇り始めているころですが、足もと付近以外はなにも見えません。山頂からの展望はあきらめかけていた時、ガスの流れが急にはやくなり、空が明るくなってきました。

頭上の青空が次第に広がり始め、赤と黄色で彩られた紅葉真っ盛りの山肌が現れてきます。そして、雲間から守門岳や越後駒ヶ岳、八海山など越後の山々も見えて、朝の光と流れる雲の競演にしばし見とれていました。

秋晴れの山頂湿原。守門岳後方に虹色の彩光が見える(写真=小瀬村 茂)


2017年は紅葉は葉の傷みがあまりなかったので、鮮やかで見ごたえがありました。山頂部の紅葉はこのときがちょうど最盛期でしたが、もう1週間くらいまでは見ごろの時期が続きそうです。

 

 

日本の山 ガイド
教えてくれた人

小瀬村 茂

山岳写真工房代表。日立製作所にてコンピュータ関連機器の開発評価、設計業務に従事する傍ら、 南アルプス、秩父、丹沢にて富士山をメインに山岳写真を撮影、出版社のカタログ、ポスターなどに写真を提供。現在は退職、神奈川県(丹沢大山)自然公園指導員。
 ⇒山岳写真工房

週刊ヤマケイ

旬の登山情報、山に関するさまざまなエトセトラをタイムリーに、そしてスピーディーにお届けするサービス。
メールアドレスを登録するだけで、毎週木曜日にあなたのPC、スマホに最新山岳情報をお届け !もちろん購読は無料。
 ⇒詳細・購読希望はこちら!

同じテーマの記事
いつ登れるかわからない、幻の山・前掛山。日本百名山・浅間山の秋に会いに行こう
日本百名山のひとつ、浅間山。2018年8月に噴火警戒レベルが引き下げられ、前掛山まで登山ができるようになったのは、記憶に新しい。今回は、地域の自然、文化などの魅力創出・発信に取り組んでいる「こもろ観光局」に、浅間山のおススメコースと秋の魅力を教えてもらった。
秋の贅沢といえば、温泉+紅葉登山。温泉から温泉へと繋ぐ紅葉登山縦走を楽しめる秋田・焼山
今回は、「天国と地獄を一度に見るよう」とも言われる景観を誇る焼山。登山口と下山口に名湯・後生掛温泉と玉川温泉を擁する、紅葉の山へと誘う。
秋田県・秣岳、岩手県・南本内岳――。混雑を少しだけ避けて東北の美しい紅葉を探す山旅へ
山の秋は短く、紅葉の見頃は1~2週間。その時期に一挙に人が押し寄せるので、「名所」と呼ばれる場所は混み合う。そんな混雑を避けて最高の紅葉を楽しめる場所を週刊ヤマケイから紹介。
今も「遙かなる山」の日高山脈・ペテガリ岳のピークでテント泊、最高の朝を迎える
「週刊ヤマケイ」の過去のレポートから、今まさに旬の山となろうとしている山を、登山情報を加えてお送りする。今回は、難攻不落といわれ、今も長く厳しい工程を強いられる、日本二百名山のひとつ「ペテガリ岳」のレポート。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2018年10月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」
着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」 マーモットから発売の「ウールラップ」。独自構造の中綿で行動中も快適ゾーンへ。ペイバックキャンペーンも実施中!
NEW 『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
NEW ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは? モニター5名募集!
NEW 透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す!
透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。透湿地が高いミレーの「ティフォン50000」上下を雨の岩菅山でテスト!
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。