このエントリーをはてなブックマークに追加

年末年始は八ヶ岳で過ごしました。赤岳鉱泉・行者小屋、年越しイベントレポート

Yamakei Online Special Contents
基礎知識 2018年11月30日

2017年の年越しを山小屋で過ごすことに決めたライターの小野泰子さん。「雪上技術は初心者に毛が生えた程度」という彼女が選んだ山小屋は──。白熱のビンゴ大会あり、まったり読書あり、八ヶ岳で体験した小野さんの年越し山行記録を紹介する。

写真/文 = 小野泰子 

 

初めて過ごす山の年越し、八ヶ岳に決めた

例年、日本アルプスや八ヶ岳では10月中旬に初冠雪を迎える。12月に入ると、本格的な冬山シーズンの到来だ。多くの山小屋は冬季休業となり、限られた山小屋だけが通年営業、もしくは週末や年末年始だけ営業する。

今回、初めて山小屋で年越しをすることに決めた私。できたら雪山がいいな。とはいえ、夏以上にリスクのある雪山登山。この時点で、雪上技術は初心者に毛が生えた程度だ。とにもかくにも、己の力で無理なくたどり着ける山小屋を探さなくては──。

ほどなくして、あつらえ向きの一軒が見つかった。八ヶ岳にある赤岳鉱泉だ。ホームページをのぞくと、ていねいに降雪時のルートをイラストで案内している。赤岳鉱泉に電話で登山道の状態を確認し、念には念を。こうして、大晦日に登山口の美濃戸口から3時間30分かけて赤岳鉱泉へ、元日は中山乗越展望台に立ち寄り、1時間弱で行者小屋へ、1月2日にピストン(登りと同一のコース)で下山するという、なんとものんびりとしたプランができあがった。

北沢コース途中の路面凍結

 

赤岳鉱泉の年越し、ビンゴ大会で大盛り上がり

大晦日当日、空は薄曇りで、まずまずの天気。これで悪天候なら、もちろん中止のつもりでいた。美濃戸口からの林道で路面が凍結している箇所があり、おっかなびっくり道の端を通過する。

美濃戸の分岐からは北沢コースを行く。林道が終わり、登山道へ入っても踏み跡がしっかりあって、道迷いの心配はなさそう。渓流沿いにゆるい傾斜の道を歩き、何度か橋を渡る。ゆっくりと歩を進めながら、雪のなかでみずみずしい姿を見え隠れさせるコケを観察。登山用のコンパスに付いた拡大鏡は、小さいながらも役に立つ。目線の先にミクロの世界が広がった。

八ヶ岳はコケの宝庫。白銀の世界にわずかな緑が映える


ほぼ予定通りに、赤岳鉱泉に到着。名物の人工氷瀑「アイスキャンディ」では、クライマーたちが氷と格闘していた。この日の赤岳鉱泉は定員オーバー状態で、談話室も寝室になっている。私に割り当てられたのは、なんと女子部屋の押し入れだ。ふすまを閉めれば、個室に早変わり。なんだか、ドラえもん気分で楽しい。

ぼっち登山だが、同室のメンバーと意気投合し、楽しいひととき

 

押し入れが今夜の寝床


夕食に赤岳鉱泉自慢のビーフシチューを味わったら、大晦日恒例のビンゴ大会だ。山小屋宿泊者もテント泊の人々も合わせて、300人ほどが食堂に詰めかけた。19時過ぎにはお酒が振る舞われ、いよいよビンゴ大会がスタート! ビンゴの数字が読み上げられるたび、歓声が上がる。景品はアウトドアブランドのウェアやギアで、なかには値の張る登山靴まで用意されているのだから、盛り上がらないはずがない。ビンゴカードは1枚500円、何枚購入してもOKだ。私は1枚のカードに運をかけたが、見事に撃沈した・・・。

「当たったー!」 全身で喜びを表す同室のOさん(カメラが動きに追いつかず・・・)


1時間30分ほど続いたビンゴ大会のあとは年越しそばタイムで、希望者は1杯500円で味わえる。まだビンゴ大会の熱気さめやらぬ食堂で、そばをすすりながら、この1年の山行を振り返っていた。「来年は雪山歩行を上達させたいな」。そんな思いも心に抱きつつ。

大きな油揚げがのった年越しそば


赤岳鉱泉ではカウントダウンイベントを行わないが、普段の消灯時間の21時を過ぎても、この日はいくぶん夜更かしが許される。しかし、小屋の中には翌日に赤岳や硫黄岳への登頂を控えた登山客ばかりだ。明日に向けて、みな早々と寝室へ向かっていった。

心づくしの元旦の朝食


翌朝は、焼き餅が入った雑煮とミニおせちで正月気分を満喫。昨日のイベントで仲良くなった男女4人組は硫黄岳に登るそうだ。彼らは身支度を整えると、マイナス7℃の気温のなか、硫黄岳に向けて元気に出発した。

硫黄岳を目指す4人組を見送る。「お気をつけて!」

 

赤岳鉱泉の営業情報

山小屋名: 赤岳鉱泉
営業日: 通年営業
電話: 090-4824-9986
料金: 1泊2食付9,000円
アクセス: JR茅野駅から美濃戸口登山口までアルピコ交通バスで40分、930円
マイカー: 中央道諏訪南ICから県道425号・484号を経由して約10km、約15分。美濃戸口に有料駐車場あり(1日500円)
アドバイス: 赤岳鉱泉、行者小屋まで登るならピッケルよりも、ストックを持つとよい。
林道に凍結箇所があるため、10本、12本爪のアイゼンでなくとも、軽アイゼンかチェーンスパイクは必須。

赤岳鉱泉の現地情報

 

行者小屋、ゆっくり読書をして過ごす元日

赤岳鉱泉を出発し、静寂に包まれたシラビソの樹林帯を歩く。45分ほどで中山乗越展望台へ。ここが、行者小屋をのぞけば今回の最高地点(標高2300m)なので、いわば私のピークだ。白一色の雪景のなかにぼんやりとシルエットを浮かび上がらせる大同心、小同心を見上げながら、ひと息ついた。

 

左のとんがりが大同心。中山乗越展望台より


中山乗越展望台から行者小屋まで10分の道のりだ。昼前には行者小屋に到着し、お目当てのこたつへ一目散。ここでのお楽しみはコーヒーを飲みながら、ゆっくり読書すること。時おり、窓の外の雪景色を眺めては、「あ~、幸せな時間だな」としみじみ。

ヤマケイ文庫とおやつセットを持参した


行者小屋の宿泊者はわずか十数人だった。夕食に鮭のタルタルソース焼きを食べたあとはストーブにあたりながら、本の続きを読んだり、同じようにピークハントが目的じゃないおじさまとおしゃべりしたり。昨晩のにぎやかさとは対照的な、まったりとした夜を過ごした。

一瞬、青空に。行者小屋の2階から雪化粧の赤岳をバッチリとらえた


翌朝、ゆっくりめに山小屋を出発し、行きと同じルートで美濃戸口まで下山する。途中、赤岳鉱泉に立ち寄ったとき、さっと青空が広がり、再び赤岳を仰ぐことができた。「レベルアップしてまた来るから」。そう心の中でつぶやき、頂を背にした。

(取材日=2017年12月31日〜2018年1月2日)

 

2018年から2019年にかけての年末年始も、各山小屋では趣向を凝らしたイベントを用意している。冬山に限らず、自分のレベルに合った山行をすること、私のようにたとえ“ぼっち”でも思い切って出かけること。そうすれば、一期一会のなかで楽しく、心温まる年越しを体験できるはずだから。

行者小屋の営業情報

山小屋名: 行者小屋
営業日: 冬季は、1~3月の土曜泊のみ営業(3連休の場合は土日泊)。年末年始は2018年12月28日~2019年1月5日泊まで営業
電話: 090-4824-9986(赤岳鉱泉)
料金: 1泊2食付9,000円
アドバイス: 赤岳鉱泉から行者小屋の間はトレースがある場合が多いが、天候によって状況は変わる。登る前に天気予報や現地情報の確認をすること。中山乗越から分岐する中山乗越展望台への道はやや急登。

 

 

教えてくれた人

小野泰子

フリーランスの編集者&ライター。登山、トレッキングから散歩まで、歩くこと全般がライフワーク。雪山1年生の先シーズン(2017~2018年冬)、ルポ当時はかなわなかった硫黄岳に登頂でき、ご満悦。赤岳は強風のため稜線手前で引き返したので、今シーズン(2018~2019年冬)、再チャレンジの予定。山行と、街で出合った山にまつわるあれこれをデジカメのみならず、「写ルンです」でも撮影し、インスタグラム(@ono_b_yasuko)に投稿中。

同じテーマの記事
プロガイドが教える「本当に使える技術」とは!? 経験に裏打ちされた納得の登山術を紹介
さまざまな媒体で解説されている、登山のノウハウや技術。しかし、その内容で、ほんとうに学べただろうか? 実際に現場で使われている技術は、最も現場に熟知している山岳ガイド・登山ガイドの、豊富な知識に習ってみてはどうだろうか。
毎日、高尾山を歩く自然解説員さんにも使いやすい、グレゴリーのハイキング用小型バックパック「NANO(ナノ)」
登山用のバックパックで定評のある「グレゴリー」だが、小型軽量のハイキングモデルもラインアップされている。今回は、高尾山山頂にある「東京都高尾ビジターセンター」のインタープリターの梅田由花さんに、実際に毎日の通勤で使ってもらい、その使用感を伺った。
advertorial
「細かいところまで行き届いている!」 アウトドア・コーディネーターの小雀陣二さんが、グレゴリーの最新バックパック「ZULU(ズール)」をチェック!
「チュンチュン」の愛称で親しまれる小雀陣二さん。あらゆる野外の遊びを知りつくした、登山・アウトドアの先達です。そんな小雀さんに、2019年モデルにアップデートされたグレゴリーのバックパック「ZULU(ズール)」について聞きました。
advertorial
すぐ身近にある山岳遭難、ワタシの単独行、遭難・ヒヤリハット体験
自分の実力を客観的に把握して、綿密な計画・準備を行い、的確な行動が求められる「単独行」。単独行をふだん行っている登山者の、ヒヤリハット体験の一部を紹介。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年4月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
NEW 甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山
甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山 南ア・甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳・赤岳、奥秩父・金峰山のほか、名山に囲まれた自然豊かな北杜市の、街と山の魅力を紹介!
NEW 連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!