このエントリーをはてなブックマークに追加

平成はどんな時代だった? 登山界の30年間を『山と溪谷』で振り返って見えたもの

From 山と溪谷編集部
たしなみ 2019年01月08日

「平成」の時代は、あと数ヶ月で終わろうとしている。この30年間、世の中ではさまざまなことが起きているが、登山の世界に目を向けると、どんなことが起きているのだろうか?

 

平成にはどんな山の話題があった?

30年というと、決して短い時代ではない。例えば、通信機器の成長は目覚しく、ポケベルから始まり、携帯電話、スマートフォンなど、テクノロジーは凄まじく発展し、お茶の間を騒がせるさまざまなできごとがあった。

そこで今回は、平成に起きた登山界のできごとを、「登山家と記録」「自然の猛威」という2つの視点で、当時の『山と溪谷』誌面から振り返ってみよう。

 

平成初の編集号は?

こちらは平成元年2月に発売された3月号だ。2月号までは昭和64年に編纂されており、平成になって初めて編集・発売されたのは3月号となる。

いまでも続くニュースページ「ヤマケイジャーナル」をめくると、話題は前年である昭和63年12月25日に発生した大雪山系・十勝岳の噴火が一面に扱われている。

26年ぶりとなる噴火かつ、大規模な噴火だったため、数ページにわたって現地の最新情報が掲載された。後に紹介する「自然の猛威」にも関連するが、この30年は「自然災害」が多い時代だったといえるだろう。

平成元年3月号で伝えている、大雪山系・十勝岳の噴火の様子

 

[登山家と記録]女性で世界初の七大陸最高峰登頂

平成初期をにぎわわせた話題といえば、平成4年に女性登山家の田部井淳子さんによる「女性で世界初の七大陸最高峰登頂」だ。

平成4年9月号で伝えている、田部井淳子さんの偉業


昭和50年にエベレストに登頂して以降、世界の高峰に登り続け、平成4年6月28日にインドネシア領ニューギニアのカルストン・ピラミッドに登頂。17年の歳月をかけて記録を達成した。

 

[登山家と記録]エベレスト登頂を襲った悲劇

平成8年、エベレストをめざす世界各国の登山隊を巻き込んだ山岳遭難事故が発生した。

日本人女性第2登として頂上に立った難波康子さんも、エベレストを襲ったプレ・モンスーンに巻き込まれ、下山中に亡くなった。

 

平成8年7月号で速報を(画像左)、続く8月号(画像右)では記録を詳しく分析した


平成8年7月号では「緊急特集 エベレスト プレ・モンスーン」として速報を掲載。

続く、8月号では続報として、難波さんを悼むメッセージや、無事に帰還できた登山隊との差はどこにあったのか、記録を分析し掲載している。

 

[登山家と記録]8000m峰全14座登頂をめざして

平成20年10月号では、竹内洋岳さんの偉業を伝えている


上の記事は、登山家・竹内洋岳さんの8000m峰11座登頂の軌跡を紹介する記事だ。

前年の挑戦中に雪崩事故に巻き込まれ、重傷を負った竹内さんが、厳しいリハビリを乗り越え、この年に2座を連続して登頂。日本人最多となる11座登頂に成功し、本誌でもその偉大な記録を紹介した。

その後、竹内さんは平成24年にダウラギリに登頂し、念願の日本人初となる8000m峰全14座登頂を達成した。

 

[自然の猛威]安達太良山を登山中に・・・

自然災害による遭難事故は、登山者のみならず、テレビや新聞での報道をとおして、誰の記憶にも残りやすい話題だろう。

先ほど紹介した大雪山系・十勝岳のほかにも、平成3年の雲仙普賢岳噴火、平成26年の御嶽山噴火など、火山に関する話題が平成は多かったといえる。下記の記事も活火山で起きた事故の一つだ。

平成9年11月号では、安達太良山中で起きた遭難について伝えている


平成9年9月、福島県・安達太良山に登っていた登山パーティが悪天候による視界不良で下山中にルートを見失った。正しいルートに復帰する途中で、メンバーの女性4人が火山性の硫化水素ガス中毒に陥り亡くなった、という事故である。

登山道を外れてしまったことが最大の原因だが、観光客や登山初心者でも登れる手軽なイメージのある山での悲劇として大きな話題になった。

 

[自然の猛威]大雪山系・トムラウシ山にて 

平成21年には、日本の夏山史上、最悪の気象遭難事故が発生した。トムラウシ山では登山ツアーの参加者とガイドを含む18人パーティ、そして単独行者が、美瑛岳でもツアー登山に参加した6人パーティが、悪天候に見舞われて遭難し、あわせて10人が亡くなった。

まだ記憶に新しいトムラウシ山遭難事故は平成21年9月号で取り上げている


連日、テレビでニュースが報道されたほか、その後も、同行したツアーガイドの責任を問う裁判が報道されるなど、現在でもよく話題に上がる遭難事故となった。

 

1月号ではほかにも話題が盛りだくさん

今回紹介したのは、1月号特集の第2部「テーマで見る平成日本登山史」の年表から、多くの登山者の記憶に残っているであろうトピックを取り上げたものだ。

明るい話題もあれば、悲しい話題もあり、ボリュームのあった平成の時代。年表を見ているだけでも、さまざまなできごとを思い出せるだろう。

発売中の『山と溪谷』1月号の特集は「登山の現在形」。「さらば平成、登山界のこれから」というテーマで、平成の約30年間に起きた登山トピックスを振り返り、登山用具メーカーの代表や山小屋の主人などに登山界の展望を語ってもらっている。

また、1月号では恒例の「山の便利帳」も付録についてくる。雑誌購入者は、デジタル版を無料で配信しているので、この機会にぜひ入手してほしい。

 

教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2019年11月号の特集は「富士山」。眺めるだけではわからない。日本が誇る富士のほんとうの姿をこの1冊に。長いあいだ、日本人の尊崇の対象としてあり続けた富士山と、近代の登山の対象としての富士山。その両面から、これまでの富士山とこれからの富士山のありかたを読者とともに考えます。

⇒ 『山と溪谷』最新号はこちら

同じテーマの記事
電子地図の時代だからこそ必要な地図を読み取る技術。道なき山を歩くプロの地図読み技術とは?!
山岳遭難で最も多いのが「道迷い」。地図を正確に読み、地形を理解しながら計画を立てたり、登山中に場所を把握したりする技術は、電子時代の今こそ大切なのではないだろうか?
大きくて深い山脈――。南アルプスの特徴を知って、ちょっと“大人な”山行へ
長い長い梅雨がようやく明け、一気に夏らしくなってきました。やっぱり夏はアルプスへ!そんなことをお考えのみなさん。南アルプスの魅力を知って、より楽しい山行に出かけませんか?
今がベストシーズン!山に登って高山植物ウォッチングを楽むための6ヶ条
一斉に咲いた高山の花畑は、何度見ても飽きることはなく、気づいたらその美しさに時間を忘れるほど。だからこそ、なんとなく見て終わるのはもったいない! 高山植物を楽しむためのポイントを知って、登山の魅力を広げてみよう
憧れの剱・立山連峰、どこを歩く?何を楽しむ? 3つの定番コースから魅力を探る
北アルプスを代表する山岳エリア「剱・立山連峰」。無雪期に楽しめるのは7月から10月のわずか4カ月ほど。だからこそ、自分にあったコースを見つけて、夏の剱・立山を楽しみたい。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年10月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!