このエントリーをはてなブックマークに追加

登山をもっと楽しく安全に!おとな女子登山部の女性ガイドからワンポイントアドバイス

好日山荘おとな女子登山部 リレー連載
基礎知識 2019年05月28日

登山用品専門店の好日山荘では、女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」を創り、ブログでの発信や、登山イベントなどを行っている。
リレー連載の第2回目は「もっと楽しむ安全に」登山をするためのワンポイントアドバイスを、好日山荘なんば店勤務で、登山ガイドの資格ももつ「つじまい」さんに紹介してもらう。

Contents
  • アウトドアが気持ちいい季節。お友達同士で山に行くときには?
  • プラスαの楽しみを忘れずに! 手作りの「しおり」も◎
  • 遅い人は2番めに。「山が好き」という気持ちを大切に

みなさんこんにちは。アウトドアが気持ちのいい季節ですね!

もしかすると、職場やお友達同士で登山に行こうと誘ったり誘われたり、なんて場面はありませんか? 一人で登山することも多い私ですが、おとな女子登山部ツアーでは女性だけでワイワイと楽しんでいます。

今回は、女性同士で行く登山に不安を感じる方のために、注意点やポイントをご紹介します。

 

ポイント① どの山にどんなコースで登る?

みなさんは登山計画をどのように立てますか?

楽しい山登りにするには計画がなにより大切。初めての人同士で山登りをするときには、一番登山経験の豊かな人がリーダーとなって計画します。

ここで大切なのは一緒に行く人の登山レベルや装備を事前に把握しておくこと。一番経験の少ない人、体力の無い人に合わせて行く山を決めるのがいいですね。コースもメンバーの体力や天候によって臨機応変に計画を変えられるようにしておくことが大切です。

一緒に行く人の登山レベルや装備を把握して計画しましょう


そして、回数を重ねて、次はステップアップを・・となれば少し冒険してみましょう!

私が3年前に女性の友人と、二人で槍ヶ岳に初めて挑戦したときのことです。一泊二日の日程で新穂高から登って、槍平小屋を経由して槍ヶ岳へ登ることにしました。北アルプスのような高い山は、基本的には途中の山小屋を基準にして計画を立てます。たとえば、11時までに槍平小屋にたどりつかなければ、槍ヶ岳はあきらめて奥丸山登頂に計画を変える、のように。

事前の計画をしっかり立てていれば、行動に余裕もできます


くやしい思いをするかもしれませんが、奥丸山も槍ヶ岳の展望が素晴らしい良い山です。奥丸山山頂から槍ヶ岳をのぞめば、もっと体力をつけて次はあの頂を目指そう、と心に誓うはずです。

そんな計画でスタートした私たちですが、9時前には槍平小屋に到着。経験者の彼女がペースメーカーとなってくれたおかげで、余裕をもって槍ヶ岳山荘へたどり着くことができました。

友人との初めての槍ヶ岳

 

ポイント② プラスαの楽しみで遊び心を

女性だけのグループなら、私はいつも「登山+α」の遊び心を足しています。たとえば、「山頂で野点」や、「山小屋で名物の○○を食べに行く」など。食べることばっかりですが(笑)。

「登山+α」の楽しみを考えよう。もちろん食べることでも!


プラスαの楽しみがあると、登山がより楽しくなりますね。

中でも私が一番思い出に残っているのは、バレンタインデーに山頂で作ったチョコレートフォンデュ。本当は早春のお花を探しに行く目的だったのですが、時期が早すぎてお花が咲いてなかったんです。でも、こっそりと用意していたチョコレートフォンデュに友人は大感激。

それ以来、みんな喜んでくれるかな、と考えながら準備する時間がとても楽しみになりました。

友人が大感激してくれたチョコレートフォンデュ

 

ポイント③ 「しおり」を作ってみませんか?

手作りの「しおり」を作ると、楽しみが何倍にも増えるので、とてもオススメです。

ルート案内のほかに、必要な装備や、女性は特に気になるトイレの場所や、水場、休憩所などを記しておきます。初心者の方にとっては、地図には載っていない情報が書いてあると、より安心感が増しますね。

また、各々が確認できるので、勘違いや間違いが少なくなります。手間はかかりますが、その分、予定通りに行動できたときの達成感はひとしおです。

手作りの「しおり」が山の楽しみを広げてくれる

 

ポイント④ ウェブで最新情報をチェックしよう

心配なことがあれば、ルート上にある山小屋や地域のビジターセンター、案内所に問い合わせましょう。

最新情報を入手していないと、登山道が通行止めになっていたり、あてにしていた山小屋が閉まっていたりと、行ってみて初めて知ることにもなります。

残雪があるのか、ないのかは装備にも影響します


お花の情報や残雪の具合など、日々変わる情報も、事前に知ることができます。個人の山行記録なども参考になりますが、主観的に書かれていることも多いです。各山小屋がSNSで最新の登山情報を掲載していたりするので、私は積極的に活用しています。

目当ての花がいつ咲くのか。最新情報はウェブ、SNSでチェックしよう


また、全国の好日山荘スタッフが掲載している「登山レポート」も最新情報が多く、参考にしてみてください。

 

ポイント⑤ 思わぬアクシデントに備えよう

思わぬアクシデントとして、よく耳にするのが、靴底のラバー剥がれです。これを防ぐポイントは、普段から登山靴をメンテナンスしてあげること。汚れを落として撥水コーティングをしてあげることで、靴が長持ちします。また、登山に行かない(行けない)ときにもたまに履いてあげること。半年以上放置している靴は要注意です。

好日山荘では「靴の健康診断」を行っている。心配な方はプロに診断してもらおう


万が一、登山中に靴底が剥がれてしまったときは、応急処置が必要です。針金やダクトテープ、細引き(靴紐の予備でも可)を持ち歩いていると、こういうときに役立ちます。

また、山で軽い怪我をしたときのためにも、ファーストエイドキッドは必需品です。私のファーストエイドキッドは、「常備薬(下痢止め・痛み止め・漢方薬)、絆創膏(大中小)、包帯(大小)、ガーゼ、三角巾、ポイズンリムーバー、ゴム手袋、消毒薬、目薬」など。必要に応じて入れ替えはしていますが、基本的には上記のセットをいつも持っていきます。

また、特に初心者の女性の場合は、慣れない登山でホルモンバランスを崩しがちです。生理用品も忘れずに持っていきましょう。

ブヨに噛まれ、ポイズンリムーバーで処置中

 

ポイント⑥ おしゃべりは適度に

グループで行く女子登山では、おしゃべりも楽しみです。

おしゃべりしながら歩くと、早すぎない良いペースをキープし、疲れも軽減してくれるような気がします。でも、おしゃべりに夢中になりすぎると、木の根っこにつまずいたり、後ろから来る足の速い人に気付かなかったり。分岐を見過ごしてしまって、違うコースに入ってしまうことも(私の実話ですが・・・)。

だから、おしゃべりは適度に。会話を楽しみながらも、絶えずまわりを観察してください。

おしゃべりに夢中で道迷い、とならないように

 

ポイント⑦ 歩くのが遅い人は2番目に

大人数のパーティの場合、どうしても遅れがちになる方がいます。「みんなについていけないから、一番うしろでゆっくりいきたい・・・」というのははっきり言って×。遅れて一人で歩くと、余計に疲れてしまう上に、道を間違えてはぐれてしまったりして危険です。

歩くのが遅い人、歩くのがしんどい人は、先頭を歩くリーダーのすぐ後ろを歩いてください。遅い人に合わせてペースを作ることができます。

大人数での登山では、遅い人は2番めに


もっと余裕を持って歩きたいなら、工夫が必要です。

装備を見直して荷物を少しでも軽くする、普段から階段を使って足腰を鍛えるなど、少しの心がけで、ずいぶん変わります!

 

まとめ:「山が好き」という気持ちを大切に。登山を楽しもう!

スポーツとは無縁の生活だった私は、登山初心者の頃は体力も無く、まわりに追いつこうと必死でした。山に行く機会をなるべく増やし、目の前の目標、目の前の山のために努力をすると、自然と山に向いた体になっていきました。

「体力や技術に不安がある女性でもどんどん山にでかけていって、日常生活で疲れた心を癒してほしい」と思ったのが、私が登山ガイドを目指したきっかけです。

おとな女子登山部ツアーにガイドとして同行する機会もあるのですが、今では、女性のお客様から山に関するいろんな悩みや相談を受けるようになりました。

「山が好き」という気持ちを大切にして、安全に登山を楽しみましょう!

「おとな女子登山部」では初心者の女性の参加をお待ちしています!
教えてくれた人

つじまい(好日山荘おとな女子登山部)

奈良県生まれ。26歳の頃に屋久島を訪れ、登山に目覚める。2018年夏に、焼岳~親不知まで13日間かけテント泊単独縦走を行う。好きな山域は、屋久島、北アルプス、奈良大峰。フリー・アルパイン問わずクライミングも好きです。2019年現在、好日山荘なんば店勤務。日本山岳ガイド協会認定登山ガイド・奈良山岳自然ガイド協会所属。
⇒おとな女子登山部メンバーはこちら

好日山荘 なんば店

日帰りハイキングから長期縦走、クライミング、雪山登山、沢登りまでさまざまな登山スタイルに対応する品揃えを誇る登山用品店。同じビルにはクライミングジム「グラビティリサーチNAMBA」が併設されており、ロープワーク講習や岩稜帯の歩き方など、さらなるステップアップを目指す登山者に向けてさまざまな講習会を開催中。

所在地/大阪府大阪市中央区難波千日前12-35 スイングヨシモトビル3F
TEL/ 06-6645-0630
営業時間/ 11:00~21:00
アクセス/ 大阪市営地下鉄御堂筋線・千日前線・四ツ橋線難波駅より徒歩約5分、近鉄・阪神大阪難波駅より徒歩約6分、南海難波駅より徒歩約8分、JR難波駅より徒歩約10分

同じテーマの記事
登山の楽しみ方は十人十色!! 2020年は自分に合った登山スタイルをみつけて楽しもう!
登山専門店・好日山荘の女性スタッフ「おとな女子登山部」によるリレー連載。記念すべき第10回目は、好日山荘名古屋駅前店勤務のもっちーさんから、登山者のみなさんへ2020年の提案です! 今年こそ自分らしいスタイルを見つけて、山を楽しみましょう。
雪山を歩いてみよう! ~雪山の楽しさ、装備の紹介と注意点~
登山用品専門店「好日山荘」の女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」に、山のイロハを聞くリレー連載。今回は、いよいよシーズンが始まる雪山について、その魅力と注意すべきポイント、用意したい装備などを、好日山荘銀座店の「るんちゃん」にお話を伺いました。
ステップアップして憧れの山に挑戦しよう! 北アルプス13日縦走までの具体例をご紹介!
今回の好日山荘「おとな女子登山部」リレー連載は「ステップアップして憧れの山に登るには?」がテーマ。なんば店勤務で登山ガイドの資格も持つ「つじまい」さんの体験を交えてのアドバイスを紹介。
山でグルメを制すれば、登山がもっとたのしくなる! 山ごはん、行動食、スイーツ、山小屋のご飯など食べものについて
登山専門店・好日山荘の女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」。登山にどっぷりハマっている女性スタッフに、山のノウハウやおすすめアイテムなどを聞く連載、第7弾は、食欲の秋にぴったりな、山ごはん、山スイーツです!
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年1月29日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開 5名のモニターが背負った感想をレポート! 1人目は東北から関東甲信越の山を精力的に登った「こう」さんです
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 「日本百名山」完登に関するアンケート
「日本百名山」完登に関するアンケート 『ワンダーフォーゲル』2020年4月号の企画のためのアンケート調査です。日本百名山を完登された方はぜひご協力ください
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――