このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の賑わい前に、残雪残るエメラルドグリーンの白馬大池へ ~白馬大池、白馬乗鞍岳、船越ノ頭、栂池自然園~

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2019年06月04日

北アルプス・白馬周辺に本格的な登山シーズンが訪れるのは、梅雨の時期に降る雨で残雪が融けてから、具体的には7月中旬以降に行くのが一般的だ。しかし、雪になれた登山者なら、まだ登山者の姿がまばらな、6月初旬~中旬はオススメだ。雪解けが始まる白馬大池はエメラルドグリーンに輝き、雪解けが始まった場所からは、たくさんの高山植物が顔を出す。

 

梅雨入り前、北アルプス・白馬大池は夏山シーズンを前に静かな山歩きが楽しめる場所です。栂池自然園から天狗原、白馬乗鞍岳まではまだ所々残雪に覆われていて、アイゼンとピッケルが必要でルートファインディングの要素もありますが、雪解けの白馬大池の美しい色とその先の小蓮華山までの静かな稜線歩きは、夏の賑わいとは別の静かな稜線歩きが魅力です。

起点の栂池自然園では雪解けが終わって花々が咲き始めているので、出来れば6月から営業している山小屋(栂池山荘、栂池ヒュッテ)に宿泊して翌日に花を見て回るをオススメしたいルートです。今回は、栂池自然園から1泊2日で白馬乗鞍岳、白馬大池、船越ノ頭まで往復、翌日に栂池自然園を周回するルートを紹介します。

モデルコース:栂池自然園~船越ノ頭往復&栂池自然園散策

モデルコース行程:
【1日目】自然園駅・・・栂池山荘・・・天狗原・・・白馬乗鞍岳・・・白馬大池山荘・・・船越ノ頭・・・白馬大池山荘・・・白馬乗鞍岳・・・天狗原・・・栂池山荘(約6時間50分)
【2日目】栂池山荘・・・楠川・・・浮島湿原入口・・・展望湿原・・・浮島湿原入口・・・楠川・・・栂池山荘(約3時間)

⇒コースタイム付き地図で計画を立てる

 

解氷進む白馬大池はエメラルドグリーンに輝く

梅雨の晴れ間を狙って、2018年6月9日行った際の様子を振り返りながら説明します。

栂池高原からは、始発(8:00)でゴンドラとロープウェイに乗ります。自然園駅から登山道へはスタートから残雪に埋まっているのでルートファインディングは慎重に行う必要があります。

天狗原までは部分的に夏道が出ていますが、まだほとんどは残雪に覆われています。天狗原は新しく設置された木道が雪の下から出ていましたが、木道を歩く際には面倒でもアイゼンを外すようにしてください。

白馬乗鞍岳への取り付きからは、再び分厚い雪に覆われています。ここから徐々に斜度が増していきますので、アイゼンとピッケルが欲しい所です。山頂への一角へ出る夏道への入り口には赤布があるので、この目印を見落とさないようにしましょう。白馬乗鞍岳山頂部は、このときはすっかり雪が消えていたので、夏道を進みます。

白馬大池から船越ノ頭、小蓮華山方面を望む(写真=増村 多賀司)


周辺は黄色いミヤマキンバイが咲き始めていて夏山シーズンが近い事を実感しました。梅雨入り前のこの時期は白馬大池にはまだ残雪が多いですが、一部では解氷が進んでおり、夏の日差しを受けてエメラルドグリーンになっている所があります。

雷鳥坂(稜線)へと進むと二羽の雄雷鳥が縄張り争いをしていて、活発に飛び回っていました。船越ノ頭には縄張りを確保したのかじっと動かず見張りをしている雄雷鳥がいます。

振り返ると解氷が始まった青い白馬大池が見下ろせます。まるで何かの目の様です。稜線は小蓮華山の手前まで夏道が出ていますが、今日の山頂を船越ノ頭mとして引き返します。山頂の一角にはもうハクサンイチゲが咲き出していました。

左上:小蓮華山へと続く美しい稜線。右上:船越ノ頭から見下ろすエメラルドグリンに輝く白馬大池。左下:白馬乗鞍岳から天狗原を俯瞰。右下:縄張り争い中と思われる雄雷鳥(写真=増村 多賀司)


この日は栂池山荘に宿泊し、翌日は花が咲き始めた栂池自然園を周遊しました。6月初旬だと、栂池自然園はまだ70%は残雪に覆われていますが、ルートが竹竿で誘導されています。一部、夏とは違う残雪期ならではのルート設定を楽しめました。

水芭蕉湿原にはミズバショウが咲き誇っていた(写真=増村 多賀司)


入り口からすぐの水芭蕉湿原はミズバショウとリュウキンカが咲き始めています。楠川から先はしばらく雪の上
ですが、浮島湿原はリュウキンカが見頃でシナノキンバイも咲いています。

ヤセ尾根だけは花が満開でオオサクラソウ、シラネアオイ、サンカヨウ、イワカガミ、マイヅルソウ、ミツバオウレン、ゴゼンタチバナ、ムラサキヤシオツツジ、オオカメノキなどが咲き、ここだけ季節が先行している様子でした。

それぞれの花の名前はわかりますか? 左上からリュウキンカ、ゴゼンタチバナ、シラネアオイ、ミツバオウレン、イワカガミ、サンカヨウ、シナノキンバイ、オオサクラソウ(写真=増村 多賀司)


まだ雪が多い栂池自然園でしたが、雪解けとともに順次登山道も開通してこれから花の季節を迎えます。

なお、本コースを歩く場合、この時期の栂池ゴンドラ、ロープウェイは8:00始発、下山は16:40が最終になります。下山に間に合う様に余裕のある計画が必要ですが、栂池自然園には二軒の山小屋があり、ここに宿泊すると余裕のある計画が立てられます。

 

 

教えてくれた人

増村 多賀司

長野県北安曇郡在住、山岳写真家、長野県自然保護レンジャー。数々の山岳写真と撮影する傍ら、グリーンシーズンは北アルプスを中心にトングとゴミ袋を持って山を歩き、雑誌などへの寄稿も多数。
⇒Facebook

同じテーマの記事
北海道・富良野西岳 展望の良い稜線を楽しむバックカントリースキー
北海道中央部・夕張山地。3月下旬から4月中旬は堅く引き締まった雪でバックカントリースキーが楽しめます。スキー場から入山できる富良野西岳はアクセス容易で展望も抜群です。
新潟県・坂戸山で残雪に映えるカタクリの群舞を楽しむ
豪雪地帯、新潟県南魚沼市の坂戸山。残雪が融け始めるといっせいに春の花々が目を覚まします。とりわけカタクリの群生が見事です。
宮崎県・古祖母山 稜線を飾るアケボノツツジ
祖母傾縦走路の間に位置する古祖母山。4月下旬からアケボノツツジに彩られた稜線歩きが楽しめます。
春の息吹を求めてカタクリ群落地へ。栃木県・古賀志山
3月下旬はカタクリの季節。岩場があり、クライマーにも人気の栃木県・古賀志山は、花の山という可憐な一面も。お花畑とバリエーションを歩くコースです。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2020年4月6日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。