このエントリーをはてなブックマークに追加

B級ご当地グルメの祭典で優勝した逸品。甲府に下山するなら「甲府鳥もつ煮」をつまみに、山の話を

下山メシのよろこび
たしなみ 2019年07月11日

山梨の郷土料理は? と聞かれれば、多くの人が「ほうとう」と答えるだろう。では、「甲府鳥もつ煮」は、知っている? 下山後に、ぜひお腹を満たしたいB級ご当地グルメを紹介する。

 

山梨県甲府市は南アルプス登山の入口。夜叉神峠や広河原、北沢峠、南アルプスの山々の登山口へ向かう路線バスが出ていて、夏山シーズンは多くの登山客が行き来する。

南アルプス 白峰三山を縦走。3000m級の稜線が続く

 

山梨の郷土料理として知られているのは「ほうとう」だが、もうひとつ見逃してはいけないご当地グルメが「甲府鳥もつ煮」。鶏のレバーやハツ、砂肝などのモツを甘辛く濃厚な醤油ダレで照り煮にしたもので、ほかの地域で味わう、汁で煮込むタイプのモツ煮とは全く異なる。B級ご当地グルメの祭典で優勝したこともある逸品だ。

甲府市内のそば屋で考案されたと伝えられ、その後多くのそば屋でも供されるようになり、今や甲府のソウルフードとして根付き、そば屋以外の食事どころでも味わえる。さらに近年は山梨市や甲州市など甲府周辺の地域でも鳥もつ煮を供する店が増えている。

甲府駅周辺には、甲府鳥もつ煮の味わえる店が点在しており、鳥もつ煮を考案した元祖と言われる奥藤本店の甲府駅前店も駅からすぐのところにある。山の帰りに一杯、あるいはしっかりとお腹を満たすのに最適なロケーションで、山帰り、あるいは観光の帰りに立ち寄っている。

 

ここでオーダーしたいのは「甲府鳥もつセット」。鳥もつ煮とそば、ご飯(小)、小鉢、漬物のセットで、この店で食べたいものがくまなく食べられる。

奥藤本店の看板メニュー「甲府鳥もつセット」。ボリュームにも満足

 

注文を受けてから生の鶏モツを調理する、正統派の甲府鳥もつ煮は、醤油ダレがキラキラと輝いていかにも美味しそう。食べてみると濃厚でありながらすっきりとした甘みが口に広がる。これならたしかにお酒に合いそう。というかビールが進む味だ。そういえば甲府は国内有数のワイン生産地。ワインとの相性もよさそうだ。

鶏のモツのさまざまな部位が入っていて、ふっくらしたレバーの味わい、砂肝のコリコリした歯ごたえ、キンカン(生まれる前の卵)の‟ぷりっ”とした食感…、見た目以上にそれぞれ異なる食感のハーモニーが楽しめるのもいい。さらにこの店の鳥もつ煮は中にしいたけが混じっている。タレがたっぷりと染み込んだしいたけもいい味を出している。

ご飯と合わせて食べてみるとこれもまたいい。鳥もつ煮とそばのセットになぜご飯も? と思ったけど納得。ほどよい甘みの鳥もつ煮と白飯の相性がたまらない。油断するとうっかり「ご飯おかわりください」と言いたくなりそうだ。そういえば「鳥もつ煮丼」というメニューもあった。

(左)形も食感もさまざまな部位が入っている。 よく目立つのはキンカン。
(右)上質な素材を使った手打ちそばも美味

 

もちろんそばも美味しい。細切りですっきりした味わいのそばだ。つゆの味わいもよく、濃いめのそば湯と合わせて最後まで美味しくいただける。

セットで出てくるとだいぶ多いな…と思いつつ、山帰りでお腹をすかせているとあっという間に食べ終えてしまう。今度行くときはもっとゆっくり楽しみたい。コースだと一気に食べ尽くす感じになってしまうから、はじめに鳥もつ煮をつまみに山の話を楽しみながらお酒を飲み、最後にそばで締め。最高ではないか。

 

今日のお店 「奥藤本店 甲府駅前店」

創業大正2年、甲府市民にも親しまれる手打ちそば処。甲府駅前店は、平成23年オープン。手打ちそば、甲府鳥もつ煮のほか、ほうとう、馬刺、かつ丼などの甲州名物も。

住所: 山梨県甲府市丸の内1-7-4
電話: 055-232-0910
http://okutou.com/ekimae.html

 

日本の山 登山計画 料理・食料
教えてくれた人

西野 淑子(登山ガイド・フリーライター)

初心者向け登山ガイドブックや山岳雑誌などで取材・執筆を行うフリーライターで、登山ガイドの資格を持つ。関東近郊を中心に低山歩きからアルパインクライミングまで楽しむオールラウンダー。気の会う仲間と山を歩き、下山後に美味しいものでお腹と心を満たすことに無上の喜びを感じている。

同じテーマの記事
高尾山からの下山後にイタリアンの選択。高尾山名物の和食材ものせた“高尾山風”パスタ
下山後に味わいたい粋なごはんを紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシのよろこび」。今回は、都心の新宿から1時間ほどでアクセスできるため手軽でありながら、豊かな自然と歴史ある文化を楽しめる高尾山へ。高尾山名物の和食材「〇〇〇」をのせた洋食料理を食す。
下山後に、温泉、食事に、お土産購入。日の出山からの下山メシは「つるつる温泉」で
下山後に味わいたい粋なごはんを紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシのよろこび」。今回は、日の出山からの帰りに立ち寄れる天然温泉の日帰り入浴施設を紹介する。下山メシを目的に登山をしても良さそうな、充実の施設。
箱根旧街道へ行くならはずせない。江戸初期創業の老舗甘味処「甘酒茶屋」で舌鼓
下山後に味わいたい粋なごはんを紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシのよろこび」。今回は、下山後ではなく、街道ハイキング中に、立ち寄りポイントとして計画にいれてもらいたい甘味処を紹介する。
ときどきでてくる「しゃきっ」という食感が楽しい。地元食材を使ったチャーハンを徳澤園「みちくさ食堂」で
下山後に味わいたい粋なごはんを紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシのよろこび」。今回は、槍ヶ岳の取材終わりで上高地 徳沢へ。カメラマンさんのおすすめは・・・
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年8月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました