このエントリーをはてなブックマークに追加

電子地図の時代だからこそ必要な地図を読み取る技術。道なき山を歩くプロの地図読み技術とは?!

From 山と溪谷編集部
登山技術 2019年09月09日

これだけ電子地図や登山用アプリが普及して、誰でも簡単に現在地を把握できる時代になっても、山岳遭難で最も多いのが「道迷い」。地図を正確に読み、地形を理解しながら計画を立てたり、登山中に場所を把握したりする技術は、電子時代の今こそ大切なのではないだろうか?

 

人気山岳エリアでは分岐ごとに登山道の道標が整備され、自動的に道案内してくれる電子地図も普及し、登山で地図から情報を読み取る機会が減少傾向にある昨今――。こうした事情から、地図読みに苦手意識を持つ人がますます増えているようだ。

しかし、山での地図読みスキルを磨けば、道迷い防止につながり、さらに登山道がないルートを楽しめて登山の幅がぐっと広がる。そこで、ヤブ山をこよなく愛する登山ガイドの「やぶ山 三ちゃん」こと、三上浩文さんに地図読みの技を聞いた。

 

計画では地形図で尾根と谷をイメージする

三上さんは計画段階で、国土地理院2万5000分の1地形図を用いて尾根と沢を読み取り、登る山を立体的に把握しているという。「自分がどのような地形を登り、下るのか。地形図をじっくりと見て、事前に地形のイメージを立体的につかんでいくことが地図活用の第一歩です」と説明する。

 

 

登山中、登りでは尾根を歩くことを意識する

「尾根を登っているかぎり、最終的には山頂へ着きます。尾根上に岩などの障害物がある際には、尾根を見失わないようにトラバース(横切って進む)し、再び尾根に戻ります」と三上さん。左右の沢地形を地形図や目視で読み取り、自分が尾根上にいることを確認しながら進むのがポイントということだ。

 

現在地確認→先読み→振り返りの3サイクルを繰り返す

現場での地図読みは、特徴物や変化がわかりやすい地形で「現在地確認」をし、これから進むルートはどのような道なのか地図を見て「先読み」する。そして、実際に歩いた先で自分の先読みを「振り返る」という3つのサイクルを繰り返すことが大切という。

三上さんは「自分の先読みが間違っていることが判明したら、ただちに修正する。正しくその3つのサイクルを繰り返すには、自分の予測や地形図の情報に疑いの余地を残し、現場の状況に合わせて対応する必要があります」と話す。

 

下山ルートは注意深く特定する

三上さんは「登りでは尾根を見失わずに歩けばピークに着きますが、下山は尾根が派生し、道を間違えやすいので注意が必要です」という。周囲の地形や方角などを確認しながら慎重に進まなければ、道迷いにつながるおそれがある。道なき山の下りでは登り以上に地図読みが重要になってくるのだ。

 

三上さんが伝授する地図読みの技は、発売中の『山と溪谷』9月号特集「紙地図と電子地図」でさらに詳しく掲載している。

読図についてだけでなく、地図作りの歴史や、世界の紙地図コレクション、地図アプリの比較など、山の地図に関する話題も盛りだくさん。

また、別冊付録の地図読みハンドブックでは、読図を基礎から学べるハウツーを掲載している。上記の地形図の尾根と沢を見分け方なども紹介している。

これから地図読みに挑戦したいと思っている登山者から、地図の奥深さをもっと知りたいというベテランまで楽しめる内容になっている。ぜひ、ご一読を。

地図・読図 登山計画
教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2020年1月号の特集は「100人が選ぶ、名山100」。登山家、山岳ガイド、写真家、小説家、漫画家、イラストレーター、芸能人、モデルなどさまざまな分野の100人に、「おすすめの山」、「思い出の山」をそれぞれ1山ずつ、合計100山を選んでもらいました。この山のなかから2020年に登る山を見つけてみませんか。

⇒ 『山と溪谷』最新号はこちら

同じテーマの記事
登山後は“ひなびた”温泉へ! ひなびた温泉研究所ショチョー岩本勲さんオススメを紹介
登山後の温泉の気持ちよさったら、もう格別。一度でも味わったことがある人ならきっと賛同してくれるはずだが、せっかく山奥に行くのなら、ひなびた温泉に足を伸ばしてみてはいかがだろうか?
登らなくても楽しめる! 山のミュージアムで自分だけの「山時間」を過ごそう
都会の喧騒にちょっと疲れて、どこか落ち着いたところでゆったりしたい。けれども、登山をするほど元気はない・・・。そんなときは、山の美術館に足を運んでみてはいかがだろうか。作品をじっくり味わい、自分だけの「山時間」を過ごしてみたい。
韓国・済州島発祥のウォーキング「オルレ」を、『山と溪谷』編集部員が本場で体験
「オルレ」という言葉を知っているだろうか。韓国・済州島発祥のウォーキングのことで、里山や山麓の集落をのんびり歩くスタイルのこと。社団法人済州オルレが主催するプレスツアーで、本場・済州島のオルレを体験。
山小屋で過ごす年末年始――。一年を登山で締めくくり、新しい年を山で迎えよう
年末年始をどう過ごそうか考える時期がやってきた。家で年越し蕎麦をすするもよし、温泉旅行や海外旅行に行くもよし。ヤマヤなら山小屋で過ごすのはなおよし! 山小屋で迎える新年、その魅力を垣間見てみよう。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?