このエントリーをはてなブックマークに追加

春を告げるフクジュソウの大群落。熊本・仰烏帽子山

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2020年02月19日

フクジュソウ(福寿草)の大群生地で知られる熊本・仰烏帽子山(のけえぼしやま)。日差しが温かくなったら、山へ春を探しに行ってみましょう。

 
山には雪が残るものの、少しだけ日差しの温かさを感じ、梅の便りも届き始めると熊本南部球磨郡五木村の仰烏帽子山の情報が気になってきます。

市房山、白髪岳とともに球磨三山の一つで、「のけえぼし」という変わった山名は、見る方向により兜が後に傾いたような山容が由来だという説があり、地元では「のけぼしやま」と親しみをこめて呼ばれています。

平家の落人伝説が残る五家荘・五木村など以前は秘境と言われた山深い場所にあります。山麓一帯は植林が進んでいるものの、稜線や谷筋には自然林が残り新緑や紅葉も美しい山域です。中でも、春を告げるフクジュソウの大群生地で知られ、早春の山歩きには欠かせない山の一つです。

花の時期はたくさんの登山者が訪れます(写真=池田浩伸)
 

モデルコース:第2登山口~仰烏帽子山~兎群石山(往復)

行程:
【日帰り】第2登山口(40分)三差路(15分)仏石分岐(40分)仰烏帽子山(10分)兎群石山(50分)仏石分岐(10分)仏石(35分)三差路(40分)第2登山口(計約4時間)

熊本・仰烏帽子山(1302m)に咲くフクジュソウ

八代方面から五木村の中心部へ向かう県道25号線沿いの元井谷橋から車で南へ数km、曲がりくねった林道相良五木線を登った場所に第2登山口があります。途中に第1登山口がありますが、こちらの登山道は豪雨によって被害を受けたあと、次第に歩く人が減り経験者向きのコースとなっています。フクジュソウの鑑賞目的であれば、緩やかな道が群生地まで続く第2登山口からのコースがおすすめです。

緩やかな登山道が群生地へ続く第2登山口(写真=池田浩伸)

 
25台ほどの駐車場が整備されていますが、シーズン中はすぐにいっぱいになります。標高1100mの登山口からは、雲海に浮かぶ山並みが印象的です。

「ようこそ仰烏帽子山へ」の看板から登山開始です。登り始めてしばらくした植林の中で、シモバシラにできる“氷の花”を見つけたことがあります。地中の水分が柱状に凍結した“霜柱”ではなく、シモバシラという植物の枯れた茎から水分が染み出し、茎の周りに柔らかくカールした“氷の花”ができるもので、雪が降らずに気温が氷点下まで下がった日などにできる珍しい現象です。

運良く、氷の芸術・霜柱の花にも出会えた(写真=池田浩伸)

 

道が植林から冬枯れの自然林へと変わると、フクジュソウ群生地がある仏石と山頂への三差路になります。フクジュソウはキンポウゲ科の植物で、花弁に陽の光を集めその熱で虫たちを集めるので、日光が当たらないと開いてくれません。満開のフクジュソウを見るのは午後からにして、まずは山頂を目指します。

仏石分岐では、右から第1登山口からの道が合流します。苔むした大きな倒木がある広場で、谷筋から鞍部に出て視界がひらけるので、私はここを休憩ポイントにしています。ここから稜線までは概ね平坦な道を登っていきます。途中には、石灰岩に根を張った2本のブナの木があり幹の太さに驚きます。

稜線に出る前にある岩を抱いたマザーツリー(写真=池田浩伸)

 

風穴を過ぎ稜線に出て最後の短い急斜面を登りきれば360度の展望の仰烏帽子山頂です。市房山や白髪岳、空気が澄んでいれば桜島も見えます。見える山がたくさんありすぎて山座同定に時間を使ってしまいます。山頂展望もさることながら、もう1ヶ所おすすめの場所へ行ってみましょう。

市房山方面。標高1300m級でこの展望は素晴らしい(写真=池田浩伸)


来た道を少し戻ると南に伸びた尾根上にはっきりとした踏み跡があり、数分で兎群石(とむれいし)山と名付けられた開けた場所にでます。たくさんの露出した石灰岩が、ウサギが群れているように見えるからだそうです。風が強い日や山頂が混雑していたらここがおすすめです。

山頂から数分の場所にある兎群石山。露出した石灰岩が兎が群れ遊んでいるように見えるからだそう(写真=池田浩伸)

 

仏石分岐まで戻り、斜面を横切ってクサリ伝いに下ると仏石のフクジュソウ群生地です。残雪があっても春の日差しを浴びて輝いている姿に感動します。登りに通過した三差路まで春の妖精たちの群生は続きます。一帯はグリーン・ロープが張られた保護区域になります。ロープ内に立ち入ることなく健気に咲くフクジュソウを楽しんでください。

仏石の群生地付近では蕾もたくさん見かけました(写真=池田浩伸)

 

帰りは、五木道の駅近くに温泉もあります。標高が高く路面凍結の恐れもあります。五木村のホームページ(https://www.vill.itsuki.lg.jp/)で道路情報・開花情報を確認できます。

 

登山計画 記録・ルポ ガイド 日本の山
教えてくれた人

池田浩伸

佐賀県佐賀市在住。8年間NPOで登山ガイドや登山教室講師を務めた後、2019年くじゅうネイチャーガイドクラブに所属し、阿蘇くじゅう国立公園をメインに登山ガイドや自然保護活動を行なう。著書に『九州百名山地図帳』『分県ガイド 佐賀県の山』(山と溪谷社・共著)がある。

同じテーマの記事
新潟県・坂戸山で残雪に映えるカタクリの群舞を楽しむ
豪雪地帯、新潟県南魚沼市の坂戸山。残雪が融け始めるといっせいに春の花々が目を覚まします。とりわけカタクリの群生が見事です。
宮崎県・古祖母山 稜線を飾るアケボノツツジ
祖母傾縦走路の間に位置する古祖母山。4月下旬からアケボノツツジに彩られた稜線歩きが楽しめます。
春の息吹を求めてカタクリ群落地へ。栃木県・古賀志山
3月下旬はカタクリの季節。岩場があり、クライマーにも人気の栃木県・古賀志山は、花の山という可憐な一面も。お花畑とバリエーションを歩くコースです。
バックカントリースキーで後方羊蹄山・人気の真狩コースへ
北海道西南部の後方羊蹄山。広大なエリアはバックカントリースキーヤーで賑わっています。いつでも最高の雪質が楽しめますが、特に3月は天候が安定しておすすめのシーズンです。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年4月2日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。