登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
黒部馬蹄形の魅力 室堂 ザラ峠 五色ヶ原 越中沢岳 スゴ乗越小屋 北薬師岳 薬師岳 薬師岳山荘 薬師峠 太郎兵衛平 北俣岳 黒部五郎岳 三俣蓮華岳 三俣山荘 鷲羽岳 黒岳(水晶岳) 野口五郎岳 烏帽子小屋 烏帽子岳 ブナ立尾根 高瀬ダム(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

山車(dashi) さん
  • 日程

    2013年9月17日(火)~2013年9月22日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:●往路:自宅-(車)-扇沢-(黒部アルペンルート)-室堂
    ●復路:高瀬ダム-(乗合TAXI)-七倉温泉-(相乗り)-扇沢

  • 天候

    全日程:晴れ
    [2013年09月17日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

黒部馬蹄形 2013年9月17日(火)~22日(日)
 ●全歩行距離: 61.5km  累積標高差:+5,485m -6,628m
 ○記号:[--] 交通機関  [・・・] 徒歩
①初日:室堂~五色ヶ原 歩行距離: 7.8km 累積標高差:+750m -763m
 扇沢(7:30)--(黒部アルペンルート)--(9:10)室堂(9:20)・・・(11:10)一ノ越JC(11:20)・・・(13:10)獅子岳(13:15)・・・(14:00)ザラ峠(14:10)・・・(15:10)五色ヶ原山荘(15:25)・・・(15:35)キャンプ場
②2日目:五色ヶ原~スゴ乗越キャンプ場 歩行距離: 6.9km 累積標高差:+724m -856m
 起床(4:50) 五色ヶ原(5:45)・・・(6:35)鳶山・・・(7:10)越中沢乗越・・・(8:12)越中沢岳(8:30)・・・(9:50)スゴの頭(10:05)・・・(10:35)スゴ乗越・・・(12:00)スゴ乗越キャンプ場
③3日目:スゴ乗越キャンプ場~薬師峠 歩行距離: 7.9km 累積標高差:+788m -764m
 起床(2:30) スゴ乗越キャンプ場(4:10)・・・(5:25)間山・・・(7:15)北薬師岳・・・(8:30)薬師岳(9:30)・・・(10:05)薬師小屋(10:15)・・・(10:44)薬師平(10:56)・・・(11:25)薬師峠キャンプ場
④4日目:薬師峠~三俣山荘 歩行距離: 16.4km 累積標高差:+1,516m -1,256m
 起床(2:45) 天場(4:10)・・・(4:38)太郎平小屋・・・(6:30)北俣岳(6:40)・・・(7:20)赤木岳(7:30)・・・(9:50)カールJC・・・(10:09)黒部五郎岳(10:45)・・・(11:05)カールJC・・・(12:50)黒部五郎小屋(12:55)・・・(14:40)巻道JC・・・(15:20)三俣蓮華岳(16:00)・・・(16:35)三俣山荘キャンプ場
⑤5日目:三俣山荘~烏帽子小屋 歩行距離: 14.9km 累積標高差:+1,232m -1,277m
 起床(2:30) 天場(4:10)・・・(5:30)鷲羽岳(5:45)・・・(6:40)ワリモ北分岐・・・(7:25)水晶小屋(7:37)・・・(8:15)黒岳(8:57)・・・(9:30)水晶小屋(9:40)・・・(10:20)東沢乗越・・・(11:40)湯俣JC・・・(13:00)野口五郎岳・・・野口五郎小屋(13:35)・・・(16:20)烏帽子小屋キャンプ場
⑥6日目:烏帽子小屋~高瀬ダム 歩行距離: 7.7km 累積標高差:+474m -1,711m
 起床(4:00) 天場(5:00)・・・(5:05)小屋(5:15)・・・(6:05)烏帽子岳(6:20)・・・(7:10)烏帽子小屋(7:40)・・・(10:30)高瀬ダム--(乗合TAXI)--(11:00)七倉温泉


総距離 約56.8km 累積標高差 上り:約5,027m
下り:約6,169m
 北アルプスの大きさと険しさを思い知らされる、苦しい山旅となったが、それ以上に、それだからこそ、味わえる達成感に浸ることができた。黒部馬蹄形という最高の舞台で!
 馬蹄形。40数年前、この言葉を初めて耳にしたのは、谷川岳馬蹄形である。谷川岳と白毛門を間(馬?)口とする湯檜曽川の分水嶺が、馬の蹄鉄のようなU字形をしていることから名付けられたらしい。縦走しても、来た道を戻ることなく、登山口と下山口が、距離的にも、時間的にも短いのが魅力である。
 黒部馬蹄形は、かねて行きたいと思っていた薬師岳と黒部五郎岳の縦走を検討していて、黒部アルペンルートがヒントになり、思いついたコースである。黒部川の最上流部にある黒四ダムの分水嶺が、今回の旅の舞台である。扇沢に駐車し、黒部アルペンルートで室堂に向かう。縦走ルートは室堂から、五色ヶ原、薬師岳と立山連峰を南下し、雲ノ平を折り返しポールとして、黒部五郎岳でUターンする。三俣蓮華岳、鷲羽岳から、後立山連峰を北上する。針ノ木岳までを計画したが、体力的に苦しく、烏帽子岳で下山することになった。北アルプスの大きさと険しさを思い知らされる、苦しい山旅となったが、それ以上に、それだからこそ、味わえる達成感に浸ることができた。黒部馬蹄形という最高の舞台で!
 この旅の魅力はなんだろう。思いつくままに認めてみる。まず、馬蹄形の効果と言えるだろう、黒部川対岸が常に左手に見えることであろうか。前半は後半向かう後立山連峰の峰々を同定して期待に胸を膨らませ、後半は前半辿った立山連峰の峰や峠を指呼して、懐かしむことができる。特に後者、思い出の詰まった足跡を辿るのは楽しいものである。そしてこれらを可能とする遮るもののない眺望の良さがある。いやいや、そんなことより、被写体となる魅力的な役者が揃っていることかもしれない。その魅力を馬蹄形故、多方向から観ることが可能で、飽きることがない。一番驚いたのは薬師岳である。遠くから見ると薬師如来が横たわっているような優しい印象であるが、頂上に立つとカール壁が足元から切れ落ち、まるで表情を変える。そして下り、眼下には、薬師平、太郎兵衛平などの草原が明るく開け、丸くたおやかな稜線で北ノ俣岳に続いている。なんとも好ましい景色が拡がっている!太郎兵衛平まで下り、振り返って驚いた。緑の山の上に雪山と見紛う(みまごう)、真っ白な山が現れたのである。最初は薬師岳とは判らなかった。それ位、白く、緑との対比が鮮やかであった。それにしても北アルプスには計り知れない魅力が詰まっている。まだまだあるが言葉を繋いでゆく接続詞を知らない。表現する能力もない。写真をたくさん撮ってきたので、そちらを見ていただけると幸甚である。
 追記)鷲羽岳は黒部川の源流といわれているが、気になっていることがある。「源流」や「川の長さ」の定義はどうなっているのか、調べてみた。理科年表によると、一律の定義はなく、各々の河川の歴史の中で決められているが、一般的な原則論が書かれている。それによると、源流は水の湧き出している地点であるが、川の長さを決めるときの源流は分水嶺としている。この原則論に従えば、黒部川の源流はワリモ岳の北にある標高2841mピークの南のコル、即ち、県境分水嶺の標高2813.6m地点となる。これを3D地図ソフトkashmirで計算してみると、94.018kmとなった。黒部川の長さは85kmとなっており、約9kmの乖離がある。源流を実際に水の湧き出している地点としても、分水嶺から-1km、河口が8km遡るとすると、北陸新幹線を越えてしまう。どこを河口と源流としているのだろうか。

関連レポート  ☆印:最新レポート
○日本アルプス縦走~日本弧状列島完全人力横断(御前崎~親不知)~
・全体版:2015年6月30日~2016年7月22日
 <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=72911>
・Round.1:御前崎スタート(御前崎~畑薙第1ダム) 2015年6月30日~7月5日
 <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=72732>
・Round.2:南アルプス・南部(畑薙第1ダム~三伏峠)2015年7月19日~25日
 <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=85112>
・Round.3:南アルプス・北部(三伏峠~駒ヶ根) 2015年8月8日~13日
 <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=85249>
・Round.4:中央アルプス・乗鞍岳・焼岳(駒ヶ根~西穂山荘下)2015年9月11日~17日
 <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=85409>
・Round.5:北アルプス南部(西穂山荘下~種池山荘)2015年10月2日~10日(土)
 <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=112065>
・Round.6:北アルプス・北部(種池山荘~親不知) 2016年7月17日~22日
 <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=115955>
○関東地方境一周:群馬県境
 ☆尾瀬-平ヶ岳-丹後山 残雪期縦走:関東地方境-山-群馬県境 2015年4月26~30日
  <https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=118548>
 ・尾瀬沼横断:関東地方境-山-群馬県境 2015年4月19日
  <https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=117347>
 ・残雪の景鶴山に登る:関東地方境-山-群馬県境:2014年5月1日(木)~2日(金)
  <https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=117322>
 ・燧ヶ岳・至仏山・尾瀬一周の旅:関東地方境-山-群馬県境:2012年8月19・20日
  <https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=117269>
 ・尾瀬から日光沢温泉を巡る、夏の終わりの静かな山旅:2006年8月18日(金)~20日(日)
  <https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=117060>
 ・巻機-丹後、縦走 敗退記:2017年04月25日(火)~27日(木)
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=92462>

登山中の画像
登山画像
1@扇沢:奥に少し見えているのはスバリ岳?
登山画像
2黒部奥座敷の前立本尊のような赤牛岳@黒四ダム…
登山画像
3@黒四ダム:観光放水か
登山画像
4室堂
登山画像
5最初に目指すのが浄土山@室堂
登山画像
6室堂平・奥大日岳(左下がり台形の真ん中)@浄土…
登山画像
7立山・一ノ越@浄土山
登山画像
8薬師岳・黒部五郎岳・笠ヶ岳、手前)五色ヶ原@浄土山
登山画像
9オヤマリンドウ(御山竜胆)
登山画像
10五色ヶ原・鷲岳・鳶岳・越中沢岳・北薬師岳・薬師岳…
登山画像
11@獅子岳アラウンド:五色ヶ原・鷲岳・鳶岳・越中沢岳・…
登山画像
12右から)七倉岳(手前は船窪岳第2ピーク)・北葛岳・…
登山画像
13ザラ峠・獅子岳肩・鬼岳
登山画像
14後立山連峰@五色ヶ原
登山画像
15チングルマ(稚児車)の綿毛、ふわふわだったり、…
登山画像
16@五色ヶ原:右から)北葛・針ノ木・スバリ
登山画像
17イワツメクサ(岩爪草):この時期にまだ咲いて…
登山画像
18裏銀座連峰at五色ヶ原:右から)赤牛・野口五郎・…
登山画像
19左)鬼岳・獅子岳@五色ヶ原
登山画像
20@五色ヶ原:右から)七倉岳・北葛岳・針ノ木岳・…
登山画像
21針ノ木の夜明け@五色ヶ原
登山画像
22針ノ木からの日の出@五色ヶ原
登山画像
23五色ヶ原出立、鳶山へ
登山画像
24針ノ木岳@五色ヶ原:右から)不動岳・七倉岳・北…
登山画像
25@鳶山:右奥、立山)P2930・雄山,手前右から)獅…
登山画像
26@鳶山:右から)赤沢岳・鳴沢岳・爺ヶ岳・岩小屋…
登山画像
27@鳶山:手前から)越中沢岳・北薬師岳・薬師岳・…
登山画像
28@鳶岳:手前)越中沢岳,右から)北薬師岳・薬師…
登山画像
29シラタマノキ(白玉の木)
登山画像
30越中沢岳から振り返る:鳶山・鷲岳・五色ヶ原・獅…
登山画像
31越中沢岳
登山画像
32後立山連峰at越中沢岳:右から)七倉岳・北葛岳・…
登山画像
33立山@越中沢岳:手前から)五色平・獅子岳・鬼岳…
登山画像
34北から観るとシャープでカラフルな薬師岳@越…
登山画像
35笠ヶ岳・黒部五郎岳at越中沢岳
登山画像
36薬師岳@越中沢岳下り
登山画像
37越中沢岳@P2431肩より振り返る
登山画像
38バライチゴ
登山画像
39赤岳・黒岳atスゴ乗越小屋
登山画像
40烏帽子岳@スゴ乗越小屋:右から)P2605・烏帽子…
登山画像
41越中沢岳atスゴ乗越小屋
登山画像
42クロマメノキ(黒豆の木)
登山画像
43間山(三等三角点)
登山画像
44南沢岳と不動岳の間からの日の出@間山:烏帽…
登山画像
45間山を振り返る:遠景は右から)五龍岳・越中沢…
登山画像
46北薬師岳への道:まだピークは見えない・
登山画像
47後立山連峰と立山連峰が水平のスカイラインを…
登山画像
48最高)北薬師岳,左)薬師岳:雪庇が雪崩れて削…
登山画像
49鹿島槍~剱,手前)越中沢岳・鳶山・獅子ヶ岳・龍…
登山画像
50弥陀ヶ原:傾斜はあるが、それにしても平。奥大…
登山画像
51@北薬師
登山画像
52薬師岳:金作谷カール、モレーンができている。…
登山画像
53雲ノ平越しに槍・穂高
登山画像
54薬師岳(二等三角点)
登山画像
55@薬師岳:金作谷カール・北薬師岳,スカイライ…
登山画像
56北@薬師岳
登山画像
57@薬師:赤牛~抜戸
登山画像
58@薬師岳:太郎兵衛平~北ノ俣岳を俯瞰する。2
登山画像
59薬師如来:遠く、右)御嶽山・左)乗鞍岳
登山画像
60太郎兵衛平~北ノ俣岳~黒部五郎岳,その右奥)…
登山画像
61鹿島槍ヶ岳・五龍岳@薬師岳
登山画像
62蓮華岳・針ノ木岳・スバリ岳・爺ヶ岳?
登山画像
63
登山画像
64@薬師岳:御嶽山・黒部五郎岳・乗鞍岳・笠ヶ岳~…
登山画像
65薬師岳避難小屋
登山画像
66
登山画像
67道の右の菱形)薬師平・左)右俣,道の向こう)左…
登山画像
68黒部五郎岳
登山画像
69チングルマ(稚児車):双六~三俣蓮華~槍
登山画像
70チングルマ(稚児車):黒部五郎岳
登山画像
71
登山画像
72北ノ俣岳への木道
登山画像
73鷲羽~黒岳
登山画像
74太郎兵衛平・薬師岳
登山画像
75雪を抱いたように真っ白な薬師岳:手前から)太…
登山画像
76黒部五郎岳
登山画像
77薬師峠天場:ブルーMyTent
登山画像
78月没と日の出の交錯:夜明け間近、太陽の様に輝…
登山画像
79有明の月と朝焼け:日の出時刻であるが、満月、…
登山画像
80北ノ俣岳:右から)P2635・北ノ俣岳・赤木岳・P261…
登山画像
81北ノ俣岳
登山画像
82北ノ俣岳(三等三角点)
登山画像
83似たもの四連山@北ノ俣岳2662m:右から)御嶽…
登山画像
84正面は赤木岳:右から)御嶽山・乗鞍岳・笠ヶ岳・…
登山画像
85薬師岳:薬師峠も見える(左中央の白い所)
登山画像
86池塘のある中俣乗越を見下ろす:右が黒部五郎…
登山画像
87南から観るとマイルドな赤木平・薬師岳:こう見…
登山画像
88雲ノ平が巨大な山椒魚に見える。スカイラインは…
登山画像
89@P2578:赤牛岳・薬師岳,奥は五龍岳~白馬岳…
登山画像
90@P2578:北ノ俣岳・赤木岳
登山画像
91黒と赤:手前は雲ノ平@P2578(中ノ俣乗越)
登山画像
92黒部五郎の上りで北ノ俣岳を振り返る!
登山画像
93薬師・立山/剱・白馬
登山画像
94黒部五郎岳(三等三角点)
登山画像
95穂高~槍,笠~抜戸,双六@黒部五郎。まだ月が…
登山画像
96黒部五郎連続
登山画像
97黒部五郎岳(三等三角点)
登山画像
98黒部五郎カール:丸山・三俣蓮華・鷲羽・ワリモ・…
登山画像
99黒部五郎カール
登山画像
100黒と赤,雲ノ平@黒部五郎岳
登山画像
101赤牛岳@黒部五郎
登山画像
102西側から観る鷲羽岳・ワリモ岳@黒部五郎
登山画像
103北ノ俣岳・薬師岳・立山/剱・白馬
登山画像
104@黒部五郎カール
登山画像
105@黒部五郎カール:鷲羽・ワリモ・祖父岳・黒
登山画像
106@黒部五郎カール
登山画像
107@黒部五郎カール:三俣蓮華・鷲羽・ワリモ・祖…
登山画像
108黒部五郎岳
登山画像
109黒部五郎
登山画像
110ベッドのような祖父岳:ワリモ・黒岳・赤牛・立山
登山画像
111雲ノ平・薬師岳
登山画像
112黒部源流
登山画像
113三俣蓮華岳(三等三角点)
登山画像
114三俣蓮華岳(三等三角点)
登山画像
115鷲羽岳・黒部源流
登山画像
116黒部源流の山々@三俣蓮華岳:鷲羽・ワリモ・…
登山画像
117
登山画像
118薬師岳も点燈
登山画像
119前半と異なり、黒岳へのシャープリッジ@鷲羽…
登山画像
120朝だけの色:三俣蓮華岳・丸山・笠ヶ岳
登山画像
121鷲羽岳を振り返る
登山画像
122黒部川源流:ワリモ岳北のP2841とP2820のコル…
登山画像
123黒部五郎が白日の元に!
登山画像
124黒部源流:足元の一滴が黒部川の最長94.018km…
登山画像
125黒岳、南西面:緑の絵の具を走らせたような山…
登山画像
126@水晶小屋:なだらかな地形の集合;手前から…
登山画像
127お日様に向かって整列!ではなく、西風に背を…
登山画像
128黒岳への道@水晶小屋
登山画像
129祖父岳と黒部五郎岳:火山と氷食地形らしいが…
登山画像
130黒部五郎岳
登山画像
131三俣蓮華のカール壁の様な壁に子壁、孫壁が連…
登山画像
132これが黒部の奥座敷
登山画像
133野口五郎~薬師@黒岳
登山画像
134烏帽子から唐松までのピークが良く判る:手前…
登山画像
135黒岳より南方を望む
登山画像
136薬師~黒部@黒岳
登山画像
137東から観るとシルエットが丸く見える薬師岳@…
登山画像
138赤牛岳@黒岳三角点峰:黒部の前立本尊
登山画像
139水晶小屋から黒岳へ、最初はこんな感じ。
登山画像
140東側から観るワリモ・鷲羽:紅葉が始まっている
登山画像
141黒岳、北東面@東沢乗越
登山画像
142五郎池と野口五郎岳
登山画像
143五郎池・立山@真砂岳下
登山画像
145黒岳:五郎池も見える
登山画像
146赤牛の稜線と薬師:薬師岳は東から観ると黒岳…
登山画像
147来し方、南@野口五郎:手前から)P2880・真砂・…
登山画像
148白と黒@野口五郎
登山画像
149白・赤・赤:野口五郎・赤牛・薬師
登山画像
150三ツ岳への白い稜線
登山画像
151三ツ岳から烏帽子へ:蓮華が立派
登山画像
152南沢乗越と船窪乗越のガレ。針ノ木はこちらが…
登山画像
153 9月22日の夜明け
登山画像
154紅白(赤牛岳・薬師岳)の山と紅葉・白砂
登山画像
155錦秋の烏帽子岳
登山画像
156旭日に輝く烏帽子岳
登山画像
157烏帽子岩から薬師の上の有明の月を観る
登山画像
158縦走路、ここ南沢から七倉岳まで花崗岩のガレ…
登山画像
159もう少しすると、紅葉が見事に違いない
登山画像
160薬師・赤牛・黒
登山画像
161黒岳・三ツ岳
登山画像
162黄緑から黄色のグラデーション@烏帽子
登山画像
163自然の芸術
登山画像
164イワギキョウ(岩桔梗)
登山画像
165ゴゼンタチバナ(御前橘):子沢山、なんと10個
登山画像
166オオカメノキ(大亀の木)
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

山車(dashi)さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    日に日に変わってゆく山肌の色。秋山を楽しむためにしっかりとした装備を
    20年09月24日(木)
    立山室堂山荘 ~立山
    立山室堂山荘
    やっと草紅葉がはじまりました。天気による気温差に注意。営業は~11/24泊まで(予定)
    20年09月10日(木)
  • 太郎平小屋~薬師岳・雲ノ平・高天原
    太郎平小屋
    朝の気温は10℃を下回る日も出てきました。もう夏の気候ではなくなっています
    20年09月02日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

山車(dashi) さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年9月24日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
NEW 秋田白神の森の魅力を満喫するツアー開催
秋田白神の森の魅力を満喫するツアー開催 小林千穂さん、現地ガイドが同行する、世界遺産・秋田白神の魅力を満喫する特別ツアー開催。参加者6名募集!
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
NEW 背面機構が特徴! マムートのバックパック
背面機構が特徴! マムートのバックパック 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。久しぶりの山行テストは、独自の背面機構を持つマムートのバックパック!
NEW いつか登りたい名山!笠ヶ岳/黒部五郎岳
いつか登りたい名山!笠ヶ岳/黒部五郎岳 標高差が大きく長時間の登りを要する笠ヶ岳。一日ではたどり着かない秘境・黒部五郎岳。上級編として、2座の魅力を伝えます。
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...