登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
悪沢・赤石・聖岳 悪沢・赤石・聖岳(南アルプス)
img

記録したユーザー

ambit_hiro さん

この登山記録の行程

【1日目】
椹島ロッヂ(05:55)・・・滝見橋(06:07)・・・吊橋(06:11)[休憩 10分]・・・小石下(08:02)[休憩 10分]・・・清水平(09:11)[休憩 13分]・・・蕨段(10:04)[休憩 14分]・・・見晴岩(10:29)[休憩 5分]・・・駒鳥池(11:40)[休憩 16分]・・・千枚小屋(12:36)

【2日目】
千枚小屋(05:00)・・・千枚岳(05:40)[休憩 6分]・・・丸山(06:38)[休憩 6分]・・・悪沢岳(東岳)(07:14)[休憩 20分]・・・中岳(08:34)[休憩 12分]・・・荒川小屋(09:41)[休憩 30分]・・・大聖寺平(10:49)[休憩 6分]・・・小赤石岳(11:50)[休憩 17分]・・・赤石小屋分岐(12:23)[休憩 5分]・・・赤石岳(12:46)[休憩 24分]・・・百間平(14:21)[休憩 6分]・・・百間洞山の家(15:05)

【3日目】
百間洞山の家(05:25)・・・大沢岳(06:30)・・・中盛丸山(06:51)[休憩 7分]・・・小兎岳(07:41)・・・兎岳避難小屋(08:34)[休憩 30分]・・・聖岳(11:16)[休憩 50分]・・・小聖岳(12:52)・・・薊畑分岐(13:30)[休憩 6分]・・・聖平小屋(13:58)

【4日目】
聖平小屋(04:15)・・・滝見台(05:17)[休憩 17分]・・・聖沢吊橋(07:27)[休憩 73分]・・・聖岳登山口(10:00)

総距離 約38.1km 累積標高差 上り:約5,239m
下り:約5,218m
コースタイム 標準:24時間
自己:24時間41分
コースタイム倍率 1.03
 2018年のメーンイベント。南アルプスの縦走です。当初、4泊五日で計画していましたが、台風のおかげで3泊四日に変更です。

 コースは、椹島から悪沢三山、赤石岳、聖岳の縦走です。椹島までは一日がかりの移動。滅多にありません。ロッジで前泊し翌朝から登山開始です。

 初日は標高差1,500mの登坂路。千枚小屋まで登ります。長さも有るので計画通りゆっくり歩きます。今年の暑さも大敵でした。水は3ℓ必要です。登山道は、難しくないので焦らずゆっくり。この辺りの山小屋は、シュラフ持参で500円引きになりますのでぜひ持って行ってください。

 二日目は、行程10時間のロングコース。千枚小屋から悪沢三山、荒川小屋、赤石岳を抜けて、百間洞まで行きます。このコースを行くのは数える位。まずは、中岳までのピストンで引き返します。その後は、荒川小屋宿泊と赤石小屋宿泊で下山となる様です。

 三日目が地獄です。百間洞まで行くと、後は聖岳を越えて聖平小屋まで行くしかありません。標高差、登り1,300m、下り1,500m。三日目でこれは、厳しかったです。心が折れそうでした。

 四日目は下山のみです。初めて、生きて帰れた(大げさ?)と思いました。ただ景色は壮観で、南アルプスが全貌出来ます。

 情報として、「井川観光協会 登山バス」が、井川ビジターセンターから白樺荘から聖岳登山口の間を無料運行(小屋で予約)しています。また、椹島ロッヂ 無料送迎バスが(フォレスト運営小屋宿泊者)、畑薙第一ダム(夏季は臨時駐車場)-椹島ロッヂを運行していますので、計画時に参考にしてください。お勧めは、帰りに、10:00に聖岳登山口で乗車し、白樺荘でお風呂に入って、しずてつジャストラインを白樺荘で乗車します。さっぱりして帰れます。

 最後に、もし、今「休みをやるから、もう一度行って来い」と言われたら、「仕事させてください」と答えるでしょう。それ程、体力的に厳しい山行でした。

 当初、光岳までを予定していたのですが、台風の影響により二日程、出発が延期になったので短縮しましたが、台風に感謝です。

登山中の画像
登山画像
13:00、臨時駐車場に到着です。ここまで、静岡駅…
登山画像
椹島ロッジ。廊下が長いです。巨大な建物です。
登山画像
外観(入口側)。
登山画像
翌朝、登山開始です。ロッジの東側(?)の林道を…
登山画像
赤石岳登山道との分岐。これを右。何を間違えた…
登山画像
吊り橋までの景色。やはり、南アルプスは水が豊…
登山画像
完成したばかりの吊り橋。
登山画像
幅が広いので、NHKで紹介していた、両側のワイヤ…
登山画像
吊り橋からの景色。
登山画像
吊り橋を渡った後の登山道。ここから登りますが…
登山画像
鉄塔横。
登山画像
少し登ると林道に出ます。林道は結構上まで続い…
登山画像
林道から鉄の梯子を登って登山道に戻ります。
登山画像
ポイントに標識が有りますので、コースタイムも…
登山画像
2,000m辺りでほぼフラットな道。
登山画像
ここは、清水平。
登山画像
約半分です。
登山画像
20分程度歩くと少し眺望が有ります。
登山画像
駒鳥池。後一時間で、千枚小屋です。
登山画像
最後のカーブ。ここからの登りがつらいです。
登山画像
千枚小屋到着。
登山画像
千枚小屋で購入した、悪沢岳のピンバッチ。
登山画像
翌日の千枚小屋からの御来光。
登山画像
二日目の登山開始です。
登山画像
眺望が幻想的です。
登山画像
赤石岳が見えてきました。
登山画像
千枚岳までの登山道。
登山画像
千枚岳山頂。
登山画像
赤石岳、聖岳が見えています。
登山画像
先ずは、荒川三山。
登山画像
千枚岳からの下りの梯子。下った後からの撮影で…
登山画像
丸山への登り。
登山画像
振り返ると千枚岳越しの富士山。
登山画像
丸山が見えてきました。
登山画像
丸山山頂。
登山画像
丸山から東岳。
登山画像
東側(北?)のカール。
登山画像
悪沢(東)岳山頂。
登山画像
塩見、農鳥、北岳、間ノ岳、仙丈、甲斐駒まで全…
登山画像
悪沢(東)岳からの下り。焼岳の下り(上高地側)に…
登山画像
下から撮影。
登山画像
コルから中岳へ続く尾根。
登山画像
中岳山頂か?少し違って、避難小屋。
登山画像
南を振り返ります。
登山画像
中岳避難小屋。
登山画像
中岳山頂。
登山画像
前岳との分岐。左に行くと荒川小屋です。
登山画像
荒川小屋のトラバース。
登山画像
ザレタ道を下ります。
登山画像
小赤石岳に続く道。
登山画像
間にある鹿除けのゲート。
登山画像
ぽっつりと赤い屋根。荒川小屋です。
登山画像
水場。夕立が有るので涸れていませんが、少し茶…
登山画像
荒川小屋到着。ここではカキ氷が食べられますよ。
登山画像
小赤石岳に続く道。景色が変わらない?
登山画像
ここは大聖寺平。そのまんま。
登山画像
振り返って来た道を見ます。トラバースが綺麗に…
登山画像
小赤石岳にゆっくり登って行きます。日差しが強…
登山画像
小赤石岳側のカール。
登山画像
もう少しで小赤石岳。
登山画像
小赤石岳山頂。
登山画像
いきなり、赤石岳山頂。
登山画像
赤石岳避難小屋。有人です。この辺りの、避難小…
登山画像
赤石岳避難小屋で購入した、赤石岳ピンバッチ。
登山画像
百間平に続く登山道。
登山画像
結構なガレ場です。
登山画像
馬ノ背からの振り返り。
登山画像
百間平。平です。
登山画像
百間平の下り。結構下ります。
登山画像
やっと見えた、百間洞山の家。
登山画像
百間洞山の家に到着。ここには、山根が住んでい…
登山画像
三日目の登山開始。行き成り急登が始まります。
登山画像
大沢岳。
登山画像
中盛丸山。
登山画像
中盛丸山山頂。この辺りはピークが続くので、写…
登山画像
小兎岳に続く道。
登山画像
小兎岳山頂。
登山画像
兎岳。
登山画像
兎岳山頂。
登山画像
さあ、聖岳に向かいます。この景色を見て結構、…
登山画像
手前のピークから…
登山画像
聖兎のコル。奥に見えるのが聖岳。
登山画像
振り返って見た峰々。
登山画像
やっと到着、聖岳山頂。体が持ちました。
登山画像
聖岳からの下り。ガスっていてよかった。暑さが…
登山画像
小聖岳に続く尾根。
登山画像
小聖岳山頂。
登山画像
聖平小屋へ行くまでのお花畑。
登山画像
聖平小屋で購入した、聖岳のピンバッチ。
登山画像
四日目の下り。
登山画像
滑りそうな丸太橋。滑ります。
登山画像
如何にも滑りそうな、吊り橋。滑りません。
登山画像
この前で、カメラのバッテリーが切れたので、こ…
登山画像
白樺荘でお風呂とビールで〆。
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、シュラフ、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ambit_hiroさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ambit_hiro さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2019年6月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的! 今回のモニター企画で最後を飾るのは、暑い大野山でも背中の汗が気にならなかったという、O.N.さんのレポートです!
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
NEW 登山中の飲料に関するアンケート
登山中の飲料に関するアンケート みなさんは山で何を飲んでいますか? 飲料に関するアンケートにご協力ください。抽選で5名様にプレゼントあり!