登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
八ヶ岳開山前夜祭(オーレン祭)と赤岳・横岳・硫黄岳 赤岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

山野けいすけ さん
  • 日程

    2017年6月3日(土)~2017年6月4日(日)

  • 利用した登山口

    桜平  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:マップコード【218 625 735】 桜平第二駐車場までは雪ありませんでした。
    「夏沢鉱泉」「唐沢鉱泉」(唐沢鉱泉、桜平分岐看板あり)等で検索していくといいと思います。
    ファイナルコンビニは下道の場合25キロ前の交番の隣にあるセブン。大きく山側に曲がる直前にあるので判りやすいと思います。

  • 天候

    1日目:曇り 2日目:晴れ時々ガス
    [2017年06月03日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
桜平(06:53)・・・夏沢鉱泉[休憩 1分](07:12)・・・オーレン小屋[休憩 30分](07:45)・・・赤岩ノ頭[休憩 5分](09:06)・・・赤岳鉱泉[休憩 2分](10:03)・・・赤岳鉱泉・・・赤岩ノ頭[休憩 15分](11:06)・・・オーレン小屋(12:01)

【2日目】
オーレン小屋(05:31)・・・夏沢峠(05:50)・・・硫黄岳[休憩 3分](06:30)・・・大ダルミ・・・横岳[休憩 3分](07:17)・・・赤岳天望荘[休憩 1分](08:03)・・・赤岳[休憩 5分](08:30)・・・赤岳天望荘(09:04)・・・横岳(09:52)・・・大ダルミ・・・硫黄岳(10:35)・・・夏沢峠(11:07)・・・オーレン小屋[休憩 20分](11:20)・・・夏沢鉱泉[休憩 1分](12:03)・・・桜平(12:17)

水平移動距離 約23.3km 積算標高差 上り:約2,866m
下り:約2,866m
コースタイム 標準:955分
自己:628分
コースタイム倍率 0.66
今回はオーレン小屋にて行われる八ヶ岳開山祭の前夜祭(オーレン祭)と、赤岳で正午から行われる開山祭を目指し参加してきました。
オーレン小屋から赤岳までのルートは、3/25に硫黄岳、5/3に横岳越えて赤岳展望莊手前で敗退したっきりで実際に踏破したことが無かった為に。強風や渋滞時のエスケープルートとして、初日は赤岩の頭経由「赤岳鉱泉」まで偵察に行くことにしました。
2日目は朝イチパターンでオーレン小屋を出発し、硫黄岳・横岳経由で赤岳に早めに到着して。エア座布団とビビィサックを準備していたので正午まで赤岳で休憩して、正午からの開山祭に参加。13時過ぎに終了してベースタイム通りだと17時下山と言う山を舐めるなパターンで登山届を出していました。(結局開山祭省略の赤岳ピストンで12時半下山にしましたが)
ちなみに登山ポストは夏沢鉱泉の「桜平登山口」ポストと、単独行の時間キツキツ予定だったのでオーレン小屋に直接預かって貰って行って来ました。

   ********************************

【6月3日(土)】
朝4時頃到着。
桜平ゲートに一番近い駐車場に行くと、「桜平(上)」駐車場と新たに書いてありました。上・中・下の方が、確かに判りやすいですね。ただ、ギリギリ1台停められるかどうかだったので、安眠したかったので「桜平(中)第二駐車場」にて仮眠。
この時点で3割埋まっていましたが、やはり次々と車が入りがやがやしていていたので結局ゆっくり寝られなくて0630頃に出発しました。既に桜平(中)第二駐車場は満車でしたが、でもこの時間でも上駐車場に突撃して引き返してくる車が道中2台ほどありました(苦笑)
いつもの通り夏沢鉱泉で登山届提出後、0750頃にオーレン小屋に到着。早い時間でしたが、ご厚意でチェックインと荷物預かりして頂きました。

「赤岩の頭」までは残雪多く、冬季は道迷い注意との表記のあるルートですが今の時期なら問題は無かったです。アイゼンも付けるほどではありませんが、膝上までの踏み抜き跡が二か所程ありましたので、ペースが上げられずにいました。
「赤岩の頭」からは風強く、事前の予報でも翌日荒れそうな感じだったので少し心配になりました。しかし景色は二重丸、翌日の赤岳が楽しみになりました。「赤岳鉱泉」まではだらだらとしたつづら折りで、凍結箇所は2か所位。やはりアイゼンはこの時期は不要でした。
赤岳鉱泉で写真を撮ったらピストンでオーレン小屋へ。峰の松目方面や、硫黄岳方面まで足を伸ばすか迷いましたが、結局駐車場でまともに寝られなかったのと、一番風呂入りたいと思っていたので、赤岩の頭で軽食を食べて12時にオーレン小屋着。
寝床を整え少し休憩した後に無事一番風呂を頂き、16時まで仮眠しました。

   ********************************

【オーレン祭】
第63回八ヶ岳開山祭前夜祭、兼第22回オーレン小屋祭りの「オーレン祭」
4年前に参加したのが私の初山小屋泊だったのですが、ここが基準になってしまったのはある意味不幸だったのかもしれませんw(そもそもお風呂入れる小屋なんてごく少数ですしね・・・)
やはり圧倒されるのは、地酒の数と鯉の甘露煮に山菜。これだけで長野の味覚が味わえるのが嬉しいです♪ ちなみにいつもは晩酌しないで、周りの人に薦められべろべろになって、血中アルコール濃度を落とすために水をナルゲンボトル4杯分飲んでました(苦笑)
本当は写真撮りたかったですが体が動かなくて撮れませんでしたが、「オーレン小屋」銘のオリジナル酒やその派生のお酒も呑んでみたかったです・・・。
途中のじゃんけん大会では、ネパールお土産の『ノースフェイスのダウンベスト』が当たりました。これは嬉しい♪ ちなみに最後の超豪華景品じゃんけん(モンベルのザック)の時にトイレ行っていて、最終戦は不戦敗でしたorz
二部のギターの夕べも、大盛り上がりで。正直、山の歌判らない人周りにも多かったですが。いつのまにかオールスタンディングで肩を並べて調子を取ったり、判る歌だけでも歌ったりして楽しみました。

   ********************************

【6月4日(日)】
0515に朝食を提供してくれたので、0530にすぱっと出発。
ヒュッテ夏沢に至る道もそこそこに残雪がありますがアイゼンを付けるほどでもなく通過。硫黄岳までが激風で、キャプリーン4とR1フーディ(フリースジャケット)をしてインナーグローブ(のみ)をしているにも関わらず朝の寒さもプラスされて凍える。
大岩の所でウインドブレイカーと防水手袋を着用しましたが、1日の行程で一番寒くて激風なのはそこでした(苦笑) ちなみにここで外人さんに、「(西側の山指さして)あれはなんて山ですか?」と聞かれましたが、「赤岩の頭!」とウソ教えちゃいました・・・。
赤岩の頭から硫黄だけは登りのみなので、『峰の松目』ですね。ごめんなさいorz

渋滞も怖いので、爆裂火口もほどほどに横岳へ。
横岳以降は、冬季とはルートが大幅に変わっていたので少し戸惑いましたが、段々と色々なお花が見つかりテンションが上がりました。
冬季に降りた後に怖くなり涙目敗走したポイントも何枚も激写、無雪期でもクサリを使いたくなる長い斜面でした。赤岳直下にツルツルになっている場所があり、そこのみ気を付けましたが、基本的に今回は軽アイゼンも取り出さない山行となりました。

一応ビバーク装備(?)は持って行ったのですが、8時台で赤岳がこの混み様で、道中の渋滞を考えると。正午の開山祭を待って帰ると確実に渋滞で日が暮れると思いピストンで帰宅しました。
赤岳からの下りのツルツルポイントで、週刊ヤマケイ(ってメルマガがあるんですね)のスタッフさんと遭遇。その時撮った写真が仮に掲載されていた場合、山ガールの背後に靴だけ映ってるだろうのが私ですw

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

山野けいすけさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 硫黄岳山荘~硫黄岳・横岳
    硫黄岳山荘
    先週末に15~20cmの降雪ありました。しばらく先までまとまった降雪の予報はありません。ほとんどのルートにトレース、もしくはトレースの痕跡があります。
    18年02月17日(土)
    高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    今朝の気温は-16℃、天気は快晴です。明日から崩れる予報あり。防寒対策をしっかりと
    18年02月09日(金)
  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    本日は快晴で気温も高いです。休日の駐車場は混雑しますので、乗り合わせか公共交通機関の利用も検討を
    18年02月09日(金)
    北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    積雪は平均100㎝、吹き溜まり200㎝以上。例年よりもやや少ない。トレースが無い、天気が良くなければ歩けないという方は、雪山経験豊富な知人と同行のこと。
    18年01月31日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

山野けいすけ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2018年2月24日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「洗えるビデオカメラ」に高画質4Kモデルが登場!
「洗えるビデオカメラ」に高画質4Kモデルが登場! 【モニタープレゼント企画】防水・防塵・耐衝撃・耐低温が魅力のJVC「エブリオR」に、4K対応モデルのGZ-RY980が登...
NEW 『山と溪谷』誌面連動 歩き方講習会 開催!
『山と溪谷』誌面連動 歩き方講習会 開催! 『山と溪谷』3月号と連動の「膝を痛めない、疲れない歩き方講座」。3月に机上・実践の計3回開催。詳細はこちらから
NEW 雪・氷の登山道でゲイター付きブーツを試す
雪・氷の登山道でゲイター付きブーツを試す 山岳ライター・高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はスカルパのゲイター付きブーツを、長野県・御座山でチェック!
NEW 紅葉写真コンテスト2017 受賞作品発表
紅葉写真コンテスト2017 受賞作品発表 紅葉写真コンテスト2017に沢山のご応募をありがとうございました。361枚の写真から受賞作品が決定!!
NEW 梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
雪がたっぷりな今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪がたっぷりな今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
2018年の干支、犬に関連する山に登ろう!
2018年の干支、犬に関連する山に登ろう! 年が開けるごとに話題となる年号に関する山。今年は干支んお「犬」に注目。犬に関連する山に登る登山計画を今から考えておこう!
雪山入門に適した奥多摩の山々
雪山入門に適した奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、雪山デビューに最適。東京に雪が降った日は奥多摩を目指せ!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
雪が降ったあとは高尾山で雪遊び!
雪が降ったあとは高尾山で雪遊び! 都民の憩いの場の高尾山は、冬でも活気に溢れています! 雪が降った後は、雪山登山を楽しめるかも!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報