このエントリーをはてなブックマークに追加

夏空に広がる展望と趣ある秘湯を楽しむ山旅。那須岳を縦走して、温泉を堪能する2日間

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2020年08月11日

夏に“いい山”は、何もアルプスの山々ばかりではない。栃木県と福島県の県境にそびえる那須連山は、夏らしい爽快な展望が味わえるうえに、登山中や下山後の温泉が楽しめる、夏に行くにも相応しい山と言える場所だ。

 

「夏山」と聞くと、多くの人が思い浮かべるのは標高3000m前後の山々が連なる日本アルプスでしょう。しかし、もう少し標高が低くても、夏山気分を堪能できる山は少なくありません。その中でも私が好きなのは、栃木県の那須岳です。

手軽に取り付ける茶臼岳のみが登られることが多いですが、その奥には、朝日岳、三本槍岳と魅力的な山が連なっています。なお、那須岳というのはこれらピークの総称で、那須連山とも呼ばれています。

那須岳はアクセスが良いので、健脚であれば日帰りでも縦走できますが、1泊2日で無理なく3つのピークを縦走するのがオススメです。山中で宿泊する三斗小屋温泉の秘湯の趣きがある、雰囲気の良い宿を堪能するプランです。さらに下山場所にも快適な温泉があるので、2日間で展望と温泉が満喫できる山旅を楽しめるでしょう。

今回は、ロープウェイ山頂駅から三斗小屋温泉で一泊し、朝日岳と三本槍岳と縦走したのちに下山し、北温泉、または那須湯本で温泉を堪能する山旅を紹介します。

熊見曽根の東側から見た茶臼岳(右)と朝日岳(左)


公共交通機関で那須岳登山をする場合、起点となるのは東北新幹線の那須塩原駅です。ここから路線バスに1時間乗車し、那須ロープウェイ山麓駅へ。続けてロープウェイに4分ほど乗車すれば、スタート地点となる山頂駅に到着。ここから那須岳登山の縦走登山の始まりです。

モデルコース:三斗小屋温泉泊、那須連山縦走

行程:

【1日目】山頂駅・・・茶臼岳・・・峰ノ茶屋跡・・・沼原・姥ヶ平分岐・・・三斗小屋温泉(泊)

【2日目】三斗小屋温泉・・・隠居倉・・・熊見曽根分岐・・・朝日岳分岐・・・朝日岳・・・朝日岳分岐・・・熊見曽根分岐・・・清水平・・・中ノ大倉尾根分岐・・・三本槍岳・・・中ノ大倉尾根分岐・・・ロープウェイ遊歩道北分岐・・・北温泉・・・弁天温泉

⇒コースタイム付き登山地図を見る

 

温泉と夏空を満喫する那須連山縦走

山頂駅から始まる、なだらかで広い登山道は、すぐに岩混じりの急登に変わり、やがて正面に古い噴火口跡のお鉢が見えるT字路となります。そこから左に進んだ鳥居の先が、360度を見渡す茶臼岳の頂上です。

標高差約290mを4分で登る那須ロープウェイ(左)と、茶臼岳へ向かう登山道の様子(右)


展望を楽しんだら、那須岳神社の祠の脇を通ってお鉢巡りの道へ。富士山の巨大なお鉢とは違い、コンパクトですぐに1周できるものの景色は最高です。登ってきた道に合流するやや手前で、引き返すように左下へと進めば、正面に荒々しい山容の朝日岳が近づいてきます。途中で振り返ると、茶臼岳の中腹から蒸気が吹き出す様子も観察できるでしょう。

茶臼岳から見た朝日岳。左手前に見えるのが峰ノ茶屋跡避難小屋

峰ノ茶屋跡避難小屋が建つ鞍部からは、朝日岳には向かわずに左の道へ。樹林帯まで下って那須岳避難小屋の前を過ぎ、途中の延命水で喉を潤しつつ進むと、唐突に大きな建物が現れます。これが三斗小屋温泉です。道を挟んだ右が煙草屋旅館で、左が大黒屋。初日はこのどちらかに、宿泊します。夏の夕暮れに、この山のいで湯で過ごす時間は爽快です。

左に大黒屋、右に煙草屋の2つの旅館が並ぶ三斗小屋温泉(左)。山々を見渡す煙草屋旅館の露天風呂(右)


翌日は煙草屋旅館の玄関前を通り、モクモクと水蒸気が湧き上がる源泉地を間近に見て隠居倉へ。さらに進んだ三叉路の熊見曽根から、まずは朝日岳をピストンしましょう。15分ほどで到着する頂上から見る茶臼岳は、火山らしさを感じる雄大な姿です。

朝日岳頂上から見た茶臼岳の堂々とした山容


朝日岳山頂からは熊見曽根に引き返し、清水平に向かいます。木道の設置された清水平を過ぎ、北温泉分岐から、こんどは那須岳最高峰となる三本槍岳をピストン。この頂上は本当は東北の山々を一望する絶景スポットなのですが、私の経験では、夏のお昼近くは雲が湧き上がって何も見えないことがほとんどです。

北温泉分岐まで引き返したら、東に伸びる中ノ大倉尾根へ。金網の張られた道を慎重に下り、スキー場の手前を右に進んで川を渡れば、北温泉前に下山です。

ここでははやり、湯治場の雰囲気を残すこの北温泉での入浴がお勧めです。天狗の湯や河原の湯といった、雰囲気の良いお湯が楽しめるほか、展示されている古い道具などもとても興味深いものです。ただし入浴後は、バス停まで25分ほど車道を登ることになります。

もう一つのお勧めは、先にバスに乗り、那須湯本まで移動すること。日帰り温泉の鹿の湯で入浴できますし、那須塩原駅に向かうバスの便も多いので、時間に余裕が持てます。

天狗の面が興味深い、北温泉の天狗の湯(左)。那須湯本の情緒ある日帰り温泉、鹿の湯(右)


紹介したコースに際立った危険はなのですが、夏に注意したいのは雷です。特に熊見曽根付近は、遮るものがありません。もし雷鳴が聞こえた場合は、速やかにエスケープしたほうが安全です。

また茶臼岳は、火山ガスを盛んに噴出している活火山であるということも、念のため留意しておきましょう。

 

日本の山 記録・ルポ
教えてくれた人

木元康晴

1966年、秋田県出身。東京都山岳連盟海外委員、日本山岳ガイド協会認定登山ガイド(ステージⅢ)。2009年から登山ガイドの仕事を始め、2011年から『山と溪谷』『ワンダーフォーゲル』『岳人』などで数多くの記事を執筆。
ヤマケイ登山学校『山のリスクマネジメント』では監修を担当。著書に『IT時代の山岳遭難』、『山のABC 山の安全管理術』、『関東百名山』(共著)など。

 ⇒ホームページ

同じテーマの記事
富士山、南アルプス、駿河湾、伊豆半島――。大パノラマが広がる焼津アルプス・満観峰
静岡県の太平洋に面した山は、冬でも温暖で冬枯れの季節でも山歩きは心地が良い。焼津市の背後に連なる、通称・焼津アルプスの稜線に立つと、富士山や南アルプス、そして駿河湾の展望が気持ちよく、また東海道の歴史を感じながら歩くことができる。
都心から約1時間、最古の一等三角点・鳶尾山。かつての山伏修行の修験場・八菅山。そして水田が広がる尾山耕地へ
遠出しにくい社会環境の中でも、心身の健康を維持するためにも、山歩きを楽しみたいもの。遠くの「いい山」を目指さなくても、少し足を伸ばすだけで、素晴らしい自然や景色を堪能できるもの。その1つに神奈川県の鳶尾山(とびおさん)がある。
富士山、南アルプス、大井川――。駅から歩いて、静岡県らしい雰囲気と展望と味わえる八高山。
空気が澄んでいて、素晴らしい眺望を楽しめる時期。静岡県の八高山は、標高は低めながら、富士山や南アルプスの眺望、眼下に流れる大井川、遠く遠州灘を望める。お茶の木に囲まれた登山道を歩いて、静岡県ならではの展望を味わってみたい。
栃木県那須塩原スッカン沢で青みがかった氷瀑群のみごとな氷の造形を楽しむ
無雪期には新緑や紅葉が美しいスッカン沢。厳冬期には美しい氷瀑が連なる雪と氷の回廊となります。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年3月4日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...