このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな村の、小さな祭り|北信州飯山の暮らし

ずくなし暮らし 北信州の山辺から
その他 2020年08月15日

日本有数の豪雪地域、長野県飯山市へ移住した写真家・星野さん。里から森と山を行き来する日々の暮らしを綴ります。第7回は、村のお祭りについて。

文・写真=星野秀樹

 

 

盆を過ぎると祭りだ。
月末の祭礼に向けて、毎晩公民館に集まって神楽の練習が始まる。
笛、太鼓、子供たちの舞、獅子。

移住してきた最初の夏、「じゃあ、星野さんは笛ね」と言って篠笛を手渡されて以来、僕の山道具に笛が加わった。せっかく与えてもらった自分の役目、なんとかできる範囲ででも演奏できるようになりたくて、撮影で山に入るたびにこっそり笛を吹いた。もしも黒部とか雲ノ平とかで、怪しげな笛の音を聞いた人がいたとすれば、それは山賊とか河童の仕業ではなく、僕が練習する情けない笛音だったかもしれない。
そもそも数多い演目のメロディーがわからない。何度聞いても全部同じに聞こえて、ピーヒャラとか、プーピーとかにしか聞こえない。楽譜もない。だいたい篠笛なんて、いったいどうやって音を出したらいいの?
しかし、いつもは呑んだくれて馬鹿話に興じる村の面々が、ひとたび笛を構え、太鼓に向かい、獅子の面を被り、舞に臨むと、びっくりするようなアーティスト集団へと変貌する。
はっきり言って、カッコいい。

祭りの一番の見所は若手、青年による「剣の舞」だ。明治時代に上越の安塚地区からここ羽広山集落に伝えられ、後に周辺の集落に広まったとされる。勇壮果敢でありながら、どこかしら妖艶さをも感じさせる舞だ。昨年は逆に、この舞が途絶えてしまった上越の集落から、舞の継承のために保存会の人たちが見学にやってきた。このような関田山脈を挟んでの信越の親交関係は古くから伝えられる話だが、昔、祭りを見にきた上越の娘さんが、勇ましい獅子の舞い手に一目惚れをして、この村へ嫁いできたという事例も実際にあると聞く。

 

 

2日間に渡って行われる祭礼の1日目は舞や獅子舞などの神楽を、2日目は神主を招いての神事と直会を行う。初日の午前中は会場準備、夜の9時に公民館で神楽が始まる。すでにだいたいみんな酔っ払っている。そりゃ祭りだから。子供たちの舞と、獅子舞が披露された後、お囃子にのって、みんなで村中を練り歩く。御神酒を飲りながら吹く僕の笛は、なおいっそう怪しく、しかし酔えば酔うほど調子に乗って…。
村を一巡りしてお宮へ。そこで天狗の舞と獅子舞が始まる。いよいよ調子に乗って笛を吹き鳴らしていると、それは違う曲だ、と言って怒られる。だって似ているし…。やがて松明片手に舞っていた天狗が注連縄を断ち切ると、一連の天狗と獅子の舞が終わる。
以降は舞台を境内と御堂に移して、さらに舞が続く。子供たちの舞、獅子舞。住人100人足らずの村で、よくもまあこれだけの演目を、と思う。笛と獅子を兼ねたりして、人によっては何役もこなしたりする。境内に店を出す露店はおでん屋と唐揚げ屋の2軒だけだ。これだって、先週隣の温井の祭りに出かけて行き、直々に出店の依頼をしてきたお店だ。そんな小さな村の、小さな祭り。

そのトリに行われるのが、「剣の舞」だ。
深夜の山間に流れる緩急変化に溢れるリズム。古く小さな御堂で、激しく静かに舞い踊る3人の姿。
ただ見るのではなく、自分自身が参加することで、この村の仲間たちと過ごす時間のありがたさがひしひしと湧いてくる。村の、祭りの一員として、今僕はここにいる。
そんな「おらほの」祭りの余韻が、酒の酔いとともに、いつまでも僕の中から離れない。

この土地では、お盆を過ぎると急に寒さを感じ出す。
祭りの後、囃子を口ずさみながら、ぶらりぶらりと千鳥足で家まで帰る夜道が、なんとも寒々しく感じる。
確実に夏が終わって秋の到来を、来たる雪の季節を意識せざるを得ないのが、祭りの後の寂しさである。

 

 

●次回は9月中旬更新予定です。

星野秀樹

写真家。1968年、福島県生まれ。同志社山岳同好会で本格的に登山を始め、ヒマラヤや天山山脈遠征を経験。映像制作プロダクションを経てフリーランスの写真家として活動している。現在長野県飯山市在住。著書に『アルペンガイド 剱・立山連峰』『剱人』『雪山放浪記』『上越・信越 国境山脈』(山と溪谷社)などがある。

歴史・文化
同じテーマの記事
白い、凶暴な森|北信州飯山の暮らし
日本有数の豪雪地域、長野県飯山市へ移住した写真家・星野さん。里から森と山を行き来する日々の暮らしを綴ります。第13回は、冬の厳しい森について。
雪国の火祭り|北信州飯山の暮らし
日本有数の豪雪地域、長野県飯山市へ移住した写真家・星野さん。里から森と山を行き来する日々の暮らしを綴ります。第12回は、小正月に行われる道祖神祭りについて
根雪になる頃|北信州飯山の暮らし
日本有数の豪雪地域、長野県飯山市へ移住した写真家・星野さん。里から森と山を行き来する日々の暮らしを綴ります。第11回は、雪の季節を前にした複雑な心情について。
集めて、切って、乾かして―――薪を備える|北信州飯山の暮らし
日本有数の豪雪地域、長野県飯山市へ移住した写真家・星野さん。里から森と山を行き来する日々の暮らしを綴ります。第10回は、冬支度の一つ、薪の話。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年3月9日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。