このエントリーをはてなブックマークに追加

冬に食べる、長瀞「阿左美冷蔵」のかき氷が好きだ。春前に、花見登山とかき氷

下山メシのよろこび
たしなみ 2021年02月19日

下山後に味わいたい粋なごはんを紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシのよろこび」。今回は長瀞駅徒歩4分、行列ができるほど人気の「かき氷」専門店へ。


奥武蔵登山の起点となるのが、西武池袋線の飯能駅。

ハイキングの講座などで毎年のように訪れているのが宝登山。山頂一帯に梅園が整備されていて、1月から2月上旬ごろまではロウバイ、2月から3月にかけては紅白の梅を愛でることができる。見頃を迎えた梅は山の斜面を覆うように咲き、陽光で空気が温められると一帯がふんわりと梅の匂いに包まれる。

宝登山はロープウェイで山頂近くまでアクセスできるので、梅林にはハイカーだけでなく観光客も多い。どの人も山上の梅林の風景を楽しんでいる。

ロウバイが満開の宝登山山頂

ロウバイが満開の宝登山山頂。秩父の町並みの裏手には武甲山の山容(ぴょんさんの登山記録より)
ロウバイが満開の宝山山頂。
秩父の町並みの裏手には武甲山の山容
ぴょんさんの登山記録より)

 

ロープウェイで山を下り、「今日はかき氷…」とつぶやきながら、秩父鉄道の長瀞駅に向かう。

荒川ライン下りで知られる秩父・長瀞町の名産品のひとつが氷。夏は暑く冬は寒い盆地の気候を生かし、天然氷がつくられている。長瀞駅の周辺にはかき氷を出す店が点在するが、なかでも人気が高いのが阿左美冷蔵だ。創業明治23年の製氷業者が営むかき氷の専門店。自家製のみつやあん、季節の素材を使ったかき氷が味わえる。本店は皆野町金崎にあるが、宝登山ロープウェイの山麓駅から長瀞駅に向かう道の途中に宝登山道店がある。


阿左美冷蔵 阿左美冷蔵の店内

かき氷のイラストがかわいい看板。店内には大きな天然氷を切り出している写真が飾られている。
かき氷のイラストがかわいい看板。
店内には大きな天然氷を切り出している
写真が飾られている。

え、かき氷? 冬なのに?

多くの人がそう思うだろう。でも、私は冬にこの店で食べるかき氷が好きだ。

旬の素材を使ったかき氷は、その季節にしか味わえない。え、それがシロップになるの?と思うような素材もあり、メニューを見るのが楽しみなのだ。初めて訪れたのはもう10年以上前、ロウバイを見た帰りだった。そのときはさつまいもと黒みつのかき氷を味わった。さつまいもがかき氷のシロップになるのかと驚きつつも、さつまいもの甘みや食感を生かしたシロップとフワフワの氷を口にしてニヤニヤしてしまったのを思い出す。

テレビなどでもよく紹介される人気店ゆえに、真夏は大行列。かなり覚悟をして列に並ばなくてはならない。しかし冬なら、梅の花見に訪れる観光客が多くても比較的短時間の待ちでお店に入ることができる。暖かい店内でぬくぬくしながら味わうかき氷は、おいしく、心地よい。


阿左美冷蔵のかき氷

期間限定で季節ごとのメニューも扱う。こちらは柚子と柿のかき氷。
期間限定で季節ごとのメニューも扱う。
こちらは柚子と柿のかき氷。

昨年の冬、宝登山で梅を楽しんだ帰りに久しぶりに立ち寄った。季節ものを味わおうと、柚子と柿のかき氷を注文した。甘過ぎない、素材の風味が生きているみつ。柿はとろっとした濃厚な味わい、柚子は香りがいい。かき氷で秋や冬の味覚を味わうなんておもしろいなあ。

同行者は「氷室のしずく餅」という和菓子を味わっていた。秘伝のみつを使ったやわらかい餅にきなこをかけていただく。これもまたおいしそうだった。


阿左美冷蔵「氷室のしずく餅」

和菓子「氷室のしずく餅」は、名前の通りしずくのような透明感。
和菓子「氷室のしずく餅」は、
名前の通りしずくのような透明感。

今年は初心に帰って秘伝のみつのかき氷をいただいた。抹茶あん 黒みつ付き。 京都の和三盆を使った秘伝のみつと黒みつが別添えで供される。うっすら黄色いみつを少しかけて、サクサクと氷をすくいながら味わう。ふんわりとした氷が口の中でふっと溶けていく。みつのやさしい甘みが口に広がる。幸せな気持ちになってニヤニヤしてしまう。コクのある黒みつと抹茶あんの相性もいい。夢中で食べ進めてしまう。


阿左美冷蔵のかき氷

並んででも食べたいと人気のかき氷。高さは20㎝ほどありそうだ。
並んででも食べたいと人気のかき氷。
高さは20㎝ほどありそうだ。

氷を食べ終わり、最後に熱いお茶をいただいてごちそうさま。 また来年の冬に来よう。いや今度は長瀞の桜並木を目当てに来てもいいな。そのときはどんな味のかき氷を味わえるだろう。


阿左美冷蔵 宝登山道店

秩父を代表するかき氷の専門店。フワフワのかき氷は口あたりがよくまろやか。秘伝のみつをはじめ、季節の素材をいかしたシロップのかき氷が人気だ。

住所:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞781-4
電話:0494-66-1885
HP:http://asamireizou.blog.jp/

※新型コロナウイルス感染予防対策の関係で、休業あるいは営業時間・形態等に変更がある場合があります。ホームページより最新情報をご確認のうえ、お出かけください。

 

日本の山 料理・食料
教えてくれた人

西野 淑子(登山ガイド・フリーライター)

初心者向け登山ガイドブックや山岳雑誌などで取材・執筆を行うフリーライターで、登山ガイドの資格を持つ。関東近郊を中心に低山歩きからアルパインクライミングまで楽しむオールラウンダー。気の会う仲間と山を歩き、下山後に美味しいものでお腹と心を満たすことに無上の喜びを感じている。

同じテーマの記事
うちはね、ラーメンもおいしいんですよ! 埼玉県飯能市の「そば處・長寿庵」で満足オムライス
下山後に味わいたい粋なごはんを紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシのよろこび」。今回は西武池袋線・飯能駅から歩いていけるメニューの豊富な!?おそば屋さんへ。
美味しいものでお腹がいっぱい、幸せいっぱい。青梅線沿線ハイキング帰りに「奥多摩釜めし」
下山後に味わいたい粋なごはんを紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシのよろこび」。今回は、途中下車をして、お野菜たくさん、ボリューム満点の釜飯をいただく。
日中は茶処として営業。御岳山の宿坊、幕末期・慶応2年に建てられた「東馬場」で下山スイーツを
下山後に味わいたい粋なごはんを紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシのよろこび」。今回は、御岳山の山上にある宿坊で下山スイーツをいただく。その建物は東京都の有形文化財にも指定されているとか…
下山メシのよろこび、初関西!すばらしい展望&カレーライスを六甲山「摩耶ビューテラス702」で
下山後に味わいたい粋なごはんを紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシのよろこび」。今回は、関西の山「六甲山」へ遠征だ。山旅らしく、あまり登山に時間をかけ過ぎず、素晴らしい景色とおいしいご飯をいただく。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2021年2月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 晴天率が高く、暮らしやすい長野県東部の佐久地域。その魅力と、移住者のインタビューを掲載。オンライン移住セミナーも開催!
NEW 断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】
断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】 高橋庄太郎さんのギア連載。断熱性が高く暖かい「ネオエアー Xサーモマックス」を雪のテント泊でテスト。その使い心地は?
NEW 雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート
雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート みなさんは雪山に行きますか? 雪崩に遭遇したことはありますか? 雪山登山経験者の方、アンケートにご協力をお願いします。
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
新連載「イマコレ」。今月のアイテムは?
新連載「イマコレ」。今月のアイテムは? 『山と溪谷』編集部員が「今これが気になっている」というちょっとニッチなアイテムをピックアックし、注目のポイントにクローズ...
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...