このエントリーをはてなブックマークに追加

「勝った・負けた」に一喜一憂しない! コースタイムについて考えてみよう

山の疑問・難問、山岳ガイドが答えます!
登山技術 2017年10月11日

登山地図や登山口の案内板などに記載されているコースタイム。この時間より早く歩けると何か嬉しい、遅れると何か悔しい――。そんな経験、誰もがしていると思われるが、そもそもコースタイムって何だろう?

 

コースタイムの考え方について教えてくしい!

質問:
私の山友達は、登山地図に記載されているコースタイムどおりに歩くことに強いコダワリを持っています。少しでも遅れると「次で取り返さなければ」と焦り始め、早く着くと「コースタイムに勝った」と余裕が出るようです。
私は、コースタイムより早いときもあれば遅いときもあると考えているのですが、どの程度コースタイムにこだわるべきなのでしょうか?

 

コースタイム=普通に歩いた多数派の行動時間

判るなぁ、「コースタイムより半分で登った。勝ったぁ!」の気分。逆にペースが遅いと「おい。コースタイムは1時間で書いてあるぞ。まだ半分も来てないじゃないか! さっさとしろよ。」とか、口には出さなくても密かに考えてしまうのは無理もないものです。

ところで、コースタイムとは何なのでしょうか? 国内で最も知られている登山用地図「山と高原地図(旧エアリアマップ)」を作成している昭文社が、登山地図の執筆依頼の際に要請するのは「通常の天候の下で、一般的な登山者が行動する実際の時間に若干の余裕を持たせた物、ただし、休憩時間は含まない」です。

うーん・・・、そうかぁ。

若干の余裕はあるけど休憩時間は含まないとは――、つまり、普通に(何が普通なのかはさておき)歩いた多数派の行動時間と考えれば良いようです。途中でコーヒーを沸かして飲んたり、花が咲いていたので腹ばいになって写真撮ったり、ななどという時間は入ってなくて当たり前と考えるべきです。

初心者や、自分なりの山の楽しみ方が確立していない登山者にとって、コースタイムはひとつの目安です。「オ~ッ、コースタイムの半分で登れたぞ!」と一喜一憂する初心者は、先の行程を考えたら、何もそんなにアクセク登らなくても良かったのでは? と考えてもいいかもしれません。

一方、一生懸命歩いたにも関わらずコースタイムの2倍も時間がかかってしまうような人は、その山が自分が挑むには少し厳しすぎた可能性があります。次に計画を立てる時には、「自分は、無理せずに登ると標準コースタイムの2倍はかかることがある・・・」と認識して、計画を調整する資料として使うことも可能です。遅れると「次で取り返さなくっちゃ」は山を楽しむ姿勢としてはちょっと残念です。

登山地図中のコースタイム(ヤマタイムより抜粋)。区間ごとに歩行時間の目安が記載されている。

 

時代とともにコースタイムも変わるのをご存じ?

ところで、コースタイムは時代や登山者の年齢の変化に対応しているって知っていますか? 一例を挙げると――、20年前の昭文社・山と高原地図の「奥多摩」では、東日原から横スズ尾根を通って一杯水までのコースタイムは「2時間」と記載されていました。

このコースタイムだと、比較的足が速いはずの筆者でも脇目もふらず、ため息もつかず登って、ようやく着くかつかないかの時間です。「厳しいなぁ」と思っていたら最近のものは2時間半に変わっていて、だいぶ実態に近づいたという印象です。これは、高校生や若手が主に歩いていた約20年前の時代と、中高年が主流となった今とでは、「実際にかかる時間に、若干の余裕を持たせた」時間が変わってきたものと考えられます。

一方で、最近少し気になるのが極端に時間のかかるパーティーの存在です。「安全のため」にゆっくり歩いているからなのしょうか?  ちょっと考えられないほど時間のかかっているパーティを見かけます。

例えば、先日はこんなことがありました。甲武信ヶ岳から西沢渓谷入口まで降りる「徳ちゃん新道」で、下山に決定的なトラブルがあったわけではないのに10時間以上かかったパーティーがいました。通常は時間がかかっても4時間程度のコース(※ヤマタイムのコースタイムでは3時間50~55分)。

仮に、登山道の整備状況が良いとは言えないコース――、例えば流水に道が遮られていたり、道の片側が切り立っていて危険だったりするコース――、であっても一般登山道でコースタイムの何倍もかかるのは計画そのものに無理があったのではないか? と疑うべきです。

コースタイムは「あくまで目安」と考えるべきでしょう。早くても奢らずに、極端に遅かった場合は今後の計画を見直す、そんな風に使えば良いと思います。

教えてくれた人

山田 哲哉

1954年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。 著書に『奥多摩、山、谷、峠そして人』『縦走登山』(山と溪谷社)、『山は真剣勝負』(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」
 ⇒質問・お悩みはこちらから

同じテーマの記事
晩秋から冬の雲取山の楽しみ方。鴨沢コースで頻発した滑落事故から、雲取山登山のあり方を考える
首都圏の登山者に人気の日本百名山、雲取山は、鴨沢コース利用で往復9時間。雲取山を日帰りする登山者が増えているが、標高差は1500mもあり、秋には下山時の滑落事故も頻発している。これらの事故の原因を探り、晩秋から冬の雲取山の楽しみ方について考える。
山岳ガイド山田哲哉さんに聞く、登山道具論
長年、登山を続けている山岳ガイドの山田哲哉さんに、仕事道具でもある登山道具について自身の考えを聞いた。
ネットでみかける“スゴイ”登山記録。あなたは、どう感じますか?
これから登山を再開しようとしている“リツさん”は、登山のコミュニティサイトで危険を感じる登山記録を見て、もやもやしたそう。そんな“リツさん”へ、山岳ガイドの山田さんから言葉をもらった。
季節は梅雨真っ最中。ゆっくり山に復帰する登山者へ、奥秩父の山を勧めよう
都道府県をまたぐ移動の自粛も緩和される方向という情報を受け、山岳ガイドの山田哲哉さんから「登山再開時に奥秩父の登山を提案したい!」と連絡をいただいた。では、ぜひ! ということで、山田さんの大好きな山域である奥秩父の魅力を紹介してもらった。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月28日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!