このエントリーをはてなブックマークに追加

すばやく濾過できる「プレス式」浄水ボトルを西表島の山でテスト! グレイル/UL.ウォーターピュリファイヤーボトル

高橋庄太郎の山MONO語り

今月のPICK UP GRAYL(グレイル)/UL.ウォーターピュリファイヤーボトル[GRAYL]

価格: 6,980円+税
容量: 473ml
容量: 309g

メーカーサイトへ >>
※ブルーのボトルは7月入荷予定

日本の山の水環境の変化から、浄水器への意識は高まっている

日本の山には水場が多く、その大半は安全に飲める水だ。とくに役所の水質調査が入っている山小屋やキャンプ指定地の水は心おきなく利用できる。しかし近年は水場近くをトイレ代わりに使う人や、頭数の増加が著しいシカのフンなどで汚染された水場を見ることも珍しくはない。また、人間の肝臓を犯すエキノコックスという寄生虫の害の心配がある北海道では基本的には生水を飲むことはできない。そんなこともあって、最近は浄水器への意識がますます高まっているようだ。

山中で使う浄水器の最大のポイントは、「フィルター」である。汚染されている可能性がある水を、どのような方法でフィルターに通し、きれいな水にするか? その方法にはいくつかあるが、メジャーなのはポンプ式と吊り下げ式だ。前者は手動で高めたポンプ内の圧力でフィルターに水を誘導するシステムで、後者は高低差をつけた2つの水筒をチューブで連結し、そのあいだのフィルターへ重力によって水を流し込むシステムである。またボトル式もあり、飲み口の先には小型フィルターがつけられ、ボトル内の水を自分で吸い込むことによって浄水される仕組みだ。

今回、僕が沖縄県の西表島に持ち込んだのは、アメリカのグレイルというメーカーの「UL.ウォーターピュリファイヤーボトル」。これは2重になったボトルのあいだにフィルターを収めた浄水カートリッジを配したユニークなシステムで、「ボトル」という名称は入っているが、じつは「ポンプ式の亜種」ともいえる存在だ。僕は昨年の夏から使い始めていた製品だが、新色のブルーが登場するタイミングで、改めてテストを行なうことにした。

世界自然遺産登録を狙っている西表島では、人家の多くは海岸線近くにあり、内陸部の川が人間によって汚染されている可能性は少ない。だがイノシシが非常に多い土地柄だけあり、上流部では彼らが体を泥にこすりつけて寄生虫などを落とすヌタ場をよく見かける。そこから流れ出た水には糞尿も交じり込み、病原菌が含まれている恐れもある。

今回目指すのは島内第2の標高をもつテドウ山(標高441m)だ。登山口には川が流れており、早速ここで浄水器を使って飲料水を確保することもできるが、まずは歩き始める。途中の分岐からいったんピナイサーラという滝の上に立ち寄り、そこで飲料水を補給するつもりだった。

テドウ山で、浄水ボトルの仕様をチェック

UL.ウォーターピュリファイヤーボトルは、バックパックのサイドポケットへきれいに収まるサイズ感で、一見ではこれが浄水器だとは思えないルックスだ。ちょっと細長い容量1L弱の飲料水ボトルといったところだが、浄水カートリッジ部分などには水を収められないので、実際の容量はその半分程度の473mlとなる。

上部のフタの部分はループ状になっており、このような状態で持ち運ぶときは小型カラビナなどで固定すると紛失の心配が減るはずだ。

沢から尾根に取りつき、テドウ山とピナイサーラの滝との分岐点から、僕は滝の上のテラスへ向かった。ピナイサーラの滝は観光ポイントでもあり、ガイドに連れられたハイカーがよく訪れる場所だが、この時間帯は誰もいなかった。

天気はいまひとつで、かなりの強風。滝の上に出ると風がもろに水が落ちていく崖にぶつかっており、吹き上げられた滝の水で滝上の岩場は雨が降ったときのように濡れている。だが、雨自体は降っていないのが幸いだ。

ここで改めてUL.ウォーターピュリファイヤーボトルを取り出す。左の写真は、アウターボトル(下)からインナープレス(上)を引き抜いた状態だ。右の写真はそこからさらに、インナープレスからフタと浄水カートリッジを取り外した様子である。

使用時に浄水カートリッジを取り外す必要はないのだが、今回は撮影のためにあえて分解してみている。

>>フィルター部分をもう少し詳しく…
料理・食料
教えてくれた人

高橋 庄太郎

宮城県仙台市出身。山岳・アウトドアライター。 山、海、川を旅し、山岳・アウトドア専門誌で執筆。特に好きなのは、ソロで行う長距離&長期間の山の縦走、海や川のカヤック・ツーリングなど。こだわりは「できるだけ日帰りではなく、一泊だけでもテントで眠る」。『山登りABC テント泊登山の基本』(山と溪谷社)、『トレッキング実践学 改訂版』(枻出版)ほか著書多数。

同じテーマの記事
体感気温-20℃の北横岳で、パタゴニアの防風・厚手ダウンジャケットをテスト!
高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回は、防水・防風性能を備えた厚手のダウンジャケット、パタゴニアの「プリモ・ダウン・ジャケット」を、体感気温-20℃の北横岳でテストしました
初冬の山梨県・乾徳山で、冬向けのソフトシェルパンツを試す
山岳・アウトドアライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月チェックしたのはマムートのソフトシェルパンツ。寒い季節に穿くのに適したパンツを、岩場もある乾徳山で試した。耐久性やストレッチ性はどうだったのか。
9月中旬、北海道・十勝岳で、細部が秀逸な最新シュラフ「ニーモ/ラムジー15」を試す!
高橋庄太郎氏が今回テストしたのは、ニーモの新型スリーピングバッグ「ラムジー15」。細部に便利な機能を搭載した寝袋の使い勝手を、秋の北海道・十勝岳で試したレポートをお届けする。
秋を迎えた北海道・十勝岳で、超軽量4シーズン対応テント「ゼログラム/エル・チャルテン2P」を試す! 
山岳・アウトドアライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回試したモノは、超軽量のテント「ゼログラム/エル・チャルテン2P」。9月の北海道・十勝岳、夜には雨も降り、テントのテストにはもってこいの環境。果たしてその評価は?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年2月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。