このエントリーをはてなブックマークに追加

僕らが300日世界一周トレッキングの旅に出るまで:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(1)

トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」
ガイド・記録 2018年05月07日

旅と組み合わせて気軽に楽しめる世界のトレイルを紹介する連載「世界のトレイルを巡る旅」。トレッキングをテーマに300日間で世界一周旅行をした山野夫婦が、訪れた五大陸50超のトレイルからおすすめの場所を振り返る。第一回目はプロローグとして、東京でバリバリ働いていた日々から一転、バックパッカーとなって夫婦で世界のトレイルを巡る旅に出るまでの経緯を語った。

トレイルトラベラーズ ヘッダー

 

旅の始まりは妻の一言

「楽しそう!行こうよ、今からでも行ってみようよ」。

旅のきっかけは妻のそんな一言だった。

結婚を前にして、僕ら夫婦はお互いの好きなことや嫌いなこと、小さい頃の話や育ってきた環境、どんなところで暮らしてきたかなど、他愛のない話をしていた。昔から旅が好きだった僕は、学生時代バックパックひとつで旅をしていて、その頃は社会人になって5年くらい働いたら、一度仕事を辞めて世界を見て回りたいなと思っていた。そんな話をした時に、先ほどの妻の一言が飛び出したのだ。僕らの「世界のトレイルを巡る旅」はこうして動き始めた。

当時僕は38歳、妻は31歳。それぞれ新卒で入った経営コンサルティング会社に勤め、平日は激務をこなし、休日は山にこもる生活をしていた。それはそれで充実した毎日だったけれど、どこかで何か引っかかるようなものがあった。それは、いつかやってみたいと思っていた夢が、心の奥底でひっそりと生き続けていたからかもしれない。妻の一言は、そんな僕の昔の夢を呼び覚ましてくれたのだった。

 

テーマは世界のトレイルを巡る旅

「ただ世界を見て回るだけでは面白くないよね。せっかくだから何かテーマを持った旅にしよう!」

山好きという共通点で仲良くなった僕ららしく、世界一周のテーマは、山歩き・トレッキングとなった。必ずしもピークは目指さず、山を歩くこと自体を楽しむというスタイル。本格的な訓練や装備が必要な難易度の高い登山ではなく、旅行と組み合わせて個人で気軽に楽しめる山、ルートが中心だ。

行ってみたい場所をリストアップし、歩くのに適した時期を調べ、大まかな旅程を決めた。北半球の夏、南半球の夏を意識し、西回りで、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、南北アメリカ、オセアニアを回ることにした。

旅の期間は300日間と決め、出発前に日本から最初の国へのチケットと、300日後の最後の国から日本へのチケットだけは手配した。終わりを意識することで、密度の濃い時間が過ごせるから。それ以外の細かい日程は旅をしながら決め、各国をつなぐ交通手段は都度手配していく。

旅行中の生活費予算は二人で1日1万円。食費・宿泊費・観光費・国内交通費がこの中に含まれる(国をまたぐ長距離交通費は別予算)。国によって物価は大きく違うが、全体を平均するとこれくらいが目標。学生バックパッカーの貧乏旅行ほどではないが、それなりに倹約した旅のスタイルとなる。

2016年4月13日。背中に僕は65リットル、妻は55リットルのメインザック、そして正面には25リットルのサブザッグを抱え、羽田空港から関西国際空港を経由しネパールに向けて飛び立った。

出発時に持っていった荷物2人分。300日の間に不要になって処分したり、買い足したりしながら厳選していった

出発時に持っていった荷物2人分。300日の間に不要になって処分したり、買い足したりしながら厳選していった

 

旅行と組み合わせて楽しめるトレッキング先を紹介

出発したのがちょうど2年前の4月。本連載では、実際の旅で訪れた時期に合わせて、僕らが歩いたアジア、ヨーロッパ、アフリカ、南北アメリカ、オセアニアの50超のトレイルからその一部を紹介していこうと思います。

トルコ中部の世界遺産カッパドキア。火山によってできた地層が長期にわたって浸食、風化することで作り出された奇岩群が広がる

トルコ中部の世界遺産カッパドキア。火山によってできた地層が長期にわたって浸食、風化することで作り出された奇岩群が広がる

 

テーマは旅行と組み合わせて気軽に楽しめる世界のトレイル。ピークを目指すのではなく山歩きを楽しむ。そこにある自然や文化、歴史を楽しむ。それほど難しくない技術・体力で歩くことができ、日本からでも1〜2週間程度の休みで訪れられる、日帰りから数日程度のトレッキングコースです。日本では見られない景色や非日常のちょっとした冒険を楽しみたい、旅行と組み合わせて気軽に海外のトレイルを楽しみたい、そんな方々への参考になれば幸いです。

アイスランド内陸部の山岳地帯にあるロイガヴェーグル。火山と氷河が織りなす壮大な景色が楽しめる

アイスランド内陸部の山岳地帯にあるロイガヴェーグル。火山と氷河が織りなす壮大な景色が広がる

 

アメリカを代表するロングトレイル、ジョンミューアトレイル。歩きたいだけ歩いて、気に入った場所にキャンプをするトレッキングの新たな魅力に取りつかれた

アメリカを代表するロングトレイル、ジョンミューアトレイル。歩きたいだけ歩いて、気に入った場所にキャンプをするトレッキングの新たな魅力に取りつかれた

 

紹介予定の主なトレイル

  • アンナプルナ(ネパール)
  • ラダック(インド)
  • アルティンアラシャン(キルギス)
  • リキアンウェイ・カッパドキア(トルコ)
  • ツールドモンブラン(フランス・イタリア・スイス)
  • クングスレーデン(スウェーデン)
  • ロフォーテン諸島(ノルウェー)
  • ロイガヴェーグル(アイスランド)
  • ジョンミューアトレイル(アメリカ)
  • ロカ岬(ポルトガル)
  • トドラ渓谷(モロッコ)
  • ジャイアンツカップトレイル(南アフリカ)
  • ブランカ山群サンタクルス谷(ペルー)
  • パイネ国立公園(チリ)
  • ルートバーン・グリーンストーントラック(ニュージーランド)
  • オーバーランドトラック(オーストラリア)

南アフリカの世界遺産ドラケンスバーグ国立公園内にあるジャイアンツカップトレイル。力強い景観と野生動物が楽しめる

南アフリカの世界遺産ドラケンスバーグ国立公園内にあるジャイアンツカップトレイル。力強い景観と野生動物が楽しめる

 

ニュージーランド南島ルートバーントラック。苔生す森の美しさに息を飲んだ

ニュージーランド南島ルートバーントラック。苔生す森の美しさに息を飲んだ

 

西廻りで進む僕らが最初に向かったのはアジア。次回は8000mの高峰を見渡すネパール・アンナプルナを紹介します。世界の屋根と言われるヒマラヤ山脈の厳しくも美しい姿を堪能できるトレイルです。

 

海外 記録・ルポ ガイド
教えてくれた人

Trail Travelers 山野尚大・優子

山と旅の愛好家。経営コンサルタントとして平日の激務と休日の山ごもりを両立させる日々から、結婚を機に心機一転、夫婦で絶景トレイルを巡る世界一周の旅に出発。2016年4月からの300日間で、五大陸の50超のトレイルを歩く。「Trail Travelers(トレイルトラベラーズ)」を立ち上げ、旅行と組み合わせたトレッキングの楽しみ方を発信中。
【ブログ】
http://trailtravelers.net/
【Facebook】
https://www.facebook.com/trailtravelers/
【Instagram】
https://www.instagram.com/trailtravelers/

同じテーマの記事
ギリシャ・モンテネグロ・クロアチアを旅するなら歩きたいオススメトレイル:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(7)
トレイルトラベラーズ第7回は、いよいよヨーロッパへ――。ギリシャ最大の島クレタ島、バルカン半島・モンテネグロ、そしてクロアチアのプリトヴィッツェ湖群国立公園でトレッキングする。
自然が生み出した奇岩群、世界遺産トルコ・カッパドキアを歩く: トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(6)
自然の驚異ともいえる独特の奇岩群で有名な、トルコの世界遺産・カッパドキア。世界的な観光地から少し歩みを進めると、奇岩群に囲まれた絶景を独り占めすることができるという。
アジアとヨーロッパを結ぶトレイル「トルコ リキアン・ウェイ」:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(5)
今回のトレイルの舞台はトルコ。アジアとヨーロッパを結ぶ、トルコ南岸で地中海を眺めながら歩いた「リキアン・ウェイ」は、農園、荒野、海と突如景色が切り替わるサプライズが楽しいトレッキングだった。
中央アジアのスイス キルギス・アルティンアラシャン:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(4)
国土の約40%が標高3000m以上の山国・キルギスの東部、天山山脈のふもとに位置する天然温泉地アルティンアラシャンは、羊たちで賑わう草原と遠くに連なる雪をかぶった山々が美しい場所だった。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年10月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」
着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」 マーモットから発売の「ウールラップ」。独自構造の中綿で行動中も快適ゾーンへ。ペイバックキャンペーンも実施中!
NEW 『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
NEW ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは? モニター5名募集!
NEW 透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す!
透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。透湿地が高いミレーの「ティフォン50000」上下を雨の岩菅山でテスト!
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山 迫力ある岩峰、神秘的な色の五色沼、高山植物の宝庫――。日光白根山はさまざまなルートから登れ、レベルに応じて楽しめる。