このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンのバッテリー問題を知れば、登山中も電池残量を気にせず安心してスマホを使えます

山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS徹底使いこなし術
基礎知識 2018年07月19日

登山アプリをスマートフォンにインストールして使い方をマスターしておくだけで、登山の強い味方となることを説明してきたが、それはバッテリーがあってこそだ。そこで今回はスマートフォンの消費電力と、バッテリー対策について説明する。

 

 

こんにちは、ジオグラフィカという登山用GPSアプリを開発している松本といいます。今回は、登山者はもちろん、スマートフォンユーザーにとっての悩みの一つ、バッテリー消費について説明します。

★ジオグラフィカ iPhone版
★ジオグラフィカ Android版

 

登山アプリはどのくらいバッテリーを消費している?

スマートフォン(以下、スマホ)を登山に使うと、どれくらいバッテリーを消費するのかご存じですか? バッテリー消費は利用条件によって変わりますが、例えば、以下のような使い方では――

  • アプリはジオグラフィカを使う。
  • 機内モード(機内モードでもGPS機能は使えます)。
  • トラックログ(GPSログ)を記録する。
  • たまに画面を見て現在地を確認する。

だいたい1時間に100mAh程度消費します。これはあくまで目安で、画面を見る時間が長かったり、カメラ撮影や音楽再生など他の用途にも使ったりすれば、その分だけ多く消費します。また、同じように使っても、機種によってはこれより少ないことも多いことあります(※下記コラム参照)。

いずれにしても、1時間に100mAhを消費すると、4.7インチのiPhone(iPhone7や8)では1時間に5%消費になるので、満充電から使い始めれば20時間程度はバッテリーが保てる計算になります。大容量バッテリーのPlusシリーズのiPhoneであれば、1時間に3%消費で30時間程度保つ計算です。

XPERIA(SONY)やarrows(富士通)などバッテリー容量が大きい(3,000mAh程度)Androidスマホの場合も1時間に3%程度の消費となり、30時間程度ログを記録できます。

では、ログを記録しない場合はどうでしょうか? 以下の条件で確認してみると――

  • 機内モード。
  • トラックログやルート案内などは使わない。
  • たまに画面を見て現在地を確認する。

この場合は、行動中ほとんどバッテリーを消費しません。1日中使ったとしても10%程度の消費でしょう。トラックログを記録しなければ、スマホがスリープしている間のバッテリー消費量は非常に少なくなるためです。たまに画面を開いて現在地を確認する程度の使い方なら、ほぼバッテリーを消費せずに済みます。

ただし、この使い方の場合はGPSアプリの画面を開いてから現在地を確認するため、現在地を表示するまで少し時間が掛ることがあります。それでも長くて1分程度なので、正しい位置が出るまで大きなストレスになることはないと思います。

バッテリーを消費してログを記録するか、温存するためにログは諦めるかは各自の判断となりますが、大切なのは以下の2つになります。

  • ログを記録する場合は1時間に100mAh程度消費します。
  • バッテリーを保たせるために機内モードを活用しましょう。

 

機種によるバッテリー消費の違いを把握しておこう

スマホのバッテリー消費は機種によっても違います。私が持っている17台のスマホで比べた結果では、Galaxyシリーズ(SUMSUNG)の消費量が特に多いです。機内モードにしてもバッテリーが減っていきますので、システムが消費しているようです。

一方でarrows M03はバッテリー消費が少なく、トラックログを記録しても1時間に2%程度しか消費しません。そのかわりGPS精度が低くて動作も遅いのが難点です。

機内モードでも機種によって消費電力は変わりる。山で使う前に、自分の機種の消費電力の状況を把握しておこう!

iPhoneシリーズはどれも同じくらいで、1時間に100mAh程度の消費となります。ただし、iPhone5や5sはバッテリー容量が小さく、古い機種のため電池が劣化していることもあり、バッテリーの減りが早く感じます。

余談になりますが、劣化がひどい時はバッテリーの交換や機種変更を検討したほうが良いでしょう。

 

冬はバッテリー消費が早いは本当?

冬はスマホのバッテリーがすぐ無くなってしまうとよく言われますが本当でしょうか? 科学的には正しくはないのにこう言われている理由は、どの種類のバッテリーでも温度が下がると電圧が下がるためです。

電圧が下がるとバッテリー残量は少なく表示されるので、冬はバッテリーが早く無くなるように感じます。しかし実際には消費はされていないのです。

この「バッテリーが無くなるように見える」対策は、とにかくスマホを冷やさないことに限ります。ミッドウェアなどのポケットに入れて、常に体温で保温してください。なお、もし冷やしてしまって残量が少なく表示されても、実際に消費されてしまったわけではないので温めれば元に戻ります。

もし残量表示が戻らなかった場合はスマホを再起動してください。再起動すればだいたい元の数字に戻ります(再起動中に冷やさないように注意!)。表示上の残量が少ないのを気にしないのであれば再起動の必要はありません。再起動すれば無駄にバッテリーを消費するためです。

また、「iPhoneは寒さに弱い」とよく言われます。確かに、ちょっと寒いとすぐシャットダウンしてしまうイメージがありますが、これにも原因と対策があります。以下の方法を試してください。

  • バッテリー残量は多めに保ってください。行動開始の時点で100%にしておきましょう。
  • 寒冷環境で写真を連写するとシャットダウンしやすいです。寒い場所では1枚撮ったら少し休ませてください。
  • iPhone7以降は防水になったせいか寒さに強くなりました。iPhone6s以前、特にiPhone5世代はかなり寒さに弱いです。新しい機種を使いましょう。

寒さに弱いとされるiPhoneでも、シャットダウンする原因と対策が分かっていれば冬山で使うことも可能です。実際、私は使っています。それでもシャットダウンしてしまったら、慌てず騒がず体温で加温して再起動してください。

 

 ■今回のまとめ

  • 機内モードでトラックログを記録すると、1時間に100mAh程度バッテリーを消費します。
  • 機内モードにして、ログを記録しなければほとんどバッテリーを消費しません。
  • 冬でも冷やさないようにすれば登山に役立てることが出来ます。

 

知識・雑学 危機管理 登山グッズ
教えてくれた人

松本 圭司

アプリ作家、ライター、料理研究家などマルチに活躍する山好き。江戸川区在住。

アプリの代表作「ジオグラフィカ」は多くの登山者に利用され、GPSアプリに関する講演・講習なども行う。

ほか、国土マップR、アルパカナビ、速攻乗換案内、雨かしら?雨時雨などもリリースする。クリーン&ビルド株式会社所属。

同じテーマの記事
冬山でスマホを使う時の7つの注意点。工夫と知識で、冬山でもスマホを使いこなそう!
冬山こそがGPS機器の活躍の場だが、「スマートフォンは寒さに弱い」と聞く。氷点下を下回る世界で、スマートフォンと登山アプリを使いこなすための秘伝のコツ、知識をお伝えする。
登山を前提にした場合のスマホの選び方―― OS、防塵防水、バッテリー、GPS・・・選ぶ基準は?
各メーカーからたくさんのスマートフォンがリリースされているが、登山アプリをインストールして登山用として使いたいなら、いくつか選ぶポイントがある。新規購入/機種変更を考えている人は、ぜひ参考にしてほしい。
地図アプリだけではない! 登山に使えるおすすめスマホアプリ&Webサービス
スマートフォンを登山中に活かすのは、なにも登山専用のアプリだけではない。登山には複合的な要素があるのだから、利用できるサービスもさまざま。そこで今回は、登山者にオススメの“登山専用”以外のアプリやWebサービスを紹介する。
「上手くいかない」と諦める前に――。スマートフォンのGPSで、よくあるトラブルと解決方法
スマートフォンに登山アプリをインストールして早速使ってみたものの、うまく動かない。「だからデジタル機器は嫌だ」と諦める前に、今回紹介する、よくあるトラブルと解決方法を確認してほしい。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年11月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 『山と溪谷』単独行に関するアンケート
『山と溪谷』単独行に関するアンケート 『山と溪谷』2020年2月号の企画のための読者アンケート調査です。単独行経験がある方はぜひご協力ください
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW 実用的なフック・ソール、スカルパの靴を試す
実用的なフック・ソール、スカルパの靴を試す 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!