このエントリーをはてなブックマークに追加

涸沢から北穂高岳・東稜を登るなら…。『山と溪谷』編集部・阪辻さんが選んだ装備

涸沢フェスティバル2018特集
道具・装備 2018年07月25日

2018年8月号で通刊1000号を迎えた雑誌『山と溪谷』。その編集部員は、どんな山遊びをし、どんな道具を使っているのか。編集部の阪辻さんに、北アルプスのバリエーションルート、北穂高岳・東稜に登る想定で、装備を選んでもらった。

 

坂辻さんが選ぶハイキング道具3選

1・ペツル「シロッコ」

2・アークテリクス「AR-395A」

3・パタゴニア「アセンジョニストパック40」

涸沢フェスティバルスタッフ(以下、涸フェス): 阪辻さんといえば、アルパインクライミングのような、外岩をガシガシ登っているイメージがありますが、クライミングをはじめたきっかけは?

阪辻: 山と溪谷社に入社する前から趣味で登山をやっていました。入社してから山岳会に入り、沢登りや山スキー、クライミングを経験していく中で、自分にはクライミングが合っていると気付きました。それからはクライミング、特にアウトドアでのクライミングを中心に遊ぶようになりました。

涸フェス: 今回は、登攀も行うバリエーションルートの入門ルート、北穂高岳・東稜を登る想定で装備を選んでいただきましたが。

阪辻: 涸沢をベースにして、一日で北穂高岳・東稜〜南陵を周るルートを想定して選びました。確実に晴れるとわかっている時に登るので、雨具の下は涸沢にテントとともに残していきます。レインウェアのジャケットは防寒着として携行します。

涸フェス: 山道具を選ぶ時のポイントはありますか?

阪辻: 私は値段が高くても、自分が良いと思ったものを買うようにしています。例えばペツルの「シロッコ」はヘルメットとしては少し高価です。しかし、帽子並みの軽さで唯一無二の存在です。色とかデザインに賛否両論ありますが、私はけっこう気に入っています。

ヘルメットは高価ながら軽量なタイプ、ペツルの「シロッコ」を愛用

 

涸フェス: ハーネスはどのメーカーを使っているのですか?

阪辻: アークテリクス「AR-395A」です。今でこそパッドが薄いハーネスが増えてきましたが、この「AR-395A」は、その先駆けです。薄くて軽いのにフィット感が抜群で、4~5年くらい使い続けています。

パッドが薄いハーネス、アークテリクス「AR-395A」がお気に入りだという

 

涸フェス: ザックはパタゴニアですね。

阪辻: パタゴニア「アセンジョニストパック40」、シンプルなクライミング向けのザックです。初代がボロボロになって、これは2代目になります。必要最小限かつ必要充分の強度、機能、容量で、クライミングするときは「アセンジョニストパック40」一択ですね。

パタゴニア「アセンジョニストパック40」は、ずっと愛用していて2世代目という

 

涸フェス: 装備の中には、ハーケンやハンマーも入っていますね。

阪辻: 北穂高岳・東稜はまだ登ったことがありません。初見のルートを登る場合は、スリングを多めに持っていき、行き詰まって登れなくなった時のためにハーケンとハンマーを持っていくようにしています。

ロープに加え、ビレイデバイスやカラビナ、スリング、ハーケン、ハンマーを持っていく

 

涸フェス:バリエーションの情報は関連書籍が少なく、ネットで調べてもなかなか出てきません。下調べはどうやっていますか?

阪辻: 山岳会の記録や登山者のブログに情報が載っていることがありますが、そこに書いてあることは、その人の主観の情報ですから、あまり当てにしません。私はWebから情報を得るときは山行記録のテキストではなく、写真で判断するようにしています。
書籍では『チャレンジ! アルパインクライミング』というバイブルがあるのですが、これを読んで下調べすることが多いです。今は中古しか出回っておらず、プレミア価格がついてしまいましたが。あとは、バリエーションを取り上げた『山と溪谷』のバックナンバーや『日本登山体系』あたりも参考にします。

涸フェス: クライマーはストイックに軽量化をする印象があったのですが、阪辻さんが装備を選ぶ理由は軽さだけではなさそうですね。

阪辻: 最近はクライミングに限らず、極端に軽量化することが良いという風潮がありますが、荷物が重いことは、けっして悪いことではありません。例えば、軽さを求めてテントではなくツェルトを選んだ場合、どうしても快適性が犠牲になります。テントを持つことで重量が増えたとしても、それを背負って登れるだけの体力をつければいい。

涸フェス: 軽さだけでなく、自分に合った装備を考えることが重要だと。

阪辻:思考停止しないことが大事だと思います。人から教えてもらったり、メディアで紹介された製品を闇雲に選ぶのではなく、自分にとって安全とは何か、快適とは何かを考えて選ぶことが重要じゃないでしょうか。

涸フェス: 阪辻さんは涸沢フェスティバル開催中は、涸沢会場にいらっしゃるんですよね。

阪辻: はい。『山と溪谷』や登山装備のことなど、気軽になんでも聞いてください。

 

編集部員の山道具を公開! ヤマケイ涸沢フェスティバル2018開催

2018年7月26日(木)~ 29日(日)の間、ヤマケイ涸沢フェスティバル2018を開催します。会場は、上高地から登山道を歩くこと約 6 時間の涸沢をメインに、 徳沢(上高地より徒歩 2 時間)、横尾(同 3 時間)の 3 つの会場で開 催。「登山の今」をテーマに、登山ビギナーからベテランまで幅広い 層の山岳愛好家に楽しんでいただけるプログラムを予定しています。

 ≫ 「ヤマケイ涸沢フェスティバル2018」特設サイト(プログラム)

■雑誌紹介
『山と溪谷 2018年8月号 創刊1000号記念特別号』

1000号巻頭特別グラフは皇太子さまがお撮りになった「皇太子さまの山岳写真」。特集では「決定版!日本登山ルート100選」で日本を代表する100ルートを選出。ほか「山と溪谷1000号の歩み」で日本の登山史を振り返る。

 

発売日/2018.07.14発売
販売価格/本体1111円+税

amazonで購入 楽天で購入

教えてくれた人

阪辻 秀生

山と溪谷編集部に所属する編集部員。登山歴は20年。夏山縦走、低山ハイキングからアルパインクライミング、厳冬期のラッセル登山まで、山での遊びはなんでもやります。現在はフリークライミングとアルパインクライミングがメイン。
沢登り、山スキー、一般縦走、日帰りハイキングも好き。小さいころから旅とか冒険に興味があった。その影響で、クライミングのなかでも冒険的な要素が多いアルパインクライミングやトラッドクライミングが好き。

同じテーマの記事
あなたは何種類確認できた? 図鑑編集者が紹介する上高地〜涸沢の植物たち
上高地~涸沢を歩いていると、さまざまな花が咲いている。7月下旬に行われた「涸沢フェスティバル」中に見かけた10種類の草花を、図鑑.jpの舘野さんが紹介。これから上高地経由で涸沢に行く予定の人、ぜひ探してほしい。
萩原編集長が選んだ登山装備と、『山塾』から学ぶ「安全登山の今」
NHK「実践! にっぽん百名山」で“萩原編集長”の愛称でおなじみの萩原浩司さん。編集者として活躍するかたわら、未踏峰アウトライアー東峰の初登頂を果たすなど、幅広く活動する。そんな編集長の、思い入れのある道具や自著『萩原編集長の山塾』について聞いた。
『ワンダーフォーゲル』編集長・五十嵐さんが選ぶ、北アルプス/宿泊想定のULハイキング装備
山をフィールドにした様々な遊び方を提案する雑誌『ワンダーフォーゲル』。その創刊から編集部に在籍し、現在編集長を務める五十嵐センパイに、北アルプスで宿泊を伴う登山を想定し、装備を選んでもらった。
山スキー、トレイルランに行くなら、ヤマケイ編集部員はこの山道具を持っていく!
山と溪谷社が刊行する、山スキーの専門誌『山とスキー』と、トレイルランの専門誌『マウンテンスポーツマガジントレイルラン』。その編集者は実際にどのような用具を使用しているのか? 編集部員の久田一樹さんに、自身が使っているギアを紹介してもらった。山スキーは6月に涸沢カールを滑降することを考えてチョイス。トレイルランは7月に2000メートルくらいまでの山を走ることを想定して選んでもらった。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2018年12月9日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す
細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。北海道・十勝岳で、凝った作りの寝袋、ニーモの「ラムジー15」をチェック!
NEW 年末年始は山小屋で過ごしませんか?
年末年始は山小屋で過ごしませんか? 冬季・年末年始の山小屋営業情報をピックアップ! 年末年始を年越しで過ごしたい登山者のみなさま、ぜひご活用ください!
NEW 2017年の年越しを山小屋で過ごしました
2017年の年越しを山小屋で過ごしました ライターの小野泰子さんが山小屋の年越しイベントを初体験! 年末年始の赤岳鉱泉と行者小屋の模様をレポートしました。
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ―― 紅葉シーズンは残り僅か。秋を堪能した人は、その美しい山の情景を紅葉写真コンテストにご応募ください!
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!
雪山の学び場、八ヶ岳へ
雪山の学び場、八ヶ岳へ バラエティに富んだコース、アルペンムード漂う山々、そして営業小屋。雪山を学ぶなら八ヶ岳がオススメだ。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?