このエントリーをはてなブックマークに追加

萩原編集長が選んだ登山装備と、『山塾』から学ぶ「安全登山の今」

涸沢フェスティバル2018特集
道具・装備 2018年08月06日

NHK「実践! にっぽん百名山」、書籍『萩原編集長の山塾』で“萩原編集長”の愛称でおなじみの萩原浩司さん。山岳図書の編集者、雑誌『ROCK&SNOW』のディレクターとして山と溪谷社に在籍するかたわら、未踏峰アウトライアー(現地名ジャナク・チュリ、7090m)東峰の初登頂を果たすなど、編集者の枠を超えた活動をしている。ヤマケイ涸沢フェスティバル2018では、そんな萩原さんがアウトライアー登頂の際に使っていた登山装備を展示。今回の記事では、思い入れのある道具や自著『萩原編集長の山塾』について聞いた。

 

涸沢フェスで公開した、萩原さんアウトライアー登頂時の山道具

アウトライアー南西壁

未踏峰挑戦に選ばれた山道具

涸沢フェススタッフ(以下、涸フェス) : ヤマケイ涸沢フェスティバル2018では、萩原さんには雑誌『ROCK&SNOW』の代表としてアウトライアー東峰を登った時の登山装備を展示させていただきました。この中で思い入れのある装備を3点あげるとしたら、何を選びますか?

 

1・スポルティバ「スパンティーク」

萩原: まずは、高所用登山靴のスポルティバ「スパンティーク」ですね。この登山靴は二重靴であることによる圧倒的な保温力に加え、靴紐を片手で締めることができる簡便さが高所では実に効果的です。狭いテントのなかで、薄い酸素に苦しみながらの靴の着脱には大いに楽をさせてもらいました。それでいてフィット感は抜群で、凍傷予防のために1サイズ大きめを選んだにもかかわらず、長時間の氷壁登攀でカカトがずれることがありませんでした。

 

2・ミレー「トリロジー ゴアテックスプロ ジャケット&パンツ」

萩原: 次に、ミレーの「トリロジー ゴアテックスプロ ジャケット&パンツ」。ゴアテックス プロシェルを使った上下のウェアは軽く、しなやかで激しい動きを妨げない運動性能の高さを感じました。ちなみにサロペットタイプのパンツをはくときは、中にいわゆる「登山用パンツ」を履くことはしません。右はショーラー生地を使ったミレーのオールラウンドタイプの登山用パンツで、アプローチでは大活躍したのですが、オーバーパンツをはくときはタイツとダウンパンツにはきかえました。中の摩擦が大きく、ヒザ上げがしづらいからです。6000mまではオーバーパンツの中はポーラテックのタイツだけ。それ以上ではタイツの上に軽いダウンパンツを重ね、その上にオーバーパンツをはきました。ダウンパンツは表面がツルツルなのでインナーパンツとしても足上げがしやすく、暖かかったです。

涸フェス: 冬の穂高岳を登るとしたら、ウェアや登山靴のチョイスは変わりますか? 

 

厳冬期、涸沢岳西尾根の上部を登る萩原さん

萩原: 厳冬期に登るとすれば、涸沢岳西尾根が最もポピュラーなルートになりますが、この装備では暑いかもしれません。「トリロジー ゴアテックスプロ ジャケット&パンツ」は変えずに、中に着るフリースを薄手にするなどで調整し、登山靴は「ネパール キューブ GTX」に変えます。

中央アルプス サギダルの頭にて

 

3・ペツルの「クォーク」

萩原: 最後はペツルの「クォーク」。登攀用アイスアックスとしては超定番の一品です。シャフトのカーブが絶妙で、発売当初から10年以上経った今でも大きなモデルチェンジもなく、多くのアルパインクライマーに愛用されています。純粋な氷だけでなく、雪壁とのミックス壁にも有効で、ダガーポジションでの雪壁登攀では実に良く安定します。雪壁での使用を見込み、シャフト上部に自転車のハンドル用のバーテープを巻き付けてみたら、グリップの安定性が向上し、なおかつ凍傷予防にもつながるという一石二鳥効果がありました。

涸フェス: バーテープを巻きつけるテクニックは、萩原さんの著書『萩原編集長の山塾』でストックにも使っていらっしゃいましたよね?

 

『萩原編集長の山塾』P.57「ロンググリップの作り方」より

萩原: そうですね。金属部分むき出しのまま使うと、汗をかくとすべってしまうし、冬は冷たくなってしまいます。バーテープをグリップの下に巻き付けると、とてもしっくりきます。重さもほとんど変わらないので、おすすめですよ。

 

「安全登山の今」を知る一冊

涸フェス: 『山塾』には、細かいところまで安全に山を登るための知識やテクニックが紹介されています。例えば靴紐の「V字結び」について。

 

『萩原編集長の山塾』P.35「足首が楽に動かせるV字結び」より

萩原: 「V字結び」は私が発案しましたが、みなさん意外と知らなさそうだと思って掲載しました。靴紐が長いからといって、足首を一周させて結んでいる登山者をよく見かけます。昔は、私もその結び方をしていたのですが、それが原因でアキレス腱を痛めてしまいました。足首を圧迫してしまうからです。また、ハイカットの登山靴でいちばん上までしっかりと締めると足首が曲がりにくく感じることがあります。そんなとき、いちばん上のフックからひとつ下のフックに戻して締めるという「V字結び」を編み出しました。これなら、余分な靴紐も調節できますし、足首が楽になります。

涸フェス: 登山靴のメンテナンスについては、「折った歯ブラシの角がちょうどいい」など、細かいけど知っておくと便利な知恵が紹介されていますね。

萩原: 折った歯ブラシの柄の幅が、靴底の泥を落とすのにすこぶる良いですよ。折ることで軽量化でき、持ち歩くにも良いです。こういうところは細かすぎて他の技術書には書いていないでしょうね(笑)。

涸フェス: ははは(笑)。細かいところというと、P.68の「これだけは持っていきたい三種の修理具」。結束バンドやガムテープの活用術は「なるほど!」の連続でした。

『萩原編集長の山塾』P.68「これだけは持っていきたい三種の修理具」より。結束バンドやガムテープの活用術が紹介されている

萩原: ほとんど100円均一ショップで売っているものなので、気軽に手に入って便利です。結束バンドは、最近の私のマストアイテム。靴底の修理にもとても有効ですよ。靴底の溝にちゃんとセットすれば、めったに剥がれません。バックルの破損もよくあるトラブルですが、外せるタイプの結束バンドで応急処置をするといいでしょう。

涸フェス: なるほど。重量もないので、持っておいて損はありませんね。

萩原: 「三種の~」といえば、2000年頃に「山でバテないための三種の神器」として、ストック(トレッキングポール)、サポートタイツ、アミノ酸などのサプリ、それぞれの頭文字をとって「3つのS」を提案したこともあります。今でこそ浸透しましたが、当時は「ストックを使うのは年寄りのやることだ」とか「アミノ酸なんかに頼っちゃいかん」、「タイツなんて余計なものを」といった否定的な意見がありました。

涸フェス: 「歩き方を覚える前にストックを使うな」というのは、言われた経験があります。

萩原: たしかに、体重移動など歩き方の基本を学ぶことは重要です。そのうえでストックを使えば、断然楽になります。下りのバランス保持にも効果的で、不安定な場所に足を置く場合に体重分散ができます。水が流れて飛び石になっているところを歩く際などにも安心感が違います。

■書籍紹介
萩原編集長の山塾 実践!登山入門

番組で紹介された登山技術の数々から、これまでの登山書には掲載されていないようなウラ技、編集長ならではのテクニックまで紹介。「編集長のヤマ塾」でお伝えしてきた技術にも注目!

amazonで購入 楽天で購入

 

現代の登山家に求められること

涸フェス: 『山塾』の最後ではアウトライアー東峰、初登頂のレポートも掲載されています。未踏峰を登る魅力はなんでしょうか?。

萩原: やはり、誰も踏んだことのない頂上に足跡をつけるということです。この頂に立ったのは私たちだけなんだと、とても感動したのを覚えています。

アウトライアー東峰の頂上に立つ萩原さん

 

涸フェス: 未踏峰や未踏ルートの登攀も重要ですが、最近は、どれだけ美しく、挑戦的なライン(ルート)を描いて登ったかもクライマーの評価として大事な要素となっているようですね。

萩原: 昔は標高の高さが山の価値を決める大きな要素となっていましたが、今は違います。困難で美しいラインを、酸素や補助ロープなどの助けを使わず、いかにスマートなスタイルで登るかがクライミングの評価の基準となっています。逆にいうと、そうしたルートを探し出すセンスが現代の登山家には求められていると思います。

涸フェス: そんな登山家の尖った部分を取り上げているのが、雑誌『ROCK&SNOW』だと。

萩原: 最新号では、標高差1000mもの大岩壁をザイルをつけずにたったひとりで登り切ったフリーソロの第一人者、アレックス・オノルドの来日にあたって、その人となりをインタビューで紹介しています。また、近年、わずかずつですが人気の上がってきたワイドクラックを特集していますので、ぜひご覧ください。

■書籍紹介
ROCK&SNOW 080

2008年のムーンライト・バットレスを皮切りに、数々のフリーソロを成功させ、2017年夏には、エル・キャピタンでのフリーソロを成し遂げたアレックス・オノルド。初来日にあわせてロングインタビューを敢行。

販売価格: 1,333円+税

 

amazonで購入 楽天で購入

 
萩原編集長の山塾 秒速! 山ごはん

NHKのテレビ番組「実践! にっぽん百名山」の解説者を5年にわたってつとめた萩原編集長が、豊富な経験をもとに、山ごはんとおつまみの達人げんさんとコラボし作りあげた最新・最速の山ごはん本。

販売価格: 1,400円+税

 

amazonで購入 楽天で購入

 
■「にっぽん百名山スペシャル」番組紹介

●にっぽん百名山スペシャル「富士登山! 徹底ガイド」(再放送)
放送局: NHK BS 1
放送日時: 2018年8月5日(日) 15:00~15:50
      2018年8月12日(日) 8:00~8:50
出演: 工藤夕貴、藤巻亮太、萩原浩司(山と溪谷社)

●にっぽん百名山「山の日」スペシャル
放送局: NHK BS プレミアム
放送日時: 2018年8月11日(土)21:00〜22:30 
出演: 荻原次晴、鈴木ともこ、萩原浩司(山と溪谷社)

■ブログ「萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記」
山と溪谷社オフィシャルサイトにて掲載中!
http://www.yamakei.co.jp/outlier7035/

 

教えてくれた人

萩原 浩司

モットーは「ウラヤマからヒマラヤまで」。あらゆる山登りに対して深い興味と愛情を注ぎ、南高尾山稜の陽だまりハイキングから北アルプスの縦走登山、残雪の南会津スキーツアーに奥秩父の沢登り、小川山のフリークライミングや八ヶ岳のアイスクライミング、中央アルプスの冬季登攀、そしてたまには海外登山と、オールラウンドに山を楽しんでいる。普段の仕事は山と溪谷社の編集者。

同じテーマの記事
あなたは何種類確認できた? 図鑑編集者が紹介する上高地〜涸沢の植物たち
上高地~涸沢を歩いていると、さまざまな花が咲いている。7月下旬に行われた「涸沢フェスティバル」中に見かけた10種類の草花を、図鑑.jpの舘野さんが紹介。これから上高地経由で涸沢に行く予定の人、ぜひ探してほしい。
涸沢から北穂高岳・東稜を登るなら…。『山と溪谷』編集部・阪辻さんが選んだ装備
北アルプスのバリエーションルート、北穂高岳・東稜に登る想定で、装備を選ぶとしたら? 『山と溪谷』編集部の阪辻さんが選んだ装備と、その理由に着目した。
『ワンダーフォーゲル』編集長・五十嵐さんが選ぶ、北アルプス/宿泊想定のULハイキング装備
山をフィールドにした様々な遊び方を提案する雑誌『ワンダーフォーゲル』。その創刊から編集部に在籍し、現在編集長を務める五十嵐センパイに、北アルプスで宿泊を伴う登山を想定し、装備を選んでもらった。
山スキー、トレイルランに行くなら、ヤマケイ編集部員はこの山道具を持っていく!
山と溪谷社が刊行する、山スキーの専門誌『山とスキー』と、トレイルランの専門誌『マウンテンスポーツマガジントレイルラン』。その編集者は実際にどのような用具を使用しているのか? 編集部員の久田一樹さんに、自身が使っているギアを紹介してもらった。山スキーは6月に涸沢カールを滑降することを考えてチョイス。トレイルランは7月に2000メートルくらいまでの山を走ることを想定して選んでもらった。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2018年10月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したシェラカップを2種類の販売を準備中です。販売は10月10日正午から。詳しくはこちらで。
NEW ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは? モニター5名募集!
NEW 透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す!
透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。透湿地が高いミレーの「ティフォン50000」上下を雨の岩菅山でテスト!
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山 迫力ある岩峰、神秘的な色の五色沼、高山植物の宝庫――。日光白根山はさまざまなルートから登れ、レベルに応じて楽しめる。
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報