このエントリーをはてなブックマークに追加

9月のオススメ低山は「九」のつく桃太郎伝説が残る九鬼山を、駅から駅まで歩こう!

低山フォトグラファーの気ままな山歩き
ガイド・記録 2018年09月03日

低山を愛し、四季を通じて隈なく歩く、「低山フォトグラファー」の渡邉明博さん。 季節に合わせ、9月のおすすめの山として紹介いただいたのは、「九」のつく山であり、「桃太郎伝説」が残るという「九鬼山」。どんな見どころがあるのでしょうか。

富士急行の禾生駅から見えているのが九鬼山

 

残暑が厳しい9月はどんな低山がおすすめでしょう? 「九」のつく山、というわけではないのですが、今回は、山梨県の九鬼山(くきさん)を紹介します。

九鬼山と言えば、大月市が指定した「秀麗富嶽十二景」の一座として知られる富士山展望の山ですが、「むかし昔、あるところに…」で始まる「桃太郎」の伝説が語り継がれている山でもあるのです。

その昔、大月市の「百蔵山(ももくらやま)」で生まれた桃太郎は、上野原市の「犬目」で「犬」を、大月市の「猿橋」で「猿」を、「鳥沢」で「キジ」を引き連れて、九鬼山に棲む「鬼」を退治にやってきたと伝えられています。 さらには、桃太郎が富士山に住む10匹の鬼を退治したところ、1匹が大月の岩殿山に逃げて、残り9匹が禾生(かせい)にある山に逃げたから「九鬼山」になった、という説もあるようです。

天狗岩から見える富士山。9匹の鬼があそこから逃れてきたのかも…

 

桃太郎が鬼を退治に九鬼山に登るというなら、犬や猿、キジは何処で落ち合ったのか…。それが、禾生(かせい)駅周辺で「加勢した」、という話もあるそう。ほかにも大月周辺には、桃太郎と鬼退治にまつわる言い伝えが残っていて、周囲の山・地名にも見て取れ、どの説もなるほどと思うものです。 そんな楽しい話題を持って、九鬼山を歩いてみてはいかがでしょうか?

今回紹介するルートは、駅から駅のおすすめコースです。

富士急行の禾生駅から国道に出て、大月方面に進むと登録有形文化財に指定されている駒橋発電所落合水路が右手に見えてきます。レンガ創りの水路橋は芸術作品と言ってよいものです。

登録有形文化財となっている落合水路橋。1907年建造の煉瓦造アーチ橋で長さは56m

 

橋を渡り右折して愛宕神社コースに入って行きます。直ぐに赤い鳥居の愛宕神社が現れます。ここからが登山道です。 中間点で池の山コースと交わり、途中、天狗岩に寄って山頂を目指します。天狗岩は、狭いですが、このコースの最大の景勝地なのでぜひ寄って行きたいところ。

天狗岩からの展望。地図を広げ、周囲の山を山座同定するのもの楽しみ

 

九鬼山山頂手前には富士見台があり、樹間から富士山が望めます。

九鬼山山頂の様子。晴れれば大菩薩方面がよく見える

 

また富士見台から杉山新道側に少し戻った所にはリニア見晴台があります。冬枯れの時期ならば、眼下を走るリニア実験線が見えるかも知れません。

九鬼山山頂は北側方面が開け、大菩薩嶺などの山々が望めます。 ロケーションを考えてお弁当を広げるのが、山頂か、富士見台かは迷うところでしょう。

山頂からは札金峠方面に下山。途中、ロープのある急な下りがあるので、慎重に通過すると紺屋休場に出ます。ここも開けていて気持ちの良いところ。さらに馬立山分岐で、札金沢コースを下ります。やがて林道に出て舗装道に変わり、踏切を渡って民家の小道を進めば、田野倉駅に到着です。

紺屋休場からは高川山方面がよく見える

 

時間に余裕があれば、馬立山分岐を直進し、馬立山を経て、大月駅まで歩くこともできます。また、田野倉駅には常設の駐車場があるので、ここに車を置いて、禾生駅まで富士急行に乗って周遊してくる方法もあります。

ぜひ地図やガイドブックを開いて、ご自身に合ったコースプランニングをしてみてください。

ひと足早い秋色!

 

 

 
『高尾山と中央線沿線の山』

高尾山と中央線沿線の山々の徹底コースガイド決定版! 南に丹沢山塊、北に奥多摩というメジャーエリアに挟まれた中央線沿線の山々は、日本百名山のような有名山岳こそ含まれないものの、首都圏の登山者から四季を通じて親しまれている。鉄道駅から直接登ることができる身近さから、根強い人気がある。著者が140日以上に渡って実踏調査したコース案内と、写真集のような美しい山岳写真でまとめられたガイドブック。富士山展望の山も多数収録。

Amazon で見る Rakuten で見る
日本の山 ガイド
教えてくれた人

渡邉 明博

1957年、東京都生まれ。中学時代に写真を始め、1976年から商業カメラマンとして写真を仕事とする傍ら、「山上から富士山を撮る」をテーマに山岳写真家としても確立。「低山フォトグラファー」として中央線沿線の低山にくまなく通い四季折々の風景を撮影。のべ150日に渡る実踏取材を元に『高尾山と中央線沿線の山』(山と溪谷社)を2016年に上梓。白籏史朗賞日本山岳写真コンテスト入選ほか受賞歴多数。山岳写真ASA会長。(写真=水谷和政)

同じテーマの記事
上野原市街の里山・八重山。富士山展望の名低山を、霧氷も見られる2月に歩く
1年で最も寒いこの季節、山梨県上野原市街にある八重山がオススメ。個人所有の山林の寄付から名が付いたという珍しい山は、タイミング良ければ霧氷も見られる、2月におすすめの低山。
「山梨県・高川山。縁起のよい富士山を拝む、1月のおすすめ低山」
低山フォトグラファーの渡邉明博さんに、季節のオススメ低山について紹介いただく連載。
1月のおすすめは、中央線沿線の高川山。大月市指定「秀麗富嶽十二景」の山のひとつで、人気が高く、1年を通して多くの登山者が訪れます。
山梨県・御前山&菊花山。大月駅から周回できる富士山展望の山で、師走も低山を楽しもう!
低山フォトグラファーの渡邉明博さんに、季節のオススメ低山について紹介いただく本連載。12月のオススメとして選んでくれたのは、JR中央本線、大月駅からすぐ眼の前に見える「菊花山」。標高はわずか644mですが、富士山の展望のほか抜群の景色が楽しめます。
駅から駅で秋色を楽しむ 。11月のオススメ、高畑山・倉岳山
低山フォトグラファーの渡邉明博さんに、旬な低山を紹介いただく連載。11月は低山でも本格的な紅葉シーズンに。今回は、中央線沿線の「高畑山・倉岳山」、駅から歩ける、富士山展望の縦走コースをご紹介します!
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2019年2月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。