このエントリーをはてなブックマークに追加

9月のオススメ低山は「九」のつく桃太郎伝説が残る九鬼山を、駅から駅まで歩こう!

低山フォトグラファーの気ままな山歩き
ガイド・記録 2018年09月03日

低山を愛し、四季を通じて隈なく歩く、「低山フォトグラファー」の渡邉明博さん。 季節に合わせ、9月のおすすめの山として紹介いただいたのは、「九」のつく山であり、「桃太郎伝説」が残るという「九鬼山」。どんな見どころがあるのでしょうか。

富士急行の禾生駅から見えているのが九鬼山

 

残暑が厳しい9月はどんな低山がおすすめでしょう? 「九」のつく山、というわけではないのですが、今回は、山梨県の九鬼山(くきさん)を紹介します。

九鬼山と言えば、大月市が指定した「秀麗富嶽十二景」の一座として知られる富士山展望の山ですが、「むかし昔、あるところに…」で始まる「桃太郎」の伝説が語り継がれている山でもあるのです。

その昔、大月市の「百蔵山(ももくらやま)」で生まれた桃太郎は、上野原市の「犬目」で「犬」を、大月市の「猿橋」で「猿」を、「鳥沢」で「キジ」を引き連れて、九鬼山に棲む「鬼」を退治にやってきたと伝えられています。 さらには、桃太郎が富士山に住む10匹の鬼を退治したところ、1匹が大月の岩殿山に逃げて、残り9匹が禾生(かせい)にある山に逃げたから「九鬼山」になった、という説もあるようです。

天狗岩から見える富士山。9匹の鬼があそこから逃れてきたのかも…

 

桃太郎が鬼を退治に九鬼山に登るというなら、犬や猿、キジは何処で落ち合ったのか…。それが、禾生(かせい)駅周辺で「加勢した」、という話もあるそう。ほかにも大月周辺には、桃太郎と鬼退治にまつわる言い伝えが残っていて、周囲の山・地名にも見て取れ、どの説もなるほどと思うものです。 そんな楽しい話題を持って、九鬼山を歩いてみてはいかがでしょうか?

今回紹介するルートは、駅から駅のおすすめコースです。

富士急行の禾生駅から国道に出て、大月方面に進むと登録有形文化財に指定されている駒橋発電所落合水路が右手に見えてきます。レンガ創りの水路橋は芸術作品と言ってよいものです。

登録有形文化財となっている落合水路橋。1907年建造の煉瓦造アーチ橋で長さは56m

 

橋を渡り右折して愛宕神社コースに入って行きます。直ぐに赤い鳥居の愛宕神社が現れます。ここからが登山道です。 中間点で池の山コースと交わり、途中、天狗岩に寄って山頂を目指します。天狗岩は、狭いですが、このコースの最大の景勝地なのでぜひ寄って行きたいところ。

天狗岩からの展望。地図を広げ、周囲の山を山座同定するのもの楽しみ

 

九鬼山山頂手前には富士見台があり、樹間から富士山が望めます。

九鬼山山頂の様子。晴れれば大菩薩方面がよく見える

 

また富士見台から杉山新道側に少し戻った所にはリニア見晴台があります。冬枯れの時期ならば、眼下を走るリニア実験線が見えるかも知れません。

九鬼山山頂は北側方面が開け、大菩薩嶺などの山々が望めます。 ロケーションを考えてお弁当を広げるのが、山頂か、富士見台かは迷うところでしょう。

山頂からは札金峠方面に下山。途中、ロープのある急な下りがあるので、慎重に通過すると紺屋休場に出ます。ここも開けていて気持ちの良いところ。さらに馬立山分岐で、札金沢コースを下ります。やがて林道に出て舗装道に変わり、踏切を渡って民家の小道を進めば、田野倉駅に到着です。

紺屋休場からは高川山方面がよく見える

 

時間に余裕があれば、馬立山分岐を直進し、馬立山を経て、大月駅まで歩くこともできます。また、田野倉駅には常設の駐車場があるので、ここに車を置いて、禾生駅まで富士急行に乗って周遊してくる方法もあります。

ぜひ地図やガイドブックを開いて、ご自身に合ったコースプランニングをしてみてください。

ひと足早い秋色!

 

 

 
『高尾山と中央線沿線の山』

高尾山と中央線沿線の山々の徹底コースガイド決定版! 南に丹沢山塊、北に奥多摩というメジャーエリアに挟まれた中央線沿線の山々は、日本百名山のような有名山岳こそ含まれないものの、首都圏の登山者から四季を通じて親しまれている。鉄道駅から直接登ることができる身近さから、根強い人気がある。著者が140日以上に渡って実踏調査したコース案内と、写真集のような美しい山岳写真でまとめられたガイドブック。富士山展望の山も多数収録。

Amazon で見る Rakuten で見る
日本の山 ガイド
教えてくれた人

渡邉 明博

1957年、東京都生まれ。中学時代に写真を始め、1976年から商業カメラマンとして写真を仕事とする傍ら、「山上から富士山を撮る」をテーマに山岳写真家としても確立。「低山フォトグラファー」として中央線沿線の低山にくまなく通い四季折々の風景を撮影。のべ150日に渡る実踏取材を元に『高尾山と中央線沿線の山』(山と溪谷社)を2016年に上梓。白籏史朗賞日本山岳写真コンテスト入選ほか受賞歴多数。山岳写真ASA会長。(写真=水谷和政)

同じテーマの記事
高柄山 ~低山なのに変化に富み、少しハードな味わい深い山~
梅雨入りして雨降り空模様が多い時期、オススメの低山はどこだろう? 低山フォトグラファーの渡邉明博さんのオススメは、山梨県の高柄山(たかつかやま)。低山ながら、約6時間、たっぷり楽しめるハードな山、とのこと。
サクラのプロムナードを巡る新緑の生藤山へ
いよいよせまったゴールデンウイーク、どこへ行こうか悩むところです。残雪の北アルプスや八ヶ岳もいいのですが、1日くらいは、気軽な低山ハイキングにしてみてはいかがでしょう? 低山フォトグラファーの渡邉明博さんにオススメの山を聞いてみました。
魅力いっぱいの要害山。開花に合わせ、桜と富士山を愛でる低山ハイクへ!
低山フォトグラファーの渡邉明博さんに、季節のおすすめとなる低山を紹介してもらう連載。今回は、春を迎え、山上でサクラと富士山の風景を楽しめる山梨県上野原市の低山、要害山(ようがいさん)をご紹介します。
上野原市街の里山・八重山。富士山展望の名低山を、霧氷も見られる2月に歩く
1年で最も寒いこの季節、山梨県上野原市街にある八重山がオススメ。個人所有の山林の寄付から名が付いたという珍しい山は、タイミング良ければ霧氷も見られる、2月におすすめの低山。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年6月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的! 今回のモニター企画で最後を飾るのは、暑い大野山でも背中の汗が気にならなかったという、O.N.さんのレポートです!
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
NEW 登山中の飲料に関するアンケート
登山中の飲料に関するアンケート みなさんは山で何を飲んでいますか? 飲料に関するアンケートにご協力ください。抽選で5名様にプレゼントあり!