このエントリーをはてなブックマークに追加

ギリシャ・モンテネグロ・クロアチアを旅するなら歩きたいオススメトレイル:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(7)

トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」
ガイド・記録 2018年09月28日

トレッキングをテーマに300日間で世界一周旅行をした山野夫婦が、訪れた五大陸50超のトレイルからおすすめの場所を振り返る連載「世界のトレイルを巡る旅」。第7回目は、ギリシャ最大の島クレタ島サマリア渓谷、バルカン半島の山国モンテネグロのドゥルミトル国立公園、そして森の中に広がるエメラルドグリーンの湖群が美しいクロアチアのプリトヴィッツェ湖群国立公園でのトレッキングについてお伝えする。

 

 

迫り来る岩壁 ギリシャ・サマリア渓谷

2016年6月22日(世界一周71日目)

いよいよ僕らの旅もヨーロッパへ到達した。エーゲ海に浮かぶギリシャのリゾートアイランド・サントリーニ島でアジア旅の疲れを癒し、そこからさらに南にあるクレタ島へ。ギリシャ最大の大きさを誇り、古代遺跡やビーチ、オリーブオイルたっぷりの料理が有名なこの島には、標高2000mを超える山がいくつもある。

僕らが歩いたサマリア渓谷は、1230mのスタート地点からクレタ島南岸の海を目指して深い渓谷を歩く山下りルートだ。人気のコースとあってたくさんのハイカーで賑やかだ。

トレッキングのスタート地点にて


しばらくは眺望の少ない樹林帯を歩いていく。6月のクレタ島の日差しは強く、身体に堪える暑さだ。

このトレイルの見所は後半で、両脇にそびえ立つ岩山が徐々に近づき、垂直の岩壁となって迫ってくる。その壁には、横から縦へ、そしてまた横へと、うねるように捻れた何層もの地層が走っている。見上げてみるとどこまでも高く、吸い込まれそうな気持ちになる。迫り来る岩壁は最後は幅3、4mくらいまでに狭まった。鉄門(Iron  Gate)と呼ばれるそうだ。

迫力のある岩壁、サマリア渓谷のハイライト


そこを抜けるとゴールまではあと少し。最後はフェリーが停留する海岸へ。目の前にはリビア海が広がっていた。

ここからはフェリーで隣町まで移動。クレタ島の南岸はビーチと山が繰り返すような地形となっており、ここもトレッキングコースになっている。暑すぎない季節はフェリーに乗らずビーチでテント泊をしながら隣町まで歩くのも気持ちよさそうだ。そんなことを考えながら1時間ほどのちょっとしたクルーズを楽しんだ。

隣町までリビア海をショートクルーズ

 

カルストとカールの大展望 モンテネグロ・ドゥルミトル国立公園

2016年6月29日(世界一周78日目)

ギリシャの後はバルカン半島を北上して、モンテネグロの世界自然遺産ドゥルミトル国立公園へ。

拠点となるジャブリャクという街は標高1456mに位置し、ペンションのような建物が並ぶ高原のスキーリゾートといった感じだ。街のインフォメーションで情報を仕入れ、今回はObla Glavaという山までトレッキングすることを決めた。ひんやりとした空気にしっとりとした土は、ここまで歩いてきたトルコやギリシャの乾燥したトレイルと違い、日本の山に似ている気がした。

樹林帯を抜けると、緑の草原に石灰岩の白い岩肌が顔をだすカルストの風景となってくる。気持ち良いトレイルをしばらく歩き続け、小さな峠のようなポイントを抜けると、美しいカール地形が見えて来る。カールを囲むように2000m級の山々がそびえ立つ。遠くには連なる山々、足元には一面の花畑を眺めながら、緩やかな丘を歩いていく。

歩いている人がほとんどおらず、この景色を独り占め


カールの斜面に沿ってトレイルが続き、徐々に急登に変わっていく。ちょうど羊の群れもこのトレイルを登っていて、可愛らしい羊たちの表情と高低様々な鳴き声のお陰で、キツイはずの登りも、写真を撮りながら楽しく登ることができた。

羊と歩く体験も海外トレッキングならでは


ようやく目的の場所へ。眺望の良いところを見つけランチタイム。頂上ではないが、この辺りの最高峰ボボトブクックをはじめドゥルミトルの山々がぐるりと見渡せる僕らだけの絶景ポイントだ。あまりの気持ち良さに2時間弱もここでゆっくりしてしまった。

風もなく静かで穏やかな場所だった

 

エメラルドグリーンの神秘 クロアチア・プリトヴィッツェ湖群国立公園

2016年7月5日(世界一周84日目)

クロアチアの首都ザグレブからバスで約2時間、透明なエメラルドグリーンの湖群を眺めながらゆっくりと散策ができるプリトヴィツェ湖群国立公園へ向かった。ドゥブロヴニクと並びクロアチアを代表する世界遺産だ。

広大な森の中に点在するエメラルドグリーンの湖。石灰質の堆積物により階段状のプールとなり、それをつなぐように小さな滝がいくつも流れ落ちる。場所や日差しの強さ、季節によって、湖は様々な色に変化する。

湖は大小16、滝は92もあるという


湖にたどり着くと、その透明度に驚かされた。湖に沈む倒木や水草、そしてその間を泳ぎ抜けていく魚たちを、くっきりと見ることができる。遊歩道の一部は、湖の上に作られており、透明な湖を間近に感じながら歩くことができる。まるで湖面を歩いているような気分だ。

整備された森の中を歩く4時間ほどのハイキングだが、次々と現れる幻想的な湖と滝に、どれだけ歩いても飽きることはなかった。

遊歩道が整備されておりとても歩きやすい

 

旅行と組み合わせて楽しむギリシャ・モンテネグロ・クロアチアのトレイル

ギリシャは古代遺跡やリゾートアイランド、モンテネグロとクロアチアは、コトルやドゥブロヴニクといったアドリア海に面した世界遺産の古都が有名で、トレッキングのイメージはあまりないかもしれませんが、どこも自然豊かな国で、旅行と組み合わせてトレッキングを楽しむことができます。

トレイルトラベラーズのブログでは、ギリシャ、モンテネグロ、クロアチアのトレッキング情報をまとめていますので、よろしければご覧ください。

モンテネグロのコトルでは旧市街から伸びる城壁を登った
 

クロアチアのドゥブロヴニクでは街の背後にそびえるスルジ山をトレッキング
教えてくれた人

Trail Travelers 山野尚大・優子

山と旅の愛好家。経営コンサルタントとして平日の激務と休日の山ごもりを両立させる日々から、結婚を機に心機一転、夫婦で絶景トレイルを巡る世界一周の旅に出発。2016年4月からの300日間で、五大陸の50超のトレイルを歩く。「Trail Travelers(トレイルトラベラーズ)」を立ち上げ、旅行と組み合わせたトレッキングの楽しみ方を発信中。
【ブログ】
http://trailtravelers.net/
【Facebook】
https://www.facebook.com/trailtravelers/
【Instagram】
https://www.instagram.com/trailtravelers/

同じテーマの記事
世界で最も美しい場所!ノルウェー・ロフォーテン諸島:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(12)
第12回目は、ノルウェー北部にあるロフォーテン諸島。フィヨルド地形の穏やかな海に鋭く切り立った山々が浮かぶ、世界で最も美しい場所のひとつとも言われる場所。息を飲む絶景トレッキングの様子をお伝えする。
北欧の大自然を満喫できるロングトレイル! スウェーデン・クングスレーデン:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(11)
第11回目は、北欧を代表するロングトレイル、スウェーデンのクングスレーデン。日本語では王様の散歩道と訳されるが、北極圏に位置するこのトレイルは真夏でも気温が低く、天候も崩れやすいため、しっかりとした準備・装備が求められるトレイルの王様だ。アビスコからニッカルオクタまでの約110kmを歩いた様子をお伝えする。
海外トレッキング初心者におすすめ! スイス・グリンデルワルト:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(10)
第10回目は、まるで絵葉書の世界に飛び込んだかのような山村風景が広がるスイス・グリンデルワルト。アイガーが鎮座する山岳リゾートに張り巡らされたハイキングコースの中から2つのコースを紹介。
モンブランを眺める極上のキャンプ! フランス・イタリア・スイスを歩くツール・ド・モンブラン:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(9)
旅と組み合わせて気軽に楽しめる世界のトレイルを紹介する連載「世界のトレイルを巡る旅」。第9回目は、ヨーロッパアルプスのモンブラン山群の周りを、フランス・イタリア・スイスの3カ国にまたがって歩く人気のトレッキングコース、ツール・ド・モンブランでのトレッキングの様子をお伝えする。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年2月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!