このエントリーをはてなブックマークに追加

低山ながら360度の大展望! 紅葉と富士山展望の今倉山・二十六夜山 【パノラマ動画あり】

低山フォトグラファーの気ままな山歩き
ガイド・記録 2018年10月16日

低山をこよなく愛す低山フォトグラファーの渡邉明博さんに、季節に合わせた魅力的な低山を紹介いただく本連載。今回は10月におすすめの山として、今倉山と二十六夜山の2つピークを辿り、富士山と紅葉、360度の大展望を楽しみ、下山後は、いわれのある温泉に浸かる、贅沢な山旅をご紹介します!

 

10月になって紅葉前線がやってくると行きたくなるのが、山梨県の都留市と道志村に挟まれている、今回紹介する今倉山と二十六夜山です。特に、今倉山の赤岩からは、快晴ならば、ほぼ関東の全ての山が見える、と言っても過言ではないほど見ごとなパノラマが広がります。ほかに遮るものがなく、低山のピークとしてはトップクラスの大展望が楽しめるのです。また下山口付近には、松尾芭蕉所縁の立ち寄り湯「芭蕉月待ちの湯」があり、帰りのバス便も比較的に多く、登山計画が立てやすい点もおすすめです。

登山口となる道坂隧道バス停

アクセスは富士急行線の都留市駅から。道坂隧道行きバスに乗り、終点で下車。道坂隧道が登山口になります。バス停横には駐車スペースもあります。ここで身支度を整え出発です。トンネル横から登山道に入ると、直ぐにトンネル上の尾根に出ます。右は御正体山。今倉山へは左の尾根を行きます。

ここから次第に傾斜がきつくなり、高度を上げて行きます。振り返るたびに富士山が大きく見えてくるでしょう。急登は続くものの、ひと汗もかけば稜線に飛び出し、今倉山に到着します。ここに今倉山の標柱がありますが、木立に囲まれて展望はありません。

道標をあとに左の稜線を進むと西ヶ原と呼ばれる分岐に出て、道坂隧道からの沢コースが合流します。そのまま尾根を行けば、展望の赤岩(松山ともいう)に到着です。

今倉山・赤岩からの展望

なお、ほとんどの地図に東峰と西峰の表記がありますが、実際は西も東も無く、一つの今倉山であり、道標のある地点を今倉山と捉えた方が良いと思います。

今倉山・赤岩からの展望

狭い山頂ですが展望は見ごとで、南アルプス、北アルプス、八ヶ岳、奥秩父、大菩薩、奥多摩、中央沿線の山々、筑波山に副都心とスカイツリーなど、360度遮るものがない大パノラマに感動するでしょう。来て良かった、と思うに違いありません。

山頂からは起伏が少ない稜線を進んで行きます。緩やかな下りが始まると、いったん菅野林道に飛び出ます。

赤岩から林道までの稜線の紅葉は見事/林道に出る直前、二十六夜山が目の前にみえる

林道左は道坂隧道に下るので、右に少し進み、左側にある登山道に入って、もう少し緩やかに登ると、二十六夜山に着きます。

紅葉の二十六夜山山頂。富士山が大きく浮かぶ

細長い山頂の左右に展望があり、富士山や九鬼山が見られます。また西側には「廿六夜」と彫られた石碑が建っています。
ここの展望も楽しんだら、富士山に別れを告げ、下山です。石碑のすぐ下で道は二手に分かれますので、右に進み、北に延びる尾根を下って行きます。しばらくは急な下りが続きますが、尾根から斜面に変わると、植林のジグザグの下りに変わり、緩やかになると仙人水に着きます。大岩から湧き出している清水は甘味があって美味しいのでおすすめします。

後半の見どころのひとつ仙人水

次に出逢うのは一枚岩の「かっちゃ岩」で、昔、僧侶が岩屋にして住んでいたそう。後半になっても見どころがあるコースは嬉しいですね。

二十六夜の月待ち風習について書かれた看板

コースは、やがて涸れ沢沿いに下って行き、矢多沢と合流すれば間もなく林道に出ます。そのまま道なりに歩くと、上戸沢の集落が現れてT字路にぶつかります。

左に行けば西川バス停に出られますが、バス便が少ないこともあり、ここは右に進んで、「芭蕉月待ちの湯」に向かいましょう。

ここでひとっ風呂浴びながら、「月待ちの湯」で「バス待ちの人」になって都留市駅に戻るのがおすすめです。

なお、マイカーならば、道坂隧道バス停横の駐車場に車を停め、今倉山から二十六夜山を踏んだあと、舗装された林道を下れば周遊で歩くことができます。

今回、歩いた場所

「芭蕉月待ちの湯」について

その昔、この地域には、あたり一面に満々の水を湛え、涸れることがない池があったそうです。周囲の山々から昇る月を写した池の美しさは格別で、松尾芭蕉も、この地に立ち寄り「名月の夜やさぞかしの宝池山(*)」と詠んだと伝えられています。また、陰暦正月と7月の二十六日の夜半に、月の出るのを待って拝むことを「二十六夜待ち」といい、その月待ち信仰のある二十六夜山の麓に設置する温泉施設であることから、「月待ちの湯」の名前が選ばれたそう。

戸沢川沿いの自然に包まれた風流な露天風呂は、定評のある美肌の湯になっている。露天風呂は2つあり石造りと岩造り。男女週替わりで入替え制。

泉質:アルカリ性単純温泉/営業時間:10時~21時/定休日:月曜日/料金710円/駐車場100台
*宝池山の月はなかなかすばらしい。これが名月の晩だったら、さぞかし見事な眺めになるだろう(都留市ウェブサイト「松尾芭蕉句碑」紹介ページより)

『高尾山と中央線沿線の山』

高尾山と中央線沿線の山々の徹底コースガイド決定版! 南に丹沢山塊、北に奥多摩というメジャーエリアに挟まれた中央線沿線の山々は、日本百名山のような有名山岳こそ含まれないものの、首都圏の登山者から四季を通じて親しまれている。鉄道駅から直接登ることができる身近さから、根強い人気がある。著者が140日以上に渡って実踏調査したコース案内と、写真集のような美しい山岳写真でまとめられたガイドブック。富士山展望の山も多数収録。

Amazon で見る Rakuten で見る
ガイド 日本の山
教えてくれた人

渡邉 明博

1957年、東京都生まれ。中学時代に写真を始め、1976年から商業カメラマンとして写真を仕事とする傍ら、「山上から富士山を撮る」をテーマに山岳写真家としても確立。「低山フォトグラファー」として中央線沿線の低山にくまなく通い四季折々の風景を撮影。のべ150日に渡る実踏取材を元に『高尾山と中央線沿線の山』(山と溪谷社)を2016年に上梓。白籏史朗賞日本山岳写真コンテスト入選ほか受賞歴多数。山岳写真ASA会長。(写真=水谷和政)

同じテーマの記事
「山梨県・高川山。縁起のよい富士山を拝む、1月のおすすめ低山」
低山フォトグラファーの渡邉明博さんに、季節のオススメ低山について紹介いただく連載。
1月のおすすめは、中央線沿線の高川山。大月市指定「秀麗富嶽十二景」の山のひとつで、人気が高く、1年を通して多くの登山者が訪れます。
山梨県・御前山&菊花山。大月駅から周回できる富士山展望の山で、師走も低山を楽しもう!
低山フォトグラファーの渡邉明博さんに、季節のオススメ低山について紹介いただく本連載。12月のオススメとして選んでくれたのは、JR中央本線、大月駅からすぐ眼の前に見える「菊花山」。標高はわずか644mですが、富士山の展望のほか抜群の景色が楽しめます。
駅から駅で秋色を楽しむ 。11月のオススメ、高畑山・倉岳山
低山フォトグラファーの渡邉明博さんに、旬な低山を紹介いただく連載。11月は低山でも本格的な紅葉シーズンに。今回は、中央線沿線の「高畑山・倉岳山」、駅から歩ける、富士山展望の縦走コースをご紹介します!
9月のオススメ低山は「九」のつく桃太郎伝説が残る九鬼山を、駅から駅まで歩こう!
9月のおすすめの低山は、「九」のつく山であり「桃太郎伝説」が残るという「九鬼山」。夏と秋の端境期の展望と、駅から駅まで登山を楽しめるおすすめコースです。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年2月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。