このエントリーをはてなブックマークに追加

初冬の鈴鹿・鈴北岳、御池岳をのんびりテント泊山行。霧氷で化粧した早朝の山頂を満喫する

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2018年12月07日

霧が発生した朝に、気温が氷点下まで下がると、落葉した枝に付いた水滴は凍りつき、「霧氷」という神秘的な風景を見せてくれる。気温が上がれば氷は解け落ちてしまうので、見られる時間は短いことが多い。三重県・滋賀県県境にそびえる鈴北岳・御池岳での、霧氷体験を様子を週刊ヤマケイから紹介する。

 

三重県と滋賀県の県境に、南北に峰々を連ねる鈴鹿山脈。標高1000mを少し超える山々が連る山域は、中京圏からのアクセスが良いこともあって、日帰りで訪れる登山者が多い。しかし南北に長く連なるので、長く山中で堪能することも可能だ。テントを持って山中に入り、縦走登山を楽しむのも悪くない。

鈴鹿山脈は太平洋に近い位置にあるものの、冬は日本海側からの風が吹きこむ位置にあるために意外と積雪量は多い。本格的な冬が訪れる直前の雪が積もる前は、早朝は霧氷や薄っすら積もった雪化粧が美しい。今回は鈴鹿山脈最高峰の御池岳にテント泊し、初冬の神秘的な景色楽しんだ模様を、週刊ヤマケイから紹介する。

少しずつ一般化されつつある滋賀県側からのルートを通る

 

初冬の早朝、霧氷に包まれた御池岳山頂を堪能する

鈴鹿の山はどこも日帰り登山ができますが、そこをあえてテント泊にすることで、いつもと違った風景が味わえます。2017年12月2日~3日、初冬の鈴北岳・御池岳を滋賀県側から周回しました。

鈴鹿山系は、三重県側は急峻で滋賀県側はなだらかな地形です。したがって滋賀県側から入山する場合、なだらかがゆえにアプローチが長く、林道に頼らざるをえません。御池岳登山に利用できる林道は御池林道ですが、災害で通行止めになることが多く、今回も小又谷分岐から少し先で通行不能となっていました。

さて滋賀県側からのルートですが、以前は決まったルートがなく、山慣れた人たちによるバリエーション山行がほとんどでした。しかし最近は、T字尾根ルートが整備され入山者が多くなってきました。今回は、小又谷林道分岐から御池林道をゴロ谷まで歩き、伊勢尾で鈴北岳に登り、御池岳を経由してT字尾根で下山しました。

御池岳は石灰岩地形の台地状の山で、山頂付近にはオオイタヤメイゲツ林が広がっています。金曜日から寒波が入ったので、樹林に霧氷がつき、白い粉をまぶしたようで、とてもきれいでした。

冬の朝、霧氷で化粧した御池岳(写真=金丸勝実)


夕方には風が弱まったので、展望のよい鈴北岳でテントを設営しました。西に彦根など琵琶湖周辺の町の夜景、東には名古屋の夜景が楽しめました。またスーパームーンの薄明かりに御池岳が浮かび上がり、幻想的な風景が見られました。

2日目は御池岳山頂を経由し、ボタンブチへ下り展望を楽しみました。ここも展望のよいところで、朝日に輝く伊勢湾が印象的でした。

山上台地の霧氷

鈴北岳山頂から見る日の出


帰路はT字尾根ルートを使いました。しっかりとした道標が整備され、一般道化され始めましたが、山上台地からの降り口が急峻なので注意なのと、間違って枝尾根に入り込まないようにしてください。平坦になったところがブナ権現と呼ばれるところで、ブナ林が広がり雰囲気のいいところです。

御池岳山頂付近から見る伊勢湾

T字尾根のブナ林


Tの字の中心点がP918で、ここを左折し尾根伝い歩き植林を下ると御池林道に降ります。降り口にもしっかりとした道標が設置されました。

これからの季節、積雪が多くなると集落のある君ヶ畑から先は車での進入が難しくなります。積雪状況を確認して入山してください。

 

教えてくれた人

金丸勝実

1956年三重県鈴鹿市生まれ。教育者、登山家、山岳ライター。90年代から本格的に鈴鹿や台高の山を歩きはじめ、花を中心に撮影活動をするかたわら、ガイドブックや山岳雑誌の執筆を続けている。
ホームページ「歩人倶楽部」やSNSで、山や花に関する情報を提供している。
⇒歩人倶楽部

週刊ヤマケイ

旬の登山情報、山に関するさまざまなエトセトラをタイムリーに、そしてスピーディーにお届けするサービス。
メールアドレスを登録するだけで、毎週木曜日にあなたのPC、スマホに最新山岳情報をお届け !もちろん購読は無料。
 ⇒詳細・購読希望はこちら!

同じテーマの記事
丹沢・仏果山に、初冬の風物詩「シモバシラの氷華」を探しに行こう!
よく晴れた冬の寒い朝、寒さを我慢して冬の景色を探しに行ってみるのはいかがだろうか。例えば丹沢・仏果山は、素晴らしい展望とともに、「シモバシラの氷華」に出会える。
ダイヤモンド富士にシモバシラの氷華――、冬至からクリスマス時期は高尾山がアツい!
12月下旬、街はクリスマスやお正月を迎えて華やいでいるものの、1年で最も昼間の時間が短い時期、山に登る気分ではない時期かもしれない。しかし、都民の憩いの場である高尾山は、このときこそ登るべき山と言えるだろう。
陽だまりハイクと遅い紅葉を鎌倉アルプスで楽しむ。相模湾、富士山の眺望と史跡巡りも満喫
寒さが一段と厳しくなる時期、陽だまりを受けた遅い紅葉を味わいながら、風情豊かな史跡散策を兼ねたハイキングをするのはいかがだろうか? 晴れた鎌倉アルプスの尾根を歩けば、眼下に秋色の市街と、その先に富士山や相模湾を望める。
室生山地最高峰の倶留尊山で晩秋を堪能、枯野にススキの穂が輝く曽爾高原、池ノ平の絶景
緑の草原だった場所は、すっかり枯野となってしまうが、この枯野が広がる風景もまた趣がある。三重県と奈良県の県境にそびえる倶留尊山は、ススキの穂が黄金色に輝き、晩秋の風情が楽しめる。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年4月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!