このエントリーをはてなブックマークに追加

空気が澄んでくる季節――。山頂で夜景を楽しむナイトハイキングに行ってみよう

From ワンダーフォーゲル編集部
基礎知識 2018年11月20日

山頂で夜景を楽しむナイトハイキング。空気が冷えて澄んでくるこれからの季節がおすすめです。ナイトハイキングを楽しむポイントとおすすめの山をご紹介します。

文/松原了太、編集部 写真/堀 寿伸

 

初めてのナイトハイキングQ&A

『ワンダーフォーゲル』2018年12月号の特集は「日帰りハイク100ルート」。「低山で岩場! スリリングハイキング」、「ご当地アルプス」、「四季を感じる季節限定の山」、「駅前登頂2時間のコースガイド」など、さまざまなテーマの日帰りコースガイドを掲載。春夏秋冬・1年中楽しめる、保存版大特集となっている。

その、テーマの1つとして紹介しているのが、「ナイトハイキングの山」だ。夜間に登山するとなると街灯などがなく真っ暗となる登山道は、さまざまな危険を伴うことになる。一方、日没時間が早く、空気が澄んでくる冬は夜景が一層きれいな季節。山頂から壮観な夜景を楽しむには最高の時期だ。

そこで、『関西ナイトハイキング』(創元社)の著者である松原了太さんに、ナイトハイキングを始める際のポイントを教えてもらった。

 

Q1:ナイトハイキングの魅力って何?

A:公共交通機関を利用して簡単にアクセスできる夜景でも感動はできますが、暗い登山道をてくてくと歩いて山の頂に立ち、眼前に広がる夜景を目にしたときの感動は格別です。また、夜景観賞は空気の澄んだ秋から冬が適期です。

 

Q2:ナイトハイキングに欠かせない装備はある?

A:暗い登山道では光源が不可欠です。ヘッドライトは予備と合わせて2つ、予備電池も必ず携行しておくことです。万が一に備えて、ツエルトもあるとベストです。夜間に地図とコンパスの使用は困難ですので、正確な位置を示すGPSを活用しましょう。

 

Q3:夜に歩くと道に迷わない?

A:夜間でも、踏み跡がある整備された登山道であれば、あまり迷うことはありませんが、分岐点などは注意深く意識しながら歩く必要があります。そして、必ず昼間の明るいうちにルートの下見をしておくことが絶対条件です。

 

Q4:夜に歩くと動物に襲われない?

A:ナイトハイキングをしているとシカやイノシシと遭遇することがありますが、ほとんどがヘッドライトの光におびえて逃げていきます。初めて見たときはびっくりしますが、立ち止まって動物がその場を離れるのを待ちましょう。

 

Q5:その他、ナイトハイキングの注意事項を教えて!

A:ルート選びは、沢筋をできるだけ避けて尾根道の最短ルートでのピストンが基本となります。暗い登山道では、足元にある岩などを見逃してつまずくこともありますので、足元を照らしながら一歩ずつ慎重に歩くようにしましょう。

 

ナイトハイキングにおすすめの山

赤城山・鍋割山(群馬県)

標高: 1332m、歩行時間: 計2時間40分(荒山高原登山口から往復)

赤城山の一峰、鍋割山。トワイライトタイムの夜景は格別。

⇒赤城山・鍋割山の詳細情報

 

高御位山(兵庫県)

標高: 304m、歩行時間: 計1時間5分(高御位神宮から往復)

播州平野の夜景が一望。高御位神社の参道でもあるため歩きやすい。

⇒高御位山の詳細情報

 

ナイトハイキングについてもっと知るなら・・・

『関西ナイトハイキング』
(著:堀寿伸、松原了太 発行:創元社)

関西でナイトハイキングを始めるならこちらの書籍。関西の29の山を紹介。写真家・堀寿伸さんによる夜景の美しい写真も楽しめます。

また、本書の著者である松原さんのホームページ「Nighthiking & Nightview」では、ナイトハイキングにおすすめの関東・関西の山を綺麗な夜景写真と合わせて紹介されています。ナイトハイキング情報も豊富、あわせてご覧ください。

 

教えてくれた人

ワンダーフォーゲル編集部

時間の空いたときに、好きな山へ出かけ、自分のペースで歩ける自由さはソロ山行の醍醐味。
一方で、なにかトラブルに見舞われたときの深刻さは、仲間といるときの比ではありません。ひとりで歩くことの魅力とリスクについて考える特集です。
 ⇒詳細はコチラ!
 ⇒Facebook
 ⇒Twitter

同じテーマの記事
テント泊登山で守るべきルールとマナー、4ヶ条。登山地ならではの行動と気遣いを!
登山のテント泊には、守るべきルールとマナーがあるのをご存じだろうか。周りに迷惑をかけない、自然をいたわるなど、登山地ならではの行動が求められる。他者と自然を気遣う心をもって、テント泊登山を楽しもう。
桜花のいってきマウンテン~低山おやまぁ発見記~ 『ワンダーフォーゲル』で新連載スタート
山が好きすぎて芸名にもなった、山登り大好き芸人、“ダジャレのスペシャリスト”として名を馳せる、桜花さんの新連載がワンダーフォーゲル6月号からスタート! 初回は栃木県の低山、両崖山&天狗山へ――。
NMB48白間美瑠クライマー化計画! 『ワンダーフォーゲル』で新連載スタート
アイドルグループNMB48のメンバー“みるるん”こと白間美瑠さんが、クライマーをめざして挑戦! ワンダーフォーゲル4月号からスタートする連載第1回目の様子をチラッとご紹介します。
登山中のコンパスの出番とは? 今年こそコンパスを使える登山者になろう!
「最低でも地図とコンパスは持参すべし!」という言葉どおり、登山に地図もコンパスも持っていくけど、山で一度も使ったことがない――、とすっかり宝の持ち腐れな方へ。どんなシチュエーションでコンパスは必要になるのだろうか?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年9月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に554点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開中
カリマー「クーガー」モニターレポート公開中 25kgの荷物を5〜6時間背負っても疲労感が少なくフィッティングの良さを実感したという、もりちかさんのレポート公開!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
NEW 山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて大町市に移住した2つの家族。移住の経緯や大町暮らしの魅力を聞いた。移住体験会では参加者を募集中!
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。