このエントリーをはてなブックマークに追加

空気が澄んでくる季節――。山頂で夜景を楽しむナイトハイキングに行ってみよう

From ワンダーフォーゲル編集部
基礎知識 2018年11月20日

山頂で夜景を楽しむナイトハイキング。空気が冷えて澄んでくるこれからの季節がおすすめです。ナイトハイキングを楽しむポイントとおすすめの山をご紹介します。

文/松原了太、編集部 写真/堀 寿伸

 

初めてのナイトハイキングQ&A

『ワンダーフォーゲル』2018年12月号の特集は「日帰りハイク100ルート」。「低山で岩場! スリリングハイキング」、「ご当地アルプス」、「四季を感じる季節限定の山」、「駅前登頂2時間のコースガイド」など、さまざまなテーマの日帰りコースガイドを掲載。春夏秋冬・1年中楽しめる、保存版大特集となっている。

その、テーマの1つとして紹介しているのが、「ナイトハイキングの山」だ。夜間に登山するとなると街灯などがなく真っ暗となる登山道は、さまざまな危険を伴うことになる。一方、日没時間が早く、空気が澄んでくる冬は夜景が一層きれいな季節。山頂から壮観な夜景を楽しむには最高の時期だ。

そこで、『関西ナイトハイキング』(創元社)の著者である松原了太さんに、ナイトハイキングを始める際のポイントを教えてもらった。

 

Q1:ナイトハイキングの魅力って何?

A:公共交通機関を利用して簡単にアクセスできる夜景でも感動はできますが、暗い登山道をてくてくと歩いて山の頂に立ち、眼前に広がる夜景を目にしたときの感動は格別です。また、夜景観賞は空気の澄んだ秋から冬が適期です。

 

Q2:ナイトハイキングに欠かせない装備はある?

A:暗い登山道では光源が不可欠です。ヘッドライトは予備と合わせて2つ、予備電池も必ず携行しておくことです。万が一に備えて、ツエルトもあるとベストです。夜間に地図とコンパスの使用は困難ですので、正確な位置を示すGPSを活用しましょう。

 

Q3:夜に歩くと道に迷わない?

A:夜間でも、踏み跡がある整備された登山道であれば、あまり迷うことはありませんが、分岐点などは注意深く意識しながら歩く必要があります。そして、必ず昼間の明るいうちにルートの下見をしておくことが絶対条件です。

 

Q4:夜に歩くと動物に襲われない?

A:ナイトハイキングをしているとシカやイノシシと遭遇することがありますが、ほとんどがヘッドライトの光におびえて逃げていきます。初めて見たときはびっくりしますが、立ち止まって動物がその場を離れるのを待ちましょう。

 

Q5:その他、ナイトハイキングの注意事項を教えて!

A:ルート選びは、沢筋をできるだけ避けて尾根道の最短ルートでのピストンが基本となります。暗い登山道では、足元にある岩などを見逃してつまずくこともありますので、足元を照らしながら一歩ずつ慎重に歩くようにしましょう。

 

ナイトハイキングにおすすめの山

赤城山・鍋割山(群馬県)

標高: 1332m、歩行時間: 計2時間40分(荒山高原登山口から往復)

赤城山の一峰、鍋割山。トワイライトタイムの夜景は格別。

⇒赤城山・鍋割山の詳細情報

 

高御位山(兵庫県)

標高: 304m、歩行時間: 計1時間5分(高御位神宮から往復)

播州平野の夜景が一望。高御位神社の参道でもあるため歩きやすい。

⇒高御位山の詳細情報

 

ナイトハイキングについてもっと知るなら・・・

『関西ナイトハイキング』
(著:堀寿伸、松原了太 発行:創元社)

関西でナイトハイキングを始めるならこちらの書籍。関西の29の山を紹介。写真家・堀寿伸さんによる夜景の美しい写真も楽しめます。

また、本書の著者である松原さんのホームページ「Nighthiking & Nightview」では、ナイトハイキングにおすすめの関東・関西の山を綺麗な夜景写真と合わせて紹介されています。ナイトハイキング情報も豊富、あわせてご覧ください。

 

教えてくれた人

ワンダーフォーゲル編集部

剱・穂高ガイドの完全版。憧れの剱・立山連峰へ!
豪雪に削られた急峻な山々はすべての登山者の憧れの地だ。「岩と雪の殿堂」と呼ばれる剱岳は一般登山道最高難度のルートである。
一方、室堂を起点に東にそびえる立山、西に広がる弥陀ヶ原は、ビギナーでもスケールの大きい景観を楽しめるエリアだ。
ビギナーからベテランまで、レベルに合わせて楽しめる、丸ごと一冊剱・立山大特集!
 ⇒詳細はコチラ!
 ⇒Facebook
 ⇒Twitter

同じテーマの記事
すべての登山者が憧れる山・剱岳。その頂を踏むことなく、奥深くへと入り込む静かな縦走路があるのを知っているだろうか
室堂から欅平まで、山の頂を踏むことなく、渓谷を歩き、峠を越える縦走路。「岩と雪の殿堂」を開拓してきたクライマー、大正時代の鉱山労働者、そして戦前の過酷な発電所建設に従事した労働者、さまざまな背景の人々が歩いた道をたどる。
日本山岳史上最大の謎といわれる剱岳初登頂。そのルートの謎に迫る
日本山岳史上最大の謎といわれる剱岳初登頂。誰がどのルートで登ったのかを探検家の高橋大輔さんが、さまざまな角度から解き明かして、気づいたこととは?
立山連峰はなぜ氷河が多いのか? 内蔵助氷河なら、一般登山者も氷河の上を歩ける!
日本にある7つの氷河のうち、5つが立山連峰で発見されている。そもそも氷河とは? なぜ立山連峰に氷河が多いのか? 立山連峰の氷河のヒミツを教えます!
立山三山は2泊3日がおすすめ! 初めての3000m峰の縦走への誘い
北アルプス北部にある立山連峰。アルペンムード漂う3000m峰の山々に、豊富な残雪、色とりどりの高山植物、信仰の歴史、温泉などなど、多彩な魅力があふれている。魅力を思いっきり味わいたいのであれば、2泊3日の行程で計画するのがおすすめだ。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年9月29日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
秋田白神 紅葉の森の魅力
秋田白神 紅葉の森の魅力 世界遺産にも認定された白神山地。藤里駒ヶ岳、二ッ岳、小岳など秋田白神の自然の魅力を紹介します。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
NEW 背面機構が特徴! マムートのバックパック
背面機構が特徴! マムートのバックパック 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。久しぶりの山行テストは、独自の背面機構を持つマムートのバックパック!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...