このエントリーをはてなブックマークに追加

空気が澄んでくる季節――。山頂で夜景を楽しむナイトハイキングに行ってみよう

From ワンダーフォーゲル編集部
基礎知識 2018年11月20日

山頂で夜景を楽しむナイトハイキング。空気が冷えて澄んでくるこれからの季節がおすすめです。ナイトハイキングを楽しむポイントとおすすめの山をご紹介します。

文/松原了太、編集部 写真/堀 寿伸

 

初めてのナイトハイキングQ&A

『ワンダーフォーゲル』2018年12月号の特集は「日帰りハイク100ルート」。「低山で岩場! スリリングハイキング」、「ご当地アルプス」、「四季を感じる季節限定の山」、「駅前登頂2時間のコースガイド」など、さまざまなテーマの日帰りコースガイドを掲載。春夏秋冬・1年中楽しめる、保存版大特集となっている。

その、テーマの1つとして紹介しているのが、「ナイトハイキングの山」だ。夜間に登山するとなると街灯などがなく真っ暗となる登山道は、さまざまな危険を伴うことになる。一方、日没時間が早く、空気が澄んでくる冬は夜景が一層きれいな季節。山頂から壮観な夜景を楽しむには最高の時期だ。

そこで、『関西ナイトハイキング』(創元社)の著者である松原了太さんに、ナイトハイキングを始める際のポイントを教えてもらった。

 

Q1:ナイトハイキングの魅力って何?

A:公共交通機関を利用して簡単にアクセスできる夜景でも感動はできますが、暗い登山道をてくてくと歩いて山の頂に立ち、眼前に広がる夜景を目にしたときの感動は格別です。また、夜景観賞は空気の澄んだ秋から冬が適期です。

 

Q2:ナイトハイキングに欠かせない装備はある?

A:暗い登山道では光源が不可欠です。ヘッドライトは予備と合わせて2つ、予備電池も必ず携行しておくことです。万が一に備えて、ツエルトもあるとベストです。夜間に地図とコンパスの使用は困難ですので、正確な位置を示すGPSを活用しましょう。

 

Q3:夜に歩くと道に迷わない?

A:夜間でも、踏み跡がある整備された登山道であれば、あまり迷うことはありませんが、分岐点などは注意深く意識しながら歩く必要があります。そして、必ず昼間の明るいうちにルートの下見をしておくことが絶対条件です。

 

Q4:夜に歩くと動物に襲われない?

A:ナイトハイキングをしているとシカやイノシシと遭遇することがありますが、ほとんどがヘッドライトの光におびえて逃げていきます。初めて見たときはびっくりしますが、立ち止まって動物がその場を離れるのを待ちましょう。

 

Q5:その他、ナイトハイキングの注意事項を教えて!

A:ルート選びは、沢筋をできるだけ避けて尾根道の最短ルートでのピストンが基本となります。暗い登山道では、足元にある岩などを見逃してつまずくこともありますので、足元を照らしながら一歩ずつ慎重に歩くようにしましょう。

 

ナイトハイキングにおすすめの山

赤城山・鍋割山(群馬県)

標高: 1332m、歩行時間: 計2時間40分(荒山高原登山口から往復)

赤城山の一峰、鍋割山。トワイライトタイムの夜景は格別。

⇒赤城山・鍋割山の詳細情報

 

高御位山(兵庫県)

標高: 304m、歩行時間: 計1時間5分(高御位神宮から往復)

播州平野の夜景が一望。高御位神社の参道でもあるため歩きやすい。

⇒高御位山の詳細情報

 

ナイトハイキングについてもっと知るなら・・・

『関西ナイトハイキング』
(著:堀寿伸、松原了太 発行:創元社)

関西でナイトハイキングを始めるならこちらの書籍。関西の29の山を紹介。写真家・堀寿伸さんによる夜景の美しい写真も楽しめます。

また、本書の著者である松原さんのホームページ「Nighthiking & Nightview」では、ナイトハイキングにおすすめの関東・関西の山を綺麗な夜景写真と合わせて紹介されています。ナイトハイキング情報も豊富、あわせてご覧ください。

 

教えてくれた人

ワンダーフォーゲル編集部

「世界を広げるソロトレッキング」、ソロハイカーが知りたいノウハウをすべて詰め込んだ一冊です。
自由気ままに山歩きが楽しめるソロトレッキング。ひとり歩きを満喫するために、知っておくべき計画や装備、行動中の基本と応用をご紹介。
新しい自分に、新しい山に出会う、一歩先のソロを目指すための総力特集です。
 ⇒詳細はコチラ!
 ⇒Facebook
 ⇒Twitter

同じテーマの記事
読書の秋。秋の夜長に、一人でひっそりと山に入ってみたくなるような本を読んでみる
秋の夜長のお供に、山の本を開いてみてはいかがだろうか。山、登山に関する本は数多いが、今回はその中から「単独行」、一人で山に行く話にまつわる書籍を紹介。行間から、ソロ登山の魅力を感じてみてみよう。
すべての登山者が憧れる山・剱岳。その頂を踏むことなく、奥深くへと入り込む静かな縦走路があるのを知っているだろうか
室堂から欅平まで、山の頂を踏むことなく、渓谷を歩き、峠を越える縦走路。「岩と雪の殿堂」を開拓してきたクライマー、大正時代の鉱山労働者、そして戦前の過酷な発電所建設に従事した労働者、さまざまな背景の人々が歩いた道をたどる。
日本山岳史上最大の謎といわれる剱岳初登頂。そのルートの謎に迫る
日本山岳史上最大の謎といわれる剱岳初登頂。誰がどのルートで登ったのかを探検家の高橋大輔さんが、さまざまな角度から解き明かして、気づいたこととは?
立山連峰はなぜ氷河が多いのか? 内蔵助氷河なら、一般登山者も氷河の上を歩ける!
日本にある7つの氷河のうち、5つが立山連峰で発見されている。そもそも氷河とは? なぜ立山連峰に氷河が多いのか? 立山連峰の氷河のヒミツを教えます!
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年12月2日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】
新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は「パヤック」の、フードがないタイプのシュラフ。果たしてその実力は?
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!