このエントリーをはてなブックマークに追加

世界有数の「雪国」。日本の雪山装備を考える

山の疑問・難問、山岳ガイドが答えます!
道具・装備 2018年12月24日
雪山で着る安心の服装

質問:去年の冬から雪山登山を始めました。冬のボーナスの大部分をつぎ込んで、雪山登山靴、ワカン、アイゼン、ピッケルと買い揃え、いよいよ、雪山用のウェアを購入・・・というところでサイフは空っぽ。今まで使っていた装備を流用したり、アウターはとりあえずカッパでガマンしたりと、涙ぐましい努力をしました。
この冬は、服装をきちんと揃えたいです。“本物の雪山登山者”らしく、安心の服装を準備するためのアドバイスをお願いします。

 

日本は世界有数の豪雪地帯

本格的な雪山用ウェアを準備する際に、忘れてはいけない非常に大きなポイントがあります。それは、「日本という国が世界有数の豪雪地帯だ!」ということです。冬型気圧配置が強まった厳冬期の山々は、連日、風雪が吹き荒れ、一晩でメートル単位の雪が降り積もることも珍しくありません。実は、そんな深雪が降り積もった状態や、風雪が吹き荒れている山に登山をするのは、世界の中でも日本人だけだと言っても良いのです。

雪に対応した装備、特にウェアは、この“日本の雪山は時として豪雪の雪山になる”ことを意識して準備する必要があります。また、強い風雪の下でも行動できる服装を準備することが求められます。

 

上着は長めを意識して

今、ほとんどの登山用具の専門店で販売されている雪山用のウェアを見てみると、上半身に着る物が下着からアウターに至るまで“丈が短い”です。日本人は胴長が多いため、そう感じるだけでなく、深いラッセルや、風雪下での行動が、ウェアにあまり考慮されていないことが原因の一つです。そしてシルエットやデザイン性を考えてか、造りが細身すぎます。こうしたウェアを着て深雪の中で行動すると、マイナス20度近い寒さの中で背中が肌まで出てしまう有様です。これでは、ひどく使いにくい。

まず、一番下に着る下着からフリースは、最低限“お尻の半分は覆う長さ”がほしいです。アウタージャケットも同様に、お尻の半分は覆う長さが必要です。1970年代頃までは、ヤッケには、ずり上がって風雪が入らないように「股かけベルト」という股下から裾が出なくするためのベルトが付いていました。時には、ヤッケの裾をオーバーズボンの中に入れて、絶対にめくれないように工夫したものです。

そもそも、日本以外の国の登山者は膝を越える雪を踏み固めて前進するラッセルという概念がないように思います。せいぜい、脛(すね)程度の雪を歩くのが外国登山者の最大のラッセルのようです。

ただ、丈の短いウェアの多い中で、日本の登山用具メーカーは比較的その点が考慮されているように感じます。機能性を中心に、雪山の装備は選びたいものです。

 

他には、ゲイターや大きなポケットのついたアウターなどが必要

オーバーズボンの裾に、靴へ雪の侵入を防ぐ内蔵スパッツが付属されていたり、ゲイター(スパッツ)機能を予め雪山登山靴にもたせたりしているのは、最近の装備のたいへん良い改良点なのですが、一日中、深い雪、湿った雪の中を歩くこともある日本の雪山では、どうしてもゲイターがないと不安です。

同じ理由で、アウターは風雪から顔面を守る大きなフード(風雪の時以外は、視界を確保するためにフードが小さくできると更に良い)や、地形図、コンパス、GPS、ナイフ、コンパクトカメラなど、常時使用する小物が余裕をもって入れられるポケット、さらに、厚着をしても動きを妨げないように脇下に余裕のあるつくり・・・こうした要素は、本格的な雪山のアウターには不可欠です。

寒くても、晴れた晴天の中を真っ白な雪の中で雪山に登る姿を想像してウェアの準備をしがちですが、日本の雪山は、降雪と吹雪の場面が多いので、それらに対応できる準備をしてください。

カタログから飛び出したようなデザイン性に優れたウェアに身を固めたいのは誰でも同じですが、日本の豪雪と、水分の多い湿雪の中を行動することがあることを服装を選ぶ際には忘れないでほしいです。

教えてくれた人

山田 哲哉

1954年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。 著書に『奥多摩、山、谷、峠そして人』『縦走登山』(山と溪谷社)、『山は真剣勝負』(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」
 ⇒質問・お悩みはこちらから

同じテーマの記事
季節は梅雨真っ最中。ゆっくり山に復帰する登山者へ、奥秩父の山を勧めよう
都道府県をまたぐ移動の自粛も緩和される方向という情報を受け、山岳ガイドの山田哲哉さんから「登山再開時に奥秩父の登山を提案したい!」と連絡をいただいた。では、ぜひ! ということで、山田さんの大好きな山域である奥秩父の魅力を紹介してもらった。
毎日15分+5km。山岳ガイド山田哲哉さんに聞く、登山自粛中に習慣にしたいトレーニング
新型コロナウィルス感染拡大防止のため自粛で登山に行けないだけではなく、通勤する回数も減って、いつも以上に運動不足の登山者も多いはずだ。そこで、山岳ガイドという仕事柄、体力を維持していなくてはいけない山田さんに普段からできるトレーニングについて伺った。
冬の時期“雪のない山”での登山で気をつけたいこと
冬の期間で、雪のない山での登山をはじめる方へ向け、注意すべきポイントを山岳ガイドの山田哲哉さんに教えてもらった。
25年ぶりに登山を再開! 何が変わった? 何に気をつけたらよい?
25年ぶりに友人と登山に復帰した“アラフィフの40代さん”へ向けて、山岳ガイドの山田さんからアドバイスをもらう。復帰組にありがちな注意点、体力のこと、山のルール・マナー、心構えなど、ぜひ、参考にしたい。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年8月12日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...