このエントリーをはてなブックマークに追加

世界有数の「雪国」。日本の雪山装備を考える

山の疑問・難問、山岳ガイドが答えます!
道具・装備 2018年12月24日
雪山で着る安心の服装

質問:去年の冬から雪山登山を始めました。冬のボーナスの大部分をつぎ込んで、雪山登山靴、ワカン、アイゼン、ピッケルと買い揃え、いよいよ、雪山用のウェアを購入・・・というところでサイフは空っぽ。今まで使っていた装備を流用したり、アウターはとりあえずカッパでガマンしたりと、涙ぐましい努力をしました。
この冬は、服装をきちんと揃えたいです。“本物の雪山登山者”らしく、安心の服装を準備するためのアドバイスをお願いします。

 

日本は世界有数の豪雪地帯

本格的な雪山用ウェアを準備する際に、忘れてはいけない非常に大きなポイントがあります。それは、「日本という国が世界有数の豪雪地帯だ!」ということです。冬型気圧配置が強まった厳冬期の山々は、連日、風雪が吹き荒れ、一晩でメートル単位の雪が降り積もることも珍しくありません。実は、そんな深雪が降り積もった状態や、風雪が吹き荒れている山に登山をするのは、世界の中でも日本人だけだと言っても良いのです。

雪に対応した装備、特にウェアは、この“日本の雪山は時として豪雪の雪山になる”ことを意識して準備する必要があります。また、強い風雪の下でも行動できる服装を準備することが求められます。

 

上着は長めを意識して

今、ほとんどの登山用具の専門店で販売されている雪山用のウェアを見てみると、上半身に着る物が下着からアウターに至るまで“丈が短い”です。日本人は胴長が多いため、そう感じるだけでなく、深いラッセルや、風雪下での行動が、ウェアにあまり考慮されていないことが原因の一つです。そしてシルエットやデザイン性を考えてか、造りが細身すぎます。こうしたウェアを着て深雪の中で行動すると、マイナス20度近い寒さの中で背中が肌まで出てしまう有様です。これでは、ひどく使いにくい。

まず、一番下に着る下着からフリースは、最低限“お尻の半分は覆う長さ”がほしいです。アウタージャケットも同様に、お尻の半分は覆う長さが必要です。1970年代頃までは、ヤッケには、ずり上がって風雪が入らないように「股かけベルト」という股下から裾が出なくするためのベルトが付いていました。時には、ヤッケの裾をオーバーズボンの中に入れて、絶対にめくれないように工夫したものです。

そもそも、日本以外の国の登山者は膝を越える雪を踏み固めて前進するラッセルという概念がないように思います。せいぜい、脛(すね)程度の雪を歩くのが外国登山者の最大のラッセルのようです。

ただ、丈の短いウェアの多い中で、日本の登山用具メーカーは比較的その点が考慮されているように感じます。機能性を中心に、雪山の装備は選びたいものです。

 

他には、ゲイターや大きなポケットのついたアウターなどが必要

オーバーズボンの裾に、靴へ雪の侵入を防ぐ内蔵スパッツが付属されていたり、ゲイター(スパッツ)機能を予め雪山登山靴にもたせたりしているのは、最近の装備のたいへん良い改良点なのですが、一日中、深い雪、湿った雪の中を歩くこともある日本の雪山では、どうしてもゲイターがないと不安です。

同じ理由で、アウターは風雪から顔面を守る大きなフード(風雪の時以外は、視界を確保するためにフードが小さくできると更に良い)や、地形図、コンパス、GPS、ナイフ、コンパクトカメラなど、常時使用する小物が余裕をもって入れられるポケット、さらに、厚着をしても動きを妨げないように脇下に余裕のあるつくり・・・こうした要素は、本格的な雪山のアウターには不可欠です。

寒くても、晴れた晴天の中を真っ白な雪の中で雪山に登る姿を想像してウェアの準備をしがちですが、日本の雪山は、降雪と吹雪の場面が多いので、それらに対応できる準備をしてください。

カタログから飛び出したようなデザイン性に優れたウェアに身を固めたいのは誰でも同じですが、日本の豪雪と、水分の多い湿雪の中を行動することがあることを服装を選ぶ際には忘れないでほしいです。

教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」
 ⇒質問・お悩みはこちらから

同じテーマの記事
登山用のファーストエイドキット。汎用性のある道具を使いこなして軽量に
ファーストエイドキット、あれもこれも必要と詰め込んでいませんか? 山でのトラブルを色々頭に思い浮かべると、持ち物が増えてしまうのはわかりますが、持ち物を減らすのも登山技術。今回は、山岳ガイドの山田さんにファーストエイドキットについて聞きました。
かつては山小屋に予約は不要だった!? 山小屋のキャンセル問題について考える
今年は雨続きで山小屋の宿泊予約のキャンセルが頻発して困っているということが話題に。やむを得ない登山中止も理解できる一方で、山小屋の立場からみるとダメージが多い、この問題。どう考えたらよいでしょうか?
行きたくなったら、また、行けば良い――。登山に飽きたことってありますか?
近郊の山だと景色などに物足りなさを感じたことはありますか? また、登山に飽きたことはあります? 少し聞きづらい、そんな質問を山岳ガイドの山田さんに問いかけてみました。
奥多摩・奥秩父のメインルートを歩き尽くした登山者向け。山田哲哉ガイドのオススメ実線ルートを紹介
奥多摩・奥秩父のメインルートを歩き尽くした登山者へ向けて、計画を立てることの楽しさ、また、具体的にオススメの実線ルートを山岳ガイド山田哲哉さんに紹介いただく。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年10月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!