このエントリーをはてなブックマークに追加

三浦半島の山と三崎のまぐろ料理(神奈川県三浦市)

下山メシのよろこび
たしなみ 2019年01月10日

登山の帰りに味わいたい、粋な料理を紹介する西野 淑子さんの「下山メシ」。今回は、三浦半島の山と「まぐろ料理」について紹介する。

 

半日ほどの三浦半島の山を歩き、お昼に「まぐろツアー」してもいい


まぐろが先か、山歩きが先か。

秋の終わりになり、空気がひんやりしてきたら、三浦半島の山歩きの季節だ。三浦半島最高峰の大楠山(おおぐすやま)でも標高は241m、真夏は暑くてたまらないから山歩きには適していない。海の向こうに伊豆諸島や房総半島、さらに伊豆箱根、富士山などを見渡すには、空気の澄んだ冬がいい。普段歩いている奥多摩や奥武蔵、丹沢あたりの山と植生が違い、このあたりの森は常緑樹が多い。冬でも青々と葉が茂っていて、山のすぐそばは住宅街なのに、深い森の中にいるような気分になる。ちょっと眺めのよいところに出れば、青い海が間近に眺められるのも不思議な気持ち。

大楠山山頂から三崎方面を望む(しろくまさん さんの登山記録より


のんびり歩いても歩行時間は2〜3時間、半日行程の山歩き。だから、美味しいものめぐりと組み合わせて三浦半島をまるごと楽しんでしまうのがいい。三浦半島の先端、三崎漁港はまぐろの水揚げの多さで知られている。漁港周辺には、おいしいまぐろ料理が味わえる店も多い。お刺身定食や海鮮丼、まぐろ尽くしの定食なども楽しみだ。午前中に山を歩いてお昼をまぐろツアーにしてもいいし、早めのお昼を食べてから、腹ごなしに山を歩いてもいい。ただし冬は日没が早いので、行動時間は短めで。

 

三崎漁港「うらりマルシェ」の「まぐろ入りまんじゅう」でシメ

日本人はまぐろが好きとよく言われる。回転寿司でも一番多く食べられているのはまぐろなのだと聞いたことがある。握り寿司でも、海鮮丼でも、刺身でも、ヅケでも、ねぎとろでも、吸い物の具になっても、焼いても煮てもフライにしても。さまざまな部位があり、調理の仕方もいろいろだけど、どう食べても美味しい。まぐろは絶対に裏切らない。

紀の代(きのだい)の「とろとろ丼」


まぐろは丼で味わうのが好きだ。丼の上に真っ赤なまぐろがどどんと載っているだけで幸せな気持ちになる。口の中でふわっととろけるようなトロも嫌いではないけれど、丼なら赤身で魚の味をしっかり味わいたい。ご飯とまぐろをほおばる。ああなんてご飯とまぐろって相性がいいんだろうね。他の魚介はいらない、まぐろだけで十分満足できるのだ。

三浦半島の先端、三崎漁港


三崎漁港には、三崎まぐろや三浦の野菜が購入できる産直センター「うらりマルシェ」がある。帰りに立ち寄っておみやげを買って行くのが定番コース。山を歩き、おいしいものを食べて気持ちが充実しているせいか、いつも買い過ぎてしまうのが悩みの種だ。ちなみにここで必ず買ってしまうのが「まぐろ入りまんじゅう」。正式名称は「かぶと焼き」というらしい。まぐろの頭をかたどった、若干シュールな形状のまんじゅうだ。あんの中にまぐろのフレークが練り込まれていて、口にするとあんの甘みとマグロの風味が口に広がる。えー、なんだこれは・・・と思いながらも、訪れると毎回買って食べてしまう、私にとっては、くせになる一品なのだ。

ユニークな形のまんじゅう「かぶと焼き」

 

料理・食料
教えてくれた人

西野 淑子(登山ガイド・フリーライター)

初心者向け登山ガイドブックや山岳雑誌などで取材・執筆を行うフリーライターで、登山ガイドの資格を持つ。関東近郊を中心に低山歩きからアルパインクライミングまで楽しむオールラウンダー。気の会う仲間と山を歩き、下山後に美味しいものでお腹と心を満たすことに無上の喜びを感じている。

同じテーマの記事
鋸山で絶景を楽しんだ後は「漁協直営食堂ばんや」で腹いっぱいの幸せを(千葉県鋸南町)
下山を始めると「おいしい魚料理を食べて帰りたい」とスイッチが入る。私の頭に思い浮かぶ店はひとつだけ――。ライター西野 淑子さんの「下山メシ」。16回目は房総半島・鋸山の帰りに寄りたい、保田漁港直営の「漁協直営食堂ばんや」をご紹介。
南アルプスや富士五湖周辺・・・山梨の山に行くと「ほうとう」スイッチが入る
下山後に味わいたい粋な料理を紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシ」。15回目は、山梨の山に行った際に食べたい郷土料理「ほうとう」をご紹介する。
下山後は、とっておきのご褒美を。秋川渓谷 瀬音の湯(東京都あきる野市)
今回は下山後に武蔵五日市駅から帰る前に立ち寄りたい食事処と温泉をご紹介。西野 淑子さんの「下山メシ」、14回目は「秋川渓谷 瀬音の湯」。
陣馬山の帰りで高尾駅解散なら――、「一言堂」でホッと一息(東京都八王子市)
ほんのり甘いチーズケーキに、きなこクリームをつかった人気ベーカリー、有機野菜の本格派カレーなど誘惑がいっぱい。今回は、高尾駅北口で解散したら立ち寄りたいほっこりカフェ「一言堂」をご紹介。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。たくさんのご応募ありがとうございました