このエントリーをはてなブックマークに追加

キャラバン・グランドキングの「登山靴」、登山入門モデルがユーザー投稿多し

「みんなの山道具」ユーザーのおすすめ度調査
道具・装備 2019年04月01日

キャラバン・グランドキングの登山靴で、ヤマケイオンラインのユーザーが実際に使っているアイテムはどんなものだろうか? 投稿コーナー「みんなの山道具」からユーザーの声をピックアップし、製品について、さかいやスポーツ 斎藤さんに解説してもらった。

取材/文=吉澤 英晃
監修=さかいやスポーツ 斎藤 勇一 

 

 

C1_02S|キャラバンシューズの代表格、登山入門モデル

 

キャラバンは60年以上の歴史を持つ日本の登山靴メーカーです。「キャラバン(以下、C)」と「グランドキング(以下、GK)」という2つのシリーズがあり、Cシリーズは軽登山や登山入門者向けに開発されたものです。

「みんなの山道具」でキャラバン・グランドキングのアイテムの中からユーザー投稿数の多かった「C1_02S」は、このCシリーズのシューズ。指先まわりがゆったりとした履き心地の良さや、動かしやすい足首周りのデザインが特徴です。C1_02Sは足幅が3Eの男性向けモデル、女性向けモデル「C4_03」は、足幅をさらにスリムにした2Eになります。

「ゴアテックスを使用しているため防水性があり、ソールにはオリジナルの『キャラバントレックソール』を搭載。オリジナルのソールを使うことで価格を抑えることに成功していますが、安いからと言って、グリップ力や耐久性が他の登山靴に大きく劣るということはありません」(さかいやスポーツ 斎藤さん)

C1_02Sの価格は15,500円(税別)とお買い得。これから登山を始めたい方にちょうどいい一足と言えますね。入門者向けのシューズということは分かりましたが、どのような山行に適しているのでしょうか。

「C1_02Sは指先まわりがゆったりしており、整備された道を歩きやすいようにアッパーやソールが柔らかいため、急な斜面では靴の中で踏ん張りがききづらく、岩が多いような不安定な道ではゴツゴツした地面が足にあたり少し歩きづらいというデメリットもあります。そのため、重たい荷物を背負うようなテント泊登山には向いていません。1泊くらいの山小屋泊での山行なら問題ないかもしれませんが、2泊以上の山小屋泊やテント泊登山といった山行計画の場合は荷物が重くなりがちなので、C1_02Sは適していないでしょう」(同)

C1_02Sは、日帰りトレッキングに向いています。関東なら奥多摩や秩父の山を日帰りで歩いたり、関西なら金剛山や六甲山といった山を歩いたりするのにちょうどいい靴と言えるでしょう。

製品情報

キャラバン「C1_02S」

価格
15,500円(税別)
サイズ
22.5cm~30.0cm
重量
約590g(片足、26cm)

キャラバン「C4_03」

価格
15,500円(税別)
サイズ
22.5cm~26.0cm
重量
約470g(片足、24cm)

 

GK83|脱初心者に向けたコスパ重視のトレッキングシューズ

 

先に紹介したC1_02Sは軽登山用のCシリーズに属する登山靴でしたが、次に紹介する「GK83」はGKシリーズの製品。これはCシリーズのセカンドステージとして、さらなるステップアップを目指す登山者のためのラインナップです。

「GKシリーズはCシリーズに比べて靴全体の剛性が高く、履き心地も異なります。例えば甲の高さ。ここを低くすることで足へのフィット感を高めています。違いは他にもあります。履き口はアキレス腱部分を浅くカットした設計で、柔らかく仕上がっているため優しいは着心地に。かかと部分には日本人の足形に合うように開発されたヒールカップを内蔵することでホールド感をアップさせています」(さかいやスポーツ 斎藤さん)

C1_02Sと見比べると、アッパーに使われている合成皮革の面積が広くなり、つま先を補強するパーツも幅広くなっています。さらにソールはオリジナルの「キャラバントレックソール」から、ビブラム社製のソールに変更されていました。外観からもCシリーズのワンランク上をいく登山靴であることが分かります。では、GK83はどのような山行に向いているのでしょうか。

「GK83はGKシリーズの中ではソールが柔らかく、CシリーズからGKシリーズへのステップアップにちょうどいいモデルです。そのため、テント泊といった重い荷物を背負った登山よりは、山小屋泊での登山に適していると言えるでしょう」(同)

もう一つ気になるのが、雪山でも使えるかどうか。インターネット上でもそういった質問がチラホラ見受けられます。

「GK83に限らず、Cシリーズ、GKシリーズともにアイゼンの装着を想定していません。本格的な雪山に登るための12本爪のアイゼンは装着できませんが、ベルトやラチェットで装着するような簡易的な軽アイゼンや、チェーンスパイクは装着することができます」(同)

冬靴ではないので、もちろん保温材も断熱材も入っていません。その点を踏まえて使うなら、危険の少ない雪のついた低山歩きくらいなら問題なく使えるでしょう。

製品情報

キャラバン「GK83」

価格
23,500円(税別)
サイズ
22.5cm~30.0cm
重量
約650g(片足、26cm)

※2019年春に「GK83-02」へモデルチェンジする予定

 

GK68|テント泊登山や長期縦走にも対応する本格派。後継「GK85」をご紹介

 

「GK68」は重い荷物を背負った縦走登山などに対応した本格派。その後継が「GK85」です。GK83と同じGKシリーズの登山靴ですが、その違いは何でしょうか?

「GK85はGKシリーズの最上位モデル。アッパーの素材は2.0mm厚のヌバックレザーを使い、ラウンドラバー補強をすることで耐久性を高めています」(さかいやスポーツ 斎藤さん)

外観以外にも異なる点が。それはソールの硬さです。GK83よりさらに剛性を高めることで、重い荷物を背負った縦走登山といったハードな山行にも対応できる一足に仕上がっているのです。
「GK85はソールの硬さといった靴全体の剛性の他に、くるぶし部分をシェイプした設計にすることでホールド感も高めています。そうすることで岩場での安定感が増すのです」(同)

北アルプスの穂高連峰といった岩稜帯や、大キレットなどの高難易度ルートにもオススメできるシューズと言えそうです。重い荷物を背負った登山の場合、ソールの減りが早くなることが予想されますが、GK85はソールの張り替えができるのでしょうか?

「GK85はソールを張替えることできます。しかし、アッパーが痛んでいないことが条件になるため、まずは登山用品店などの専門店に相談するといいでしょう。また、張替えにあたって注意点があります。ソールを張替えたあとのGK85は改造にあたってしまうため、たとえ漏水があったとしても補償を受けられません。また、ソールの交換は安くはないので、もしソールがダメになるほど履きこんだ場合は、登山靴の買い替えを検討してもいいかもしれないですね」(同)

ソールの張替えはGKシリーズ全てのシューズと、キャラバンブランドの一部シューズが可能とのこと。

ソールの交換が必要になるほどGK85を履きこんだ時には、きっと山登りの上級者になっているはず。GKシリーズ最上位の靴で登山スキルを磨くのもいいですね!

製品情報

キャラバン「GK85」

価格
27,700円(税別)
サイズ
22.5cm~30.0cm
重量
約705g(片足、26cm)

※掲載した情報は、2019年3月現在のものです

同じテーマの記事
ダンロップ「テント」、80年代ビンテージものを使っている登山者も…!?
ユーザー投稿の中には30年以上前のテントも・・・? 今回はダンロップ「テント」をピックアップ。ヤマケイオンライン「みんなの山道具」のユーザー投稿から、実際に使われている登山道具を調べた。
シリオの「登山靴」は「P.F.662」がユーザーに人気。長年の愛用者が多く
シリオの登山靴で、ヤマケイオンラインのユーザーが実際に使っているアイテムはどんなものだろうか? 投稿コーナー「みんなの山道具」からユーザーの声をピックアップし、製品について、さかいやスポーツ 斎藤さんに解説してもらった。
メレルの靴は「カメレオン」よりも「モアブ」にユーザー投稿集まる
「ジャングル モック」や「カメレオン」などのメレルのトレッキングシューズは街でもよく見かけるが、ヤマケイオンラインのユーザーはどんなものを使っているのだろうか。「みんなの山道具」に投稿されたメレルの靴の投稿を数の多い順にピックアップ。そのアイテムについて、さかいやスポーツ 斎藤さんに解説してもらった。
アライテント の「テント」カテゴリ、ツエルトの投稿数が「オニドーム」超える
テント場に行くと、みんながどんなテントを使っているのか、どれくらいのサイズを使っているのかなど、ついつい気になってしまうものだ。今回は、老舗アウトドアメーカーアライテント(ライペン)のテントをピックアップ。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年4月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
NEW 甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山
甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山 南ア・甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳・赤岳、奥秩父・金峰山のほか、名山に囲まれた自然豊かな北杜市の、街と山の魅力を紹介!
NEW 連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!