このエントリーをはてなブックマークに追加

ダンロップ「テント」、80年代ビンテージものを使っている登山者も…!?

「みんなの山道具」ユーザーのおすすめ度調査
道具・装備 2019年04月19日

ユーザー投稿の中には30年以上前のテントも・・・? 今回はダンロップ「テント」をピックアップ。ヤマケイオンライン「みんなの山道具」のユーザー投稿から、実際に使われている登山道具を調べた。

文=佐藤慶典

 

VS-10|1989年から受け継がれる「V」シリーズの最新モデル

★★★★☆ 独りぼっち さん
VS10
ダンロップ(DUNLOP)
★★★★★ メメントモリノ さん
VS10
ダンロップ(DUNLOP)
★★★☆☆ osanpotozan さん
VS10
ダンロップ(DUNLOP)

 

1971年、世界初の吊り下げ式のドームテントを発売したアウトドアブランドが「ダンロップ」です。1976年にはゴアテックス製のテントを発表。1980年にはツーリングテントを発売し、人気を博しました。1989年には、山岳用テントの代名詞とも言える「Vシリーズ」が誕生しています。

「VS-10」は、Vシリーズから受け継いだ高い耐久性を維持しつつ、軽量性とコンパクト性を追求したモデルで、オールシーズンに対応する1人用自立式ダブルウォールテントです。出入口は、長辺片側に備えています。

VS-10のサイズは、W205×D90×H100cm、フライシートなどを含めた総重量は1,770gとなっています。超軽量テントに比べると、数百グラム重めですが、これは耐久性も考慮してのこと。たとえば、本体やフライシートには30D、グランドシートに至っては75Dと、最近の軽量テントの2倍ほどの厚さの生地を使用しています。グランドシートが丈夫なため、本体の下にアンダーシートを敷かずに済ませることもできるので、アンダーシートの重量分を相殺することが可能です。

雨に強いのもVSシリーズの特長です。フライとグランドシートには、ナイロンに比べ水分吸水率の低いポリエステルを使用しています。ナイロンのテントに比べ、速乾性に優れ、また、濡れた際に重くなりにくいのです。加えて、濡れた時に、ポリエステルはナイロンに比べて生地が伸びにくいため、本体とフライシートが接触し本体を濡らす「漏水」を起こしにくくなっています。

VS-10は1人用なため、人気のテント場や狭いテント場で優位性があります。ただ、使用する際は、バックパックの置き方など、テントワークに工夫が必要です。

「涸沢ベース奥穂-涸沢‐北穂周回に変更。アルプスでの稜線テン泊を想定し購入しました。製品は気に入っているが本人の体力がもう少し必要」

よおいち さんの「みんなの山道具」より)

「1軒目のテント。3シーズン使えればということで値段で決定」

osanpotozan さんの「みんなの山道具」より)

 

ダンロップ「VS-10」で行った山行記録

雨飾山
雨飾山(上信越) メメントモリノ さん
2018年8月18日(土)
終活登山14
穂高三山縦走と焼岳(北アルプス・御嶽山) 独りぼっち さん
2015年7月19日(日)~2015年7月22日(水)

製品情報

ダンロップ「VS-10」

価格
36,000円(税別)
重量
1,77kg

 

同じテーマの記事
キーン(KEEN)の登山靴はタウンユースとして愛用する人も。その魅力とは?
今回はキーン(KEEN)の「靴」をピックアップ。デザインが気に入り、登山で履かなくなってからもタウンユースとして愛用する人多し。ヤマケイオンライン「みんなの山道具」のユーザー投稿から、利用シーンやエピソードを紹介する。
「ファイントラック(finetrack)」のツェルトやテント。「ツエルト2ロング」「カミナドーム」など「みんなの山道具」に投稿された人気アイテムをチェック! 
ブランドごとの名品、名アイテムを、「みんなの山道具」に寄せられたユーザー投稿から探る。今回は「ファイントラック(finetrack)」のツェルトとテントをピックアップ。テントブランドとしては若いファイントラック、果たしてみんなの評価は!?
「プロモンテ(PURO MONTE)」の人気テントは? プロモンテ VLシリーズのユーザー投稿をチェック!
日本の山の事情を配慮し、より軽量に・よりコンパクトな山岳テントを目指してスタートしたのが「プロモンテ(PURO MONTE)」。かつてはダンロップのテントとして登山界を席巻し、人気を博したモデル。 「みんなの山道具」に投稿された「プロモンテ」のテントから分析する。
キャラバン・グランドキングの「登山靴」、登山入門モデルがユーザー投稿多し
キャラバン・グランドキングの登山靴で、ヤマケイオンラインのユーザーが実際に使っているアイテムはどんなものだろうか? 投稿コーナー「みんなの山道具」からユーザーの声をピックアップし、製品について、さかいやスポーツ 斎藤さんに解説してもらった。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

雨時々曇
(日本気象協会提供:2019年10月20日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!