このエントリーをはてなブックマークに追加

第12回 一万山達成の日

奈良男日記 〜一万日連続登山に挑んだ男の山と人生の記録〜
ガイド・記録 2019年04月08日

定年退職した翌日から一万日連続登山を目指し、約27年間毎日山へ登り続けて達成寸前に他界した東浦奈良男さん。連続一万日には至らなかったものの、登山を始めた昭和35年(この連載の第1回参照)から数え、一万回登山は81歳のときに達成した。連続登山での換算では7908日目の日だった。

 

前回の「奈良男日記」:第11回 喜びも悲しみも山へ。母の死

 

平成18(2006)年6月20日の日記より

20日7908日浅間山122 〜 10,000

 

一万山の日である。よくぞ上らせてもらえたものだ。かくしてかくなるとは(昭和)35年当時は思いもよらなかった。それがとうとうかくは成ったのである。感無量といいたいところだが、まだまだこれからの心で初めての気で登らせていこまいか。とこれは昨日の9999に誌す。9999よありがとう。昨夜姉妹(自分の娘)きて面倒してくれたのでケツふき助かる。夜も8時であった。もはや自便自拭はあかんか。大きな赤ん坊となったか。つい先日まで膳まできていたのに。入浴もか、人間とはかくも衰弱するのか。又は人によるか否やである。そういうわしもなり果つる時が? ええいくそ。なってたまるかと今は思っているが90代は90代にならねば分(か)るまい。大木のように地下に根をはっていないからな。いわば、地上の浮き草同然である。8時15分姉かえる。宮川駅でシンブン多数あってよみつつゆき、切りぬきもみつけておき、帰宅してキチンと切る、メンコ(奥さんのこと)にのましてから。さて、山は浅間山一辺倒、しようがない。今日は一万山なのだが、さっぱり忘れて山を去った。一生続ける山だし、一万でも何でもよし。只、メンコ次第で遠山が上れないのがさっぱりだ。やむなし。拾い新聞中にあった本広告に2冊ほしい本があり注文するか。2415円と3360円で5775円也だ。▲(富士山登山)用(の貯金)で買えはする。OK、武道を生きる・陸軍墓地が語る日本の戦争で下だけ注文する。武道はよす。どうせ武道はできんし、山道だからだ。ぶはぶでも歩道である。歩を武にすればよいが、まだ分(か)らぬ山歴50年近くてもだ。

 

 扇風機 山の風とは又ちがい
 なつかしむ 山の吹く風 扇風機

 

この日登った浅間山は、地元、伊勢周辺の山のひとつだが、いくつか同名の山があり、特定はできない。とにかく冒頭の山名の後にある数字は、この日が122回めの浅間山登山だったことを示している。「〜」は、奈良男さんがつくった「くもり」の記号。

ふたりの娘さんが下の世話をしたことが記されているのは、奈良男さんのことではなく、妻のかづさんのことだ(日記の紹介が前後するが、連載第10回目のかづさんの入院は、この日の二日後のことだった)。

奈良男さんは、山へ登り続ける理由が3つあるとぼくに言った。そのひとつが、前回紹介した、「償い」。そして、もうひとつが、「かづさんに連続登山の記録をプレゼントすること」だった。

「ダイヤモンドを買ってあげられるお金がないですから、記録をプレゼントしたい・・・」  と照れくさそうに話す奈良男さんの表情が印象的だった。奈良男さんは、山へ向かう姿勢に関しては鋼のような強さを持ち、家庭では絶対的な存在だったが、同時に、素朴で純粋な優しさも持ち合わせていた。

「メンコ次第で遠山が上れない」と、衰弱しているかづさんを心配して、遠出を控えていることが分かる。一万山目の山行だったにもかかわらず、それをつゆ忘れてすぐ下山してしまったのは、慣れた山だったからだろうか、あるいは、かづさんのことがあったからだろうか。

新聞の広告から本を買うことにしているが、これは、読書家の奈良男さんが読む本を決める日常的な手段だった。そして、必ず決まった本屋さんに注文をして、山行の帰り道に受け取って帰宅する。後年、奈良男さん自身が体調を崩し、娘さんたちがなかなか帰ってこない奈良男さんの居場所を掴めないことが度々あった。そんな時、本屋さんの店員さんが奈良男さんの来店を確認し、娘さんに連絡を入れることもあった。本屋さんとそんなよい関係が築けていたことからも、奈良男さんがどれだけ本が好きだったかが伺える。

連続登山以前から書き始め、51年間で42冊綴られた登山日記は、前半こそ「どうしたら疲れないで歩けるか」「どうしたら山へ登り続けられるか」を熟考していたようすがつぶさに記されている。しかし、後になればなるほど、その内容は「日々の繰り返し」的なものになり、妻のかづさんを案ずる内容や自分自身の体調に関する記述が多くなる。この時、すでに81歳だったことを考えれば、それは、当然のことだ。そして、続ければ続けるほど、山を登ることは、奈良男さんにとって、限りなく生きることそのものになっていった。

「続けるからやめられないんです」

と話してくれたこともあった。

奈良男さんに出会った時、「何故、一万日を目指すのか」が理解できず、どんどんのめり込んでいった。しかし、取材すればするほど、その答えはひとつではなく、27年に及ぶ連続の日々の中で自分の寿命を削ると共にいろいろな理由や目的が加わり、変化するというよりもその襞を増やしていったのではないだろうか。それでも、奈良男さんが直接ぼくに教えてくれた「3つの理由」は、その中枢にあり続けた。

次回は、最終回。3つ目の理由を日記から紐解く。

注:日記の引用部は誤字脱字も含めて採録しますが、句読点を補い、意味の通じにくい部分は( )で最低限の説明を加えています。

『信念 東浦奈良男 一万日連続登山への挑戦』
著者 吉田 智彦
発売日 2013.06.14発売
基準価格 本体1,200円+税

amazonで購入 楽天で購入

教えてくれた人

吉田 智彦(よしだ ともひこ)

人物や旅、自然、伝統文化などを中心に執筆、撮影を行う。自然と人の関係性や旅の根源を求め、北米北極圏をカヤックで巡り、スペインやチベット、日本各地の信仰の道を歩く。埼玉県北部に伝わる小鹿野歌舞伎の撮影に10年以上通う。2012年からは保養キャンプに福島から参加した母子のポートレートを撮影し、2018年から『心はいつも子どもたちといっしょ』として各地で写真展を開催。福島の母子の思いと現地の実状を伝えている。
Webサイト: tomohikoyoshida.net
ブログ:https://note.mu/soul_writer

同じテーマの記事
最終回 鬼が笑う2万日
定年退職した翌日から一万日連続登山を目指した東浦奈良男さん。これまでの連載で、奈良男さんの日記を紐解いてきた。最終回は、奈良男さんが山に登り続ける理由の、最後のひとつを紐解く。
第11回 喜びも悲しみも山へ。母の死
一万日連続登山に挑み、達成寸前で他界した奈良男さん。今回は、前回から時代を遡り、連続登山開始前、奈良男さんを育てた母、みささんの葬儀があった日の記録を紹介する。
第10回 「いっておいない」の言葉が心に染みる。妻、かづさんの救急入院
定年退職した翌日から一万日連続登山を目指し、達成寸前で他界した東浦奈良男さん。8000日達成を目前にしたある日、共に3人の子どもを育てあげ、日々、奈良男さんを山へ送り出してくれた妻、かづさんが入院してしまう。
第9回 クルマにひき逃げされたまま歩き続ける
定年退職した翌日から連続登山をはじめ、一万日を目指した東浦奈良男さん。連続5696日(15年と約半年)を達成した翌日、下山後の帰り道でクルマに轢かれてしまう。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年6月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...