このエントリーをはてなブックマークに追加

第9回 クルマにひき逃げされたまま歩き続ける

奈良男日記 〜一万日連続登山に挑んだ男の山と人生の記録〜
ガイド・記録 2019年02月25日

定年退職した翌日から連続登山をはじめ、一万日を目指した東浦奈良男さん。連続5696日(15年と約半年)を達成した翌日、下山後の帰り道でクルマに轢かれてしまう。

前回の「奈良男日記」:第8回 日帰り50km山行へ向けて、歩き方を自然から学ぶ

 

平成12年(2000年)5月31日の日記より

31日K24 5697日 /////~

あゝ車にやられる。大野橋近くユーストア前である。
イスに坐って食べるという、夫婦そろいもそろいなり車のつっこんでくるのをうっかりしていた。車はつっこむものと知った。一瞬にして暗転し、鼻から血が舗装を汚す。急いで起きたが、いややっと起きて手でハナ血を手ですくい口中へ口中へ。車をみれば一寸止まっていたようだが、信号青で田丸方面へ去った。車道の端を歩いていた己れがいけないのだが、なんのふりかえりなしに逃げ去る。いや、こちらの非を知っての上のアテだった如し。わざとあてたか、うっかりかはしらず。足の動きをみて、うごくので橋までいったのに、メガネ(がないの)に気づき引っかえすえらさよ。杖にすがってやっと7時オーバーして血を洗って室へ。なんとも哀れなる山男と一変す。ハナを歩道端のコンクリに打ち血が出るし左ふとももは張ってうごきにくい。畳でも二本杖で歩く。危し連続は一瞬にして消え去る運命であった。食後ヨコになって眠るとやゝましになるも、あすの山はどうなるか。起きてみねば分らん。宝物(の)足をえらい目に合わせて実にすまんことだ。

今日はいきでも、何やら年でもういてしまいそうなダラ歩きなりしも工事は思い切り木を切って広いコースとしたので、誰でも分るコースとはなり弘法石下山にも広くとって木を薙ぎ払っておく。クラ氏と会いのせてもらって共に上ったが、あんなゴツゴツにはわしやよういかんと仰言る。チエンソで切るも切らぬもないのである。そんな虫のよいことをいう己れがいけない。と思いしる。どうぞして足が強靭さを以って立ち直ることを祈るのみ。山の神さまおねがいします。
・このたびは文化放送に出演させて頂きましてありがとうございました。その上、図書券など色々とお送り下さいましてありがたく頂戴いたしました。心から厚くお礼申し上げます それにしましても文字通り朝一番の4時すぎのお電話には爽快さを感じました次㐧であります。毎日4時頃から活動を起こすので不自然さはなかったのでございます。山の●●で左耳がききとり難くご厄介をおかけしてすみませんでした。七十路半ばでいつまで山をやられるか分りませんが、初一念を貫徹すべく頑張らせて頂くつもりでございます。お礼までどうも。

 

冒頭に書かれた「K24」とは、「K」が伊勢市の西にある国束山(411m)の頭文字で、この山に24回目の登山という意味。奈良男さんは、生涯で1000回以上登った山だ。自宅から麓まで十数キロ離れているが、家から歩いて通った。

日記では中盤に書かれているが、この日は、途中で友人と会い、クルマに乗せてもらって一緒に登り始めたようだ。

しかし、奈良男さんは一般登山道を行かず、藪漕ぎをしながら登る。しかも、自分のため、あるいは後に続く人のために歩きやすいようにルートを整備する(奈良男さん、この作業を「工事」と呼んだ)。恐らく藪漕ぎに慣れていない、一緒に登った友人に「あんなゴツゴツにはわしやよういかん」と言われてしまう。

友人は、先に帰ったのか、あるいは友人の家までクルマに乗せてもらい、そこから歩き帰ったのかは分からないが、その帰り道、自宅までそう遠くない大野橋まで来たところで奈良男さんはクルマに轢き逃げされた。鼻血が出て、杖がなければ家の中でも歩けないほど左足を痛めたが、母親譲りの医者嫌いだった奈良男さんは病院へは決していかない。奈良男さんには兄姉が二人いたが、どちらも幼少期に亡くなっている。風邪が原因だったようだが、医者には診せたにも関わらず、助からなかったことが医者嫌いになった原因のひとつのようだ。

とにかく、怪我や病気で病院へ行き、入院でもさせられたら連続登山が途絶えてしまう。奈良男さんにとって、それだけは避けなければならないことだった。

奈良男さんは翌日から自転車に乗って、片足漕ぎで登山口まで行き、痛みのある左足を引きずりながら右足だけで登り続けた。1ヶ月経っても痛みは治らなかったが、それでもこの年の夏、一度富士山にも登って自然治癒してしまっている。

奈良男さんは平成21年(2009年)の夏にも轢き逃げされたが、その時も医者には行かずに山へ登り続けた。

日記の最後に書かれているのは、電話で出演したラジオ番組の関係者へ宛てた手紙の下書きのようだ。

30冊目の日記の扉に貼られた写真と言葉。表紙には「毎日が自分自身の新記録」と書かれている

 

イベント情報

2月11日まで展示していた「ナノグラフィカ」での展示風景

山行や日常の姿を撮影した写真の他、42冊ある日記から撮影・抜粋したページをモザイク状に並べた「日記曼荼羅」、連続登山を開始した日の日記(9冊め)と最後の日記(42冊め)の完全レプリカも展示

吉田智彦写真展
『淋しさのかたまり 〜1万日連続登山に懸けた父親の肖像〜』

1万日連続登山記録達成寸前に他界した東浦奈良男の最後の5年を追った写真と半世紀もの間綴られた日記から浮かび上がる、勝手と優しさに満ちた一人の父親の姿

日程 2019年2月16日(土)~3月4日(月)
会場 コトバヤ(長野県上田市中央4-8-5)
営業時間 月・火 12:00〜20:00、土 10:00〜20:00、日 10:00〜18:00
定休日 臨時休業・営業あり(お店に要確認)
お問い合わせ kotobaya.net@gmail.com
※吉田氏によるギャラリートークを開催
日時 2019年3月3日(日) 15:00〜17:00
参加費 1,500円(ワンドリンク付き)

『信念 東浦奈良男 一万日連続登山への挑戦』
著者 吉田 智彦
発売日 2013.06.14発売
基準価格 本体1,200円+税

amazonで購入 楽天で購入

 

記録・ルポ
教えてくれた人

吉田 智彦(よしだ ともひこ)

人物や旅、自然、伝統文化などを中心に執筆、撮影を行う。自然と人の関係性や旅の根源を求め、北米北極圏をカヤックで巡り、スペインやチベット、日本各地の信仰の道を歩く。埼玉県北部に伝わる小鹿野歌舞伎の撮影に10年以上通う。2012年からは保養キャンプに福島から参加した母子のポートレートを撮影し、2018年から『心はいつも子どもたちといっしょ』として各地で写真展を開催。福島の母子の思いと現地の実状を伝えている。
Webサイト: tomohikoyoshida.net
ブログ:https://note.mu/soul_writer

同じテーマの記事
最終回 鬼が笑う2万日
定年退職した翌日から一万日連続登山を目指した東浦奈良男さん。これまでの連載で、奈良男さんの日記を紐解いてきた。最終回は、奈良男さんが山に登り続ける理由の、最後のひとつを紐解く。
第12回 一万山達成の日
定年退職した翌日から一万日連続登山を目指し、約27年間毎日山へ登り続けて達成寸前に他界した東浦奈良男さん。一万日連続には至らなかったものの、登山を始めた昭和35年(この連載の第1回参照)から数え、一万回登山は81歳のときに達成した。連続登山は7908日目の日だった。
第11回 喜びも悲しみも山へ。母の死
一万日連続登山に挑み、達成寸前で他界した奈良男さん。今回は、前回から時代を遡り、連続登山開始前、奈良男さんを育てた母、みささんの葬儀があった日の記録を紹介する。
第10回 「いっておいない」の言葉が心に染みる。妻、かづさんの救急入院
定年退職した翌日から一万日連続登山を目指し、達成寸前で他界した東浦奈良男さん。8000日達成を目前にしたある日、共に3人の子どもを育てあげ、日々、奈良男さんを山へ送り出してくれた妻、かづさんが入院してしまう。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月24日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...