このエントリーをはてなブックマークに追加

貴重なヒメサユリ咲く浅草岳へ――、鬼ヶ面山コースの豪快な断崖絶壁を歩く

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2019年06月19日

新潟県と福島県の県境、豪雪地帯で知られる浅草岳は、6月が下旬に差し掛かる頃になれば、ようやく登山道の雪が消える。そしてその頃は、この山域周辺だけに咲く準絶滅危惧種のヒメサユリが稜線を彩る。美しいブナの新緑や豪快な断崖絶壁――、美しい風景が堪能できる。

浅草岳の山頂を背景に、稜線を彩るヒメサユリ(写真=奥谷 晶)


新潟県と福島県の県境に位置する浅草岳。越後山脈の北東、奥深くに位置する山で、豪雪地帯として知られるこの周辺は、1600mに満たない標高にもかかわらず、6月に入っても沢筋を中心に多くの残雪が残っています。

稜線の残雪が消え、まもなく山開きを迎えるという頃にこの山を訪れると、準絶滅危惧種でもある貴重なヒメサユリが咲き誇っています。東北南部から上越地方にかけての奥深い山々にしか群生していないというヒメサユリ、浅草岳の中でも、とくに鬼ヶ面山の勇壮な大岩壁を彩るヒメサユリの大群落は見逃せません。

しかし、浅草岳の南側、六十里越登山口からスタートする鬼ヶ面山コースは稜線に上がってからの起伏が激しく健脚者向きです。一般的には往復で8時間から9時間。私の場合、花の撮影に時間をかけたせいもありますが、下りのアップダウンに足が疲れ、10時間近くかかってしまいました。そんなヒメサユリと絶景が望めるコースを紹介します。

モデルコース:六十里越登山口から浅草岳を往復

モデルコース行程:
六十里登山口・・・マイクロ中継局・・・南岳・・・鬼ヶ面山・・・前岳・・・浅草岳・・・前岳・・・鬼ヶ面山・・・南岳・・・マイクロ中継局・・・六十里登山口(約9時間)

⇒モデルコースから計画を立てる

 

雪崩に磨かれた大岩壁と可憐なヒメサユリを楽しめる浅草岳へ

東北南部と上越の周辺山地などにだけ分布する貴重なヒメサユリ、その鬼ヶ面山の大岩壁を可憐に彩る姿を見ることができる浅草岳・鬼ヶ面山コースに、2018年の6月23日に行ってきました。

福島・山形・新潟県にまたがる飯豊・朝日・吾妻山山系と浅草岳・守門岳などに限られた山域に自生するヒメサユリ。黄色いおしべが目印(写真=奥谷 晶)


この日の登山口は六十里越登山口、午前5時頃にはほぼ満車、多くの登山者が詰めかけていました。樹林帯のゆるやかな登りから展望が開ける南岳まで登りが続きます。そして、南岳まで来るとようやく、緑の山肌の中に鮮やかなピンク色が見え始めるます。

このコースの最初のヒメサユリの群落です。可憐な姿に感激、疲れも吹き飛びます。ここから鬼ヶ面山にかけての登山道沿いにいくつもの群落が続いています。

鬼ヶ面山をへて前岳にいたる稜線は、雪崩によって磨かれた東面の断崖絶壁の上、痩せた尾根道のアップダウンが次々と連続するタフな登山道です。しっかり整備されていて、足下も緑茂る草や灌木で覆われているせいか、あまり高度感を意識することはありませんが、実際は東面は数百メートルも切れ落ちた急峻な崖になっており、決して油断することはできません。とくに下向きに咲くヒメサユリをカメラに収めようと斜面に踏み込むと、滑落の危険があるので、足元を確認して十分に注意してください。

鬼ヶ面山の緑の大岩壁を縫うように、登山者が進む様子が確認できる(写真=奥谷 晶)


浅草岳の山頂に向かう稜線からの展望は素晴らしく、目指す浅草岳をはじめ、越後三山、はるか燧ヶ岳などを見通すことができます。稜線に咲き誇るヒメサユリのあでやかな晴れ姿とみごとにマッチして、誰しも感動を覚える瞬間です。

前岳からは頂上付近の湿原と残った雪渓を越えると、木道が浅草岳へと続いています。この周辺の通過には、雪の状態によっては軽アイゼンなどがあると安心です。

浅草岳への山頂へは多くの登山道があるので、さまざまば場所から登山者が訪れます。この日の山頂は、入叶津(北東側)や田子倉方面(南東側・只見方面)から登ってきた大勢の登山者でいっぱいでした。下山は、行動時間の長い鬼ヶ面コースへの避けて、田子倉コースを下りることもできます。ただし、この場合は車が2台用意する必要があります。

なお、浅草岳のヒメサユリの季節は例年、6月中旬~7月中旬となります。

 

教えてくれた人

奥谷晶

30代から40代にかけてアルパイン中心の社会人山岳会で本格的登山を学び、山と渓谷社などの山岳ガイドブックの装丁や地図製作にたずさわるとともに、しばらく遠ざかっていた本格的登山を60代から再開。週刊ヤマケイ創刊初期より5年にわたって表紙写真、登山地情報を投稿している。2019年山岳写真協会公募展入選。

同じテーマの記事
西丹沢の主峰・檜洞丸へ。ブナ林の尾根を歩き、晩秋の夜を丹沢の山小屋で過ごす
晩秋から初冬の丹沢・檜洞丸は、稜線のブナの葉が落ちて、展望が開けた明るい山へと趣を変える。花と新緑で賑わう初夏とはまた異なる静かな山の雰囲気を、しみじみ味わいたい季節だ。
鮮やかなサザンカ並木のひだまり低山ハイキング。佐賀県・鬼ノ鼻山~聖岳
寒い季節には、ぽかぽか低山を歩こう。12月上旬は、サザンカの咲く美しい縦走路が楽しめる佐賀県・鬼ノ鼻山~聖岳へ。
ブナの紅葉が見ごろの塔ノ岳へ。山頂の山小屋に泊まり、丹沢の山をゆっくり堪能する
日帰りで行ける山でも、山頂の山小屋に一泊してみてはどうだろうか。登山者と語らい、黄昏から落日、翌朝のご来光を拝む充実の登山も一興だ。
日高山脈・アポイ岳~ピンネシリ縦走――、標高1000m未満の山で2000m級の情景を楽しむ
北海道のアポイ岳と言えば、高山植物の山として知られ、花が咲き乱れる春から夏にかけてがベストシーズンと言われる。しかし、季節外れと思われる冬が目の前に迫る11月は、もう1つのベストシーズンが待っている。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年12月6日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗に強く、保温力の高い一着
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット
体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「ワイルドカードダウンジャケット」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?