このエントリーをはてなブックマークに追加

貴重なヒメサユリ咲く浅草岳へ――、鬼ヶ面山コースの豪快な断崖絶壁を歩く

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2019年06月19日

新潟県と福島県の県境、豪雪地帯で知られる浅草岳は、6月が下旬に差し掛かる頃になれば、ようやく登山道の雪が消える。そしてその頃は、この山域周辺だけに咲く準絶滅危惧種のヒメサユリが稜線を彩る。美しいブナの新緑や豪快な断崖絶壁――、美しい風景が堪能できる。

浅草岳の山頂を背景に、稜線を彩るヒメサユリ(写真=奥谷 晶)


新潟県と福島県の県境に位置する浅草岳。越後山脈の北東、奥深くに位置する山で、豪雪地帯として知られるこの周辺は、1600mに満たない標高にもかかわらず、6月に入っても沢筋を中心に多くの残雪が残っています。

稜線の残雪が消え、まもなく山開きを迎えるという頃にこの山を訪れると、準絶滅危惧種でもある貴重なヒメサユリが咲き誇っています。東北南部から上越地方にかけての奥深い山々にしか群生していないというヒメサユリ、浅草岳の中でも、とくに鬼ヶ面山の勇壮な大岩壁を彩るヒメサユリの大群落は見逃せません。

しかし、浅草岳の南側、六十里越登山口からスタートする鬼ヶ面山コースは稜線に上がってからの起伏が激しく健脚者向きです。一般的には往復で8時間から9時間。私の場合、花の撮影に時間をかけたせいもありますが、下りのアップダウンに足が疲れ、10時間近くかかってしまいました。そんなヒメサユリと絶景が望めるコースを紹介します。

モデルコース:六十里越登山口から浅草岳を往復

モデルコース行程:
六十里登山口・・・マイクロ中継局・・・南岳・・・鬼ヶ面山・・・前岳・・・浅草岳・・・前岳・・・鬼ヶ面山・・・南岳・・・マイクロ中継局・・・六十里登山口(約9時間)

⇒モデルコースから計画を立てる

 

雪崩に磨かれた大岩壁と可憐なヒメサユリを楽しめる浅草岳へ

東北南部と上越の周辺山地などにだけ分布する貴重なヒメサユリ、その鬼ヶ面山の大岩壁を可憐に彩る姿を見ることができる浅草岳・鬼ヶ面山コースに、2018年の6月23日に行ってきました。

福島・山形・新潟県にまたがる飯豊・朝日・吾妻山山系と浅草岳・守門岳などに限られた山域に自生するヒメサユリ。黄色いおしべが目印(写真=奥谷 晶)


この日の登山口は六十里越登山口、午前5時頃にはほぼ満車、多くの登山者が詰めかけていました。樹林帯のゆるやかな登りから展望が開ける南岳まで登りが続きます。そして、南岳まで来るとようやく、緑の山肌の中に鮮やかなピンク色が見え始めるます。

このコースの最初のヒメサユリの群落です。可憐な姿に感激、疲れも吹き飛びます。ここから鬼ヶ面山にかけての登山道沿いにいくつもの群落が続いています。

鬼ヶ面山をへて前岳にいたる稜線は、雪崩によって磨かれた東面の断崖絶壁の上、痩せた尾根道のアップダウンが次々と連続するタフな登山道です。しっかり整備されていて、足下も緑茂る草や灌木で覆われているせいか、あまり高度感を意識することはありませんが、実際は東面は数百メートルも切れ落ちた急峻な崖になっており、決して油断することはできません。とくに下向きに咲くヒメサユリをカメラに収めようと斜面に踏み込むと、滑落の危険があるので、足元を確認して十分に注意してください。

鬼ヶ面山の緑の大岩壁を縫うように、登山者が進む様子が確認できる(写真=奥谷 晶)


浅草岳の山頂に向かう稜線からの展望は素晴らしく、目指す浅草岳をはじめ、越後三山、はるか燧ヶ岳などを見通すことができます。稜線に咲き誇るヒメサユリのあでやかな晴れ姿とみごとにマッチして、誰しも感動を覚える瞬間です。

前岳からは頂上付近の湿原と残った雪渓を越えると、木道が浅草岳へと続いています。この周辺の通過には、雪の状態によっては軽アイゼンなどがあると安心です。

浅草岳への山頂へは多くの登山道があるので、さまざまば場所から登山者が訪れます。この日の山頂は、入叶津(北東側)や田子倉方面(南東側・只見方面)から登ってきた大勢の登山者でいっぱいでした。下山は、行動時間の長い鬼ヶ面コースへの避けて、田子倉コースを下りることもできます。ただし、この場合は車が2台用意する必要があります。

なお、浅草岳のヒメサユリの季節は例年、6月中旬~7月中旬となります。

 

教えてくれた人

奥谷晶

30代から40代にかけてアルパイン中心の社会人山岳会で本格的登山を学び、山と渓谷社などの山岳ガイドブックの装丁や地図製作にたずさわるとともに、しばらく遠ざかっていた本格的登山を60代から再開。週刊ヤマケイ創刊初期より5年にわたって表紙写真、登山地情報を投稿している。2019年山岳写真協会公募展入選。

同じテーマの記事
北アルプス・五色ヶ原――。急峻な鬼岳雪渓、ザラ峠を越えて標高2500mの天空の花園へ
北アルプス北部、立山~薬師岳の縦走路に本格的な夏山シーズンが訪れる7月下旬。まだ残雪が残り手強い場所もあるが、その縁には色とりどりの高山植物が咲き乱れる。立山室堂の喧騒を抜けて五色ヶ原へと向かえば、そこはベストシーズンの迎えた天空の花園が待っている。
憧れの白馬三山~不帰ノ嶮、高山植物が最も美しい7月に人気ルートを堪能しよう
白馬大雪渓を登りつめ、白馬岳から不帰ノ嶮を進んで唐松岳へと縦走するルートは、登山愛好者なら一度は経験したい憧れのルートだ。夏の間ならいつでもベストシーズンだが、せっかくなら一番山が美しい7月中旬頃はいかが?
北海道の原風景が広がる十勝連峰・原始ヶ原へ――、花の百名山・富良野岳から縦走
「原始ヶ原」、そんな魅力的な名前の場所が、十勝連峰・富良野岳の南麓に広がる。北海道の雄大な山々に抱かれた標高1000m付近に広がるり、その名の通り原始的な風景が広がっていて木道さえ整備されていない。
盛夏の強い日差しにヤマユリが揺れる神奈川県・弘法山。木陰に涼みながら心地よい汗を流す
照りつける強い日差しの中、近郊の低山でも夏山を満喫できる場所がある。丹沢の山麓から連なる、標高300mにも満たない弘法山は、盛夏に咲くヤマユリが登山道沿いに咲き、心と体を癒やしてくれる。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年7月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 3人目のモニターは、雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの...
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...