このエントリーをはてなブックマークに追加

貴重なヒメサユリ咲く浅草岳へ――、鬼ヶ面山コースの豪快な断崖絶壁を歩く

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2019年06月19日

新潟県と福島県の県境、豪雪地帯で知られる浅草岳は、6月が下旬に差し掛かる頃になれば、ようやく登山道の雪が消える。そしてその頃は、この山域周辺だけに咲く準絶滅危惧種のヒメサユリが稜線を彩る。美しいブナの新緑や豪快な断崖絶壁――、美しい風景が堪能できる。

浅草岳の山頂を背景に、稜線を彩るヒメサユリ(写真=奥谷 晶)


新潟県と福島県の県境に位置する浅草岳。越後山脈の北東、奥深くに位置する山で、豪雪地帯として知られるこの周辺は、1600mに満たない標高にもかかわらず、6月に入っても沢筋を中心に多くの残雪が残っています。

稜線の残雪が消え、まもなく山開きを迎えるという頃にこの山を訪れると、準絶滅危惧種でもある貴重なヒメサユリが咲き誇っています。東北南部から上越地方にかけての奥深い山々にしか群生していないというヒメサユリ、浅草岳の中でも、とくに鬼ヶ面山の勇壮な大岩壁を彩るヒメサユリの大群落は見逃せません。

しかし、浅草岳の南側、六十里越登山口からスタートする鬼ヶ面山コースは稜線に上がってからの起伏が激しく健脚者向きです。一般的には往復で8時間から9時間。私の場合、花の撮影に時間をかけたせいもありますが、下りのアップダウンに足が疲れ、10時間近くかかってしまいました。そんなヒメサユリと絶景が望めるコースを紹介します。

モデルコース:六十里越登山口から浅草岳を往復

モデルコース行程:
六十里登山口・・・マイクロ中継局・・・南岳・・・鬼ヶ面山・・・前岳・・・浅草岳・・・前岳・・・鬼ヶ面山・・・南岳・・・マイクロ中継局・・・六十里登山口(約9時間)

⇒モデルコースから計画を立てる

 

雪崩に磨かれた大岩壁と可憐なヒメサユリを楽しめる浅草岳へ

東北南部と上越の周辺山地などにだけ分布する貴重なヒメサユリ、その鬼ヶ面山の大岩壁を可憐に彩る姿を見ることができる浅草岳・鬼ヶ面山コースに、2018年の6月23日に行ってきました。

福島・山形・新潟県にまたがる飯豊・朝日・吾妻山山系と浅草岳・守門岳などに限られた山域に自生するヒメサユリ。黄色いおしべが目印(写真=奥谷 晶)


この日の登山口は六十里越登山口、午前5時頃にはほぼ満車、多くの登山者が詰めかけていました。樹林帯のゆるやかな登りから展望が開ける南岳まで登りが続きます。そして、南岳まで来るとようやく、緑の山肌の中に鮮やかなピンク色が見え始めるます。

このコースの最初のヒメサユリの群落です。可憐な姿に感激、疲れも吹き飛びます。ここから鬼ヶ面山にかけての登山道沿いにいくつもの群落が続いています。

鬼ヶ面山をへて前岳にいたる稜線は、雪崩によって磨かれた東面の断崖絶壁の上、痩せた尾根道のアップダウンが次々と連続するタフな登山道です。しっかり整備されていて、足下も緑茂る草や灌木で覆われているせいか、あまり高度感を意識することはありませんが、実際は東面は数百メートルも切れ落ちた急峻な崖になっており、決して油断することはできません。とくに下向きに咲くヒメサユリをカメラに収めようと斜面に踏み込むと、滑落の危険があるので、足元を確認して十分に注意してください。

鬼ヶ面山の緑の大岩壁を縫うように、登山者が進む様子が確認できる(写真=奥谷 晶)


浅草岳の山頂に向かう稜線からの展望は素晴らしく、目指す浅草岳をはじめ、越後三山、はるか燧ヶ岳などを見通すことができます。稜線に咲き誇るヒメサユリのあでやかな晴れ姿とみごとにマッチして、誰しも感動を覚える瞬間です。

前岳からは頂上付近の湿原と残った雪渓を越えると、木道が浅草岳へと続いています。この周辺の通過には、雪の状態によっては軽アイゼンなどがあると安心です。

浅草岳への山頂へは多くの登山道があるので、さまざまば場所から登山者が訪れます。この日の山頂は、入叶津(北東側)や田子倉方面(南東側・只見方面)から登ってきた大勢の登山者でいっぱいでした。下山は、行動時間の長い鬼ヶ面コースへの避けて、田子倉コースを下りることもできます。ただし、この場合は車が2台用意する必要があります。

なお、浅草岳のヒメサユリの季節は例年、6月中旬~7月中旬となります。

 

教えてくれた人

奥谷晶

30代から40代にかけてアルパイン中心の社会人山岳会で本格的登山を学び、山と渓谷社などの山岳ガイドブックの装丁や地図製作にたずさわるとともに、しばらく遠ざかっていた本格的登山を60代から再開。週刊ヤマケイ創刊初期より5年にわたって表紙写真、登山地情報を投稿している。2019年山岳写真協会公募展入選。

同じテーマの記事
極彩色の紅葉大パノラマ 酸ヶ湯温泉から八甲田大岳、毛無岱を巡る
<p><strong>四季を通じて登山者を魅了する八甲田山は、中でも紅葉の美しさで有名です。八甲田大岳を登り、黄金の草紅葉が輝く湿原を散策します。
尾瀬・燧ヶ岳、9月下旬~10月初旬、登山道中に点在する湿原や見下ろす尾瀬ヶ原は草紅葉に染まる
東北地方の最高峰で、尾瀬のシンボル的な山でもある燧ヶ岳。9月下旬から10月初旬、登山道中に点在する湿原は草紅葉で色づき、見下ろす尾瀬ヶ原は秋錦の絨毯のように輝く。尾瀬の秋を堪能できる燧ヶ岳を縦走する山旅を紹介する。
稜線に吹く風に秋の気配を感じる九州・九重連山。牧ノ戸から久住山を往復
九重連山の盟主・久住山を牧ノ戸登山口から往復。下界は暑さが残りますが、山の上では秋の訪れを感じられます。
秘湯とともに、秘境の雰囲気を味わう鬼怒沼山。奥鬼怒・女夫淵から、尾瀬・大清水へと縦走する
高層湿原では日本一の高所にあるとも言われる鬼怒沼。麓に擁する秘湯・奥鬼怒四湯も相まって、秘境感を味うことが味わえる鬼怒沼山を紹介する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年9月26日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
秋田白神 紅葉の森の魅力
秋田白神 紅葉の森の魅力 世界遺産にも認定された白神山地。藤里駒ヶ岳、二ッ岳、小岳など秋田白神の自然の魅力を紹介します。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
NEW 背面機構が特徴! マムートのバックパック
背面機構が特徴! マムートのバックパック 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。久しぶりの山行テストは、独自の背面機構を持つマムートのバックパック!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...