このエントリーをはてなブックマークに追加

普段から天気に関心を持てば実際の山で生きる! まずは週間天気予報から確認しよう

山岳防災気象予報士・大矢康裕が教える山の天気のイロハ
基礎知識 2019年07月19日

どんなに素晴らしい山に行っても、天気が悪ければ楽しさは半減。安全登山の面からも、天気と登山は切っても切れない関係だ。そこで、登山者が知っておきたい天気情報の入手方法・確認方法などの天気の基本を、山岳防災気象予報士の大矢康裕氏から、じっくりレクチャーいただこう。

 

ヤマケイオンライン読者の皆様、はじめまして。山岳防災気象予報士の大矢です。山岳気象による遭難を少しでもなくそうと、TwitterやFacebookでの情報発信、講習会、気象講座記事の寄稿などの活動をしております。

★Twitter  ★Facebook

今回、ご縁がありましてヤマケイオンラインさんのコラムに投稿させていただくことになりました。このコラムをきっかけに皆様に天気について関心を持っていただき、事故防止のお役に立てればと願っております。末長いお付き合いをお願いします。

2度目のキリマンジャロ(5895m)の山頂にて


山の天気を語るうえで基本となることは「山は平地よりも天気が崩れやすい」ということです。平地では悪天でなくても、山では風が強かったり、雨や雪が降っていたりすることがあります。

例えば、夏の暑い時期に午後からの夕立となるのは夏の風物詩ですが、この雷も平地よりも山の方が発生しやすくなります。本コラムでは、こうした「平地と違う山の天気」について、季節ごとに過去の遭難事例などを基に解説していきたいと思います。また、季節ごとの代表的な天気図と予想される山の天気などについても取り上げていきたいと思います。

 

週間天気予報の見方を知り、週末の天気を予想しよう

山に入って思わぬ悪天候に遭って慌てないようにするには、普段から天気について関心を持っておくことが大切です。毎朝、平地の天気予報をチェックして、毎晩、実際の天気図と天気を思い出して「答え合わせ」をする習慣をつけることが、山の天気を知る第一歩です。

その詳細は次回以降のコラムで解説しますが、まずは、すぐに役立つ実践的な気象情報として、今回は気象庁の週間天気予報について取り上げたいと思います。

多くの読者のみなさんは、週末の土日に登山されると思いますが、次の日曜日の天気予報は、いつ知ることができるかご存じでしょうか。1週間前の日曜日の午前11時頃に発表される気象庁のホームページの週間天気予報を見ると、次の日曜日までの天気予報が確認できます。

なお、週間天気予報は気象庁以外でも発表されていますが、全て気象庁による数値予報データが大本(おおもと)ですので、まずは気象庁の情報をチェックしていきましょう。

余談になりますが、気象庁のホームページはかなり多くの情報があるにもかかわらず、多くの方がご存じないと思います。次号以降、必要に応じて気象庁のホームページ情報についても紹介していきたいと思います。

話を週間天気に戻すと、下の図は2019年7月14日(日)の週間天気予報です。週間天気予報の発表時刻に注目してください。週間天気予報は、毎日お昼前の11時頃に発表されています。これより早い時間にチェックしても古い情報になります。最新の気象観測データを基にして予報は日々変わっていきますので、週間天気予報も常に最新のものをチェックすることがポイントです。

気象庁ホームページの週間天気予報(7月14日、11時頃の様子)より


気象庁のホームページの週間天気予報のページを確認すると、上記のように最初に1週間の天気概況があり、続いて週間予報ベースで大雨や大荒れの恐れがあればここに記載があります。なお、7月14日の時点では大荒れ情報はありません(ただし、前述のように週間天気予報は日々変わっていきますので、毎日チェックすることが大切です)。そして、この週は梅雨前線の影響で東日本と西日本は曇りや雨の日が多いことがわかります。

概況の下には全国の主だった地点の週間天気予報が掲載されます。ここに掲載のない地点は、画面一番上の「各府県の週間天気予報」のプルダウンから選択してください。お天気マークの下にある数字は、最低気温/最高気温、その下は降水確率(%)の予想です。翌日の予想だけ降水確率が4つ記載されているのは、それぞれ0~6時/6~12時/12~18時/18~24時の降水確率を表しています。

そして注目は3日目以降の降水確率の下に「A、B、C」のアルファベットが書かれています。これは予報の信頼度を表していて、予報の確度が高い順にA、B、Cのランク付けがされています。例えば、中部山岳がある長野県を確認すると、木曜日以降は「C」になっています。これは木曜日以降の週間天気予報が不確実で、今後変わる可能性が高いことを示しています。従って信頼度が高くなるまで、週間天気予報をチェックする必要があるということです。

現在の予報技術を使っても、梅雨の時期は1年で最も予報が当たりにくい時期です。小まめに天気予報のチェックをお願いします。そして金曜日の17時以降には、もっと詳細な土日の天気予報を見ることができます。なお、天気予報については別の機会に解説したいと思います。

 

日本の山 知識・雑学
教えてくれた人

大矢康裕

気象予報士No.6329、株式会社デンソーで山岳部、日本気象予報士会東海支部に所属し、気象防災NPOウェザーフロンティア東海(WFT)山岳部会の一員として山岳防災活動を実施している。
日本気象予報士会CPD認定第1号。1988年と2008年の二度にわたりキリマンジャロに登頂。キリマンジャロ頂上付近の氷河縮小を目の当たりにして、長期予報や気候変動にも関心を持つに至る。
現在、岐阜大学大学院工学研究科の研究生として山岳気象の解析手法の研究も行っている。

 ⇒Twitter 大矢康裕@山岳防災気象予報士
 ⇒ペンギンおやじのお天気ブログ
 ⇒岐阜大学工学部自然エネルギー研究室

同じテーマの記事
二つ玉低気圧のリスクVol.2 平地とは違う山の天気の立体構造を総合的に判断する
前回に引き続き、登山においては特に警戒する必要がある「二つ玉低気圧」について解説。今回は立体構造を総合的に判断するために、高層天気図による解析を行う。
登山者が警戒すべき二つ玉低気圧のリスクVol.1 2009年4月の鳴沢岳遭難事故の教訓
最近、よく耳にする「爆弾低気圧」という言葉。中でも「二つ玉低気圧」と呼ばれるものは、過去に大きな山岳遭難を引き起こす原因となっている。今回は、2009年4月に発生した北アルプス鳴沢岳遭難事故を取り上げる。
太平洋側に大雪を降らせる「南岸低気圧」による遭難事例/那須岳雪崩事故から学ぶこと
冬の日本列島の太平洋側に大雪を降らせることもある南岸低気圧。この低気圧が招いた悲劇として記憶に新しいのが2017年3月に起きた那須岳雪崩事故。今回はこのリスクについて取り上げる。
30年前の記録とともに、鮮やかに蘇る記憶――。アフリカ大陸最高峰・キリマンジャロ登山を楽しむ基礎知識 総集編
過去の登山記録は、できるだけ詳しく残しておきたい。改めて目を通したときには記憶も鮮やかに蘇る――。2度めに訪れたキリマンジャロ、過去の記録と記憶によって、さらに想い出深いものになった。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年4月10日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 写真家・飯坂大さんに聞く「スタウト45」の使い勝手
写真家・飯坂大さんに聞く「スタウト45」の使い勝手 バックパックを背負い、旅の風景と人の暮らしを撮る飯坂さん。バリ島の山旅で使ったグレゴリー「スタウト45」の使用感を聞いた
NEW 「ジャック・ウルフスキン」ブランドヒストリー
「ジャック・ウルフスキン」ブランドヒストリー ドイツ生まれの「ジャック・ウルフスキン」。最新技術と持続可能性を両立したものづくり。『ワンダーフォーゲル』連動企画
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。