このエントリーをはてなブックマークに追加

山の風を予想して遭難を避けよう! 台風11号崩れの低気圧の実例で「Windy」の使い方を知ろう

山岳防災気象予報士・大矢康裕が教える山の天気のイロハ
基礎知識 2019年08月30日

山では季節を問わず注意すべき気象現象の一つ「強風」。今回は高所での風を視覚的に知ることができる「Windy」というサイトを紹介する。

ヤマケイオンライン読者の皆様、山岳防災気象予報士の大矢です。台風11号は大陸に進んだ後、いったん不明瞭になりましたが、台風の残骸の暖かく湿った空気が再び温帯低気圧としてまとまって、8月28日から8月29日にかけて日本海から北日本に進みました。この低気圧によって北日本から西日本の広い範囲で山の稜線では非常に強い風が吹きましたが、麓の天気予報では予想が非常に難しいケースでした。

山では季節を問わず強風は注意すべき気象現象の一つです。強風による滑落はもちろんのこと、2009年7月のトムラウシ遭難事故のように夏でも低体温症によって亡くなられる方もみえます。今回の記事では高所での風を視覚的に知ることができる「Windy」というサイトをご紹介いたします。スマートフォンでも「Windy」のアプリがありますので重宝します。以前は「Windyty」というサイト名でしたが、2017年に「Windy」と改称しています。

 

実際に「Windy」で風の動きを見てみよう

8月28日(水)12時の「Windy」による地上の風の様子を確認


上の図は8月25日(日)の21時の観測データに基づく8月28日(水)12時の「Windy」による地上の風の様子です。風だけでなく、等圧線も表示させています。中国東北区と日本海に低気圧があり、日本の南東海上には太平洋高気圧があります。日本海の方の低気圧が台風11号崩れのものです。右下に風速の色分けのスケールが表示されており、風のデータを表示するポイントは北アルプスの剱岳付近に合わせてあります。

拡大すると地形図と一つ一つの山の名前まで表示されます。低気圧の南側の海上では日本海・太平洋側沿岸ともに10~15m/sの強風になっていますが、剱岳付近は4m/sの弱風になっています。これは地表面との摩擦によって風が弱まってしまうためです。

8月28日(水)12時の800hPa(上空約2000m)の風と等高度線


次の図は同じ日時の800hPa(上空約2000m)の風と等高度線の様子です。等高度線は高層天気図では等圧線の代わりに使われるものです。高度が高い所が高気圧、低い所が低気圧で、日頃から地図を使用する私たちのような登山者には一般の人よりも直感的で分かりやすいかもしれません。これを見ると、西日本から北日本の広い範囲で10m/s以上の強風が予想されていて、20m/sを超えるエリアもあることが分かります。剱岳付近では風速12m/sの予想です。

8月28日(水)12時のく700hPa(上空約3000m)の風と等高度線の様子


3番目の図は同じく700hPa(上空約3000m)の風と等高度線の様子です。高度とともに風が強くなる様子が分かります。剣岳付近は20m/sを超える強風の予想で、この風速で岩稜を登ることは自殺行為です。15m/sを超える風速では真っすぐに歩くことは不可能で、岩場での基本の3点支持をやった時点で飛ばされます。四つん這いになって冬山でやる耐風姿勢を取ることが必要になります。この姿勢では岩場では行動不能になります。

このように「Windy」は登る山の標高に合わせて、950hPa(約600m)、975hPa(約750m)、900hPa(約900m)、850m(約1500m)、800hPa(約2000m)、700hPa(約3000m)の風の分布を知ることができるたいへん便利なツールです。風だけでなく、気温、降水量、降雪量や積雪深さ、雲などの予想もできます。雪については冬山シーズンに入ったら、改めてご紹介したいと思います。

⇒風の動きを視覚的できるウェブサイト「Windy」

「Windy」は全世界をカバーしていますので、例えばアフリカ大陸最高峰のキリマンジャロの最高点ウフルピーク(Uhuru peak)5895m付近の気温、風などの予想も見ることができます。2008年1月に2度目のキリマンジャロ登頂を達成した時は、現地入りする前に麓のナイロビ(ケニアの首都)のホテルで何とかインターネットに接続しても、非常に限られた情報でしか気象データが入手できなかったことを思うと、まさに隔世の感があります。

 

登山計画
教えてくれた人

大矢康裕

気象予報士No.6329、株式会社デンソーで山岳部、日本気象予報士会東海支部に所属し、気象防災NPOウェザーフロンティア東海(WFT)山岳部会の一員として山岳防災活動を実施している。
日本気象予報士会CPD認定第1号。1988年と2008年の二度にわたりキリマンジャロに登頂。キリマンジャロ頂上付近の氷河縮小を目の当たりにして、長期予報や気候変動にも関心を持つに至る。
現在、岐阜大学大学院工学研究科の研究生として山岳気象の解析手法の研究も行っている。

 ⇒Twitter 大矢康裕@山岳防災気象予報士
 ⇒ペンギンおやじのお天気ブログ
 ⇒岐阜大学工学部自然エネルギー研究室

同じテーマの記事
キリマンジャロの雪――、氷河減少の原因は地球温暖化? ~キリマンジャロ登山を楽しむ基礎知識~
熱帯地域に聳えながら、山頂部に氷河を抱くキリマンジャロ。その氷河は近年縮小傾向で、過去と比べると明らかに小さくなっている。その原因は「地球温暖化」のひとことでは説明できないことを、気象予報士の大矢氏は指摘する。
気象予報士の目を通して伝える、アフリカ大陸最高峰・キリマンジャロ登山を楽しむ基礎知識 ――導入編
大矢康裕氏が、長期予報や気候変動に関心を持つキッカケの1つとなったのが、2度のキリマンジャロ登頂で氷河縮小を目の当たりしたことだった。気象予報士の目を通しての様子を今回から数回に渡ってルポする。
雲や雪煙の動きで上空の風の強さを知る――、観天望気で山頂や稜線の風の強さを見積もる方法
今回のテーマは観天望気。麓にいながら山頂や稜線の風の様子がわかれば、当日の行動計画を綿密に計算できるもの。本記事から、指と簡単な計算式で風の強さを見積もる方法を身につけて、山での強風のリスクに備えてほしい。
『麓は秋でも山は冬』が起こる条件――、2006年10月の白馬岳遭難事故の教訓
10月上旬は紅葉を見に標高の高い山に行く人が多い時期だ。この時期の登山で、最も気をつけなければならないのが『麓は秋でも山は冬』という気象状況だ。10月上旬、山は一気に真冬へと変わることがある。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月9日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット
体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「ワイルドカードダウンジャケット」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?